新型プリウスの値引き情報! 相場や交渉術は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ハイブリッドカーのベストセラーとして人気のあるトヨタプリウスですが最近の値引きが気になる方も多いと思います。

今回はプリウスの値引き相場や値引き限度額、値引きの目標などに焦点を当てて検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

プリウスの値引き相場はどのくらい?

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

プリウスを取り扱っているディーラーは複数ありトヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店で販売しています。

2019年4月現在のプリウスの車両価格からの値引き額は18万円となっています。

プリウスも最近は販売台数の伸び悩みがみられて値引き額が拡大されていました。

マイナーチェンジでフェイスチェンジを施される以前は30万円以上の値引きが見込まれていましたがマイナーチェンジ後は落ち着いているようです。

クルマを購入する時は値引き交渉は不可欠ですが面倒に感じる事がありますね。

でも少し交渉を工夫するだけでお得にクルマが購入できますから是非状況を掴んで実践してみましょう。

プリウスは日本を代表する人気車ですが販売台数も多く見込めるために生産台数も確保されています。

車種によっては工場の生産体制が少ないためにモデルチェンジで予想外の人気が出て注文が多く入ると生産が追いつかずに納車待ちが発生してしまいます。

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

この様な状況の時は値引きしなくても販売しやすいですからディーラーとしては商談が進めやすくなります。

場合によっては値引きは0で気持ち程度という場合もあるかもしれません。

発売しても人気が今ひとつで販売が伸び悩み、生産台数が多い状態の時は値引きが引き出しやすくなっています。

プリウスの様な価格設定ならばある程度の販売マージンが見込まれていますから交渉次第では多めの値引きを期待する事も出来ます。

価格が低い軽自動車やコンパクトカーですと販売マージンも少ないですから値引きを多くしてはディーラーの利益がなくなってしまいます。

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

プリウスはオプションの種類も多く設定されていますから車両本体の値引きの他にオプション価格からの値引きも期待できます。

ナビゲーションなどは装着する方も多いと思いますが高額オプションならば総額で2〜30%の値引きが期待できますから30万円のオプションなら9万円のオプション値引きと車両本体値引きを合計すると27万円程の合計値引きが見込めると思います。

値引きのために余計なオプションまで装着する必要はありませんが必要なオプションなら交渉して値引きしてもらった方が良い買い物ができますね。

スポンサーリンク

プリウスの値引きの限度はどこまでいけるか!?

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

ここまではトヨタプリウスの値引き相場に関する情報をお知らせさせて頂きました。ここではプリウスの値引き限度額について検証してみたいと思います。

プリウスの値引き限度額はオプションからの値引き込みで25〜30万円の間という意見が多くみられました。

値引き交渉はディーラーのセールスとのやり取りで決まります。

最初からプリウスを購入する第一希望でいてはディーラーに有利に交渉を進められてしまいます。

限界まで値引きを引き出すには競合車を引き合いに出すのが有効になります。

同じクルマを購入するのに10〜20万円の差が出てくるのは大きいですから交渉は有利に進めましょう。

プリウスの見積もりをもらったら他のライバル社の見積もりももらっておきます。

同クラスのハイブリッドであるインプレッサスポーツやホンダヴェゼル、マツダアクセラハイブリッドとの競合が有効だと思われます。

交渉は1度で終わらせずに2〜3回に分けて進めましょう。

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

ライバル車の見積もりをもらったらトヨタディーラーでその見積もりを提示しながら交渉を進めましょう。

下取り車がある場合はディーラーで査定してもらいますが人気車である時は買取店で査定しておくと良い査定が期待できます。

ディーラーで査定が出ても車両本体値引きを査定額に含める場合がありますから本当の査定がわからない場合が多くなります。

一括査定などでは同じクルマが10〜15万円の差がつく事もありますからこれを総額にすると大きいですね。

4WDやスポーツカーなどの趣味性の高いクルマである程専門店での下取りが有利になります。

反対にコンパクトカーや同じメーカーのセダンなどはディーラーでの査定が高くなるケースもあります。

どちらにせよ交渉の過程で買取店での査定とディーラーでの査定を比較してみてディーラーの査定が有利ならば買取店で売却しなくても全く問題はありませんから積極的に利用しましょう。

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

数回の交渉を重ねて値引き額が拡大しても無理強いは避けておきましょう。

ディーラーのセールスもやりすぎるとやはり引いてしまう時もありますからマナーを守る事は重要ですね。

3月は決算月ですから最も値引きが引き出しやすくなりますしボーナス月である7月や12月も値引きが引き出しやすい月になります。

交渉も大詰めになりハンコを押す時に端数のカットなど交渉してみましょう。

上司や販売店の責任者の判断を仰ぐ様でしたら値引きの限界に近い状態ですからほどほどのタイミングで契約すると気持ちの良い契約ができると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プリウスでの値引き目標はここだ!

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

ここまではトヨタプリウスの値引き相場や値引き限度額についてお知らせさせて頂きました。

ここではプリウスの値引き目標について検証してみたいと思います。

値引き交渉をする時にサービスしてもらいやすい項目があります。

比較的に簡単で誰にでもできますし、確実に節約にもつながりますから行ってみると良いです。

まずは納車する時に自宅に持ってきて貰うのではなくてディーラーに取りに行く事もできます。

納車費用という項目がありますが1〜2万円が必要になりますのでここを節約する事ができます。

車庫証明の申請を自分で行う事もできます。

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

書式はディーラーで手に入れる事も可能ですし最寄りの警察署で手にれるのも良いでしょう。

書類に記入して警察署に提出して数日で発行されますから引き取りに行ってからディーラーに提出します。

車庫証明は2万円程かかりますから大きいですね。

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

値引き交渉の過程で細かい用品をサービスして貰う事もできます。

フロアマットやバイザーなと比較的価格が低いものは追加サービスをしてもらいやすいですね。

ドアミラーカバーや車体に貼るデカールなども良いでしょう。

ディーラーオプションは販売店の収益源ですからナビゲーションやエアロパーツなどは利幅が大きくて装着すると喜ばれます。

これらは仕入れ価格がありますから値引きといっても限度が出てきてしまいます。

比較的取りやすいサービスとしてはカーコーティングがあります。

カーコーティングは材料が原価ですから仕入れ価格が低く、ディーラーで施工している場合はサービスしてもらえる確率が高くなります。

ただし外注で施工している場合は難しいでしょう。

引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

カーコーティングは新車の内に施工するのが最も有効ですからメリットがあります。

コーティングといってと半年が数年間まで有効期間が様々な物がありますから交渉して可能なコーティングを施工してもらえたらよいと思います。

細かな部分ではガソリン満タンにしてくれるディーラーもありますし、見積書における端数のカットに応じてくれる場合もあります。

総額が2,988,750円といった時に8,750円をカットして総額2,980,000円という具合ですね。

プリウスの値引き目標はマイナーチェンジ後のフェイスチェンジがあり25〜30万円だと言われています。

マイナーチェンジ前は30〜40万円程可能でしたから今後はさらに緩んでくる可能性が高くなっています。

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/prius/design/?padid=ag341_from_prius_navi_design

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク