新型ヴェルファイア 納車納期情報!2019年3月最新

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタが贈る最高級大型ミニバン、ヴェルファイア。

今日、ファミリー向けマシンの主流として流通しているミニバンの中でも、トヨタにおいてひときわ人気と憧れを背負っていますね。

そんなヴェルファイアを購入しようと考えているあなたは、

『自分のヴェルファイアを買ったらいつ乗れるのか?』

そんな疑問があるのではないでしょうか?

そこで、ヴェルファイアの納期情報についてまとめてみます。

スポンサーリンク

ヴェルファイアの納車待ちはどれくらい?

引用:https://toyota.jp

まずはトヨタ・ヴェルファイアの納期状況についてまとめてみましょう。

車種によってはあらかじめ生産をしていたり、複数箇所で生産をしていたりして、納期を短縮するものもあります。

しかし、ヴェルファイアのように高級車両の場合、基本的には受注生産となるので納期は長めになる傾向があります。

ヴェルファイアの納期のメドは?

引用:https://toyota.jp

まずは、トヨタ・ヴェルファイアの納期についてチェックしていきましょう。

トヨタでは、過去に様々な人気車種で予想を上回る発注が相次ぎ、大幅な納期待ちなどがあったことから、現在ではほぼ全ての車において、「工場出荷時期メド」が表示されています。

このサイトに基づいてご紹介すると、ヴェルファイアの納期メドは2019年3月現在、3ヶ月程度とのことです。

引用:https://toyota.jp

このヴェルファイアの納期は先ほど申し上げたように、典型的な完全受注生産の納期メドになっています。

ヴェルファイアのような高級車両においてはまず、受注前に要らぬ在庫を持ちません。

そして、メーカーオプション等の設定もかなり多く、その面からも発注後に生産工程にかかるという手法を取っています。

3ヶ月という期間は長く、なかなか心待ち遠しい長さですね。

2019年3月にヴェルファイアを購入すると、2019年6月までは納品されないということですね。

ただ、ヴェルファイアのグレードごとに納期の変化はあまりなく、「Executive Lounge」も他と同様の納期で手にすることができるようです。

ヴェルファイアの納期待ちの声をまとめてみました

引用:https://toyota.jp

前項でお伝えしたように、トヨタ・ヴェルファイアは受注してからの生産となり、納期としては長めとなっています。

そこで、実際に発注をして納期を待ち遠しくしている方の声も拾ってみたいと思います。

2018年10月に一部改良がなされたので、さらに納期が伸びている様子が伺えます。

中には5ヶ月待ちという声もありますね。

パーキングサポートブレーキ機能が全車標準装備になったりとさらなる充実が図られた結果、人気に拍車がかかったようですね。

スポンサーリンク

ヴェルファイアの納車までの流れを紹介!

引用:https://toyota.jp

ここまでトヨタ・ヴェルファイアの納期に関する情報をお届けしましたが、実際にどのような流れでヴェルファイアが納車になるのでしょうか。

ヴェルファイアの納車までの流れをチェックしていきましょう。

ヴェルファイアの納車までの流れを確認

引用:https://toyota.jp

それではヴェルファイアを注文してから納車されるまで、どのような流れなんでしょう。チェックしていきましょう。

今ここ!→⓪あなたがヴェルファイアの購入を決める

①あなたが販売店でヴェルファイアを注文

②メーカーでヴェルファイアを生産・工場出荷

③全国の販売店にヴェルファイアを輸送

④ディーラーオプションの装着・点検・納車準備

⑤あなたにヴェルファイアを納車

このような流れになります。

日本の車は高品質かつ効率的に生産されているとは言え、なかなかの工程を経て納車されることがわかりますね。

ましては、ヴェルファイアのような高級車種の場合はメーカーオプション、ディーラーオプションの両方が充実しているため、ここでの作業にかなり時間を要します。

また、新車を販売する際にはディーラーに到着してからも納車前点検というものがあります。

メーカーにおいても完成点検をしてますので、お手元に届くまでに2度は点検をするわけです。

このようなプロセスを経て、安全で快適なヴェルファイアが納車されるのですね。

引用:https://toyota.jp

先ほども紹介したこのヴェルファイアの納期は、②までの納期ですね。

基本的にはディーラーに届いてから、あなたの元にヴェルファイアが納車されるまでの期間は長くないのですが、ディーラーにおいて何かあった際には②から⑤にかけてで1ヶ月ほどもかかってしまうこともあるそうです。

ヴェルファイアが納期遅れになるケースは?

引用:https://toyota.jp

このようにシステマティックかつ丁寧に納車までのフローが確立されている車ですが、ヴェルファイアに限らず、次のような時には納期遅れが生じる可能性があります。

あらかじめチェックしておきましょう。

<担当者による発注連絡ミス>

通常はあまりありえませんが、担当者による発注ミスによりグレードやオプションなどの設定が違ってしまうケース。

最悪の場合生産し直し等もありえます。

<書類不備>

こちらまたは販売担当者の準備ミスで書類に不備があった場合、再度陸運局へ行くなどにより、納期が遅れることがあります。

<災害等による工場の罹災>

これはあってはならないことですが、水害・火災・地震などの天災で生産工場が被災した場合はやはり出荷がストップし、納期に遅れがでてしまうことはあります。

実際に東日本大震災などにおいて一部の車種で発生いたしました。

ヴェルファイアを注文時や納車時もそうですが、担当者とのコミュニケーションをしっかり取り、きちんと準備しましょう。

スポンサーリンク

ヴェルファイアの納期を早める方法はある?

引用:https://toyota.jp

ここまで、トヨタ・ヴェルファイアの納期についてまとめてまいりましたが、非常に長い時間納車を待つことがわかってきましたね。

新たに愛車になるであろうヴェルファイア、待ち遠しいですよね。

そこで、ヴェルファイアの納期を早める方法について考えてみましょう。

発注段階での段取りでヴェルファイアの納期は変わります

引用:https://toyota.jp

発注した車が納車されるまでのフローについてはすでにお伝えしましたよね。

その中で、いくつか納期の長短に繋がるポイントがあるので、そのポイントについて考えてみましょう。

<車種を選ぶ際には人気車種を選ぶ>

メーカー側はグレードに応じて生産数を設定しており、生産レーンも人気に応じて配置しています。

例えば、ヴェルファイアの場合はハイブリッドタイプは人気があるため、ガソリンタイプと比べて半月〜1ヶ月納期が早いと言われています。

<メーカーオプションではなく特別仕様車を選ぶ>

メーカーオプションの場合は個別カスタマイズとなるので、当然設置で時間がかかります。

ヴェルファイアにオプションを一つつけるだけで、工程がいくつも追加されることにより、どうしても何もオプションをつけていない車に比べると納期が遅くなってしまいます。

一方、特別仕様車の場合はある程度パッケージ化されているので、設備に対する満足度では大差がなく、納期は早まる可能性があります。

特別仕様車は、オプションを含めたような状態がデフォルトになっているので、オプションを追加で付ける必要があまりなく、その上決められた工程を進むので通常より早められることがあるのです。

<書類関係を迅速に準備しておく>

生産された車がディーラーに到着するまでに、如何に書類系の準備が終わっているかも大事です。

数日レベルでは差が出ます。

とにかく、スムーズな納車は段取りから始まります。

しっかりと段取りして、納期を少しでも短縮しましょう。

ヴェルファイアの人気グレード 2.5Zを購入する

実は、ヴェルファイアの人気のグレードを購入すると、納期が最大で1ヶ月程度他のグレードよりも短縮されることがあります。

ヴェルファイアの場合1番の人気グレードは2.5L Z“A エディション”となっています。

どうして、ヴェルファイアの人気のグレードを選択すると納期が短くなるのでしょうか?

非常に簡単なことで、人気だとわかっているグレートは、工場の方でもあらかじめ大量に生産する用意がされています。

工場では、大量生産の予想されてる方が当然生産効率は高いですよね。

そのため人気グレードは、納期が短くなるので、どうしても早くヴェルファイアの新車に乗りたいのであれば、購入するグレードを人気グレードにするのはアリだと思います。

ヴェルファイアのキャンセル車を狙う

あなたはキャンセル車ご存知でしょうか?

キャンセル車と言うのは、以前にヴェルファイアを購入した人がいて工場で生産したにもかかわらず、その人がヴェルファイアの購入をキャンセルしたことにより、残ってしまっている所有者のいないヴェルファイアのことです。

つまりはヴェルファイアの在庫品と言うわけですね。

ディーラー側は車の在庫がある状況を嫌います。

当然トヨタもです。

そこで、担当のディーラーに「キャンセル車が出たら買います」と言うと、在庫なくせるわけですからあちら側としてもとてもうれしいですし、こちら側としては納期が短縮できるので双方にとっても利益があります。

キャンセル車を購入するという方法使えば、ヴェルファイアの納期は最大で1ヵ月程度にまで短縮することが可能となってきます。

ヴェルファイアのキャンセル車を買うときの注意点としては、グレードやオプションに選択の自由が非常に少ないと言うことです。

ヴェルファイアの夜人気車はキャンセルも意外と多く発生するので、選択の自由はゼロでは無いのですが、完成しているヴェルファイアの在庫品を購入する形になるので、必然的に選択肢は少なくなってきます。

絶対にヴェルファイアのキャンセル車を買わなきゃいけないわけではないので、気に入らなかったら買わなきゃいいだけの話なので、それほど気にすることでは無いですね。

条件にあったときはヴェルファイアの納期を短縮する方法として、非常に良い方法だと思いますので、この方法もありだと思います。

ヴェルファイアの新古車という手段

引用:https://toyota.jp

ここまでトヨタ・ヴェルファイアの納期を少しでも早めるための手段についてお話しましたが、いっても1ヶ月程度まで短縮できれば良い方と言えるでしょう。

「どうしても、はやく!すぐにヴェルファイアに乗りたい」という方にとってヴェルファイアの納期が1ヶ月でも長い、1日でも早くヴェルファイアをと思っているのではないでしょうか?

そこで裏技をご紹介したいと思います。

それが、「新古車を購入する」というものです。

新古車は何らかの事情で登録処理はしたものの、実際には使われていない車両となります。

デメリットとしては、すでに出来上がっているため、自分好みにメーカーオプションを選ぶことができないということ。

ここは、先ほど紹介したヴェルファイアのキャンセル車を狙う方法とに似ていますね。

一方で、メリットはすでに登録処理を経ているため、乗り出しまでの期間がほぼないことです。

全ての登録が済んで公開されているヴェルファイアなので、本当に最短なら1週間後にヴェルファイアを手に入れることも可能になってきます。

もともと全て含めると3〜4ヶ月ほどかかる見込みだったヴェルファイアの納車がここまで短くなりました!

細かいことはこだわらないので、すぐにでも乗り出したい方には良い手段ではないでしょうか。

スポンサーリンク

ヴェルファイアの納期納車まとめ

引用:https://toyota.jp

トヨタ・ヴェルファイアの納期について、様々な角度からまとめてみました。

ここ数ヶ月は納期が長くなる傾向が続いていますので、引き続き納期との戦いが続きそうですね。

三重県にあるいなべ工場で一台ずつ丹精込めて製造されているヴェルファイア。

また、納車の際には早く乗り出したい気持ちをぐっとこらえて、担当者の方と一緒に納車時チェックをされることをおすすめします。

特に、傷のチェックやオプション等が注文通りにセッティングされているかどうかは納車時にチェックしておかないと、のちに発覚した場合、トラブルに発展する事例もあります。

ヴェルファイアの担当さんとはきっと長い付き合いになると思いますので、それだけにちゃんとチェックしておきましょう。

そして、納車の際には喜びを爆発させ、さっそくのドライブを楽しみましょう。

 アイキャッチ画像URL:https://toyota.jp

この記事を書いた人

kk。
車の情報サイトを展開中です。

いろいろな車のコンテンツが充実しています。

1記事だけでは伝えられないこともたくさん紹介しています。

ぜひ他の記事も見ていって下さいね。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク