ブーンの値引き情報! 相場や交渉術は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

軽量コンパクトで人気のダイハツ ブーン。

あなたが購入するとき、そのままの価格で納得することはありますか。

ダイハツ ブーンの値引き交渉を試みるのが、一番の購入方法でしょう。

グレードと価格、オプションなどをチェックして、値引きの相場はいくらか確認が大切です。

そこでお役に立てればと、まとめてみたのでご覧ください。

07_02_01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/03_exterior.htm

スポンサーリンク

ダイハツ ブーン グレードと価格!

ダイハツ ブーンについて、まずはグレードと価格になります。

北海道地区の価格は、寒冷地仕様なので値段が変わっていますがご覧ください。

STYLE“SA Ⅲ”

¥ 1,522,800(2WD) ¥ 1,718,280(4WD)

¥ 1,545,480(2WD) ¥ 1,718,280(4WD)※北海道地区

CILQ“Gパッケージ SA Ⅲ”

¥ 1,695,600(2WD) ¥ 1,891,080(4WD)

¥ 1,718,280(2WD) ¥ 1,891,080(4WD)※北海道地区

CILQ“SA Ⅲ”

¥ 1,533,600(2WD) ¥ 1,729,080(4WD)

¥ 1,556,280(2WD) ¥ 1,729,080(4WD)※北海道地区

X“Gパッケージ SA Ⅲ”

¥ 1,474,200(2WD) ¥ 1,669,680(4WD)

¥ 1,496,880(2WD) ¥ 1,669,680(4WD)※北海道地区

X“Lパッケージ SA Ⅲ”

¥ 1,350,000(2WD) ¥ 1,545,480(4WD)

¥ 1,372,680(2WD) ¥ 1,545,480(4WD)※北海道地区

X“SA Ⅲ”

¥ 1,242,000(2WD) ¥ 1,442,880(4WD)

¥ 1,270,080(2WD) ¥ 1,442,880(4WD)※北海道地区

X

¥ 1,177,200(2WD) ¥ 1,378,080(4WD)

¥ 1,205,280(2WD) ¥ 1,378,080(4WD)※北海道地区

こちらがグレードと価格になります。

あなたが交渉する際の、値引きの参考にしてみてはいかがでしょうか。

01_01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/

スポンサーリンク

ダイハツ ブーン 値引き相場はいくら?

ダイハツ ブーン 値引き相場は、23万円〜25万円とされています。

ただし、地域によってやディーラーによって違いがある事も確かです。

もっと多く値引きをしてもらうには、どうすれば良いでしょうか。

あなた自身が所有している現段階の車を「下取り」して、と考えるかもしれません。

下取り額と総合して値引きをしてもらう方法ですが、意外に低く見積もられます。

120万円の車が90万円になったら、もちろん30万円も値引きされたと思うでしょう。

ところが実質価格がが100万円だったらどうでしょうか。

10万円の値引きだけということになってしまいます。

business-861325__340

いわゆる錯覚にも似たような、状態に陥ってしまうからです。

営業マンは詐欺をしているわけではありません。

あくまで、錯覚なので気を付けないといけない営業マンの技です。

しっかりと確認することが必要になりますから、方法を変えてみることも手でしょう。

そこで登場するのが、現時点であなたが載っている車を「一括査定」で売る方法です。

おすすめとしては「かんたん車一括査定」や「ズバット車買取比較」などを使うこと。

1社ずつ査定してもらうのではなく、一括査定を利用することで各会社の相場が分かります

本気度も伝わってくるかもしれません。

smile-2352472__340

中には外車が専門だったり、普通車が欲しい会社や軽自動車に力を入れているところがあるでしょう。

その金額を元に売って資金にしたり、またはダイハツで提示すると良いです

提示してももちろん同等の値引きはされませんが、ここまでが限度という金額にはなることがいえます

それが難しい場合は、一括査定会社の中で一番高く買い取ってもらうところに売って資金にすることが良いです

これはやめた方が良いという方法もありますが「値引きの代わりにサービスして欲しい」と、交渉が難しいから代わりに要求すること。

no-3761956__340

この方法をしなくても、営業マンには「ここまではサービスの範囲内」があるからです。

ダイハツ ブーンを新車で購入するとき、参考にしてはいかがでしょうか。

営業マンには、どうしてもここまでが限度という値引き相場があるので粘りすぎない程度に交渉してみましょう

01_02

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/

スポンサーリンク

ダイハツ ブーン 値引き対象のメーカーオプション!

ダイハツ ブーン値引き対象のメーカーオプションになります

メーカーオプションはこちらです。

運転席シートリフター。

(X“SA Ⅲ”、Xを除く全車に標準装備。X“SA Ⅲ”、Xにセット)

座面の高さを調整でき、小柄な方でも目線を高くすることができるようになっています。

施錠・解錠・エンジン始動が簡単にできるシステムです。

キーフリーシステム〈イモビライザー(国土交通省認可品)機能付・リクエストスイッチ(運転席/助手席/バックドア)・アンサーバック機能付〉+プッシュボタンスタートが装備。

電子カードキーを携帯していることで、バッグから取り出さなくてもドアハンドルのリクエストスイッチを押すだけでドアを施錠・解錠が可能です。

main03

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック。

(Xを除く全車のメーカーオプション)です。

パノラマモニター(フロントカメラ、サイドカメラ、バックカメラ)や、ステアリングスイッチ(オーディオ操作用)になっております。

注意ですが、ナビ本体は含まれません。

またカメラが映し出す範囲は限られているので、必ず車両周辺の安全はきちんと確認することが大切です。

純正ナビ装着用アップグレードパック(全車にメーカーオプション)など。

バックカメラ、ステアリングスイッチ(オーディオ操作用)も装備していますが、ナビ本体は含まれません。

スーパーUVカットパック(CILQ“SA Ⅲ”、X“Lパッケージ SA Ⅲ”にメーカーオプション)です。

スーパーUV&IRカット機能付ガラス(フロントドア)+スーパーUVカット機能付スモークドガラス(リヤドア/リヤクォーター)などが含まれています。

01_03

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/

ダイハツ ブーン 値引きに必要な安全装備!

ダイハツ ブーン 値引きをしてもらうに当たっても、当然安全装備は必要になります。

セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉という(サポカーS〈ワイド〉)は、政府が事故防止の対策として普及啓発しているものです。

どの年代の方におすすめですが、近年多い高年齢層のペダル踏み間違い事故を起きにくくする装置などもきちんと備えています。

そのため、セーフティ・サポートS〈ワイド〉という安全装備であなたをまもってくれるでしょう。

(サポカーS〈ワイド〉 4つの先進安全装置)であなたの身を守ってくれます。

衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)やペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライト(自動切替型前照灯)などです。

11_01_R

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/06_safety.htm

値引きの際にもこの安全装備はきちんとされているので、安心感もあるでしょう

ところが近年多いといえば、高齢者だけに留まりません。

ダイハツ ブーンも進化とともに、安全装備は欠かせなくなっているのが現状です

一番大切な安全装備はあなたの目と耳にあります。

当然安全装備が充実していることは大切ですが、せっかく値引きしてもらっても何かあったらあなたの責任になることもあります

そうならないために、あなたが目視した上で全てに頼り切らない安全運転を心がけましょう

安全装備とはあくまでサポートです

11_02_R

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/boon/06_safety.htm

スポンサーリンク

まとめ ダイハツ ブーン 値引き

ダイハツ ブーンの値引きに必要なことは、決して「粘る」ことではありません

「ここまでが限界」を引き出すことですが、紹介したような値引き額が必ずではないこともいえます。

地域差やディーラーの違いはどうしてもあるので、きちんと営業マンと交渉することが大切です。

あなたの大切な愛車で損はしたくないですから、ここまでならOKという値引き額が相場に近いことであれば一番ベストではないでしょうか。

また相場以上であれば、嬉しいことは間違いありません。

この記事を書いた人

オノケン
車が大好きで新車が出るたびに試乗に行っちゃいます。
自分の感じたことを皆さんに伝えていきたいと思います。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク