ekX(ekクロス)価格や燃費とグレードをまとめてみた。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ekX(ekクロス)はSUVティストという形で、最も三菱らしいデザインとなったモデルです。

デリカD:5Jrと言っても良いくらい似ているので、デリカファンにとっても興味ある軽自動車ではないでしょうか。

そんなekX(ekクロス)の具体的な価格などや、実燃費などを色々と紹介していきます。

ekクロス(ekX)価格は?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/

三菱自動車はハイトワゴンの「eKワゴン」を6年ぶりにフルモデルチェンジをして、2019年3月28日に販売を開始しました。

今回フルモデルチェンジをした「eKワゴン」のカスタムという名前がなくなり、ekクロス(ekX)へと名前を変えて販売されています。

外観はSUVティストでかなりかっこ良くなっていて、デザインはデリカD:5によく似ています。

ekクロス(ekX)は全グレードに「CVT」が組み合わされていて、2WDと4WDを選ぶことができます。

ekクロス(ekX)の価格は以下のとおりです。

ekクロス(ekX)駆動方式新車価格
M2WD1,414,800円
4WD1,544,400円
G2WD1,555,200円
4WD1,684,800円
T2WD1,636,200円
4WD1,765,800円

ekクロス(ekX)はデイズのOEMですが、今回はデイズとは違った外観が与えられ、ひと目見ただけでどこのメーカーで、車種名がはっきりと分かるようになっています。

三菱自動車は独自の調査により軽自動車を買おうとするユーザーに対して調査したところ、軽自動車を買おうとする人は以前までは、「車両価格の安さ」「税金などの安さ」「燃費のよさ」が上位に上がっていたようです。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/

しかし、再調査により最近では「車体色」や「スタイル・外観」といった、見た目を重視する人が増えてきたということらしいです。

私自身も軽自動車を買うときは、確かに軽自動車の安さだけではなくデザインの良さを重視しています。

軽自動車を買うユーザーのニーズに応じて、ekクロス(ekX)の外観がこれまでの「ekシリーズ」のなかでも、外観がパワーアップしているように感じます。

ekクロス(ekX)のデザインコンセプトは「THE CUTE BEAST(キュート・ビースト)」で、外観はデリカD:5にも採用されている「ダイナミックシールド」です。

これにより、SUVティストな外観となり、力強いデザインとなりました。

ekクロス(ekX)グレードは?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/

ekクロス(ekX)には「M」「G」「T」の3種類のグレードがあり、全グレードにハイブリッドが搭載されています。

ekクロス(ekX)のハイブリッドシステムは、減速時のエネルギーによって電力をリチウムイオンバッテリーに、効率よく充電をして加速した時にモーターがエンジンをアシストします。

その結果、ストレスを感じない加速と、低燃費を実現しています。

ノンターボは「M」「G」に搭載されます。

そして、グレード「T」にはターボエンジンが搭載されています。

ekワゴンにはターボが搭載されるグレードがないですが、ekクロス(ekX)のみグレード「T」にターボエンジンが搭載されます。

ekクロス(ekX)燃費は?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/

ekクロス(ekX)は全グレードハイブリッドシステムが搭載されているので、それなりに燃費は良いと感じます。

ekクロス(ekX)のグレード「M」のカタログ燃費(JC08モード)は「29.8 km/L」で、ターボエンジンを搭載する「T」のカタログ燃費は、「25.2 km/L」です。

燃費新基準の「WLTCモード」では「M/G」の燃費が「21.2 km/L」となっていますが、実燃費はこれより少し下がると言った程度でしょう。

ターボ搭載モデルのグレード「T」の場合は「 19.2 km/L」です。

都市部では「WLTCモード」で表示する燃費に近い実燃費は、ひょっとしたら道路状況によって出にくいかもしれません。

燃費(JC08モード)
M2WD29.8 km/L
4WD25.4 km/L
G2WD29.4 km/L
4WD25.4 km/L
T2WD25.2 km/L
4WD22.8km/L
燃費(燃費(WLTCモード)
M/G2WD21.2 km/L
4WD18.8 km/L
T2WD 19.2 km/L
4WD16.8 km/L

ekクロス(ekX)内装・装備は?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/

ekクロス(ekX)の内装は、もはや軽自動車とは思えないデザインとなっていて、軽自動車の中の高級車という昔の考えでは理解できない言葉を使っても、特に問題はないくらい高級な感じがします。

シフトゲートの位置もかなり使いやすい形状となっていて、とても斬新な内装となっています。

しかも、使い勝手を考えて手の届きやすい位置に、運転席と助手席とセンターにドリンクホルダーが付いているのは、飲料水をよく飲む人にとってはありがたいと言えます。

ただ、個人的に思ったのは夏場は飲料水をよく飲む人がいて、紙パックをコンビニで買って飲む人もいます。

そういう人のことも考えて、紙パック500mlも置けるようにすれば良かったのではないかと感じました。

内装装備に関してはグレードによっても、標準装備されるものが違います。

ekクロス(ekX)の下級グレード「M」の内装装備は、マニュアルエアコンが装着されていたりタイヤサイズが「14インチ」だったりします。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/

「今どきの軽は14インチって当たり前では?」

そのように思うかもしれません。

実は「G」「T」のグレードには、「15インチ」のタイヤサイズが標準装着されます。

15インチの軽自動車は社外品で固めているカスタムカー以外は、新車で標準装備されている車は乗用車以外は見当たりません。

各グレードの内装装備は、以下の通りとなります。

ekクロス(ekX)おすすめオプションは?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/

私自身が超オススメしたいメーカーオプションがありますが、それは「デジタルルームミラー」です。

これは、従来のルームミラーとは異なり車の後方にあるカメラの映像で、後方の状況を確認ができるものです。

私は「デジタルルームミラー」という存在を1年前から知っており、楽天やAmazonで探しまくっていた時期もありました。

実は一部の日産車にはかなり前から「デジタルルームミラー」(メーカーによって名前が違うかも)が装着されているのです。

ekクロス(ekX)に装備される「デジタルルームミラー」は、軽自動車でははじめての装備となります。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/

従来のルームミラーでは後方を確認したくても、乗っている人やラゲッジルームに積み込んだ荷物などで後ろが見えにくいことがあります。

たとえば、リサイクルショップで小型のカラーボックスやタンスを買ったときは、ルームミラーで後ろを確認しにくいときがあります。

そういうときは「デジタルルームミラー」が、ものすごく便利な装備となるのです。

バックで駐車をするときも、結構役立つ装備と言えます。

つまり、リアカメラの映像に切り替えれば、ルームミラーで見える後方視界がスッキリと見えるということになります。

操作方法はとても簡単で、「デジタルルームミラー」のした部分にあるレバーで、通常のミラーとリアカメラのミラーの映像と切り替えが可能です。

デジタルルームミラーは、「パッケージメーカーオプション」となっています。

ekクロス(ekX)まとめ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/

ekクロス(ekX)は大胆にフロントデザインを完全に変えて、さらにかっこ良いデザインへと進化しました。

デザイン的にはデリカD:5そのもので、デリカと揃えてekクロス(ekX)を買ってみたくなります。

そしてメーカーオプションの「先進快適パッケージ」を選べば、「電子パーキングブレーキ」なども装備されます。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/

完全にこれまでの軽自動車の固定概念を覆し、「軽自動車に便利装備はいらねぇ」という人の意見を、ことごとく無視した装備は個人的に興味が持てます。

しかし、今どきの軽自動車は手元で電話に出ることができたりできるとは、一昔の軽自動車から見ても考えられない装備ですよ。

軽自動車とは思えない装備にめぐりあいたいと言うなら、ekクロス(ekX)は最も最適な車になるので、ぜひディーラーに足を運び見に行くと良いでしょう。

ekX(ekクロス)色見本とカラーはどうなんだ?内装色やオプションは?

アイキャッチ画像引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/

この記事を書いた人

あさかぜ
車が好きです。
色んな車を乗るのも見るのも好きです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1