フリード/フリードプラスのカスタムに最適なパーツは何?

キャッチ

ここでは、フリード/フリードプラスのカスタムについて紹介していきます!

エアロパーツやマフラー、ホイールなど社外品でもカスタムできるところはたくさんありますが、メーカー保証がついている純正品と無限シリーズに絞って見ていきたいと思います。

フリード/フリードプラスをかっこよくカスタムして個性を出しましょう!

以下のパーツの表示価格は、メーカーの希望小売価格となっています。

取り付け費等は含まれておりませんので、メーカーで確認をお願いします。

フリード/フリードプラスをカスタム(エアロパーツ)

エアロバンパー(フロント)

フロント

引用元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/exterior/

正面から見たときの迫力が違いますね!

このパーツだけでファミリーカーからスポーティーな顔に早変わりです。

このパーツを装着するなら、フォグランプも是非とも取り付けたいですね。

お値段は、66,960円となっています。

取り付けの際は、標準のフロントバンパーは取り外しになります。

ロアスカート(フロント)

フロントロア

引用元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/exterior/

画像の左右の下の部分のパーツになります。

両サイドが下に張り出すことで、低重心な印象を受けます。

上で紹介したエアロバンパーとの併用はできません。

お値段は、27,000円になります。

ロアスカート(サイド)

ロアサイド

引用元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/exterior/

エアロ効果がどれくらいあるのかは分かりませんが、低重心に見えるサイドビューがかっこいいですよね。

マッドガードとの併用はできません。

お値段は、43,200円になります。

テールゲートスポイラー

スポイラー

引用元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/exterior/

後ろから見ると、スポーツカーのような印象になります。

後輪のグリップがどの程度よくなるのかは分かりません。

お値段は、34,560円になります。

フロントグリル

クローム

引用元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/exterior/

カラード

引用元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/exterior/

こちらは、正面の装飾になります。

上のタイプがクロームメッキでホンダのロゴまわりがシルバーになります。

下のタイプがカラードタイプでホンダのロゴまわりがボディーカラーと同じになります。

お値段は、どちらとも30,240円になります。

エンブレムイルミネーション

エンブレム

引用元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/exterior/

LEDホワイト照明によって正面のホンダのロゴが美しく輝きます。

これは、スモールランプと連動しているため、ライトを点灯すれば自動的に光ります。

上で紹介したフロントグリルを装着しないと使えませんので気を付けてください。

お値段は、19,440円になります。

 

さて、ここまでのエアロパーツの合計で約22万円となります。

高いと思うか安いと思うかはその人次第ですが、見た目が相当かっこよくなることは間違いありません!

一気に装着するのではなく、ボーナスの時期に毎年少しずつ改造していくというのも楽しいかもしれませんね。

フリード/フリードプラスをカスタム(ホイール)

純正のアルミホイールは、以下の3つがラインナップされています。

サイズは3つとも15×5 1/2J PCD114.3mm インセット49mmとなっています。

なお、スチールホイール装着車にアルミホイールを装着する場合は、アルミホイール用のホイールナットが必要になるので注意してください。

お値段は、3つとも1本24,840円です。

みなさん4本まとめて買うと思いますので、セットで約10万円ということになります。

15インチ アルミホイール ME-016

16

引用元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/exterior/

ブレードシルバー塗装:明るいシルバーとなっているのでスピード感のありそうな足元になります。

15インチ アルミホイール ME-018

18

引用元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/exterior/

切削/プラウドシルバー塗装:濃いグレーとなっており、落ち着いた雰囲気の足元になります。

15インチ アルミホイール ME-019

19

引用元:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/exterior/

切削/グリントブラック塗装:ブラックとシルバーの2色となっており、力強い雰囲気の足元になります。

フリード/フリードプラスをカスタム(無限シリーズ)

mugen

引用元:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/index.html

フロントスポーツグリル

ブラックで存在感のあるフロントスポーツグリル。

標準装備のグリルの一部を取り外してから装着することになります。

お値段は、カラード仕上げは56,160円、未塗装は46,440円になります。

フロントアンダースポイラー

前に突き出たデザインとなっており、ツートンカラーでワイド感があるシャープなデザインとなっています。

標準装備のバンパーの一部をカットして装着することになります。

お値段は、ツートンカラード仕上げが57,240円、未塗装は51,840円になります。

また、フロントアンダースポイラーのオプションとして、エアロイルミネーションがあります。

こちらは、スポイラーの両サイドに高輝度LED(照射光はシャープなホワイト)を採用したバータイプのイルミネーションとなります。

イグニッションオンに連動して常時点灯します。

お値段は、37,800円となります。

ウイングスポイラー

こちらは、テールゲートの上部左右に取り付けるスポイラーです。

プレスラインとキャラクターラインを意識したデザインでスポーティーでかっこいいですね。

取り付ける際は、標準装備のテールゲートの一部を加工して装着することになります。

お値段は、カラード仕上げが63,720円、未塗装は54,000円になります。

サイドスポイラー

サイドからの見た目の印象をガラッと変えるサイドスポイラー。

こちらは、スライドドアからの乗り降りも考慮されたデザインとなっています。

お値段は、カラード仕上げが62,640円、未塗装は55,080円になります。

リアサイドスポイラー

スーパーGT車のようなデザインの薄型フィンを使ってテールゲートの下部をスポーティーに演出します。

空気を切り裂いて走るような気がしますね。

こちらも標準装備のバンパーの一部を加工して装着することになります。

お値段は、カラード仕上げが59,400円、未塗装は54,000円となります。

ベンチレーテッドバイザー

こちらは、換気性能を高めたデザインのドアバイザーになります。

一般的なドアバイザーの場合は、窓を少し開けた状態で走行すると、開口部の前側から排出された空気が渦となって開口部の後ろ側からまた室内へ戻ってきてしまいます。

このベンチレーテッドバイザーは、フロントバイザーの下部に取り付けられた特殊な形状のゴムブレードにより、窓を少し開けた状態で走行しても後ろ側が閉じられたままのような状態になります。

それによって、開口部位を前方に限定して室内から排出された空気の逆流を抑制します。

また、窓を開けた時に浸入しがちな雨や他車が跳ね上げた雨水の浸入を防ぐこともでき、ドアバイザーとしての利用快適性を大幅に向上させることに成功しています。

素材は、スモークタイプのアクリル製となります。

お値段は、フロント/リアの4枚セットで19,440円になります。

フリード/フリードプラスのカスタムについてのまとめ

さて、みなさんいかがでしたでしょうか?

かっこいいパーツがたくさんあって迷ってしまいますよね~。

私は自分用には、先代のインサイトに乗っていますが、無限のエアロを装着しています。

エコカーとは思えないほどかっこよくなりますので、少々値段は高いですが試してみる価値はあると思います。

フリードにもたくさんのパーツが用意されていますので、自分だけの組み合わせを考えて世界に一台だけの特別仕様車にしてみてください。

この記事を書いた人

マックスあらい
家族用で新型フリードプラスに乗っている千葉在住のアラフォーです。
2歳と0歳の息子がいて、フリードプラスの2列目にチャイルドシートを2つ設置しています。
ベビーカーとストライダーを常時積んでいても、買い物の荷物をたくさん積むことができるフリードは最高です^^

キャッチ画像URL:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1