新型メルセデス・ベンツ Cクラスの口コミ情報! 評価や評判はどうなってる?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

メルセデス・ベンツの新型メルセデス・ベンツ Cクラスの口コミから、評価や評判がわかります。

新型メルセデス・ベンツ Cクラスの口コミ評価と評判などをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

ベンツCクラスとは

kuchikomi_01

引用:https:/search.yahoo.co.jp/image/search?p=c220&ei=UTF-8#mode%3Ddetail%26index%3D2%26st%3D0

「アジリティ(機敏、敏捷)」と「インテリジェンス(知性、知能)」をコンセプトとするベンツの中でも人気のあるラインナップがCクラスです。

メルセデスベンツは大きさでクラス分けされていて、「大」=Sクラス、「中」=Eクラス、「小」=Cクラスが基本となっています。

今ではAクラスが「小」に当たり、AクラスとCクラスの間にはBクラスができました。

Cクラスの価格は436万円~1532万円。

直列4気筒ターボからV6ツインターボのほか、ディーゼルやプラグインハイブリッドまで様々なグレードがあります。

kuchikomi_02

引用:http://www.mercedes-c.jp/#gallery

スポンサーリンク

Cクラス、口コミ評価

C180 アバンギャルド

自動車としての総合評価としては「さすがメルセデス」というところですね。

以前読んだ本「間違いだらけのクルマ選び」には、「メルセデスに乗ると他のクルマには乗れなくなる…」と書いてありましたが、そのとおりだなあと感心してしまいました。

満足している点

・十分なパワー。

・素晴らしいコーナリングを実現する操舵感。

・硬すぎず、柔らかすぎず、静かな乗り心地。

・適当なサイズ(全幅1800ミリは日本で動かすには魅力です)

不満な点

・カーナビの操作やタッチパッドの取り扱い

・セダンだから仕方ないが、後ろが見づらい(ドアを開けながらバックしようとすると自動的にバックを中止してしまうのもデメリット)。

・標準装備のオーディオの音が貧弱(これもVOLVOのほうが上手だなあと思ってしまいました)。

kuchikomi_06
引用:http://www.webcg.net/articles/gallery/31319

C200 アバンギャルド

これで2000cc?って位速いです。

ダウンサイジングターボって凄いなとヒシヒシと実感しました。

エクステリアも私的には現行含めて今までのCクラスの中でもこの型が一番洗練され塊感がありかっこいいと思います。

ハンドリングも言うことなし、過去にBMWのE46を3台乗り継いできましたが、それ以上ではと思わせる出来。

内装のクオリティは後期って事もあり同規格のBMW3やレクサスISと比べても確実に一歩上手です。

安全装備も最高でレーダーセーフティ付いて渋滞の時も便利でした。

故障もゼロでしたね。

なにも不満ないのですがあえて穴を探して言うなら新車時の匂い。

変な表現ですが唾液の匂いってかんじでダメでした。

因みにEクラスも同じ匂いでした。

なんだろあの匂い

kuchikomi_03
引用:http://www.mercedes-c.jp/#gallery

ウィンカーはともかくカップホルダー位は、右ハンドル仕様にしてほしかった。

それ以外は、特に嫌なことはなく、乗ってて楽しいし長く乗っていたい車です。

あまり派手には弄りたく無いので、ノーマルに近い状態で綺麗に乗っていたい車です。

デザインも好きです。

満足している点

・乗り心地が良い。

・制音性

・デザイン

・高速で前車が避ける確立が高い

(日本車だと避けなかったパターンが)

・ドイツ車という優越感(笑)

・パーツはOEMが多い

・パーツの入手が楽

・日本車と違いメーカーのパーツの取扱年数が長い

日本車は10年でパーツ供給が終わる。

不満な点

パーツが、若干高いかな?

ハイオク仕様というのも・・・・

内装は日本車の方が良いかな?

ナビが標準で無かった時代なので・・・

これは、付け替えれば良いだけですけど。

シフトノブ後ろのカップホルダーが、面白いんだけど左ハンドル仕様なので、右ハンドル仕様にしてほしい。

この車に限った事ではないが、ウィンカーが右にあってほしい。

外車は、全部左にウィンカーですよね・・・

勝手反対にするという配慮が無い(笑)

kuchikomi_09

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/1463410/blog/35906810/

前期と比べて2000ヶ所にも及ぶ改良点 という事で、後期型の今のメルセデスと出会えてとても満足しています。

大事にします マイカーよこれからもヨロシク。

満足している点

一番はフェイス周り。

グリルをブラックアウトにすればもっと引き締まるので、早くやりたいですね。

不満な点

バックカメラの画像の悪さ・・・

C220d アバンギャルド

いいとこ

燃費

財布にやさしい

それなり速い

ディストロ最強

わるいとこ

音がない

トラックですw

kuchikomi_08

引用:http://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_61927.html

まあまあ早いクーペが欲しくなりますw

満足している点

軽油なんで助かりますw

不満な点

音が悲しいです(笑)

kuchikomi_04
引用:http://www.mercedes-c.jp/#gallery

足元が狭い!

左足の置き場がありません。

kuchikomi_10

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/1463410/blog/35906810/

15~16年ぐらい左足ブレーキですが、ブレーキペダルの上以外に足を落ち着ける場所がありません。

右足ブレーキの場合でも踏ん張れるスペースがありません。

フットレストを付けましたがあまり意味ありませんでした。

この車は左ハンドル車に乗るべきでしょう。

kuchikomi_07

引用:http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-503.html?sp

■ナビは不案内なところでは使いにくく、道に迷いました。

■エンジンスタートの時に車のフロントマスクが表示されるのはどうゆう趣味だろうか。

おまけにライトがキラッと光る。低俗すぎる。

メルセデスAMG C43 4マチック

AMG C63はスーパーカー並みの凄いパワーを持つ車でしたが、公道では扱いきれない強烈なパフォーマンスが手に入る代わりに乗り心地や静粛性をある程度我慢しなければならない車でした。

C63は日産GTRに良く似た性格を持つ車だと思います。

アイドリングのエンジン音はかなりおとなしめで、C63とは雰囲気がまったく違います。

これなら早朝の住宅街でも大丈夫ですね。

走り出してみてもジェントルな雰囲気は変わらず、乗り心地も静粛性も通常のCクラス同様で非常に快適です。

普段の買い物とか通勤に使っても何の問題もないです。

kuchikomi_05
引用:https:/www.autocar.jp/news/2016/02/25/159450/

「AMG C43はCクラスでベストバランス」と言うのは本当だと思います。

AMGであっても、これなら普段の生活でも快適に使えますし、エンジンも魅力的でサウンドも良く、峠道などでパワフルな走りも楽しめます。

また、4WDなので雪国の人や良くスキーに行く人は、さらに魅力的に映るでしょう。

とても良い車だと思います。(^ω^)

最高のCクラスが欲しい人にはオススメ出来ます。

出展:https:/carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/mercedes-benz/c-class/urev/detail/156871/

⇒ 新型メルセデスベンツ Cクラスを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベンツCクラスの口コミ情報まとめ

kuchikomi_07

引用:https:/www.kurumaerabi.com/test_drive/info/100085/

一長一短とはいいますが、ベンツCクラスでもそれなりの不満が出てくるものなんですね。

クルマというのは、常に相反するものの両方が求められることが多いです。

例えばエクステリアデザインに美しいフォルムを表現しようとするほど、フロントガラスが水平方向へ倒れることになり視界が悪くなります。

加速力にパワーをもたせれば、その分、燃費が悪くなるのも同じことですね。

そういった相反する物の選択を迫られる場合、たいがいどちらか一方を諦めるしかないのが通常なのですがメルセデスベンツCクラスのコンセプトでは諦めることをしません。

さらに「自動車の未来に新たな指標を提示する先進のドライビングをすべての道で実現します。」とまで宣言して開発されたのがマジックボディコントロールでした。

口コミでは快適性と安全性について、異論を唱える声はほとんどありません。

特に安全性能が魅力でベンツCクラスを購入したという人は多くいます。

「生命より大切なものは無い。」というメルセデスベンツの安全哲学こそがブランドを支えているのです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク