ベンツGクラスの車中泊を快適に!荷室容量や必要なアイテムを紹介

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

高級セダンを多く販売しているベンツですが、ベンツGクラスは、他のベンツとは全く異なるコンセプトで発売されている車種です。

最先端のテクノロジーを駆使したオフロード走行と、俊敏に快適になったオンロード性能を併せ持つ万能さが魅力的な車種です。

近年の車中泊ブームも拍車を掛け、街中でもベンツGクラスを見かけることも多くなりました。

今回は、そんなベンツGクラスの車中泊を快適にするための様々な情報をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ベンツGクラスの車中泊を快適に!荷室容量やシートアレンジは?

車中泊を快適にするためには、まず車中泊をする車種の「長さ・幅・高さ」などを知っておく必要があります。

ベンツGクラスは、4,606-4,665㎜x1,930-1,985㎜x1,969-1,975㎜(全長×全幅×全高)のボディサイズです。

一方の室内サイズは、1,795㎜×1,495㎜×1,190㎜(室内長×室内幅×室内高)となっています。

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/introduction.module.html

大人が1~2人寝るためには、1,950㎜×1,000㎜×1,200㎜(室内長×室内幅×室内高)は必要になってきます。

ベンツGクラスの荷室容量ですが、

・リアシート(立):480ℓ

・リアシート(倒):2,250ℓ

リアシートを立てたままだと、荷室容量はそんなに大きくはありません。

しかし、リアシートを倒してしまえば、2,250ℓもの荷室容量になるのでゴルフバッグ・スキー用具・キャンプグッズと言った大きな荷物もたっぷり入れることができます。

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/model-year-update.module.html

つまり、ベンツGクラスは室内長・室内幅共に十分なスペースを確保出来る上に、荷室容量も大きいので車中泊をすることは可能だということが分かります。

またシートアレンジも後部座先を、ほぼフルフラットにすることが出来るため、横になれるスペースは十分に確保出来るでしょう。

そして、次でご紹介する車中泊アイテムを揃えておけば、快適な車中泊が出来るでしょう。

スポンサーリンク

ベンツGクラスの車中泊を快適に!これだけは揃えたいアイテムは?

車中泊をする場合、いくつか必要となってくるアイテムがあります。

そこで、ここではベンツGクラスで車中泊を快適にするために、揃えておきたいアイテムをご紹介したいと思います。

1.寝具・シェード

車中泊で大切になってくるのは、寝具や室内を隠せるシェードなどです。

【ベンツ Gクラス専用 G350d G550 AMG G63 G65対応の車中泊ベッド くるマット】


こちらは、ベンツGクラス専用の車中泊マットになります。

撥水加工されている生地なので濡れる心配も無く、コンパクトに収納することも出来るため、女性やお子様でも簡単に片づけたり設置することが出来ます。

また、程よい弾力のあるウレタン仕様になっているので、車中泊の際の身体への負担も軽減され、口コミでもとても人気の商品です。

【(ベンツ Gクラス ) サンシェード】


こちらは、ベンツGクラス専用のサンシェードです。

車中泊をする場合、プライバシーを守るためにもサンシェードは必需品です。

ベンツGクラスで車中泊をする人は多いため、専用のサンシェードも販売されています。

断熱効果もあるため、車中泊には必需品と言えるでしょう。

KLYMIT クライミッ SLEEPING BAG スリーピングバッグ】


車中泊マットだけだと、体温調節は難しいと思います。

そこで必要となってくるのが寝袋なのですが、こちらの寝袋は「春、夏、秋」の3シーズンに合わせて設計されています。

ですので、季節を問わず使用することが出来ます。

更に、コンパクトにまとめることも出来て軽いため、車中泊には非常におすすめの商品です。

2.電源・電気製品

車中泊をする場合、車内灯などを長時間使用してしまうとバッテリーが上がってしまう危険があるため、おすすめではありません。

そこで、車中泊をする際におすすめの電気製品をご紹介したいと思います。

カーインバーター 300W 12V車対応 AC 100V】


こちらは、車のシガーソケットに差し込むことで簡単に使用出来るインバーターです。

一般的に車は12Vの電源しかないため、家庭用家電などは使用することが出来ません。

しかし、このインバーターを使う事により100Vの電力を作ることが出来るようになるため、車内でも家庭用家電が使えるようになります。

ケトルや暖房器具などを使用することが出来るようになるため、車中泊をする際には必需品と言えるアイテムだと思います。

ところが、インバータは電力を変える機器なので、インバーター自体が電源では無いです。

エンジンをかけずにインバーターを長時間使用をしてしまうと、バッテリー切れを起こす可能性があり危険です。

そこでおすすめしたいのがサブバッテリーです。

【Moongo ポータブルバッテリー】


このサブバッテリーは、重量が2.7㎏と軽い上にコンパクトなので持ち運びが簡単です。

また、大容量のリチウムイオンバッテリーを採用したポータブルバッテリーでもあります。

しかも、ソーラーチャージャー搭載なので車のバッテリーに接続しなくても太陽光で充電させることが出来ます。

サブバッテリーはAC100VのほかにUSB出力やDC出力もあるので、車のバッテリーをわざわざ使わずに、車内で家電もスマホ充電も直接使うことが出来ます。

車中泊だけではなく、キャンプや災害時にも活躍するアイテムなのえ1台準備しておいて損はないと思います。

【Black Diamond ヘッドランプ】


車中泊をする際に、読書をしたりトイレに行く際に足元を照らしてくれるため意外と役に立つのがライトです。

こちらのライトは、充電式なので何回でも使用することが出来ます。

また、地震や災害のような万が一の際の備えとして用意しておくのも良いと思います。

スポンサーリンク

ベンツGクラスの車中泊を快適に!注意点は?防寒対策は?

車中泊を快適に過ごすためには、ルールやマナーを守る事は当然のことです。

そこで、ここでは車中泊をする際のマナーやおすすめの防寒対策アイテムをご紹介したいと思います。

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/model-year-update.module.html

夏の車中泊の注意点

近年は温暖化がますます酷くなりつつあり、エアコン無しで過ごすのは厳しいくらい夏は暑いです。

そんな中、車中泊をする場合エアコンを付けたまま車中泊する人も多いと思います。

もちろん、熱中症になってしまうのは危険なのでエアコンを付けておくことは必要だと思います。

しかし、公共施設などの駐車場で車中泊をする場合は周りの方への配慮が必要です。

車中泊の出来る公共施設としてよく挙げられるのが、

・高速のSA

・道の駅

です。

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/model-year-update.module.html

しかし、近年は車中泊のマナーが守れていない人も多いため、「車中泊禁止」の道の駅も増えてきています。

ですが、逆に「車中泊OK」の道の駅もありますし、高速のSAに関してもマナーやモラルを守れば注意されることはありません。

車中泊の詳し場所を知りたい場合は「地名+車中泊」で検索をすると、全国の車中泊が出来るスポットを紹介しているサイトなどもあるので、参考にしてみてください。

冬の車中泊の注意点

冬の車中泊をする際は、想像以上に寒くなると予想しておいた方が良いです。

冬になると、寒さを凌ぐために車内でも暖房を付ける人が多いです。

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/model-year-update.module.html

しかし、積雪の多い地域で暖房を長時間使用してしまうと、一酸化炭素中毒死の危険性があります。

ですので、冬に車中泊をする際は車内の暖房に頼るのではなく、自分で暖房器具を持参しておくことをおすすめします。

そこで、冬の車中泊におすすめの商品をいくつか紹介したいと思います。

【電気毛布 ひざ掛け】


アイリスオーヤマから発売されている電気毛布です。

洗濯OKの電気毛布なので洗うのも楽ですし、電源のところで紹介したインバーターを使用すれば車内でも使用することが出来ます。

特に、女性は冬になると冷え性の方も多いので、一つ用意しておくだけでもかなり快適な車中泊が出来ると思います。

【車載用ファンヒーター】


夏も冬も重宝する2in1の車載用ファンヒーターです。

こちらのファンヒーターは12Vなので、インバーターに取り付ける必要も無く、シガーソケット部分に接続することで使用できます。

寒い冬などには、窓ガラスの凍結防止にも役立つため一台用意しておいて損はないアイテムだと思います。

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/model-year-update.module.html

他にも、冬の車中泊をする際は「ホッカイロ」も用意しておいた方が良いと思います。

寝具のところで紹介した寝袋の中にホッカイロを貼る事で暖かさは倍増しますし、冬の寒さもしのぐことが出来ます。

ドラッグストアなどに行けば、まとめ売りもされているので用意しておきましょう。

ただ、同じ箇所に張ったままだったりすると低温火傷をしてしまう恐れがありますので、その点だけは注意した方が良いと思います。

スポンサーリンク

ベンツGクラスの車中泊を快適に!のまとめ

今回は、ベンツGクラスの車中泊を快適にするための方法をご紹介してきました。

オフロード車としても人気のベンツGクラスで車中泊をする人は多いと思います。

特に冬場はゲレンデに行ったついでに車中泊をする場合もあると思いますが、ベンツGクラスの荷室容量だと十分可能だと思います。

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/model-year-update.module.html

ただし、ベンツGクラスに限らず車中泊をする際は、色々準備したり車中泊が出来るスポットなどを事前に調べておいた方が良いと思います。

特に、近年は車中泊ブームも拍車が掛かっており、ネットで調べれば車中泊の出来る場所はたくさんあります。

家やホテルなどとは、また違った雰囲気や景色を味わうことが出来るため人気の車中泊ですが、公共施設などの駐車場を利用する場合は、きちんとマナーとモラルを守るようにしましょう。

アイキャッチ画像引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/model-year-update.module.html

この記事を書いた人

agree
サッカーやラグビーで有名なヤマハスタジアムがある静岡県磐田在住です。
免許取りたての頃は、とにかく運転が大好きでした。
今はいろいろな車のデザインを見るのが好きです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1