プジョー308の口コミ・評価!!欠点はあるのか!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

プジョー308は2014年に日本国内に販売が開始された輸入車です。

とても気になる車種なので、私は「プジョー308Allure(アリュール)」に試乗もしました。

実際にプジョー308に試乗した私の感想も入れながら、口コミや評価などを紹介していきます。

スポンサーリンク

プジョー308の加速走行での口コミ

プジョー

引用:https://web.peugeot.co.jp/new308/

「回転落ちが悪いという指摘がWebCG誌にあったが、それは感じない」

「全く不満ありません」

「1.2Lとは思えないパワー」

プジョー308の加速走行については、悪い声がほとんどありませんでした。

回転の落ちが悪いという指摘があったようですが、私も試乗をしてみたところ、口コミにあるように回転の落ちが悪いとは全く感じられませんでした。

プジョー308の排気量は「1200cc」のため、イメージとしては非力な感じがするかもしれません。

しかし、「1200cc」とは思えないような加速を、プジョー308は実現してしまうのです。

プジョー308は、アクセルを踏み込むとエンジンやトルク不足を全く感じずスイスイと坂道でも加速していきます。

私も試乗をしてみましたが、あり余るパワーに正直驚きを隠せませんでした。

回転を1500回転まで回しても、「1290kg」の車重があるにもかかわらず坂道でもグイグイと加速していきました。

口コミでも「1.2Lとは思えないパワー」というような声が多数ありますが、それは決して大げさではなく本当にその通りだと感じております。

これは、実際にプジョー308を運転した人しか知ることが出来ない部分でしょう!

スポンサーリンク

プジョー308乗り心地での口コミ

プジョー2

引用:https://web.peugeot.co.jp/new308/

「乗り心地も良いです」

「小径ステアリングとこの猫足にLSDで楽しい事このうえない」

「乗っていて楽しくなります」

プジョー308は、アイシン製の6ATトランスミッションを搭載していますが変速ショックがないことに驚きました。

従来のATは変速ショックが少なからずあり、人によっては不愉快に感じてしまいますが、プジョー308には変速ショックがほぼ感じられませんでした。

エンジン回転がむやみに上がる事がほぼないので、AT特有の「キックダウン」などがいきなり起きて、ビックリすることはないようです。

ちなみに、キックダウンとはAT車で走行をしていると、アクセルを一定以上踏み込んだときに、ギアが自動的にシフトダウンすることを言います。

img-308fl

引用:https://web.peugeot.co.jp/new308/

そして、ステアリングホイールは、人によっては「おや、少し小さいな」と、そのように感じるでしょう。

私自身も実際にプジョー308を試乗したときに、ステアリングが若干小さいことに気が付きました。

ステアリングの切り始めというのはやや重たい感じですが、車の反応といえばクイッと軽やかで、車は向きたい方向に向いてくれます。

私が試乗したコースは、山道も含まれていて少し峠っぽい感じの道路でしたが、小経ステアリングの影響もあってか、いつも通る道なのに通常よりもステアリングを回さなくても良いことにも驚きでした。

足回りに関しては、余り車体が傾く感じもなく、かといってゴツゴツ感がまったくありません。

プジョー3

引用:https://web.peugeot.co.jp/new308/

道路の継ぎ目部分は車によっては突き上げを感じますが、プジョー308には突き上げ感がほぼありませんでした。

プジョー308の足回りの柔らかさというのは、乗り心地をよく感じさせることに繋がるのだと言えますね。

ちなみに、口コミで「猫足」という言葉をよく目にしますが、これについては、柔らかなコーナリング性能と快適な乗り心地を見事に両立させたプジョー308の足まわりを「猫足」という言葉で表現されます。

つまり、プジョー308でいつも通る山道を走行すると、車がぐらつくこともなく、上手な運転が自然とできるので、自分自身の運転がワンランクアップしたようにも錯覚をしてしまいます。

口コミでもあるように、確かに運転をしていて楽しくなる車だと言えます。

私は休日は車で出かけることを余りしませんが、プジョー308なら休日にドライブをしても、十分満足できる車だと感じました。

また、プジョー308は路面のギャップを超えるときに、サスペンションが衝撃を吸収しますし、カーブもしなやかに曲がることが出来ます。

プジョー4

引用:https://web.peugeot.co.jp/new308/

プジョー308の足回りは「柔らかい」という印象が強いですが、カーブを曲がるときに車体の傾きはそれほど感じません。

少し荒れた路面の上を走行しても、プジョー308はピョコピョコと跳ねるという感じはなく、スーッと言う感じで通過していきます。

ただ、私が試乗をして気になったのがロードノイズの大きさで、市街地走行で若干耳に入る程度です。

速度に応じてロードノイズは大きくなるので、高速道路などを走行するときは、ロードノイズの音が気になるレベルになると考えられます。

スポンサーリンク

プジョー308は壊れやすいという口コミもあるけどどうなの?

プジョー5

引用:https://web.peugeot.co.jp/new308/

私は輸入車に現在乗っていますが、輸入車の場合は日本車と同じ扱いをしてはいけません。

なぜなら、輸入車はメンテナンスをすることを前提で開発されていて、国産ではありえない部品が消耗品となっており、定期的に交換する必要があったりするからです。

国産車の場合は、例えノーメンテナンスで20万キロ走行しても、壊れることは少ないですし、消耗品が傷んでいても走行ができるという、強みがあります。

プジョー308は、トランスミッションが壊れやすいという口コミやネット情報がありますが、現在ではATトランスミッションが日本製になったので、壊れにくくなっています。

故障率を国産車と比較する人も多いですが、開発のコンセプトが全く違いますし、そもそも国産はノーメンテナンス前提で開発されているのです。

しかも、国産車は素人が不用意にいじらないように、エンジンの補機類の配置も、わざわざメンテナンスをしにくいようになっている特徴もあるのです。

しかし、プジョー308はメンテナンス前提で開発されています。

その為、実は消耗品の交換などはそれほど苦労しなくてもできるメリットもあります。

つまり、プジョー308は現在故障率が低いので、変に身構える必要はないということです。

プジョー308の燃費の口コミは?

c278dac91b22f7e12659c35f9d75273c_s

「21km/lというカタログ燃費は軽く超えた」

「街中12~15キロ、高速15~20キロ、プジョー308は特別な運転しなくてもクリア出来そうです」

プジョー308の燃費での口コミは、それほど悪い評価はありません。

しかもカタログ燃費を軽く超えるプジョー308も決して珍しくありません。

国産ではカタログ燃費を超える車は、本当に稀中の稀ですが、プジョー308は「カタログ燃費を上回らない」という、国産だけの常識は簡単に覆されます。

運転していて楽しい上に、特別な運転をしなくても燃費が良いというのは、とてもありがたい話ですよね。

プジョー308は、車が少ない道路でスイスイ走れるならカタログ燃費を超えてしまうこともあるでしょうね。

でも、渋滞している場合はさすがにカタログ数値は超えませんが・・・。

しかし、燃費に関しては道路の状況や、運転の方法で上下するので、口コミにある数値にできるとは限りませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

プジョー308の口コミ・評価まとめ

プジョー6

引用:https://web.peugeot.co.jp/new308/

私はプジョー308を実際に試乗をしてみましたが、口コミ通りの印象を受けたのは事実です。

確かに、運転をしていて楽しい車ですし、突き上げ感もほぼ感じないというのは、はじめての体験でした。

サスペンションがソフトだから、ちょっとした速度でカーブを曲がると車体が大きく傾くのかといえば、全くそんなことがないというのが一番の驚きで、そういった口コミをやはり多かったですね。

キャプチャ1

引用:https://web.peugeot.co.jp/new308/

私の感想もあまり欠点を見つけられなかったのですが、ネット等でもプジョー308に対する悪い口コミが目立っていないのが現状です。

輸入車の中でも完成度が高いプジョー308は、やっぱり良い口コミのほうが目立ってしまいますね。

特に、燃費の面に関しては、カタログ燃費を上回ることがあるというのも、結構驚きを感じる部分でしょう。

とはいっても、「本当にカタログ燃費を超えるのか?信じられない」という感じでしょうか??

でも、こればっかりは、国産車ではカタログ燃費より下回るのが常識ですが、プジョー308は車が少ない道路なら、カタログ燃費を上回る燃費結果が出るという口コミがかなりあり信憑性が高いです。

あえて、1点何かプジョー308の欠点は上げるといえば、走行中の「ロードノイズ」くらいです。

高速道路では、あくまでも人によってですがロードノイズを不快に感じるかもしれません。

ただ、大手カー用品店で防音材が販売されているので、そういう商品を使うと簡単に改善できそうですね。


燃費についてはプジョー308を所有して1ヶ月間データ取りをしないと、本当にわからないことですので、口コミを頼りにしてしまいますが、加速性能や乗り心地については試乗をしたらすぐに分かる部分ではありますので、プジョー308を試乗してみるのも良いですね。

アイキャッチ画像URL:https://web.peugeot.co.jp/new308/

この記事を書いた人

ゆきちもの
家族で車で出かけることが好きなアラフォー2児の父親です。
趣味は筋トレと野球。プロテインが味方です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク