RAV4 vs XV徹底比較!車中泊はどっちが良い?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

日本で再販となり話題のRAV4と、フォレスターと並びスバルを支えるXV

RAV4が再販を決めたのも、国内でのSUV販売シェアが大きくなったからこそ。

ですから、SUVの購入を検討している方も多いのではないでしょうか?

また、これに合わせるように、オートキャンプや車中泊も人気になってきているんですよ。

今回はそんな車中泊と、気になる燃費について紹介していきます。

スポンサーリンク

RAV4 vs XV 燃費を比較

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

RAV4もXVもそれぞれハイブリッドのグレードをラインナップしていますから、遠出も安心ですね。

ここでは両車のスペックと実燃

費、そして走行性能について紹介していきますので、早速見ていきましょう。

RAV4XV
261~382万円価格213~283万円
SUVタイプSUV
4610×1865×1690 他外観

(mm)

4465×1800×1550
2000・2500cc排気量1600・2000cc
171~178馬力115~154
FF・4WD駆動4WD(AWD)
レギュラー燃料レギュラー
5名定員5名
15.2~21.4km/Lカタログ燃費15.8~19.8km/L

排気量に差があるものの、カタログ燃費はさほど変わりませんね。

またスタイルとしては、RAV4はクロカンに近いSUV、XVはクロスオーバーSUVといった所。

実際、RAV4はCMでも砂地をガンガン走ってますからね(笑)自信の表れです!

では、実燃費はどうなのでしょう?

RAV4は街乗りで12km/L、ハイブリッドでも15km/L位。

XVは街乗りで11km/L、ハイブリッドで16km/L位です。

これ、ハイブリッドの割にはそれほどズバ抜けた数値ではないですよね?

もちろんそれは、プリウスなどに比べてバッテリーの容量も違います。

この両車のモーターは走るための補助に徹し、走るパワーの為に力を注いでいるため、燃費が跳ね上がらないんですね。

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

要は、プリウスはどれだけエンジンを休められるか。

この両車は、どれだけ走るパワーにプラスαの力を与えられるか。

この違い。果たす役割りが真逆なんですね。

好き好んでオフロードを走る方向けのスペックです。

燃費は気にしないという口コミも多い車種。それだけ、走破性に満足しているという事でしょう。

では次に、自慢の走行性能を見ていきましょう。

RAV4

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

まずRAV4は、オフロード走行を重視して開発されたクロカンに近いSUVです。

それを証明するのが、『ダイナミックトルクベクタリング』

これは雪や雨、凸凹など路面状況に合わせて前輪と後輪でトルクを最適に配分するシステムです。

さらにポイントなのは、後輪は左右独立での配分もしますので、スタックからの脱出に重要な機能となっています。

XV

常時全輪駆動のAWD車です。

こちらにも、路面状況に合わせて前輪と後輪のトルク配分をする『Xーモード』があります。

RAV-4のように左右独立はありませんが、オフロードを走るには十分な性能です。

また、雪道の斜面などの下り坂では、スピードを抑えるために頻繁にブレーキングしたりしませんか?運転もちょっと怖いですよね?

そんな時、『ヒルディセントコントロール』機能が働き、アクセルを踏まなくてもスピードを抑制し、一定の速度で走ってくれます。

これは海外の一部の高級SUVや、国内ではランドクルーザーに装備されている、自慢できる機能です!

なんだか、クロスオーバー寄りと言っていたXVでしたが、しっかりクロカンの要素も満たしていてビックリ!

いやしかし、本当にすいません(^_^;)

燃費よりも、その優れた走行性能をたっぷりご紹介してしまいましたが、きっと判断材料のポイントだと思いまして!

燃費の比較は大差ありませんが、私がRAV4の外観に惚れてしまったため、RAV4の勝ちにさせて下さい!

スポンサーリンク

RAV4 vs XV 室内空間はどっちが広い?

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

RAV4XV
1895×1515×1230室内寸法 (mm)2085×1520×1200
1015mmラゲッジ 奥行 820mm

室内寸法とは1列目から2列目までのスペースの寸法になりますが、XVは同クラスでトップレベルの室内長を誇ります。

外観を見ると、車高が低いので車内の圧迫感がありそうですが、後席の居住性は抜群で、とくに足元周りはとても広いですよ。

座っていても前席のヘッドが目に入らず、視界の良さも圧迫感を無くす一因に。

スバルの営業さんも、後席の居住性は大きなセールスポイントだと言っています。

一方、RAV4が狭い訳ではなく、こちらは180cmの大人が後席に座っても余裕があると評判ですから、ロングドライブでも疲れませんね。

室内長ではXVに負けたものの、RAV4は荷室長がクラストップレベルに。

これだけの奥行きがあれば、まず荷物が乗らないなんて事はないですね!

奥に乗せた荷物に手が届かないなんて口コミがある位ですよ(笑)

私は心配性で、あれやこれやと不測の事態を想定し過ぎて荷物が増えるタイプですから、荷室の広いRAV4を選びます(^^)

また、両車ともに2列目のリクライニングやスライド機能がありません。

XVに乗っている私の友人は『性能に満足してるけど、これが唯一の欠点』と言うほど。

一応ご参考までに(^_^;)

という事で、室内空間はXVに軍配が上がりましたが、荷室容量を重視されるのであれば、RAV4が良いですよ。

スポンサーリンク

RAV4 vs XV 『フルフラットさ』比較

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

結論から言うと、どちらもフルフラットにはなります。

あとは、快適なのかどうか気になる所。

早速見ていきましょう。

RAV4

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

2列目を前に倒してフルフラットになりますが、リアにかけて若干の傾斜があります。

奥行きは1900mmと広く、シートに凸凹もありませんから、そのままでも寝られるレベルですよ。

目安は大人2名なら余裕、プラスお子様1名なら大丈夫でしょう。

XV

こちらも2列目を前に倒してフルフラットにしますが、リアにかけて傾斜があります。

更にはシートと荷室の境目が一段下がるような設計に。なだらかでは無いんですよね。

そして、倒した2列目と1列目のシートバックとの間に、頭1つ分の隙間ができてしまいます。

この穴を埋めないと1600mmのスペースしかありません。

この隙間と、荷室の段差をクッションなどで埋めてもらう事。

それで1750mmのスペースになりますが、170cm以内の方でないと寝れないでしょうね。

XVは快適さよりも、とりあえず寝る事ができればOKという方向きです。

目安は、大人2名が寝られるスペースになり、家族でとなると狭いです。

また、車中泊をする方は寝心地を良くするために、シートの上に敷くシートマットなどを常備しています。マットレスみたいな物ですね。

その他、窓のカーテンなども必要になってきます。

USBからとれる冷風機もありますし、揃え出したらキリがないほど、快適グッズは充実しています。

年をとってくると、寝不足による疲れは1週間位抜けませんから、ぜひ快適に過ごせる工夫をして下さい(^^)

(栄養ドリンクも炭酸ガスの入浴剤も、一切効きません笑)

というわけで、フルフラットさはRAV4に軍配が上がります。

スポンサーリンク

RAV4 vs XV 車中泊比較まとめ

引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

まずビックリしたのは、その走行性能の凄さ。ひと昔前なら4WDと言ったら、ただ全輪が駆動するのみ。

ふた昔前が青春の私には、性能が進化し過ぎてて頭がついていけません(笑)

そんな私ですが、はっきり言ってオフロードを走らせて、明らかに性能に差が出るような結果にはならないでしょう。

それだけ両車とも、満足させられるだけのスペックを持っていると断言します。

勝敗は、車中泊スペースの広いRAV4という結果に。

本当にそこだけの差だと感じました。

これからどれだけ売れてくるか楽しみな1台になりました!

それではまた。

アイキャッチ画像引用先:https://toyota.jp/rav4/index_b.html

アイキャッチ画像引用先:https://www.subaru.jp/xv/xv/

この記事を書いた人

ヒロセ!
昔から車が大好きでした。そのため気に入った車を徹底的に調べています。詳しく知ってこの車は楽しい!という想いをあなたにお伝えしてきます。ぜひ私の記事をお楽しみください!良いと思いましたらぜひシェアをお願いします^^



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク