ヴェルファイアをカスタムするなこんな風に!おすすめカスタムパーツ大特集

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

今回はトヨタ・ヴェルファイアのカスタムについてご紹介します。

「ヴェルファイアをカスタムしたい」

「周りと差をつけたい」

「どんなカスタムパーツがあるのか知りたい」

トヨタヴェルファイアをカスタムして素敵なカーライフを送りたい方、必見の内容です。

エクステリア

引用:https://toyota.jp/alphard/

ヴェルファイアをカスタムするなら真っ先にエクステリアを改造する方が多いでしょう。

迫力あるデザインとボリューミーなフォルムをよりカッコよくするなら、やはりエアロパーツは欠かせません。

ここではおすすめのエアロカスタムパーツをご紹介します。

  • KENSTYLE

引用:http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/TOYOTA-VELLFIRE-262.html

純正バンパーを覆ったフロントバンパーは、ハーフエアロとは思えない迫力を打ち出しています。

フロントハーフスポイラーは、3分割にしたこだわりのザインになっています。

両サイドには、縦型のLEDデイタイムランプを5灯ずつレイアウトし、大きさを強調しているのも印象的です。

引用:http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/TOYOTA-VELLFIRE-262.html

サイドは純正をそのまま活かしています。

社外エアロとは思えないほど馴染んでいますね。

引用:http://www.kenstyle.co.jp/aeroparts/TOYOTA-VELLFIRE-262.html

リアスポイラーもフロント同様にハーフタイプを採用。

塗り分けすることで立体感を演出したデュフューザー風デザインが、アグレッシブさを強調します。

ルーフスポイラーは、くぼみを埋めることで一体感と塊感が増し力強い印象に。

  • アドミレイション

引用:http://www.admiration.ne.jp/lineup/aeroparts/VELLFIRE_COLLECTION.html

ヴェルファイアの持つ、押し出し感の強いフロントフェイスを、更に強調させるデザインのフロントスポイラー。

5連ダクトが堂々たる佇まいを演出し、他を圧倒しています。

張り出した部分にはプレスラインを使ってバランスを取り、スポーティーさも兼ね備えたデザインに。

引用:http://www.admiration.ne.jp/lineup/aeroparts/VELLFIRE_COLLECTION.html

純正ラインを活かしたシンプルデザイン。

主張しすぎないから、ヴェルファイアの迫力あるフォルムにもマッチしていますね。

引用:http://www.admiration.ne.jp/lineup/aeroparts/VELLFIRE_COLLECTION.html

リアアンダースポイラーには、縦フィンを連続で打ち出し立体感を強調。

マフラー開口部にも一捻りくわえたデザインを設けプレミアム感を演出しています。

ヴェルファイアおすすめインテリアカスタム

引用:https://toyota.jp/alphard/

ヴェルファイアのインテリアは、純正でも十分すぎるほど豪華で高級感溢れる雰囲気。

適度なカスタムでも十分カッコよくなるのでカスタム初心者でもハードルは高くありません。

インテリアカスタムでおすすめはインテリアパネルとシートカバーです。

  • SilkBlaze インテリアパネルシリーズ

引用:http://www.kspec.jp/silkblaze/catalog/interior/panel/vellfire30_kuro/index.html

ヴェルファイアの純正木目パネル対応したインテリアパネルシリーズ。

インテリアに統一感が増し、より上質な雰囲気へ仕立て上げます。

両面テープで取り付けるだけのお手軽仕様なのも嬉しいところ。

  • クラッツィオ シートカバー アルカンターラセレクション

引用:http://www.11i.co.jp/product/index.html

シートカバーと言えば「クラッツィオ」がお馴染み。

様々なシリーズをラインナップしていますが、ヴェルファイアの豪華なインテリアにマッチするのは、やはりアルカンターラでしょう。

最高級素材であるアルカンターラを贅沢に使用し、最高の技術を持って仕上げたシートカバー。

クラッツィオが誇る最高峰モデルならオーナも大満足間違いなし。

ヴェルファイアおすすめホイール&タイヤカスタム

引用:https://toyota.jp/alphard/

カスタムは足回りから始める方は多いです。

アルミホイールでインチアップすれば、それだけで高いドレスアップ効果を得ることができます。

純正ボディでもアルミホイール+インチアップなら十分かっこよくなりますよ。

また、走行性能を向上させるためにもタイヤにもこだわりたいですね。

ここではおすすめのアルミホイールとタイヤをご紹介します。

ヴェルファイアにおすすめのアルミホイール

  • ロジャムスレイヴ

引用:https://rojam.jp/catalog/wh/slave/index.php

センター部を落とし込み、リムエンドに向けて鋭く立ち上がりエッジを効かせた10本のスポークが迫力と流麗なシルエットを演出。

  • ワーク ランベック LD1

引用:https://www.work-wheels.co.jp/search/detail/39/

押し出し感が強くスポーティーなスタイルが印象的なヴェルファイアを、あえてモダンなスタイルにカスタムするのはどうでしょうか?

今は、スポーク系のアルミホイールが人気ですが、だからこそ人と違ったディッシュ系アルミホイールを履かせてみてはどうでしょうか

  • KYOHO AME シャレン XF-55 モノブロック

引用:http://ame-wheels.jp/xf55-mono.html

勢いよく伸びたシャープな5本スポークがヴェルファイアを、スマートな印象にします。

センターキャップのレッドカラーがさりげなくアクセントになっているのも◎。

ピアスボルトも採用し、過重量を防止機能性も優れたアルミホイールです。

ヴェルファイアにおすすめのタイヤ

  • ダンロップ ビューロ VE303

引用:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/passenger/ve303/

タイヤ内部に搭載した「サイレントコア」が、空気の振動を抑制し静かな走りを実現

もともと静粛性の高いヴェルファイアが、さらに静かで快適なドライブを演出します。

サイド剛性も図り、操舵安定性も向上させ低燃費も実現させています。

  • ブリジストン レグノGRVツー

引用:https://tire.bridgestone.co.jp/regno/gr-v2/

静粛性が高いヴェルファイアでも、3列目シートはノイズが大きくなりやすいです

そんな欠点を補ってくれるのが、ブリジストンレグノシリーズ。

優れた静粛性で、会話も音楽も楽しめる室内環境へと導きます

また、タイヤ剛性を高めたことで、カーブ走行時でもミニバン特有のふらつきがなく、安定した走りを実現しています。

ヴェルファイアおすすめパフォーマンスカスタム

引用:https://www.blitz.co.jp/car_special/detail_intake.html?car=alphard_vellfire&category=intake

トヨタ・ヴェルファイアの見た目だけなく、パフォーマンス向上のカスタムもおすすめです。

パフォーマンス系のカスタムではマフラーや吸気系が定番です。

ヴェルファイアにおすすめのマフラー

  • HKS製 リーガマックスプレミアムマフラー

引用:https://www.hks-power.co.jp/product_db/muffler/db/17151

トヨタ・アルファードの純正マフラーは、テールエンドが切りっぱなしの状態で貧相な見た目となっており、これに不満を持つオーナーは少なくないです。

そんなネックとも言えるヴェルファイアのマフラーの見た目を、ガラリと変えてくれるのがHKSのリーガマックスプレミアムです。

迫力の4本出しでリヤビューにスポーティ感とプレミアム感を演出

引用:https://www.hks-power.co.jp/product_db/muffler/db/17151

見た目のドレスアップはもちろんのこと、重厚感のある心地よいサウンドを奏でます。

もちろん車検対応なので安心して装着できますよ。

  •  SilkBlaze オーバルマフラー(4本出し/チタンカラー)

引用:http://www.kspec.jp/silkblaze/catalog/exterior/muffler/silkblaze_vellfire30/photo.html

すっかり主流となってマフラー4本出しスタイル。

定番となった4本出しでも、テールエンドにチタンカラーを施したシルクブレイズならライバルに差をつけられること間違いなし

4本出し+チタンカラーで、グッとスポーツ感がアップしますよ。

引用:http://www.kspec.jp/silkblaze/catalog/exterior/muffler/silkblaze_vellfire30/photo.html

しかも純正バンパー対応なので、ヴェルファイアの純正ラインを活かしたまま4本出しが可能です

上質で心地よいサウンドは、もちろん車検対応なので安心。

  • フジツボ オーソライズS マフラー(左右4本出し)

引用:https://www.fujitsubo.co.jp/prods/detail/000000000000002231/00000000000000004973/00001630

スポーツマフラーといえば「フジツボ」と言われるぐらい、誰もが知るメーカーですね。

フジツボのマフラーは、見た目はもちろんですがそれ以上にこだわったのがパフォーマンスの向上とサウンド

排気効率は低回転域~中回転域を重視したセッティングで、街乗りメインに最適なスポーツマフラー

フル乗車でもストレスレスなパワーを実現し、最高の加速感を体感できます。

オールステレンスならではの重低音は渋さ全開です。

ヴェルファイアにおすすめの吸気系パーツ

引用:https://www.blitz.co.jp/car_special/detail_intake.html?car=alphard_vellfire&category=intake

ブリッツのアドバンスパワーエアクリーナーは、優れた吸入効率と、レーシングカーを彷彿とさせる吸気サウンドを得られるカスタムパーツです。

ドレスアップ効果もあり、エンジンルームをあけたときにもアピールできます。

引用:https://www.blitz.co.jp/car_special/detail_intake.html?car=alphard_vellfire&category=intake

純正のエアクリーナーBOXと交換するだけで、しかも洗浄すれば繰り返し仕様も可能とコスパも◎。

  • BLITZ サスパワーエアフィルターLM

引用:https://www.blitz.co.jp/car_special/detail_intake.html?car=alphard_vellfire&category=intake

エアクリーナーは高くて手が出ないけど、ヴェルファイアのパワーUPと燃費UPさせたいならエアフィルターがおすすめです。

手頃な価格なのに驚くほどアクセルレスポンスは向上し、パワーUPを体感できます。

ヴェルファイアカスタムまとめ

以上、トヨタ・ヴェルファイアのおすすめカスタムでした。

ヴェルファイアはアフターパーツも豊富で、本当にカスタムが楽しくなるミニバンです。

ここで紹介した以外にもたくさんのカスタムパーツがありますので、ぜひあなただけのヴェルファイアにカスタムしてくださいね。

この記事を書いた人

mari muto
今はミニバンに乗っていますが、いつかキャンピングカーと日産パオに乗りたいと思っています。

私の知りうることはみなさんにお伝えしていきたいと思います♪

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1