N-BOXとソリオの比較!子育てに向いているのはどっち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

N-BOXとソリオの外観や色、室内の違いは何か?

そして子育てに向いているのはどっちなのか?

今回は、N-BOXとソリオの外観や色・室内・価格の違いを子育ての観点から比較します。

スポンサーリンク

N-BOXとソリオの価格、維持費の比較

N-BOX(ホンダ)は2011年に発売されると瞬く間に人気に火が付き、軽自動車販売台数で堂々の1位を獲得するまでになっています。

2017年のモデルチェンジでは進化したN-BOXに話題が殺到し、今では軽乗用車の代名詞と言われるほどまでに成長を遂げています。

パワートレインは排気量658ccの直列3気筒DOHCエンジンを積んでおり、駆動はFFと4WDから選ぶことができます。

燃費はカタログ(JC08モード)燃費で25.4km/L~27.0km/L、燃料タンクは27L(FF)、25L(4WD)となっています。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/performance/driving/index.html

グレード別の価格は以下の通りです。

・N-BOX
G・Honda SENSING
FF:1,385,640円
4WD :1,516,320円

G・L Honda SENSING
FF:1,499,040円
4WD:1,629,720円

G・EX Honda SENSING
FF:1,596,240円
4WD :1,726,920円

G・Lターボ Honda SENSING
FF:1,695,600円
4WD:1,826,280円

G・EXターボ Honda SENSING
FF:1,749,600円
4WD:1,880,280円

・N-BOX Custom
G・L Honda SENSING
FF:1,698,840円
4WD:1,829,520円

G・EX Honda SENSING
FF:1,752,840円
4WD:1,883,520円

G・Lターボ Honda SENSING
FF:1,895,400円
4WD:2,026,080円

G・EXターボ Honda SENSING
FF:1,949,400円
4WD:2,080,080円

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/design/

一方、ソリオ(スズキ)と言えば、N-BOXが発売されるまでの軽自動車ナンバーワンと言われていたワゴンRを乗用車化した車で、コンパクトカーとしてかなりの人気を持っています。

同クラスの車より車幅を抑えた構造となっており、軽乗用車に近い運転のし易さが特徴と言えます。

パワートレインは排気量1,242ccの直列4気筒DOHCエンジンを積んでおり、駆動はFFと4WDから選ぶことができます。

さらに2つのハイブリッドシステムが用意されており、低燃費による走行も実現しています。

燃費はカタログ(JC08モード)燃費で22.0km/L~32.0km/L、燃料タンクは32L(FF)、30L(4WD)となっています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/styling/

グレード別の価格は以下の通りです。

・ソリオ
G(セーフティーサポート装着なし)
FF:1,459,080円
4WD:1,585,440円

G
FF:1,545,480円
4WD:1,671,840円

HYBRID MX(セーフティーサポート装着なし)
FF:1,703,160円
4WD:1,829,520円

HYBRID MX
FF:1,841,400円
4WD:1,967,760円

HYBRID MZ
FF:1,954,800円
4WD:2,081,160円

HYBRID SX
FF:2,019,600円

HYBRID SZ
FF:2,179,440円

・ソリオ バンデッド
HYBRID MV
FF:1,944,000円
4WD:2,070,360円

HYBRID SV
FF:2,168,640円

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/interior/

安全予防システムを装着したエントリーモデルで比較すると、

N-BOX:G・Honda SENSING(FF:1,385,640円)
ソリオ:G(FF:1,545,480円)

となり159,840円の差があります。

3年ローン(低金利:2.0%)で計算すると、

N-BOX:月々39,000円(年468,000円)
ソリオ:月々44,000円(年528,000円)

という結果となります。

また、軽乗用車と乗用車の違いから税金(自動車税、自動車重税)、保険(自賠責保険、任意保険)にも差が出てきます

・N-BOX(3年間維持費用)

ローン金額:1,404,000円
自動車税:32,400円
自動車重量税:5,400円
自賠責保険:35,600円
任意保険:81,000円
ガソリン代:210,000
(年間10,000km、単価140円)

合計:1,768,400円

・ソリオ(3年間維持費用)

ローン金額:1,584,000円
自動車税:103,500円
自動車重量税:11,100円
自賠責保険:36,700円
任意保険:90,000円
ガソリン代:227,000
(年間10,000km、単価140円)

合計:2,052,300円

以上の結果から、新車購入時3年間の維持費用は283,900円の差が出てくることになります。

価格および維持費用を見るかぎり、子育て世代に優やさしいのはN-BOXと言えそうです。

スポンサーリンク

N-BOXとソリオの室内比較

子育てを条件とした場合、一番気になるのが後部座席へ子供を乗せるときのチャイルドシートやシートベルト装着への配慮ではないでしょうか。

その観点から室内の違いについて比較します。

N-BOXの室内容量は、室内長2,240mm×室内幅1,350mm×室内高1,400mmとなっており、さらに用途に応じてシートアレンジを選ぶことができます。

中でもスーパースライドシート仕様は助手席を最大57cm動かすことができ、後部座席へベビーカーをそのまま置くスペースを確保できます。

また、後部座席へ子供を乗せた後、そのまま運転席へ室内移動できるのもメリットとなります。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/easy-to-use/

対するソリオですが、室内長2,515mm×室内幅1,420mm×室内高1,360mmとなっており、N-BOXよりも広いスペースを確保しています。

軽乗用車は4人乗りであるのに対し、乗用車であるソリオは5人乗りとなっていますので、後部座席の広がりは大きな利点と言えます。

最大の特徴はセンターウォークスルーを採用していますので、助手席を動かす手間もなく運転席から後部座席へ移動することができ、小さな子供のケアも楽におこなうことができます。

荷室も乗用車として申し分のない空間となっていますので、育児に必要な道具を沢山積むことができるのは嬉しいのではないでしょうか。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/solio/comfort/

乗用車に負けないくらいの広さを持つN-BOX、子供を楽に乗車させることを想定しているソリオ、どちらも子育てをサポートする室内空間として工夫されていることがよく伝わります。

スポンサーリンク

N-BOXとソリオの外観デザイン比較

外観デザインの違いを比較します。

N-BOXもソリオもファミリー層に支持されており、共通してトールワゴン(通称:ハイトワゴン)タイプのフォルムをしています。

N-BOXは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,790mmとなっており、背の高さがひときわ目立つ姿をとなっています。

ボディーカラーはN-BOXが全14色で、
・設定色6色
・有料色(モノトーン)5色
・有料色(ツートン)3色

N-BOX Customが全10色で、
・設定色4色
・有料色(モノトーン)3色
・有料色(ツートーン)3色

から選ぶことができます。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/type/type/

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/type/type/

一方のソリオは全長3,710mm×全幅1,625mm×全高1,745mmとなっており、N-BOXと比べると全体的にバランスの良い安定感のある姿をしています。

ボディーカラーはソリオが全9色で、
設定色7色
有料色(モノトーン)2色

ソリオ バンデッドが全13色で、
設定色5色
有料色(モノトーン)3色
有料色(ツートーン)5色

から選ぶことができます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/solio/detail/index_g.html

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/detail/

N-BOXはパステルカラーを多く採用しており、優しい淡い色が可愛らしさを表現していますが、ソリオは原色カラーを多く採用しており、シャープな華々しさを表現しています。

どちらも女性が好むボディーカラーを揃えていますが、色合いについては対照的に分かれてくると思われます。

スポンサーリンク

N-BOXとソリオ子育てに向いているのはどっち?

価格や維持費ではN-BOXが有利となりますので、経済的な観点からすれば同等の安全予防システムを搭載していたとしてもソリオは割高に感じてしまいます。

室内空間はN-BOXがいくら広いと言っても、軽乗用車の範疇に留まってしまうことから、全体的に広々としたソリオに敵わないことになります。

ただし、子育て家庭にはどちらも使い勝手が良いのは事実ですので、幼児がいる家庭にはN-BOX、ある程度成長した子供がいる家庭にはソリオという縮図が当てはまると言えます。

子供の成長に併せた車選びの参考にしてみて下さい。

N-BOXを改造する!改造パーツを使って荷室や内装を改造するには?

2019.03.09

N-BOXとN-WGNの比較!違いはどこ?後悔しないために知っておこう!

2019.05.16

N-BOXとN-VANの比較!違いは何?購入前に何を基準で選びます?

2019.05.16

N-BOXとムーブの比較!迷うなら用途別に考えてみたら?

2019.05.31

N-BOXとワゴンRおすすめはどっち?比較してみた。

2019.06.01

キャッチ画像
上:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/
下:https://www.suzuki.co.jp/car/solio/styling/

この記事を書いた人

にわとりぃ
誰かの為になる記事を書くことを意識して日々精進しています。
この記事があなたの参考になれば幸いです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1