ルーミー/タンク/トール/ジャスティのカラー・色@購入前に全体を通してカラーを確認しておこう

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ダイハツがその開発と製造を担当し、自社のトールをはじめ親会社のトヨタ、更にスバルへもOEM供給しそれぞれ違う車名で販売されているルーミー/タンク/トール/ジャスティ。

今回はその全車種の特徴の違いにはじまり、それぞれの車種の全カラーバリエーションおよび人気の高いカラーを掘り下げてご紹介していきましょう。

カラーの比較前にダイハツ トールベースのOEM全車種とその特徴の違いを知る

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/img03_exterior/07_01_01.jpg

3社の販売チャンネルにまたがるコンパクトトールワゴン・トールはダイハツ製

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/img04_interior/07_01_01.jpg

トヨタ・ルーミー/タンクおよびスバル・ジャスティはいずれもダイハツ・トールのOEM車種です。

北欧の神話に出てくる雷神の名前である『THOR』(トール)と命名されたこの車は、背が高いトールワゴンの”TALL”にも掛かっています。

全長3,700mm~3,725mm・全幅1,670mmという超コンパクトサイズのボディで軽自動車並みの取り回しの良さを実現するとともに、全高は1,735mmと広々とした室内空間の確保も両立することに成功しています。

ダイハツとしてはリッターカーということで、同社のブーン購買層の当たらない選択肢を提供する強い意図があると見られています。

同様に親会社であるトヨタにOEM供給しているルーミー/タンクは、ブーンのOEM版であるパッソの購買層をターゲットにしているのでしょう。

スバルは数年前に軽自動車の自社生産を打ち切って以来、スバルのバッジを付けた軽自動車は全てダイハツからOEM供給を受けています。

その流れでこのコンパクトトールワゴンに同社にかつてあった車名の「ジャスティ」を21年ぶりに復活させています。

トヨタ ルーミー/タンクとスバル ジャスティのトールとの微妙な差異とは!?

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/content/design/img/design_pict1.jpg

パワートレインや足回り等の中身はもとより、エクステリア・インテリアに至るまで元々同じクルマであるルーミー/タンク/トール/ジャスティには正直言って大した違いはありません。

一番違うのは付けているブランドのエンブレムの違い、それに微妙なエクステリアデザインとインテリアの質感の違いといった感じになります。

あくまでも印象論ではありますが、トヨタのルーミー/タンクは20代~30代前半までの比較的若い購買層をターゲットにしたデザインと造りのように感じられます。

それに対してスバルのジャスティは比較的力強く武骨な感じを演出していて個性派の単身者向けといった感じがします。

本丸であるダイハツのトールはズバリ、ファミリー層特に小さなお子さんのいるママさんドライバー向けという演出は色濃い印象を受けます。

見た目や中身には大差が無くても、そのマーケティングは3社3様といった感じでしょうか。

ルーミー/タンク/トール/ジャスティの全てのカラー・色を比較

View this post on Instagram

RIKAさん(@rk_at30)がシェアした投稿

ここでは以下に、ルーミー/タンク/トール/ジャスティそれぞれのすべてのカラーバリエーションをご紹介していきましょう。

トヨタ ルーミー/タンクの全カラー

引用:https://toyota.jp/pages/contents/tank/001_p_001/image/exterior/top/carlineup_tank_exterior_top_pic_06_01.jpg

ルーミー/タンクはどちらもダイハツからOEM供給されたトールがベースの兄弟車種です。

基本同じクルマですが、しいて違いを挙げればフロントマスクを変えてありルーミーがどちらかと言えば「いかついマスク」、タンクは「ソフトなマスク」に仕上がっています。

マーケティング的には、購買層の微妙な差別化を図っている意図は感じることができます。

ルーミーは20代~30代前半の比較的若い購買層向け、タンクは、30代後半~40代・50代の比較的年配層向けということでしょう。

カラーバリエーションもそういったターゲットにしている層へのすり寄りの差異が、ルーミー/タンクの2車種では見られます。

トヨタ ルーミーの全カラー・色バリエーション

引用:https://toyota.jp/pages/contents/roomy/001_p_001/image/grade/cs_g_t/carlineup_roomy_exterior_carviewer_item_cs_g_t_XE2_angle02.jpg

・モノトーン
1.ブリリアントカッパークリスタルマイカ
2.レーザーブルークリスタルシャイン
3.マゼンタベリーマイカメタリック
4.ファイヤークォーツレッドメタリック
5.ファインブルーマイカメタリック
6.プラムブラウンクリスタルマイカ
7.ブラックマイカメタリック
8.ブライトシルバーメタリック
9.パールホワイトⅢ

・ツートーン
1.ブラックマイカメタリック×ブリリアントカッパークリスタルマイカ
2.ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン
3.ブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック
4.ブラックマイカメタリック×ファイヤークォーツレッドメタリック
5.ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ

ルーミーのカラーバリエーションは以上の14色となっています。

トヨタ タンクの全カラー・色バリエーション

引用:https://toyota.jp/pages/contents/tank/001_p_001/image/grade/cs_g_t/carlineup_tank_exterior_carviewer_item_cs_g_t_XG6_angle02.jpg

・モノトーン
1.インペリアルゴールドクリスタルメタリック
2.レーザーブルークリスタルシャイン
3.マゼンタベリーマイカメタリック
4.ファイヤークォーツレッドメタリック
5.ファインブルーマイカメタリック
6.プラムブラウンクリスタルマイカ
7.ブラックマイカメタリック
8.ブライトシルバーメタリック
9.パールホワイトⅢ

・ツートーン
1.ブラックマイカメタリック×インペリアルゴールドクリスタルメタリック
2.ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン
3.ブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック
4.ブラックマイカメタリック×ファイヤークォーツレッドメタリック
5.ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ

タンクのカラーバリエーションは以上の14色となっています。

ダイハツ トールとスバル ジャスティの全カラー・色

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/img03_exterior/main01.jpg

ここではもともとのベース車であるダイハツ トールとOEM車種であるスバル ジャスティの全カラーバリエーションを、以下にご紹介していきましょう。

トールにおいては、ツートーンのカラーバリエーションはカスタム専用となっています。

ダイハツ トールの全カラー・色バリエーション

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/img03_exterior/14_01_05.jpg

トール全グレードに共通のカラーバリエーションは、モノトーン9色です。

・モノトーン
1.パールホワイトⅢ
2.マゼンタベリーマイカメタリック
3.ファインブルーマイカメタリック
4.ブライトシルバーメタリック
5.ファイヤークォーツレッドメタリック
6.レーザーブルークリスタルシャイン
7.ブリリアントカッパークリスタルマイカ
8.プラムブラウンクリスタルマイカ
9.ブラックマイカメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/img03_exterior/14_02_03.jpg

トールにおいては、ツートーンはカスタム専用のカラーバリエーションとなりメーカーオプションです。

・ツートーン(カスタム専用)
1.ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ
2.ブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック
3.ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン
4.ブラックマイカメタリック×ブリリアントカッパークリスタルマイカ
5.ブラックマイカメタリック×ファイヤークォーツレッドメタリック

メーカーオプションのツートーンは以上の5色となっています。

スバル ジャスティの全カラーバリエーション

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/content/design/img/bodycolor/color02.jpg

・モノトーン
1.パール・ホワイトⅢ
2.ブライトシルバー・メタリック
3.ブラック・マイカメタリック
4.プラムブラウンクリスタル・マイカ
5.ファインブルー・マイカメタリック
6.ブリリアントカッパークリスタル・マイカ
7.レーザーブルークリスタルシャイン
8.マゼンタベリー・マイカメタリック
9.ファイアークォーツレッド・メタリック

・ツートーン
1.ブラック/レーザーブルークリスタルシャイン
2.ブラック/ファイアークォーツレッド・メタリック
3.ブラック/ブリリアントカッパークリスタル・マイカ
4.ブラック/パール・ホワイトⅢ

ジャスティのカラーバリエーションは以上の13色です。

ルーミー/タンク/トール/ジャスティの人気カラー・色を探る!

View this post on Instagram

y.yosh1akiさん(@y.yosh1aki)がシェアした投稿

ルーミー/タンク/トール/ジャスティの3メーカーを跨(また)いだ4兄弟車種は、先にご紹介した通りそれぞれ豊富で多彩なカラーバリエーションを持っています。

ここでは以下に、それぞれの車種ごとに人気のボディカラートップ3をご紹介していきましょう!

トヨタ ルーミー/タンクの人気のボディカラーはこれだ!

引用:https://toyota.jp/pages/contents/roomy/001_p_001/image/exterior/top/carlineup_roomy_exterior_top_pic_04_01_pc.jpg

トヨタ ルーミーの人気ボディカラーTOP3

第3位 ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ(ツートーン)

引用:https://toyota.jp/pages/contents/roomy/001_p_001/image/grade/cs_g_t/carlineup_roomy_exterior_carviewer_item_cs_g_t_X99_angle02.jpg

この2トーンカラーは、カスタム系グレードのメーカーオプションで、+75,600円の追加料金が発生します。

それにも関わらず3位に食い込んでいることで、人気の高さがわかるでしょう。

白×黒でエッジの効いたオシャレ感を漂わせるステキなボディカラーです。

第2位 パールホワイトⅢ

引用:https://toyota.jp/pages/contents/roomy/001_p_001/image/grade/cs_g_t/carlineup_roomy_exterior_carviewer_item_cs_g_t_W24_angle02.jpg

こちらも有料カラーで+32,400円の追加料金になるにもかかわらず第2位に食い込んだのが、パールホワイトⅢです。やはり白はどの車種でも選ぶ人の多い色ですね。

第1位 ブラックマイカメタリック

引用:https://toyota.jp/pages/contents/roomy/001_p_001/image/grade/cs_g_t/carlineup_roomy_exterior_carviewer_item_cs_g_t_X07_angle02.jpg

そしてルーミーの中でだんとつ一番人気の売れ筋ボディカラーなのが、ブラックマイカメタリックとなっています。

ミニバン系全般で圧倒的に強い色ですね。

どちらかといえばいかつい精悍なフロントマスクのルーミーには、引き締まった黒光りするブラックマイカメタリックはマッチしています。

トヨタ タンクの人気ボディカラーTOP3

第3位 インペリアルゴールドクリスタルメタリック

引用:https://toyota.jp/pages/contents/tank/001_p_001/image/grade/cs_g_t/carlineup_tank_exterior_carviewer_item_cs_g_t_Y14_angle02.jpg

タンクの人気のボディカラー第3位は、ルーミーにはないタンクだけの限定色であるインペリアルゴールドクリスタルメタリックです。

名前の通り非常に高貴な気品漂う色で、タンクのフォルムともよくフィットしています。

こちらも有料カラーで32,400円の追加料金になりますが、それに見合う価値のある色ですね。

第2位 ファイアークォーツレッドメタリック

引用:https://toyota.jp/pages/contents/tank/001_p_001/image/grade/cs_g_t/carlineup_tank_exterior_carviewer_item_cs_g_t_R67_angle02.jpg

タンクは女性やママさんオーナーも多い車種です。

そういった女性ドライバーに人気のボディカラーであるファイアークォーツレッドメタリックが人気色第2位に入っています。

ワインレッドに近く特に夜の光を反射した際など、とても上品で美しい輝きを見せる色でもあります。

第1位 ブラックマイカメタリック

引用:https://toyota.jp/pages/contents/tank/001_p_001/image/grade/cs_g_t/carlineup_tank_exterior_carviewer_item_cs_g_t_X07_angle02.jpg

タンクの人気のボディカラー第1位に輝いたのは、ルーミー同様ブラックマイカメタリックでした。

やはりこの手のミニバン・トールワゴン系は軽自動車含めて黒系がどの車種でも人気ですね。

ダイハツ トールとスバル ジャスティの人気のボディカラーはこれだ!

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/img03_exterior/main02.jpg

ここではベース車であるダイハツのトールと、スバル・ジャスティにおける人気のボディカラーを探っていきます。

ダイハツ トールの人気ボディカラーTOP3

第3位 マゼンタベリーマイカメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/img03_exterior/14_01_02.jpg

トールの人気のボディカラー第3位は、マゼンタベリーマイカメタリックです。

女性のオーナー比率が高くママさんドライバーも多いトールでは、赤系を希望する購入者も多いようですね。

このマゼンタベリーマイカメタリックは赤系ですが抑えた発色で、上品で控え目な好印象を与える色となっています。

第2位 レーザーブルークリスタルシャイン

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/img03_exterior/14_01_06.jpg

トールの人気ボディカラー2位に入ったのは、レーザーブルークリスタルシャインです。

落ち着いて渋いブルー~紺の色合いでありながら、名前の通りレーザーのように煌びやかで複雑な輝きを放つとても美しい色となっています。

たしかにトールに非常にマッチした色であり、下世話な言い方ですが「とても高そうに見える」色でもあります。

第1位 ブラックマイカメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/img03_exterior/14_01_09.jpg

トールの人気売れ筋ボディカラー第1位も、トヨタの2車種同様ブラックマイカメタリックとなりました。

やはりこの手の車種においては黒系が強いのは現在の風潮のようですね。

キリリと引き締まった印象を与えるとともに、メタリック塗装で美しい反射の輝きも見える色です。

スバル ジャスティの人気のボディカラーTOP3

第3位 マゼンタベリー・マイカメタリック

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/content/design/img/bodycolor/color08.jpg

ジャスティの人気のボディカラー第3位は、マゼンタベリー・マイカメタリックです。

ケバくない上品な赤色で、女性はもちろん男性でも違和感の少ない色です。

赤系が人気上位に入ることで、ジャスティもトヨタ2車種やダイハツのトール同様女性オーナーの多い車だということがわかりますね。

第2位 ブラック・マイカメタリック

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/content/design/img/bodycolor/color03.jpg

ジャスティの人気カラーの第2位はブラック・マイカメタリックとなっています。

やはり他の兄弟車同様に黒は強いですね。

比較的スパルタンな印象を醸し出すジャスティのフロントマスクに、ブラック・マイカメタリックは映えます。

第1位 パール・ホワイトⅢ

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/content/design/img/bodycolor/color01.jpg

スバル ジャスティの人気ボディカラー第1位に輝いたのは、パール・ホワイトⅢです。

この色も王道系なのですが、有料オプションカラーで+32,400円追加の価格になります。

それでも他の兄弟車種とは違ってブラックを抑えてパール・ホワイトⅢが1位-。

こういったところに、スバルというブランドを選ぶオーナーの拘りの強さを感じますね。

ルーミー/タンク/トール/ジャスティのカラーバリエーションと人気色に関するまとめ

View this post on Instagram

Asuka Ishiiさん(@_takahiro_gun_)がシェアした投稿

ダイハツ トールがベースになって、トヨタにルーミー/タンク・スバルにジャスティというOEM車種にある4兄弟車種-。

この4車種のカラーバリエーションと人気のボディカラーを掘り下げてご紹介してきました。

中身は同じクルマでありながらも、それぞれメーカーによって微妙なマーケティングの違いなどが垣間見られて興味深かったのではないでしょうか。

この記事がこれからルーミー/タンク/トール/ジャスティのご購入を考えている方々にとって、少しでも参考になれば幸いです。

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/pages/contents/roomy/001_p_001/image/exterior/top/carlineup_roomy_exterior_top_pic_06_01.jpg

この記事を書いた人

ふじやま
単にドライブだけでなく車中泊をしながら安く旅行をすること。
常に車種を選び時にはレンタルをして車生活を楽しんでいます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1