ヴェルファイア購入の年収や予算はどれくらい?ローンも計算してみた。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ミニバンタイプの高級クラス代表でもあるヴェルファイア(トヨタ)ですが、若い世代から中高年世代まで幅広く人気が集まっています。

その一方で価格帯を考えると、なかなか手が届かないのも事実であり、購入に躊躇する方も多いのではないでしょうか。

ヴェルファイアを購入するために必要な金額はどれくらいなのか、総額及びローンを組む際の支払い金額についてまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

ヴェルファイアは年収や予算はいくらで買える?(一括払い)

ヴェルファイアはグレードが多種多様となっており、ボディタイプ、エンジン、駆動方式、乗車定員(7人乗り、8人乗り)の4つの組み合わせから選ぶことになります。

引用:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

ボディタイプはダイナミックさを強調したエアロボディと、モダンで品の良さが伝わる標準ボディに分かれています。

ガソリン車には2.5L直列4気筒エンジンか3.5LのV型6気筒エンジンを積んでおり、駆動はFFか4WDから選ぶことになります。

ハブリッド車には2.5Lの直列4気筒エンジンとモーターを積んでおり、駆動はE-Four(電気式4輪駆動方式)となっています。

グレード別の車両価格は以下のようになります。

<エアロボディ>

HYBRID Executive Lounge Z
7,502,760円

HYBRID ZR”G エディション”
5,695,920円

HYBRID ZR
5,139,000円~

HYBRID Z
4,632,120円

Executive Lounge Z
7,177,680円~

ZG
4,969,080円~

Z”G エディション”
4,383,720円~

Z”A エディション”
3,926,880円~

Z
3,714,120円~

引用:https://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade

<標準ボディ>

HYBRID Executive Lounge
7,352,640円

HYBRID V”L エディション”
5,551,200円

HYBRID V
4,997,160円

HYBRID X
4,384,800円~

Executive Lounge
7,028,640円~

VL
4,652,000円~

V
4,206,600円~

X
3,376,080円~

引用:https://toyota.jp/vellfire/grade/?padid=ag341_from_vellfire_navi_grade

売り上げ上位は、

  • 1位Z”G エディション”
  • 2位Z
  • 3位Z”A エディション”

となっており、エアロボディ&2.5L直列4気筒エンジンのラインナップが全体の6割近くを占めています。

2.5Lでも十分なパワーがありますので、車両価格と自動車税が割高で燃費が落ちる3.5Lを購入する方は少ないようです。

ハイブリッド車に関しては、燃費がかなり上がりますが車両価格は同クラスと比較すると90万円近く高価なものとなっています。

ガソリン代による減価償却を考えると、年間10,000km走行した場合で15年以上かかることになりますので、購入を控えることになっているようです。

引用:https://toyota.jp/vellfire/interior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_interior

車両価格のみという訳にもいきませんので、メーカーやカーディラーオプションの中から必要であろうパーツを揃えてみたいと思います。

T-Connectナビ
294,300円

ETC2.0ユニット
32,400円

バックガイドモニター
32,400円

サイドバイザー
30,240円

フロアマットセッ ト
102,600円

さらに、税金や諸費用を計算します。

税金・保険料
248,980円

リサイクル料金
16,550円

販売諸経費
65,727円

オプション料金:491,940円
税金や諸費用:331,257円

となり、グレード別の車両価格との合計が購入費用として準備する金額となります。

例えば、一番人気のZ”G エディション”(FF)の購入を検討する場合、

5,206,917円(4,383,720円+ 491,940円+331,257円)

の予算が必要となります。

引用:https://toyota.jp/vellfire/interior/navi/?padid=ag341_from_vellfire_interior_topnavi_navi

500万円を越える車となると年収もそれなりになければ、支払いや維持費が厳しくなってくるかと思われます。

250万円~350万円の車を購入する方で年収400万円と言われていますので、ヴェルファイアの中級から上位クラスのオーナーになるには500万円以上、できれば600万円の年収がある方と想定されてきます。

スポンサーリンク

ヴェルファイアは年収や予算はいくらで買える?(ローン払い)

500万円もするヴェルファイアを一括で支払うケースはあまり考えられませんので、自動車ローンを組むことになると思われます。

誰でも簡単に自動車ローンが組めるわけではありませんので、相場について確認していきたいと思います。

ローン(借入)は大きく分けて2つのパターンに分けることができるのですが、自動車専門に扱っているカーディラーと自動車を含む融資を幅広く扱っている銀行となっています。

カーディラーの融資期間は最長で6年~8年、銀行の融資期間は最長で7年~10年となっています。

自動車ローンは一般的に3年(36回払い)5年(60回払い)にするケースが多いと言われており、初回もしくは2回目の車検時に車を買い替えが予測されることが要因のようです。

引用:https://www.smbc.co.jp/kojin/mokuteki_loan/car/

融資を受ける審査もあって、以下の3点が重要となってきます。

  • 購入金額に対する借入金額の比率は80%以下であること
  • 収入に対する返済金額の割合は20%~25%であること
  • 緊急時に対応できる預金を維持できること

頭金が必ず必要なこと、月々の収入が安定していること、預金維持ができることが前提となっていますので、ある程度収入がないと融資を受けることができません。

また、収入が低い場合は長期間の借り入れが必要となってきますので、3年もしくは5年で返済できないような車を選ぶのは厳しいと言わざるを得ません。

引用:https://toyota.jp/vellfire/interior/cockpit/?padid=ag341_from_vellfire_interior_topnavi_cockpit

先ほど算出したヴェルファイアのZ”G エディション”(FF)を参考に、実際にローンを組んだ場合の数字を見ていきたいと思います。

条件としては、値引きによる購入金額500万円、頭金100万円、金利2.0%(低金利)による3年、5年、10年で比べていきます。

<3年(36回払い)>

月額返済額
114,570円

手取り月収
458,280円~572,850円

利息合計額
124,520円

<5年(60回払い)>

月額返済額
70,111円

手取り月収
280,444円~350,555円

利息合計額
206,660円

<10年(120回払い)>

月額返済額
36,805円

手取り月収
147,220円~184,025円

利息合計額
416,600円

また、共通して維持費がかかってきますが大よその目安はこちらとなります。

定期点検&オイル交換費用:20,000円
自動車税:45,000円
自動車保険:50,000円
ガソリン代:185,000円(年間12,000km走行で燃費9.0km/L~10.0km/L、ガソリン単価150円)の合計が300,000円

3年後、5年後の車検費用は別途用立てるとしても、毎月25,000円の維持費と人によっては駐車場代がかかることになります。

引用:https://www.toyota-finance.co.jp/business/

年収600万円の方の手取りが35万円前後(12ヶ月支払い)だとして、住宅費や生活費、貯金を考えると、差額は12万円~13万円くらいになるでしょうか。

上記の条件のうち5年(60回)あるとすれば70,111円+25,000円は十分に支払い可能だと思われます。

スポンサーリンク

ヴェルファイアを残価率で組むとどうなる?

残クレや残価率、残価設定ローンという言葉がありますが、こちらについても考えてみましょう。

通常の自動車ローンは完済すると、ローン会社から自分名義に変わり所有権を持つことになります。

一方で残価設定ローンは、3年後、5年後の買い替えを前提とした契約のことを言うのですが、買い替え時期の車の価値を設定して差額分を期限内に支払うことになります。

つまり、所有権を持つことなく次の車を購入するサイクルを続けることになり、例えば、500万円するヴェルファイアの5年後の価値が200万円以上するとなれば、5年間に支払う金額は差額である300万円で済むということになります。

もちろん、高齢者となり車に乗らなくなるような時が来れば、残価設定ローンを解約することになりますので、その際には残価分を精算することになります。

引用:https://www.toyota-finance.co.jp/business/car_credit/

残価設定ローンに適した車は人気が高い新型車となっていますので、残価率の高い車を選ぶ必要が出てきます。

ヴェルファイアに関して言えば中古車市場でも人気が高いので、残価設定ローンを組むうえでは最適と言えます。

引用:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

残価率は契約期限が短いほど高く設定することができますが、ヴェルファイアでは3年契約で200万円、5年契約で180万円が相場となっているようです。

先ほど計算したローン(購入金額500万円、頭金100万円、金利2.0%)で当てはめてみると以下のようになります。

<3年(36回払い)>

ローン金額
2,000,000円( 購入金額500万円-頭金100万円-残価対象200万円)

月額返済額
57,285円

手取り月収
229,140円~286425円

利息合計額
62,260円

<5年(60回払い)>

ローン金額
2,200,000円( 購入金額500万円-頭金100万円-残価対象180万円)

月額返済額
38,561円

手取り月収
154,244円~192,805円

利息合計額
113,660円

3年ローン(36回払い)を対象とすれば年収450万円、5年(60回払い)を対象とすれば年収400万円の方にも手が届きそうです。

引用:https://toyota.jp/information/minivan/alp_vell/?padid=ag341_from_vellfire_grade_minivan_zanka

残価設定ローンは、リース契約と比べられることがよくあります。

リース契約では車種やオプションまで細かく設定条件がつくことがありますが、残価設定ローンの場合は、基本的に自分の好きな車種やオプションを設定することができます。

どちらも共通しているのは、車の価値を下げるようなことはしない点で、走行距離(月々1,000km以内)や任意保険(車両保険の加入)に条件がつけられています。

支払いプランの条件のみならず、自分のカーライフプランにあっているか細かく確認するように心がけて下さい。

ヴェルファイアを購入するための条件をまとめてみましたが、年収400万円以上ないとかなり厳しいことが分かったかと思われます。

もちろん、10年以上乗り続けることを考えれば収入が少なくとも手に入れることも可能ですので、どれだけ自分がヴェルファイアにこだわっているのか、改めて自問自答してから購入を検討するようにして下さい。

キャッチ画像:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

この記事を書いた人

にわとりぃ
誰かの為になる記事を書くことを意識して日々精進しています。
この記事があなたの参考になれば幸いです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1