フロアマットの掃除・清掃方法は?汚れにくくするテクニックを公開!

運転席のフロアマット

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

車用フロアマットは、外から持ち込んだ埃や泥汚れ、雑菌などが付着し、車内で一番汚れやすい場所です。

そういった汚れを放置していると悪臭の原因にもなり、フロアマットを定期的に掃除することは、車内の環境を快適にするために必要なことです。

運転席のフロアマットは、足元にあるからこそ、気付かないうちに汚れがかなり溜まっています。

今回はフロアマットの清掃方法に関して徹底解説します。

フロアマットの掃除・掃除の手順!まずは天日干しから

フロアマットは車から外して、定期的に掃除することが大切です。

泥汚れが付着したフロアマットの掃除の手順をご紹介します。

①フロアマットを天日干しする

フロアマット 天日干し

まず水洗いや掃除機を使いたくなるところですが、最初はフロアマットを天日干しすることから始めます。

運転席の下は湿気が溜まりやすい場所で、かつ泥も水気を含んでいるので、乾燥させて汚れを除去しやすくする必要があります。

また、天日干しで乾燥させることで、ダニや雑菌を死滅させる効果もあります。

できれば半日~1日は天日干しします。

②フロアマットにはたきで埃を浮かせてから掃除機をかける

フロアマット 掃除機

天日干しをしたあと、泥を浮かせるために布団たたきでフロアマットを叩きます。

埃がかなり舞うので、周りに迷惑がかからないよう、風向きに気を付け、広い空間で叩くようにしましょう。

汚れを浮かせてから掃除機で吸い取り、フロアマットのおおまかな汚れを除去します。

③フロアマットも水洗い

プロアマットを洗うためにバケツに水を汲む

掃除機で落としきれなかった汚れを除去するために、水洗いをします。

外に水道がある家であれば、水圧を強くしたジェット噴射を使えば、こびりついた泥が落ちやすくなります。

水圧調節ができない場合は、バケツなどに水を溜めてすすぎ洗いをします。

④ブラシを使い中性洗剤で洗う

フロアマットを洗うためのブラシと洗剤

水洗いした後は、中性洗剤で洗います。

カー用品で販売されている専用洗剤もありますが、家にある食器用洗剤や衣類用洗剤でも十分汚れは落ちます。

ブラシを使って、まんべんなく汚れを落としていきますが、たわしだと毛が抜けてマットの中に入り込んでしまうので、ナイロン製ブラシを使いましょう。

⑤フロアマットのすすぎ

泡が出てこなくなるまですすぎをします。

すすいでいる時の水が汚れている場合は、まだ落とし切れていない可能性があるので、気になる方はもう一度洗剤で洗うことをおすすめします。

すすいだ時の水がきれいになれば、完全に汚れが取り除けたことになります。

すすぎの際、柔軟剤を使用すると仕上がりがよくなるので、余裕がある方はぜひ使ってみてください。

フロアマットの持ちもよくなる効果も期待できます。

⑥天日干しで乾燥させる

天日干し

よく晴れた日に短時間で乾燥させることが大切です。

乾燥まで長い時間がかかると雑菌の繁殖に繋がるため、注意が必要です。

干し方のコツは、フロアマットを斜めにすることです。

あんこになる物を用意し、その上に斜めに寝かせると水が切れやすくなります。

もし自宅にコンプレッサーがあれば、干す前にある程度水気を飛ばしておくと乾きやすくなります。

完全に乾いたらフロアマット掃除は完了です。

フロアマットに掃除・清掃方法:液体をこぼした時の対処法!

フロアマットに液体をこぼした

「車内で飲食中にジュースをこぼした」、「瓶が割れてワインがこぼれた」など、車内で液体をこぼした時はどのように対処したらよいでしょうか?

応急処置とその後の掃除方法をご説明します。

①乾いたタオルでフロアマットの水分を吸い取る

プロアマットを雑巾で拭く

応急処置として、まず乾いたタオルで拭きましょう。

こぼした液体の量が多ければ、フロアマットにタオルを置き自然吸水をします。

余裕があれば「吸水→タオルを絞る→吸水…」を何回か繰り返してできるだけ水分を吸い取っておきます

ここで注意したいのでが、水分を吸い取る時に掃除機を使わないことです。

掃除機は水対応のバキュームではないので、掃除機で水分を吸うと壊れてしまいます。

②フロアマットの水洗い~乾燥

そのあとはフロアマットを取り外し、定期的に行う時と同様に、水洗い~乾燥まで行います。

最初の水洗いをお湯にすると汚れは落ちやすいです。

その際は、最後のすすぎを水で行うと、仕上がりがよくなります。

もしスチームクリーナー(スチーム高圧洗浄機)がある場合は、より簡単に汚れを落とすことができるでしょう。

③フロアマットの消臭を忘れず

消臭スプレー

ジュースやワインなど、匂いがある液体をこぼした場合は、乾燥後にファブリーズなどの消臭剤で仕上げることをおすすめします。

掃除の過程で汚れが落ちていれば匂いが残ることはありませんが、消臭スプレーをかければ、より清潔な状態にすることができます。

フロアマットの簡単な掃除・清掃なら「マット洗い機」でOK!

マット洗い機

「常に清潔にしたいけど、洗うのが面倒」という方には、洗車場の隅などに置いてある「マット洗い機」を使うといいでしょう。

マット洗い機とは、フロアマットを機械の中に入れると、ブラシで簡単な汚れを自動的に落としてくれる機械です。

その手順をご紹介します。

 

①水あり・無しかを選ぶ

マット洗い機使い方
水は使用してブラシで水拭きか、水を使用せずブラシで乾拭きするか、どちらかを選びます。

写真のマット洗い機には、ジュウタンマットかゴムマットかが書かれているのでわかりやすいですね。

注意点としては、前回使った人が水ありだった場合は、乾拭きをしたくてもローラーやブラシが濡れているため、仕上がりが湿っぽくなることがあります。

 

②右側のレバーを上げる

マット洗い機

レバーは「スタートorストップ」を操作するもので、レバーを上げると機械音が鳴り、洗浄が始まります。

 

③フロアマットを入れる

マット洗い機 使い方

フロアマットの洗う面を下にして機械に入れます。

マットを上にして入れてしまう人も多く見られますが、洗われる面は下側ですので、「マットを入れる時は裏返し」と覚えておきましょう。

機械の内部にあるローラーがまわり、自動的にフロアマットが中に入っていくので、程よいところで手を離します。

汚れが気になる方は、2~3回繰り返すといいでしょう。

泥汚れや油汚れは落ちない

常にフロアマットをキレイに保っていたい場合は、洗車の度にマット洗い機を使用する癖をつけておくといいかもしれません。

ただしあくまでも洗剤を使わない簡単な掃除法なので、泥や油、液体をこぼした…などといった場合は、自分で掃除をする必要があります。

フロアマット掃除・清掃の頻度!汚れを防止する方法

フロアマットの季節や使用頻度にもよりますが、一番使用頻度の高い運転席のフロアマットは2~3か月に1回で掃除するといいでしょう。

定期的に掃除していれば1回にする手入れの負担も減ります。

東京都心など、泥汚れが付きにくい地域で乗車している場合は定期的にマット洗い機に通しておけば、車内を清潔に保つことができます。

季節の変わり目や、泥を持ち込んでしまった後にすぐ掃除をするなどの癖をつけると、車内が清潔に保たれるようになります。

フロアマットの汚れ防止にはゴムマット

フロアマット掃除の手間を省きたい人は、フロアマットの上にゴムマットを敷くことをおすすめします。

防水素材のマットのため、フロアマットの汚れを防止することができます。

このように、水をたらしても完全に撥水するのでお手入れが楽です。

雪国の地域に住む人やアウトドア好きの人、農業の仕事をしている人の間ではよく使われています。

フロアマットに直接泥がつかず、水洗いすれば簡単に汚れを落とすことができるのが特徴です。

こういったグッズを使えば車をキレイに保ちやすくなるので、おすすめです。

フロアマットは掃除・清掃をしっかりして清潔に保とう!

フロアマットの掃除に関してご説明しました。

定期的に掃除をすることも大切ですが、汚れにくくするために工夫することも大切です。

フロアマットを定期的に掃除し清潔な車内を保つことは、気持ちのよい運転をすることにも繋がります!

この記事を書いた人

ふじやま
単にドライブだけでなく車中泊をしながら安く旅行をすること。
常に車種を選び時にはレンタルをして車生活を楽しんでいます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1