ワゴンR ナビの取り付け時の注意点や機能、モデルについて紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

進化を続けて今尚愛される軽トールワゴンスズキ ワゴンR。

人気ランキングにも名前が登場する、ハイトワゴンです。

グレードや価格はもちろんのこと、寸法・重量、エンジン。

またはカーナビゲーション(ナビ)についてや、取り付けについて紹介いたします。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/

スポンサーリンク

スズキ ワゴンR グレード・価格、寸法・重量、エンジンなど基本情報

スズキ ワゴンR グレードと価格はどのようになっているでしょうか。

ハイブリッドFZ

  • 2WD CVT ¥ 1,350,000
  • 4WD CVT ¥ 1,470,960

セーフティパッケージ装着車

  • 2WD CVT ¥ 1,409,400
  • 4WD CVT ¥ 1,530,360

セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/

  • 2WD CVT ¥ 1,472,040
  • 4WD CVT ¥ 1,593,000

ハイブリッドFX

  • 2WD CVT ¥ 1,177,200
  • 4WD CVT ¥ 1,298,160

セーフティパッケージ装着車

  • 2WD CVT ¥ 1,273,320
  • 4WD CVT ¥ 1,394,280

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/

FA

  • 2WD CVT ¥ 1,078,920
  • 4WD CVT ¥ 1,202,040
  • 2WD 5MT ¥ 1,078,920
  • 4WD 5MT ¥ 1,199,980

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/

このようになっていますが、次は寸法・重量、エンジンなどの基本情報です。

  • 全長 3,395mm
  • 全幅 1,475mm
  • 全高 1,650mm
  • ホイールベース 2,450mm
  • 燃費 JC08モード
  • 2WD(前2輪駆動) 33,4km
  • 4WD(フルタイム四駆) 30,4km
  • 主要燃費向上対策 ハイブリッドシステム
  • (充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機能付トルコン、自動無段変速機)
  • 燃料タンク容量 27
  • 使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
  • タイヤ 155/65R14 75S

寸法・重量、エンジンに触れましたがこのようになっています。

JC08モードとは、2011年4月より記載が義務付けられましたが測定方法の一つです。

実燃費とは違いますので、間違わないようにしましょう。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/performance_eco/

スポンサーリンク

スズキ ワゴンR ナビ取り付け モデルはたくさん!

スズキ ワゴンRのナビにはたくさんの機能が備わっています。

  • 全方位モニター
  • ヘッドアップディスプレイ対応
  • 逆走注意機能
  • ドライブレコーダーナビ運動対応
  • 地図データ無料更新

はもちろんのこと、音声認識にも対応しているので便利です。

スズキ ワゴンRは純正ナビゲーションで、あなたのカーライフがもっと広がります。

オーディオメーカーが厳しい品質基準で開発した、スズキオリジナルのカーナビゲーション(カーナビ)です。

3年間6万km保証も付いています(3年以内でも6万kmを超えると対象外)

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/

このように、ナビと一言でいっても便利な機能が満載下高機能モデル。

8インチの、スタンダードプラス8インチナビセット(パナソニック)

画面が大きくみやすいタイプになっています。

7インチの、スタンダードプラスワイドナビセット(パナソニック)

ボタンが大きくて使いやすいなどこちらは全てが備わっているタイプです。

または逆走注意機能は付いていませんが、こちらもあります。

8インチの、スタンダードプラス8インチナビセット(パイオニア)

7インチの、スタンダードプラスワイドナビセット(パイオニア)

更に音声認識機能がないですが同タイプがパナソニックや、目的地を探すことを重点にする場合にはケンウッドからも出ています。

これらは純正部品になっているため、最初に取り付けをする場合にはディーラーにお願いすると工賃が安くなるでしょう。

持ち込みなどであなたが新たに行う場合には、配線に気を付けなければいけません。

難しい工程ではない、ともされていますがそんなに簡単でもなくディーラーや知っている工場などで取り付け工事は行った方が無難です。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/

スポンサーリンク

スズキ ワゴンR ナビ取り付け 一番のネックは配線!

スズキ ワゴンR ナビ取り付けで大きさも気になる中、あなた自身が行うときの問題点はどこでしょうか。

まず外してみてから、と考えるかもしれませんが一度外すと収集がつかなくなるのが「配線」です。

どことどこが、とドツボにハマってしまうと最終的にはディーラーや工場に持っていくことに繋がります。

間違った配線の仕方で壊れてしまうことにもあり得るでしょう。

途中で分からなくなってしまった状態で持ち込んだら、違う場所が壊れていたということにもなり。

出費だけでなく手間が更にかかることも考えられます。

配線は色分けになっており、一つ間違えたら他の部分にも影響があるからです。

またディーラーや工場に持って行く行かないと問わず、ハーネス(安全器具の一つ)が必要になる場合もあるので確認が必要でしょう。

ディーラー毎、地域毎でお値段にも違いがあるため比較してみることも大切です。

あなたの大切な車の「配線」は、取り付け時にネックになる部分なので気を付けましょう。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/

スズキ ワゴンR 安全装備は?

予防安全技術「スズキ セーフティ サポートを搭載した「ワゴンR」が、2017年度JNCAP予防安全性能アセスメントにて「ASV++(ダブルプラス)」を獲得。

優れた予防安全技術を搭載した自動車として評されたことがあります。

HYBRID FZ・HYBRID FXのセーフティパッケージ装着車(メーカーオプション)の全方位モニター用カメラパッケージ装着車(メーカーオプション)が対象です。

全方位モニターのご利用に対しては、対応ナビゲーション(販売会社装着アクセサリー)の装着が必要になってくるでしょう。

また、スズキのセーフティサポートにおいて機能も充実。

安心して、楽しくスズキの車に乗っていただきたいという想いから生まれたとされる「スズキ セーフティ サポート」を搭載しています。

事故を未然に防ぎ、あなたの万一のときの安全を確保するために、運転をサポートする様々な技術を屈しています。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/safety/

「デュアルセンサーブレーキサポート」

「誤発進抑制機能」

「車線逸脱警報機能」

「ふらつき警報機能」

「先行車発進お知らせ機能」

「ハイビームアシスト」

「ヘッドアップディスプレイ」

こちらは、(HYBRID FZ・HYBRID FX セーフティパッケージ装着車)が対象です。

「全方位モニター(全方位モニター用カメラパッケージ装着車)」

更に全車に搭載されている装備もあります。

「ESP(R)(車両走行安定補助システム)」

「エマージェンシーストップシグナル」

「EBD付4輪ABS+ブレーキアシスト」

「軽量衝撃吸収ボディー TECT(テクト)」

「頚部衝撃緩和フロントシート」

「高性能シートベルト」

「SRSエアバッグ」

「チャイルドシート固定用アンカー / テザーアンカー」

「頭部衝撃軽減構造インテリア」

「歩行者傷害軽減ボディー」

「イモビライザー(国土交通省認可品)」

「セキュリティアラームシステム」

CVT車には「ヒルホールドコントロール」など充実しています。

装備の充実は安心できますが、あとはあなた自身の気を付け方でしょう。

あくまで補助になる安全装備ですが、便利な機能はいざという時に便利です。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/

スポンサーリンク

まとめ スズキ ワゴンR ナビ取り付けの注意

スズキ ワゴンRはもちろん、ナビ取り付けをあなた自身が行うにはある程度の知識は必要でしょう。

「配線」の間違いにも触れましたが、怖いことはその部分だけでなく他も故障すること。

何台も経験がある場合、友人に整備士がいるなどではないならディーラーや工場にお任せです。

新車の段階で付けるのがベストですが、そうではないときでもお任せしましょう。

安く済ませたい、車をイジりたいなど様々でも怖さがあることに注意して扱うことが大切ではないでしょうか。

この記事を書いた人

オノケン
車が大好きで新車が出るたびに試乗に行っちゃいます。
自分の感じたことを皆さんに伝えていきたいと思います。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク