タイヤワックスランキング おすすめ5選はこれだ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

タイヤが黒光りしている車というのは、どんな車でも見栄えがとても良いです。

でも、ボディのお手入れなら定期的にするけど、タイヤはほとんど手入れをしない事が多いかもしれません。

そんなときに手軽に使えるタイヤワックスが一番だと言えます。

色んなメーカーから様々な種類のタイヤワックスが販売されていますが、選りすぐりのタイヤワックスを紹介していきます。

タイヤワックスランキング

ffda0729b9c4c65cc107c68097f5c2c7_s

タイヤワックスにはいろんなタイプがありますが、手間がかかる割にツヤなどが持続しないタイプもあったり、吹き付けるだけでタイヤの艶が持続する製品も合ったりします。

最も効果のあるタイヤワックスを選び、ランキング形式で紹介していきます。

第3位:タイヤコーティング+R

シュアラスターの「タイヤコーティング+R」は、タイヤ本来持つ自然な艶や光沢を取り戻すことができます。

特殊変性シリコンが持つ耐久被膜が、タイヤの劣化や汚れから守ります。

耐久性は約6ヶ月間です。

タイヤコーティング+Rは水性なのでタイヤに優しく、ベタつくことがありません。

タイヤコーティング+Rは塗り込みタイプなので、せっかく洗車をして綺麗にしたボディに飛び散ることはありません。

塗り重ねていくことでタイヤの艶を調整することも出来、未塗装の樹脂バンパーにも使用が可能です。

年数が経過して白っぽくなった未塗装の樹脂パーツに、深みのある色や艶を復活させることも出来るのです。

タイヤコーティング+Rをタイヤに塗ることで、水汚れなどを弾きタイヤを保護して、艶や光沢を維持します。

使い方はとても簡単です。

使い方

1.洗車をする2.タイヤに付着した水滴を拭き取る

3.付属のスポンジを使いタイヤに塗り込む

4.20分程度乾燥させる

販売価格:2,177円

第2位:タイヤワックス超艶ブライトマジック

カーメイトの「タイヤワック超艶ブライトマジック」は、スプレータイプのタイヤワックスです。

良くある吹き付けたら泡が出るタイヤワックスではなく、透明な液体が噴射されます。

とくに、塗った場所と塗っていない場所がわかりやすいので、無駄に同じところを塗るということは少ないですね。

耐久性はそこそこなのですが、雨の日に走行すると艶が消えたような感じになります。

塗った後はピカピカと艶が出て、光沢が出ます。

タイヤワックス超艶ブライトマジックを塗ると、紫外線が80%カットされるので、タイヤの劣化を抑えることが出来ます。

また、洗車場でタイヤワックスを使うときに、スプレーをすると白い泡状のものが地面を汚すことが多かったです。

人によっては罪悪感を感じてタイヤワックスを使わなくなるのです。

でも、タイヤワックス超艶ブライトマジックはミストタイプで泡も出ないので、地面を汚すことはないしタイヤも気持ち良いほどピカピカになります。

洗車場で地面を汚すのに罪悪感を感じる人は、タイヤワックス超艶ブライトマジックを、検討してみるのも良いですね。

販売価格:799円

第1位:シュアラスター タイヤケア[水性 黒味]

シュアラスター タイヤケア[水性 黒味] は、塗り込みタイプなので、ボディやホイールに液が飛び散る心配はありません。

液だれもしないので、地面も汚れないのが良いですね。

また、シュアラスター タイヤケア[水性 黒味] をタイヤに塗り込むことで、タイヤ本来持つ自然な輝きを復活させることが出来ます。

さらに、手を汚さないで塗ることが出来る専用の、スポンジが付いているのはスポンジを、わざわざ買い足す必要がないので専用のスポンジが付いているのはありがたいですね。

作業中に心地よいフローラルの香りが漂います。

使い方は以下のとおりです。

使い方

1.タイヤの水分を拭き取る2.スポンジに適量のタイヤワックスを付ける

3.タイヤに塗り込んでいく

従来の塗り込むタイヤワックスは、凹凸部分が塗り込みにくく、何度も塗って塗り残しがないようにする必要がありました。

でもシュアラスター タイヤケアは、タイヤの側面にある凹凸部分の隙間も、簡単にぬれてしまうので塗る時間はそれほどかからないようですね。

不自然に黒光りすると言うよりも、本当に自然に艶が出るのが良いですね。

販売価格:1,066円

タイヤワックスおすすめ5選

213f0f8152be0efb320c80ddbb7d4f9e_s

タイヤワックスでタイヤを磨くと艶が出てピカピカになりますが、タイヤの汚れやひび割れなどを防ぐ効果もあるので、ぜひ定期的にタイヤワックスを利用していきたいものですね。

私も洗車の仕上げ目的で、タイヤワックスをタイヤに塗りツヤツヤピカピカにします。

実際に渡しが使用してきたタイヤワックスを、5つに絞り紹介をしていきます。

タイヤツヤ出し&クリーナー

ソフト99のタイヤツヤ出しワックスですが、スプレータイプでとても使いやすいです。

スプレーで吹き付けると、タイヤが真っ黒になりピカピカになります。

ソフト99のタイヤツヤ出しワックスは、タイヤだけ綺麗にしたいという場合に、チャッチャとスプレーをするだけで綺麗になるから、すぐに目的地に向かうことが出来ます。

私が実際にソフト99のタイヤツヤ出しワックスを使い、「これは使ってよかったなぁ」というのは、タイヤが泡だらけにならないというのと、地面を汚さないという点です。

さらに、スプレーを吹き付けた部分は白い泡状のものがフワーって感じで出てきますが、サッと消えてタイヤに浸透していくみたいな感じです。

タイヤの側面にある文字などの凹凸部分も、綺麗に吹き付けることが出来るので、ムラになりにくいのも良いと感じる部分です。

販売価格:1,030円

プロスタッフ タイヤ&レザーワックス

プロスタッフ タイヤ&レザーワックスは、タイヤに吹き付けると透明な液状のものが出るので、ボディに飛び散っても気にはなりません。

タイヤに自然な艶を与えるので、違和感のある黒光りとは少し違います。

サッと吹き付けてタイヤを綺麗にしたいという場合は、プロスタッフ タイヤ&レザーワックスは、最適なアイテムとなります。

さらに、値段も安いので「今月はお金がないけどほしい」という場合でも、買いやすいですよ。

使用方法は以下のとおりです。

使い方

1.缶をよく降る2.噴射方向を確認する

3.タイヤにスプレーをする(濡れたタイヤにも使用できます)

4.スプレー後は乾かす

販売価格:430円

プロスタッフ Mr.ブラック スーパー光沢

Mr.ブラック スーパー光沢は、艶のない汚れたタイヤにシュッとスプレーをするだけで、汚れが落ちて光沢のある表面となります。

強力な撥水効果によって紫外線などによるタイヤの劣化や、タイヤの変質を防止することが出来ます。

水洗いや拭き取りが不要なので、タイヤだけを綺麗にしたいときに、サッと吹き付けるだけで綺麗になります。

販売価格:633円

ブリヂストン タイヤワックス

ブリヂストン タイヤワックスは、タイヤメーカーが出しているタイヤワックスです。

霧吹きタイプでタイヤに何度もレバーを引いて、タイヤに吹き付けていきます。

とても使いやすい大きさで、シュッシュとタイヤに吹き付けやすいです。

ブリヂストンタイヤワックスは、水性なのでゴムを劣化させにくいのが特徴です。

高粘度シリコーンが配合されているので、水に強くて艶が持続しやすいです。

液だれもしにくいので、地面も汚れにくいのが良いですね。

販売価格:1,010円

リンレイ超艶タイヤコート

リンレイの超艶タイヤコートをタイヤに、吹き付けることで超艶シリコーンポリマーによる、タイヤに深みのある艶を与えることが出来ます。

スプレーをして乾燥させるだけなので、とても簡単な作業です。

私は面倒なことが嫌いなのですが、超艶タイヤコートはタイヤにサッと吹き付けて簡単に、タイヤに艶を出せるのがとても気に入っています。

乾燥させている間に洗車後のボディに付着した、水分を拭き取るようにしています。

耐久皮膜を形成してタイヤの劣化を防ぎます。

耐久性は約2ヶ月間持続して、石油系溶剤を一切含んでいないので、タイヤにも優しい製品となっています。

販売価格:1,077円

タイヤワックスの選び方と使い方

タイヤワックスは色んなメーカーが出しているため、一体どれを選べばよいのか悩んでしまいます。

タイヤワックスで言われているのが「水性」「油性」の、どちらを選べばよいのかということです。

次は、「水性」「油性」の特徴を紹介していきます。

油性タイプの特徴

タイヤ光沢

油性タイプのタイヤワックスは、艶がよく出て長持ちしやすいタイプになります。

シリコンを石油系溶剤によって溶かしているので、タイヤに密着しやすいのでとても塗りやすいのが特徴です。

乾燥するとシリコンのみが、タイヤに残り水を弾くので、雨でワックスが落ちにくいのです。

デメリットとしては、タイヤに浸透しやすいので、元々タイヤに入っている劣化防止剤が排出してしまい、タイヤのひび割れを増やしてしまう原因になる可能性もあります。

水性タイプの特徴

1f593ca1a0bd22af5101d16a547165e9_s

タイヤの劣化が心配になるという場合は、水性タイプのタイヤワックスがおすすめです。

水性タイプの場合は石油系の、溶剤を使っていないので劣化を早めません。

ディーラーで使われているタイヤワックスも、水性タイプが使われています。

材質の特性で雨にとても弱く、コーティング効果は思ったほど持続しません。

なので、水性タイプのタイヤワックスの場合は、定期的に使用するようにしましょう。

タイヤワックスは以下の3つのタイプに分けられます。

3つのタイプ

・エアゾールスプレータイプ・ミストタイプ

・塗り込むタイプ

エアゾールスプレータイプは、ムラがなくすばやく吹き付けることが出来ます。

エアゾールスプレータイプのタイヤワックスは、ムラができにくく、クリーナーとしても使えるのが特徴です。

次にミストタイプは、塗り込むタイプのタイヤワックスと違い、持続時間が短めというデメリットがあります。

短時間でむらなく仕上げられますが、効果は短いですよ。

塗り込むタイプのタイヤワックスは、コーティング効果が長く持続期間が長く塗り込むのが大変です。

タイヤワックスランキングまとめ

タイヤワックスを使うとひび割れやタイヤの劣化速度を早めると言われています。

その根拠は、タイヤには元々紫外線からゴムを守る、劣化防止剤というものが入っています。

塗られたタイヤワックスにより、タイヤに元々ある劣化防止剤が溶け出すからだといわれています。

タイヤワックスをいろいろと使ってきた私から言わせると、それほど気にしなくても良いレベルだということです。

どうしても気になると言うなら、水性タイプのタイヤワックスを利用すれば、タイヤの劣化速度を早めるというような心配は少なくなりますよ

タイヤが綺麗だと愛車の見た目も変わるので、ぜひ使ってみてくださいね!

価格は2019年2月現在の物です。購入時は確認してご購入下さい。

この記事を書いた人

あさかぜ
車が好きです。乗るのも乗せてもらうのも好きです。
いい車を見るとワクワクしてきますね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1