XVとエクストレイルを比較!維持費・燃費・乗り心地はどっち!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

SUVを購入する時はどのクルマと比較するのか迷ってしまいます。

スバルXV日産エクストレイルは国産SUVの中でも売れ筋の人気車になりますから気になりますね

今回はXVエクストレイルの大きさと乗り心地、燃費などの維持費について検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

XVとエクストレイルの乗り心地や大きさはどっち?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

まずは大きさを調べてみましょう。

スバルXV

全長4465mm

全幅1800mm

全高1550mm

ホイールベース2670mm

室内長2085mm

室内幅1520mm

室内高1200mm

価格帯213〜283万円

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日産エクストレイル

全長4690〜4715mm

全幅1820〜1830mm

全高1730〜1745mm

ホイールベース2705mm

室内長2005〜2555mm

室内幅1535mm

室内高1270mm

価格帯223〜380万円

スバルXVは日産エクストレイルに対して225mm短く20mm狭く180mm低くなっています。

ホイールベースは35mm短くなっていますが室内長は80mm長いですね。

比較してみるとエクストレイルの2列シート仕様の方が少し大きいのですが乗員スペースはXVが若干広い様ですね。

XVは2列シートのみですがエクストレイルは3列シート仕様も採用されていますから2列シート仕様ではラゲージスペースが広く取られている関係があります。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

XVは水平対向エンジンで重心が低くSUVではありますが全高も1550mmに抑えられ最低地上高に余裕がありながら走行安定も良いという相反する条件を上手くまとめています。

エクストレイルはミドルクラスのSUVではロングセラーになり、そこには高い実用性とオフロード性能ながら手の届きやすい価格というものがありました。

山道のカーブなどはXVが得意になりますがエクストレイルも重心が高いクルマでありながら安定性は確保しています。

XVはAWDで常に4輪を駆動する方式ですがエクストレイルはFFモデルの用意されていますから選択肢が広くなっています。

スポンサーリンク

XVとエクストレイルの維持費はどっち?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ここまではスバルXVと日産エクストレイルの大きさと乗り心地をお知らせさせて頂きました。

ここではXVとエクストレイルの税金などの維持費について検証してみたいと思います。

自動車税は購入時には月割りで納付しますが翌年度からは毎年5月までに納付する事になります。

グリーン化税制の対象車は登録翌年度に一回のみ減税となります。

重量税は購入時に3年分自賠責と同時に納付し次回からは車検ごとに2年分を納付します。

スバルXVの税金関連を調べてみました。

自動車税

1.6Lガソリン グリーン化税制対象外   登録翌年度39,500円。

2.0Lガソリン グリーン化税制対象外  登録翌年度39,500円。

2.0Lハイブリッド グリーン化税制対象車 登録翌年度20,000円。

重量税

1.6Lガソリン エコカー減税対象外 登録時3年分36,900円。

2.0Lガソリン エコカー減税対象車 登録時3年分16.800円。

2.0Lハイブリッド エコカー減税対象車 登録時3年分15,000円。

車検費用

格安車検ですと70,000円位の予算を用意しておくと良いでしょう。

ディーラー車検の場合は120,000〜180,000程の予算が必要となります。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日産エクストレイルの税金を調べてみました。

自動車税

2.0Lガソリン グリーン化税制対象外 登録翌年度39,500円。

2.0Lハイブリッド グリーン化税制対象車 登録翌年度20,000円

重量税

2.0Lガソリン エコカー減税対象車 登録時3年分16800〜22,500円

2.0Lハイブリッド エコカー減税対象車 登録時3年分7,500円

車検費用はどのくらい必要なのでしょうか。

格安車検ですと80,000程度の予算が必要になります。

ディーラー車検では120,000〜170,000万円程の予算を考えておけば良いと思われます。

スポンサーリンク

XVとエクストレイルの燃費はどっち?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ここまではスバルXVと日産エクストレイルの大きさや乗り心地、税金などの維持費に関するお知らせをさせて頂きました。

ここではXVとエクストレイルの燃費について検証していきます。

最初にXVのカタログ値の燃費はどうなっているのでしょう。

1.6Lガソリン JC08モード  16.2km/L

2.0Lガソリン JC08モード  16.0〜16.4km/L

2.0Lハイブリッド JC08モード  19.2km/L

WLTC平均モード 15.0km/L

XVの実燃費の詳細はどうでしょう。

1.6Lガソリン 11.5km/L

2.0Lガソリン 11.2km/L

2.0Lハイブリッド 12.8km/L

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日産エクストレイルのカタログ値の燃費はどの程度なのでしょう。

2.0Lガソリン JC08モード  16.0〜16.4km/L

2.0Lハイブリッド JC08モード  20.0〜20.8km/L

実燃費はどの位なのでしょうか。

2.0Lガソリン 12.2km/L

2.0Lハイブリッド 13.2km/L

4WDモデルでは信頼性との兼ね合いでハイブリッドシステムの搭載はされない場合が多くありました。

最近では燃費の向上やパワーアシストを目的として積極的に採用される様になってきましたがランドクルーザーやジムニーに代表されるタフネスモデルではまだ採用されていません。

XVとエクストレイルのハイブリッド搭載モデルは燃費面の改善もありますがトルクアップが本来の目的ですから他社のハイブリッド車の様に圧倒的な低燃費とまでは数値が出ていません。

ワンボックスミニバンでもそうですが構造上低燃費数値が出にくいシステムの条件はありますから致し方ありませんね。

アクセルワークやブレーキのかけ方などの工夫で燃費はかなり良くなりますので個人的な習慣が大切なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

XVとエクストレイルを比較まとめ

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

ここまではスバルXVと日産エクストレイルの大きさと乗り心地、燃費などの維持費についてお知らせさせて頂きました。

ここてはこれまでのまとめを総括していきたいと思います。

スバルXVはインプレッサスポーツをベースとするクロスオーバーモデルですから外寸や室内寸法はバンパーなどの違いのみとなります。

インプレッサとの違いはFFモデルが存在しないこととハイブリッドモデルはXVのみとなる事になります。

スバルのAWDシステムは常に4輪を駆動する方針で2輪駆動状態にする事はできません。

路面状況に応じて前輪と後輪への駆動力を切り替え制御していますので通常は前輪駆動の比率が高い状態になります。

悪路では制御をロックして走破性を高める事もできる機能もありクロスオーバーモデルでここまでの機能を持っているクルマは貴重な存在となります。

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

扱いやすいサイズと明るいカラーの採用で昔ながらのスバリストのイメージから上手くずらしており、メーカーのマーケティングの上手さが感じさせられますね。

日産エクストレイルは先代からの実用性の高い4WDモデルからやや車体も大きくなりFFモデルや3列シートモデルも加わり、1車種で複数のコンセプトを兼任している様な印象があります。

現在の日産は効率性を重視しているためで少々車種をまとめすぎているのかもしれません。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

エクストレイルは日産の中でも売れ筋で、先進装備もモデルチェンジのたびに優先的に採用されていますからその点では充実していますね。

本格4WDにしてハイブリッドモデルがあり、プロパイロットが装備されているのがこのクルマの魅力でもあります。

エクストレイルのイメージでFFを選択するのは限られた選択肢での消去法的な選び方の様な印象が浮かびます。

やはりエクストレイルでの王道は4WDモデルにあり2列シートハイブリッド非搭載モデルならばXVの2.0Lモデルと比較すると価格が近くなります。

ただしプロパイロットを装備するとさらに価格が上になってしまいますから、やはり標準でアイサイトが装備されているXVを選択したいですね。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/special/photo.html

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク