N-BOXとN-VANの比較!違いは何?購入前に何を基準で選びます?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

N-BOXとN-VANの外観や色、室内の違いは何か?

そしてどっちの価格が安いのか?

今回は、N-BOXとN-VANの外観や色・室内・価格の違いについて比較します。

スポンサーリンク

N-BOXとN-VANの比較!外観や色やカラーの比較

N-BOX

2011年に発売されたN-BOXですが、国内での軽自動車販売台数では常に上位にランクインされており、人気ランキングでも堂々の1位を維持しています。

2017年にモデルチェンジをおこなうと、他メーカーが続々とモデルチェンジを進める様は、まさに現代の軽自動車を引っ張っているリーディングカーと呼ぶに相応しい存在です。

グレードは以下の通りです。

  • G・Honda SENSING
  • G・L Honda SENSING
  • G・EX Honda SENSING
  • G・Lターボ Honda SENSING
  • G・EXターボ Honda SENSING

パワートレインは排気量658ccの直列3気筒DOHCエンジンを積んでおり、駆動はFFと4WDから選ぶことができます。

燃費はカタログ(JC08モード)燃費で25.4km/L~27.0km/L、燃料タンクは27L(FF)、25L(4WD)とロングドライブにも対応しています。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/

外観の特徴は何と言っても流行りのハイトワゴンタイプとなっており、ミニバンタイプをコンパクトにまとめたフォルムが印象的です。

全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,790mm(FF)、1,815mm(4WD)と背の高さが際立っており、後方ドアは横へスライドできるので狭いスペースでも安心できます。

男性ユーザーを意識したカスタム仕様車(N-BOX Custom)は、優しいイメージを一新しており、フロントではヘッドライトとグリル周りの一体感、リヤでは上部のゲートスポイラーや斬新的なコンビネーションランプが存在感を表現しています。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/

ボディーカラーはN-BOXが全14色と豊富で、設定色6色、有料色(モノトーン)5色、有料色(ツートン)3色N-BOX Customが全10色で、設定色4色、有料色(モノトーン)3色、有料色(ツートン)3色 から選ぶことができます。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/type/type/

N-VAN

Nシリーズ第5弾として2018年に発売されたN-VANは、新しいスタイルの軽商用車をコンセプトにN-BOXを参考としたハイトワゴンタイプとなっています。

グレードは以下の通りです。

  • G・Honda SENSING
  • L・Honda SENSING

パワートレインは排気量658ccの直列3気筒DOHCエンジンを積んでおり、駆動はFFと4WDから選ぶことができます。

燃費はカタログ(JC08モード)燃費で21.2km/L~21.8km/L、燃料タンクは27L(FF)、25L(4WD)とロングドライブにも対応しています。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

基準となる外観の大きさはN-BOXと同様ですが、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,850mm~1,960mmとグレードによりハイルーフとロールーフへ形状を変えており、N-BOXよりもさらに背の高い構造となっています。

また、商用車だけでなくレジャーで使うシチュエーションへも適用させるべく、+STYLEシリーズもラインナップされており乗用車としての一面をうかがい知ることができます。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

ボディーカラーはN-VANが設定色2色のみで、N-VAN +STYLE (FUN)( COOL)共に全7色ですが、白とピンクのカラーは生産中止になる予定になっています。

画像の✔マークのカラーは生産中止予定の色です。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/type/type/

同じ形状をしていますので違いとなるのは、ヘッドライトやテールランプといった細かい部分で、デザイン比較により見比べることになります。

カラーリングはN-BOXの方に豊富なバリエーションがありますので、N-VANはやや劣勢と言わざるを得ません。

スポンサーリンク

N-BOXとN-VANの室内の違い

室内の違いについて比較していきます。

・天井高さの比較

N-BOXの内寸
室内長2,240mm(スロープ仕様2,060mm)×室内幅1,350mm×室内高1,400mm

N-VANの内寸
室内長2,560mm~2,635mm×室内幅1,325mm~1,390mm×室内高1,260mm~1,360mm

となっており、商用車として使われるN-VANの方が若干広めのスペースを確保しています。

・荷物室の比較

4人乗りを前提としたN-BOXの荷室はそれほど広くなく、奥行きはシートをスライドさせても500mmほどで、500mlペットボトル1ケース分を置く程度となります。

一方、2人乗りを前提(後部座席は補助席として利用)としたN-VANは、助手席を含めて平らなフルフラットにすることができ、段ボール箱(380mm×310mm×280mm)を70個も積むことができます。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/interior/utility/

・シートアレンジの比較

N-BOXとN-WGNで共通のベンチシートは、後方座席が可倒式となっていますので、大きな荷物を積むのに便利な仕様となっています。

N-BOXには通常のベンチシートの他にもシート仕様を選ぶことができます。

スーパースライドシート仕様は助手席を最大57cm動かすことができ、後部座席にベビーカーをそのまま置くスペースを確保できます。

スロープ仕様は荷室に収納されているスロープを引く出すことで、車いすの方を楽に乗り降りできたり、自転車等の荷物の出し入れに便利です。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/easy-to-use/

人や荷物を運ぶN-BOXと荷物を沢山運ぶN-VANという比較となりましたが、乗り心地に大きな違いが出ていますので、後部座席へ人を乗せて快適にドライブすることを基準とするならばN-BOXを選ぶことになります。

スポンサーリンク

N-BOXとN-VANの価格の違い

価格の違いについて比較していきます。

・N-BOX

G・Honda SENSING
FF:1,385,640円
4WD :1,516,320円

G・L Honda SENSING
FF:1,499,040円
4WD:1,629,720円

G・EX Honda SENSING
FF:1,596,240円
4WD :1,726,920円

G・Lターボ Honda SENSING
FF:1,695,600円
4WD:1,826,280円

G・EXターボ Honda SENSING
FF:1,749,600円
4WD:1,880,280円

・N-BOX Custom

G・L Honda SENSING
FF:1,698,840円
4WD:1,829,520円

G・EX Honda SENSING
FF:1,752,840円
4WD:1,883,520円

G・Lターボ Honda SENSING
FF:1,895,400円
4WD:2,026,080円

G・EXターボ Honda SENSING
FF:1,949,400円
4WD:2,080,080円

・N-VAN

G・Honda SENSING
FF:1,267,920円
4WD:1,377,000円

L・Honda SENSING
FF:1,341,360円
4WD:1,450,440円

・N-VAN  +STYLE

FUN・Honda SENSING
FF:1,560,600円
4WD:1,691,280円

COOL・Honda SENSING
FF:1,560,600円
4WD:1,691,280円

FUN・ターボ Honda SENSING
FF:1,668,600円
4WD:1,799,280円

COOL・ターボ Honda SENSING
FF:1,668,600円
4WD:1,799,280円

同等グレードで比較すると、N-BOX(G・Honda SENSING)FF:1,385,640円、N-VAN(G・Honda SENSING)FF:1,267,920円と、117,720円の価格の違いが出てきます。

一方、それぞれの中古車市場を比較してみましょう。

・N-BOX(中古車相場)
価格帯:78.5万円~226万円

・N-VAN(中古車相場)
価格帯:98.8万円~197万円

それぞれの平均はN-BOX が156.6万円、N-VAN が145.2万円となっており、新車の購入価格と比較しても差は変わらないように見えますが、N-BOXは2017年より前のモデルが多く出回っていますので、値崩れしない分N-BOXの方は市場価値が高いことが分かります。

スポンサーリンク

N-BOXとN-VANの比較まとめ!何を基準で選びます?

安全運転をサポートしてくれる面からすればどちらも評価すべき車なのですが、乗用軽自動車として比較すると、N-BOXの高いポテンシャルからN-VANが勝てる部分が少ないことが分かりました。

価格面も安く購入できるとはいえ、数年後の買い替えを考えると査定額に期待できるのは、軽自動車の人気ナンバーワンであるN-BOXとなります。

商用利用で考えるとV-VANの最大の魅力は室内空間の広さです。

後部座席のシートありの状態でも十分な荷物スペースがあります。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/interior/design/

そして、V-VANはフルフラットにすることでたくさんの荷物を載せることができます。

それぞれの違いを比較した結果、仕事や個人的な趣味を基準で選ぶのであればN-VAN家族乗りを基準で選ぶのであればN-BOXがおすすめとなります。

検討する際には用途に応じてどちらかを選ぶように進めてみて下さい。

N-BOXを改造する!改造パーツを使って荷室や内装を改造するには?

2019.03.09

N-BOXとN-WGNの比較!違いはどこ?後悔しないために知っておこう!

2019.05.16

N-BOXとソリオの比較!子育てに向いているのはどっち?

2019.05.31

N-BOXとムーブの比較!迷うなら用途別に考えてみたら?

2019.05.31

N-BOXとワゴンRおすすめはどっち?比較してみた。

2019.06.01

キャッチ画像
上:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/
下:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

この記事を書いた人

にわとりぃ
誰かの為になる記事を書くことを意識して日々精進しています。
この記事があなたの参考になれば幸いです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1