新型ムーブキャンバスのオプションは!?付けなくていいオプションはどれ?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

2016年の秋に、近年の女性のライフスタイルを研究しそれに寄り添うクルマとして誕生して以来、特に若い女子層を中心に絶大な人気と支持を集めているダイハツ ムーブキャンバス。

登場して早々、ダイハツでは初めてとなった『日本カー・オブ・ザ・イヤー スモールモビリティ賞』も受賞するなど、早くも名車の呼び声の高い軽トールワゴンでもあります。

今回は、そんな新型ムーブキャンバスにぴったりの人気オプションをご紹介してきましょう!

女子に大人気のムーブキャンバスに欠かせないエッセンス!

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/img03_exterior/07_01_01.jpg

ムーブキャンバスは、その開発段階から既に女性、特に多様にライフスタイルや価値観が大きく移り変わっている現代の若い女性たちのパートナーになり得る軽自動車、といったコンセプトで作られています。

そのため、特に女性目線で見ると魅力的なエッセンスが満載でとても魅力的な軽自動車に仕上がっており、デビューから3年目に入った現在も非常に高い人気と支持を女性たちから集めています。

ここでは以下に、そんなムーブキャンバスの魅力と人気の秘密について掘り下げて考えていきます。

オシャレで可愛い2トーンカラーとレトロモダンなエクステリアデザイン

View this post on Instagram

❤︎keiko❤︎さん(@arisu1219)がシェアした投稿

ムーブキャンバスが圧倒的に女子ウケする理由の最大の理由は、まずその可愛くポップで目を惹くエクステリアデザインとおしゃれなカラーリングでしょう。

まず、カラーリングに関しては、1色のモノトーンのバージョンもありますが、ムーブキャンバスを購入する人が選択するカラーバージョンは、圧倒的にストライプス(2トーンカラー)が主流となっています。

このストライプスの2トーンカラーがオシャレで色使いも女子力の高い可愛らしい取り合わせが多いので、若い女子たちはまるでファッションのコーデをする感覚で選べるようになっている点が大きな魅力です。

更に、軽トールワゴンながら、全体に丸みを帯びた可愛らしく愛くるしいレトロモダンなエクステリアデザインも女性からはもちろん男性からもセンス良く、品よく、欧州車のミニバスのように映りチャーミングです。

難点としては、女性が乗るのはぴったりで絵になるのに対して、男性が乗るにはいささか可愛すぎてポップすぎて、乗りたくても他者の目が気になって抵抗が生まれる男性も一定数いるという点でしょうか。

しかし、それも当初の開発コンセプトからして女性にターゲットを絞っていることから織り込み済みの事案でしょう。

こういったレトロモダンで他の軽トールワゴンにはない、オシャレなポップ感の車に乗っていると、特に街乗りでは気分も自然と華やいでアガってきます。

そういった日常の中にウキウキ感覚を取り入れた軽トールワゴンというエッセンスだけでも、秀逸な車と言えるでしょう。

徹底的に「難しくない」使い勝手の良さとユーティリティ機能の高さ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/img04_interior/07_03_01.jpg

ムーブキャンバスが女性に大人気なのは、その可愛くお洒落でレトロモダンなエクステリア&インテリアデザインや、ポップなカラーリングに加えて、その「難しくない」使い勝手の良さ、日常使いを徹底的に研究されたユーティリティ機能の高さ、といったエッセンスも挙げられるでしょう。

女性は一般的にロジカルで複雑でメカニカルな機能を好む男性とは対照的に、感覚的かつ本能的に理解→操作できる機能を好む傾向が非常に強いです。

早い話「難しくない方が良い」のです。ムーブキャンバスは、こういった点を最初からコンセプトとして開発されているだけあって、非常に日常使いの細かいところまで機能的に作られていて、しかもその操作が簡単に感覚的に行えるようになっています。

日常のショッピングで荷物を抱えていても、ドアハンドルのスイッチを押すだけで簡単に買開閉する後部スライドドア(ムーブシリーズでは初)、買い物の荷物を床に置かずに定位置に収納できる「置きラクボックス」など、女性の日常に寄り添うような簡単に使いこなせる便利な機能だらけです。

こういったユーティリティの高さは大きな魅力のエッセンスであり、そこからどんどん使い勝手の良さを広げるメーカーオプションやディーラーオプションも、新型ムーブキャンバスでは大変充実しているのです。

新型ムーブキャンバスのメーカーオプションについて

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/move_canbus/img/canbus_disney_img_01.jpg

ここでは以下に、ムーブキャンパスのメーカーオプションの中でも、「これはマスト!」とユーザーが口を揃える人気のオプションをご紹介していきます。

これだけは付けておきたい!新型ムーブキャンバスの必須メーカーオプション

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/img03_exterior/14_01_04.jpg

ストライプスカラー

ムーブキャンバスのメーカーオプションで必須となってるものは、まず第一になんといってもこの「ストライプスカラー」でしょう。

ムーブキャンバスには、本来単一色のモノトーンカラーが標準仕様になっています。

しかし、レトロモダンでオシャレなエクステリアデザインとぴったりマッチするのは、メーカーオプションの2トーンカラーであるストライプスカラーだと購入するオーナーの大多数が判断しているようで、このメーカーオプションを付けることはムーブキャンバスにおいてはマストになっているようです。

ストライプスカラーは、ルーフ、ボンネット、フロントグリル、フロントアンダー、サイドスカート、リアゲートの部分にベース色とは別の挿し色の2トーンを入れるカラーリングで華やかさとポップさが格段に上がります。

ストライプスカラーのバージョンは7タイプで、メーカーオプション価格は64,800円となっています。

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

View this post on Instagram

yome_absさん(@yome_abs)がシェアした投稿

比較的運転がそれほど得意ではない女子ユーザーの多いムーブキャンバスにおいて重要と捉えられて人気が高いメーカーオプションが、この「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」です。

4方向のコーナーに取り付けられたカメラによってシフトをバックに入れれば、ナビの画面には車体を真上から俯瞰しているように見えるパノラマモニターが作動します。

日産で言うところのアラウンドビューモニターとほとんど同じ機能ですが、これによって駐車が苦手な女性ドライバーでもスムースな駐車が可能になります。

日常的に相棒として乗る車だからこそ必要不可欠なオプション機能だとも言えますね。

これは無理して付けなくて良い、新型ムーブキャンバスのメーカーオプション

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/img03_exterior/07_01_06.jpg

LEDヘッドランプバルブ

何となくみんながやっているから、という理由で必要性に関係なく多くのユーザーが付けている最たるものに「LEDヘッドランプバルブ」が挙げられます。

確かにノーマルのハロゲンバルブよりは明るいのですが、街灯もない山道の多い山間部にでも住んでいない限りは、その必要性は限りなく低いです。

特に都市部においてはハロゲンでも十分に明るく、むしろLEDヘッドランプバルブでむやみにハイビームなどにしていると対向車や先行車には無用に眩しさだけを与えてしまい、事故やトラブルの基になっています。

自分は本当に必要性があるのかどうか?よく考慮してから付けるべきオプションでしょう。

新型ムーブキャンバスのディーラーオプションについて

View this post on Instagram

칸 짱さん(@h.mk.o0918)がシェアした投稿

ムーブキャンバスには、「これは絶対必要!」というレベルのディーラーオプション品も多数あります。ここでは以下に、それらをご紹介していきましょう。

これだけは付けておきたい!新型ムーブキャンバスの必須ディーラーオプション

View this post on Instagram

Satoko Nakamuraさん(@satoko_j_girl)がシェアした投稿

ワイドバイザー

ムーブキャンバスを実際に購入したオーナーのうち10人いれば9人は付ける大人気かつマストなディーラーオプションが、「ワイドバイザー」です。

ドアバイザーの幅の広いもので、通常のワイドバイザー(18,706円)と、ステンレスモール付(25,186円)の2タイプがディーラーオプションで用意されています。

通常より幅の広いドアバイザーは、しっかりUVカット効果もあり、雨の日に少しだけ窓開けて換気する場合などにも付いていると大いに便利であり、特に女性オーナーの多いムーブキャンバスでは必需品となっています。

簡単脱着&洗えるシートクロス

オシャレで明るいムーブキャンバスの室内-。

シートに汚れが付かないよう、また汚れてしまった場合には、簡単に取り外して洗濯ができる仕様のシートクロスがディーラーオプションとして用意されていて大人気です。

その種類も、ストライプ、チェック、ブラックの他に、「くまのプーさん」、「ブラウン・ディズニー」、「シンデレラ」とディズニーキャラクターを採用したものが用意されていて、非常に高い人気を集めています。

ポップでレトロモダンなムーブキャンバスの雰囲気にどのクロスもぴったりとマッチして更に乗るたびにワクワク感の増すディーラーオプションです。

これは無理して付けなくて良い、新型ムーブキャンバスのディーラーオプション

何となく購入したディーラーにすすめられるままに、または周囲がみんな付けているから何となく自分も付けとくか、という感じで付けているオプション品はディーラーオプションにもあります。

14インチアルミホイール

特に必要性もないのに、何となく雰囲気で購入時にディーラーオプションとして組み込んでしまうものの代名詞が、「14インチアルミホイール」でしょう。

もちろんこれらのオプションのアルミホイールは抜群に品質も良く、メーカー保証もバッチリ付いた間違いのない代物ですが、取り付け工賃も含めるとその費用は10万円を超えてしまう高価なオプションです。

車イジリが何よりの趣味で、カスタムカーにしていくことに無上の喜びを感じる人には無駄にはならないディーラーオプションですが、このムーブキャンバスの主要なオーナー層である女性たちの多くはそのような趣味は無いでしょう。

すすめられても付ける前には一考を要するオプションですね。

新型ムーブキャンバスにぴったりの人気オプションに関するまとめ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/img03_exterior/07_01_03.jpg

2016年のデビュー以来、若い女性層を中心に絶大な人気を誇るムーブキャンバスは本当にオシャレで小粋な軽トールワゴンです。

ここまで、ムーブキャンバスを所有するうえで必要不可欠なメーカーおよびディーラーオプションについてきました。

この車の持つオシャレ感やポップ感は独特で、所有することによって女性はもちろん男性までも何かわくわくさせてくれる遊び心を持っています。

そのため、日常使いや遊びのシーンでも役立つオプション品はメーカー&ディーラーオプションだけでなく社外品でも多く揃ってきていますね。

自分のライフスタイルや個性にピッタリ合ったオプション品を選んで、楽しいカーライフを送りましょう!

アイキャッチ画像引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/img03_exterior/07_01_05.jpg

この記事を書いた人

ふじやま
単にドライブだけでなく車中泊をしながら安く旅行をすること。
常に車種を選び時にはレンタルをして車生活を楽しんでいます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1