ジャガーXJvsポルシェパナメーラ徹底比較!維持費や燃費・乗り心地はどっち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

今回はジャガーXJvsポルシェパナメーラ徹底比較!ということでジャガーの最高級セダン『ジャガーXJ』とポルシェ初の4ドアセダン『ポルシェパナメーラ』を比較していきます。

ジャガーの象徴としての長い歴史を持つジャガーXJと、スポーツカー専門だったポルシェが突如として高級セダン業界に投入してきたパナメーラとではどのような違いが出るのでしょうか。

今回は下記の4つに焦点を当てて比較していきます。

・維持費 ・燃費

・乗り心地 ・走破性

以前のジャガーXJのデザインから車好きになった私からすると「スポーツカーのポルシェから高級セダンかぁ」と肩を落としていましたが、改めて調べてみると驚きも多かったのでそちらも一緒にご覧ください!

スポンサーリンク

ジャガーXJvsポルシェパナメーラ維持費はどっち?

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-models/

引用:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xj/index.html

クルマを日常生活で使う上で掛かってくる維持費ですがジャガーXJとポルシェパナメーラとではどのように違ってくるのでしょうか。

今回はジャガーXJとポルシェパナメーラの基本グレードのモデルと最高級グレードをピックアップしました。

維持費では金額の変動が少ない下記の2つを紹介しつつ比較していきます。

・自動車税

・重量税

→自動車税

自動車税とはクルマの排気量ごとに年間でかかる税金のことです。

ジャガーXJは3.0L/5.0Lの2種類の排気量に対してパナメーラも3.0L/4.0Lの2種類で比較していきましょう。

2台の自動車税は下記のようになります。

3.0L:51,000円/年

4.0L:66,500円/年

5.0L:88,000円/年

→重量税

重量税はクルマの重さに対してかかる税金のことです。

ナンバーをつける時や車検の時にかかるものですね。

グレードによって重さが違いますが下記の2つが対象になります。

2.0tまで:49,200円/3年

2.5tまで:61,500円/3年

知っている人も多いかと思いますが、エコカー減税は重量税が対象になり減額や免除されます。

今回の比較には入っていませんがパナメーラにも減税対象のグレードがあります。

自動車税、重量税の他にも自賠責保険(普通車35,950年/3年)や検査手数料(1,800円)、購入の時には取得税や消費税などがかかってきます。

今回は自動車税、重量税、自賠責保険料、検査手数料を合計して比較してみましょう!

ジャガーXJの維持費

3.0L(LUXURY)      :81,183円/年

5.0L(AUTOBIOGRAPHY) :118,183円/年

ポルシェパナメーラの維持費

3.0L(ベース)      :81,183円/年

4.0L(ターボSEエグゼクティブ) :100,783円/年

結果はポルシェパナメーラに軍配です。

標準グレードでは年間の維持費は変わりませんね。

最高級グレードになるとパナメーラの方が重いので重量税が高いですが、ジャガーXJは排気量が大きいので自動車税が高くなります。

最高級グレードだとジャガーXJよりもパナメーラの方が約17,000円もお手頃ですね。

ジャガーXJ好きの私からすると「パナメーラはジャガーXJより排気量が小さくて重いとなると走りや乗り味は大丈夫なのか?」と疑問がわいてしまいます。

しかし調べていくと驚きの情報が出てきたので紹介していきますね!

次は燃費対決です。

スポンサーリンク

ジャガーXJvsポルシェパナメーラ燃費対決

引用:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xj/index.html

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-models/

良い車に乗ると遠出やドライブが楽しくなりますよね。

沢山乗るからには給油の回数が少なく燃費が良いに越したことはありません。

ということで年間に掛かるであろう金額を調べて算出しました。

ハイオクガソリンの価格を全国平均の154円として年間走行距離10000km、平均燃費をカタログ値の70%とした場合での計算です。

ジャガーXJの燃費

3.0Lモデル(LUXURY)
→10000km÷(7.6km/L×70%)×154円/L= 289,473円

5.0Lモデル(AUTOBIOGRAPHY)
→10000km÷(6.8km/L×70%)×154円/L= 323,529円

ポルシェパナメーラの燃費

3.0Lモデル(パナメーラ)
→10000km÷(12.4km/L×70%)×154円/L=177,419円

4.0Lモデル(ターボSEハイブリッド エグゼクティブ)
→10000km÷(11.1km/L×70%)×154円/L=198,198円

驚きの結果が出ました。

ポルシェパナメーラの圧勝です。

維持費比較で重くて排気量が少ないと燃費が悪いのではないかと思いましたが、驚きの誤算でした。

さらに驚いたのがパナメーラの最高級グレードはプラグインハイブリッド(外部から充電できるハイブリッド)搭載です。

電気のみで走るモードがありそれも合わせると燃費はもっと向上。

またガソリンタンクの容量はパナメーラの3.0Lモデルを除いてすべて80L入ります。

燃費が良くてタンク容量も多ければどこまでも行けそうですね。

しかし乗り心地が悪ければ遠くに行くのも苦になってしまいます。

次はそんな乗り心地を比較していきましょう。

スポンサーリンク

ジャガーXJvsポルシェパナメーラ乗り心地を比較

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-models/

引用:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xj/index.html

維持費、燃費となかなか勝てないジャガーXJですが乗り心地ではどうでしょうか。

ジャガーXJとポルシェパナメーラの乗り心地を比較していきましょう。

ホイールベース(前後タイヤの中心間の長さ)から。

ホイールベースは長ければ長いほど直進安定性が増す反面小回りが利きすらくなります。

ジャガーXJのホイールベース

3.0Lモデル 3030mm
5.0Lモデル 3155mm

ポルシェパナメーラのホイールベース

3.0Lモデル 2950mm
4.0Lモデル 3100mm

ジャガーXJの方が標準グレードも最高級グレードもホイールベースが長いです。

こうして比べてみるとジャガーの方が有利なように見えますね。

それではもう一つの肝であるサスペンションはどうでしょうか。

ジャガーは最上位モデルのオプションにのみエアーサスペンション(空気式サスペンション)が設定されています。

パナメーラは全車種にモード選択付きのエアーサスペンションが搭載されています。

どちらもエアーサスペンションを搭載しているのでサスペンションに関してはドローというところでしょう。

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-models/

口コミやレビューも調べてみました。

ジャガーXJのレビューや口コミが少ないですが、パナメーラは発売当初から注目されていたせいもあってか日本の口コミやレビューが多く見られました。

パナメーラは下記のようなレビューが多く見られました。

・硬い乗り心地

・路面に張り付くような乗り味

・好みが分かれるが好き

ジャガーXJは下記のレビューが多かったです。

・リラックスして長距離運転できる。

・驚くほど柔らかで不安定さもない。

・常に快適な乗り味

やはりポルシェはスポーティーな乗り心地のようですね。

高級セダンという枠組みで見れば柔らかい乗り味のジャガーXJに軍配です。

ジャガーXJ好きの私には嬉しい結果です。

ジャガーXJvsポルシェパナメーラ走破性を比較

引用:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xj/index.html

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-models/

ジャガーもポルシェもオフロードというイメージはないですが、走破性は高いに越したことはありません。

ということでジャガーXJとパナメーラの走破性を比較していきますね。

ジャガーXJには独自の低速クルージング機能が付いています。

アクセルを電子制御することによって悪路でのアクセルコントロールミスによるスリップを防止してくれる機能です。

パナメーラはフルタイム4輪駆動のモデルがありサスペンションの硬さを別々にコントロールし路面をしっかり掴む機能が付いています。

走破性ということになるとジャガーXJに軍配でしょう。

ジャガーXJの優雅さに対してパナメーラの機能は走破性と言うよりはスポーティーさを優先していますね。

ここまでスポーティーさにこだわっていると流石はポルシェといえるでしょう。

ではまとめ今回の比較をまとめをみていきます。

スポンサーリンク

ジャガーXJvsポルシェパナメーラ比較まとめ

引用:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xj/index.html

引用:https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-models/

今回は下記の4つにフォーカスを当てて比較してみました。

・維持費 ・燃費

・乗り心地 ・走破性

今回の対決は2対2というわけでドローです。

どちらもスペックは申し分ないので「乗ったら不満が少ないだろうなー」という印象でした。

発表当初はポルシェがセダンと聞いて肩を落としていましたがパナメーラはスポーツカーの力を持ったセダン。

さらにはカラーバリエーションが豊富で個性的な色も多くありました。

スポーティーで個性的な車かつ4人乗れる車が欲しい人にはポルシェパナメーラしかないと断言できますね。

ジャガーXJも乗っている人は少ないですが周りのジャガーXJ乗りは「乗ったら他は考えられない」と絶賛する人が多い印象です。

デザインを気に入り、快適なクルマが欲しいならジャガーXJしかありません。

今回は高級セダンながら対局な2台を比較しました。

気になった方は他の車とジャガーXJと比較してみてはいかがでしょうか。

➡︎ ジャガーXJvsアウディA8徹底比較!維持費や燃費・乗り心地はどっち?

アイキャッチ引用画像:https://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/xj/index.html

アイキャッチ引用画像:https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-models/

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク