アリオン vs アクシオ 徹底比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2007年に発売された現状モデルの「プレミオ」と姉妹車の「アリオン」はセダン不況の中、機長な5ナンバーサイズ4ドアセダンとして販売され続けてきました。

allion_grade_03

引用:toyota.jp

販売され続けてきた「アリオン」とライバル車と言われるのがトヨタの「アクシオ」です。

carlineup_corollaaxio_grade_top_pic_05-02

引用:toyota.jp

どちらの車も似たような車ですが、燃費や維持費、乗り心地に違いはあるのでしょうか?

今回はアリオンとアクシオの燃費や維持費、乗り心地について詳しく紹介していきます

アリオンとは?

アリオンとはカリーナのの後継車種として、姉妹車でコロナの後継車種であるプレミオとともに、2001年12月から販売されている車です。

TO_S005_F002_M007_1_L

引用:carsensor.net

2,700mmのロングホイールベースによるクラストップレベルの室内の広さを売りにしており、セダンでありながらダブルフォールディングやリクライニングなどの機構を備えたリヤシートが特徴です。

車体は小型タクシー枠に収まるコンパクトなサイズであり、室内も広いため、地方では個人タクシーとしての導入実績もしています。

アクシオとは?

カローラ アクシオ(COROLLA Axio )とは、シリーズ10代目以降から登場したカローラセダンの日本国内の道路・交通事情に特化した車種として登場した小型自動車規格(5ナンバー)専用の派生車種です。

TO_S174_F002_M004_1_L

引用:carsensor.net

全長、全幅、ホイールベースに関しては「後期型E120型セダン」と同じ寸法に据え置かれており、外観は「先代のE120型のイメージ」を踏襲しつつ、よりスタイリッシュにアレンジしたデザインとなっています。

燃費は?

アリオンとアクシオの燃費に違いはあるのでしょうか?ここからは2つの車の燃費について紹介していきます。詳しくみていきましょう。

carlineup_corollaaxio_grade_top_pic_02-02

引用:toyota.jp

アリオンの燃費

アリオンの燃費はグレードによって15.6km/l・16.4km/l・19.2km/lとなります。

ただしこれはカタログ燃費で、実燃費は走り方や荷物の量などで変わってきます。

アリオンの実際の燃費を調べるとそれぞれ10.9km/l・11.5km/l・13.4km/l程度になります。

アクシオの燃費

カローラ アクシオの燃費はグレードによって18.0km/l・20.6km/l・23.4km/lとなります。

ただしこれはカタログ燃費で、実燃費は走り方や荷物の量などで変わってきます。

カローラ アクシオの実際の燃費を調べるとそれぞれ12.6km/l・14.4km/l・16.4km/l程度になります。

アリオンとアクシオの維持費について

アリオンとアクシオの維持費はどのくらいかかるのでしょうか?

TO_S005_F002_M003_1_L

引用:e-nenpi.com

2つの車の維持費についてまとめてみました。

アクシオの合計維持費は31,8000円です。

アリオンの合計維持費は34,7000円です。

自動車税

自動車税とは、車にかかる税金のことです。

自動車税の金額は排気量ごとに決まっています。

カローラ アクシオの排気量は1300cc・1500ccなので、その場合の自動車税の金額は3.45万円になります。

アリオンの排気量は1500cc・1800cc・2000ccなので、その場合の自動車税の金額は1500ccで3.45万円、1800cc・2000ccで3.95万円になります。

重量税

重量税とは車両重量にかかる税金のことです。

自動車重量税は車両重量ごとに決まっていて、0.5トンごとに4,100円ずつ増えていきます。

カローラ アクシオの車両重量は1050〜1090kgとなっていて、車両重量税はエコカー減税対象なら1年あたり7500円に、対象外なら1.23万円になります。

アリオンの車両重量は1200〜1270kgとなっていて、車両重量税はエコカー減税対象なら1年あたり7500円に、対象外なら1.23万円になります。

自賠責保険(任意保険)

保険には加入が必須となる自賠責保険と、種類を自分で選べる任意保険があります。

自賠責保険については新車購入に3年分39,120円を、車検の度に2年分27,840円をまとめて払います。

1年あたりにすると1〜3年目は13,040円、4年目以降は 13,920円となります。

任意保険については年齢制限や保障内容などにもよるのですが、平均的には年間約6.5万円ほどとなっています。

ガソリン代

ガソリン代とは、車に入れるガソリンにかかる費用のことです。

アクシオのガソリン代

カローラ アクシオのカタログ燃費は18.0km/l・20.6km/l・23.4km/lで、実燃費だとそれぞれ12.6km/l・14.4km/l・16.4km/lくらいになります。

ガソリン価格についてはリッター140円、年間1万kmで計算します。

カタログ燃費18.0km/l 1万km ÷ 実燃費12.6km/l × 140円 =11.1000円

カタログ燃費20.6km/l 1万km ÷ 実燃費14.4km/l × 140円 =9.7200円

カタログ燃費23.4km/l 1万km ÷ 実燃費16.4km/l × 140円 =6,0900円

アリオンのガソリン代

アリオンのカタログ燃費は15.6km/l・16.4km/l・19.2km/lで、実燃費だとそれぞれ10.9km/l・111.5km/l・13.4km/lくらいになります。

ガソリン価格についてはリッター140円、年間1万kmで計算します。

カタログ燃費15.6km/l 1万km ÷ 実燃費10.9 × 140円 =14,0000円

カタログ燃費16.4km/l 1万km ÷ 実燃費11.5 × 140円 =12.1000円

カタログ燃費19.2km/l 1万km ÷ 実燃費13.4 × 140円 =10,4000円

となります。総合的にみてみますと、アクシオの方が燃費性能は良いですね。

車検

車検とは2年に一回の回数で必ずやらなければいけない車の点検のことです。

車検については検査手数料の印紙代が1800円かかります。

あとは車検基本料がかかるのですが、この費用はディーラーや車検業者など、どこに頼むかによって金額が大きく変わってきます。

平均的には4万円程度なので、今回は車検基本料は4万円として計算してみます。

合計すると車検費用は

検査手数料1800円 + 車検基本料4万円 = 4.18万円

車検は2年に1回なので、年間のコストとしては半分の2.09万円です。

当たり前ですが新車購入時は車検は不要なので車検費用がかかるのは4年目以降となります。

駐車場代

駐車場代とは、車を駐車するときにかかる費用のことです。

月極駐車場の賃料の全国平均は8000円なので、年間で計算してみると、

8000円 × (12ヶ月 + 更新料1ヶ月)=10.4万円になります。

乗り心地はどうなの?

これまでアリオンとアクシオの維持費について紹介してきました。ここからは2つの車の乗り心地について紹介していきます。みていきましょう。

K0000554150

引用:toyota.jp

アクシオの乗り心地

アクシオにはフロントガラスの両端にある「フロントピラー」を形状を細かくし付け根を後退させることで、広々とした視界を確保しており、乗り心地がとても良いです。

carlineup_corollaaxio_interior_top_pic_04_02_03

引用:toyota.jp

また車の中央部にセンターマークがあることで、左右の位置感覚が掴みやすくなり、より安全な運転を可能にします。

ハザードランプも目立つ場所に設置されているので、緊急時に使用する場合にも、落ち着いてスイッチを押せます。

アクシオの「最強の安心性能」と言われるブレーキシステムもアクセルの踏み間違いや障害物が接近しているかを自動で確認して、自動でブレーキをかけてくれます。

アリオンの乗り心地

アリオンでは、変速シフトレバーも同じく木目調にしてあり、洒落た落ち着きのある室内にになっています。

carlineup_allion_interior_seat_2_24_pc

引用:toyota.jp

アイドリングから走行中まで、室内の静寂性がとても優れています。

運転する楽しさはないですが欠点のすくないバランスのある車です。

まとめ

今回はアリオンとアクシオの燃費や維持費、乗り心地について紹介してきました。みなさんの感想はいかがだったでしょうか?

10101058_200801

引用:goo-net.com

燃費や維持費に関しては、アクシオの方が優れていることがわかりました。

ですが、乗り心地についてはアリオンの方が乗りやすい車になっています。

この記事を参考にして、どちら車にするのかを決めましょう。

この記事を書いた人

うぐいす
車のことをよりよく知って、シェアして、ハッピーでアクティブなカーライフを目指そう。車も備えあれば憂いなしです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1