BMW i8の値段や価格、グレードを紹介!おススメグレードはこれ!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

BMW車の中でも電気を使用したハブリッドモデルに相当するBMW iシリーズ。

このiシリーズ内でもプラグインハブリッドを採用し、さらに近未来を思わせるスポーツカーとして有名なのがBMW i8です。

非常に魅力が多いBMW i8の値段や価格、おすすめのグレードについて調べてみましょう。

BMW i8のおすすめのグレードは?

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i8-coupe/2017/at-a-glance.html

BMW i8のおススメグレードですが、「好きな方を選んでください!」というのが正直な意見です!笑

なんだか凄く丸投げしたような言い方ですが、これにはしっかりとした理由があります。

では、その理由を見ていきましょう!

BMW i8とはどんな車?

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i8-coupe/2017/at-a-glance.html

理由をお話しする前にBMW i8がどの様な車なのか見ていきましょう!

先ほどお話したとおり、BMW iシリーズは電気を利用したハイブリッドモデルに相当する車種となっており、BMW i8にはプラグインハブリッドと呼ばれる方式が採用されています。

一般的なハイブリッド車はエンジンの他にモーターが搭載されており、モーターに必要な電力を走行中に充電し使用しています。

充電されたバッテリーからの電力供給によってモーターが回り、エンジンをアシストすることでガソリン車以上の低燃費や最大トルクを実現している訳ですね。

そして、プラグインハブリッド方式とは走行中の電力供給以外にも、直接コンセントから車に充電することが可能となっているハイブリッド方式です。

引用:https://www.bmw.co.jp/content/dam/bmw/marketJP/bmw_co_jp/pdf/all-models/i/I12_I15_218_JPN_WEB.pdf

外部から直接充電可能なプラグインハイブリッド車には通常のハイブリッド車以上の大容量のバッテリーが搭載されており、ある程度の距離なら電気のみでの走行が可能となります。

さらに充電したバッテリーで家庭用電化製品を使用したりする事も可能です!

国内では三菱のアウトランダーPHEVがプラグインハイブリッド車として有名であり、キャンプに最適なSUVとなっています。

完全な電気自動車と一般的なハイブリッドの中間に位置するような方式がプラグインハイブリッドであり、先進的な走行方式となっています。

そんな最先端な技術が採用されているBMW i8ですが、車の形状も近未来を思い起こさせるスポーツカーとなっており、非常にカッコいいです。

空気力学を考えつくされたボディーの形状や、バタフライドアと呼ばれる上方に持ち上げ開閉するドアは近未来車そのもの!

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i8-roadster/2017/bmw-i8-roadster.html?_ga=2.215228439.1861153960.1558837466-1170012063.1558837466

また、インテリアデザインもスポーティーな物になっており、「コネクテッド・ドライブ」などの最先端装備も充実しています。

走行性能も非常に高く、0から100km/hまでの加速時間がわずか4.4秒と非常に早く、最高速度は250km/hを実現しています。

先進的な装備や近未来を彷彿とさせるデザイン、そしてスポーツカーとしての走行性能、全てを実現している車がBMW i8となっています。

BMW i8のグレードは?

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i8-coupe/2017/at-a-glance.html

では、次にBMW i8のグレード展開を見ていきましょう。

BMW i8のグレードは2種類となっており、以下のとおりです。

・BMW i8クーペ
・BMW i8ロードスター

さて、このグレード名からも分かるように実はBMW i8のグレードの違いはボディーの形状のみ!

クーペスタイルとロードスタースタイルの2種類が存在し、その他のスペックは同等であり、最大出力や最大トルク、燃費に関しては一緒なんです。

ただし、ボディータイプの特徴上、クーペは4人乗り、ロードスターは2人乗りという大きな差はあります。

その他にも微妙な車体サイズや重量の違いはありますが、ほとんど気にならない位です。

その為、クーペスタイルに乗りたい方はBMW i8クーペを、ロードスターに乗りたい方はBMW i8ロードスターを選択しましょう。

ただし、3人以上で使用する可能性がある場合にはBMW i8クーペの選択になるという点だけは注意が必要です!

では、BMW i8クーペとBMW i8ロードスター、それぞれどの様な特徴があるのか見てみましょう。

BMW i8クーペ

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i8-coupe/2017/at-a-glance.html

そもそもクーペとはスポーティーなデザインを追及したボディータイプであり、運動性能の高さがウリの車です。

形状の特徴としては運転席と助手席の1列シート、もしくは後部座席も含めた2列シートに対して、2ドアスタイルとなっています。

BMW i8クーペは2列シートの2ドアスタイルですね。

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i8-coupe/2017/at-a-glance.html

この形状から2列目シートへのアクセスは1列目シートを倒して行う必要があり、やや居住性に難がある車となっていますが、その分、運動性能が高く、デザインが非常にカッコいい車が多いのが特徴的で、BMW i8クーペはまさしくその通りの車となっています。

ちなみにクーペに近いボディータイプとしてセダンがありますが、こちらは2列シート4ドアスタイルとなっており、運動性能よりも居住性能を重視して作られた車です。

BMW i8ロードスター

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i8-roadster/2017/bmw-i8-roadster.html?_ga=2.215228439.1861153960.1558837466-1170012063.1558837466

ロードスターと聞き、マツダの車であるロードスターを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

マツダ・ロードスターがあまりにも有名になった為にロードスター=車種名という認識を持っている方もいるかと思いますが、そもそもロードスターはオープンカーの分類の1つであり、オープン状態がデフォルトであり、運転席と助手席のみの1列シートの車を指します。

BMW i8ロードスターはこの特徴を完全に再現した車ですね。

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i8-roadster/2017/bmw-i8-roadster.html?_ga=2.215228439.1861153960.1558837466-1170012063.1558837466

もちろん屋根を出すことも可能であり、BMW i8ロードスターは約15秒でルーフの開閉が可能となっています。

屋根部分をしまい込むスペースが必要な為、BMW i8ロードスターは積載性能が悪いように感じますが、ルーフ収納部分の下側には100ℓほどのラゲッジスペースを確保しているのでクーペと比較し、積載性能がすごく劣るという事もありません。

オープンカーとしてBMW i8を使用したい方はロードスターの選択となります。

BMW i8の値段・価格は?

BMW i8の値段・価格について見ていきましょう!

クーペ、ロードスターそれぞれの価格は以下のとおりです。

両者ともプラグインハイブリッドなどの先進装備が搭載された最先端車種となって2000万円を超える非常に高価な車となっています。

ルーフの開閉機構の為か、ロードスターのほうが140万円ほど高くなっていますが、2000万円を超える車を購入する人にとってはそこまで大きな差では無いのかもしれませんね!笑

BMW i8についてまとめると

今回はBMW i8の価格や値段を調べおススメグレードのお話をしてみました!

色々と調べた結果、筆者がBMW i8のおススメとなるグレードは存在せず、個人の好みによって選択するという結論になりました!笑

その理由はBMW i8には「グレード」という階級のような概念はあてはまらずに、ボディータイプの異なる2種類の車が存在する為です。

その為、クーペスタイルが好みならクーペを、オープンカースタイルで使用したいならロードスターを選択する事になりそうです。

ただし、量車ではシートの数が異なっていますので、この点だけには注意が必要だと思います。

その他のエンジンスペックや燃費などの性能は全く一緒です。

値段がロードスターの方が約140万円高価になっていますが、2000万円を超える車を購入する人にとってはあまり気にならないかもしれませんね!笑

やはり自分の好みのボディータイプを選ぶのが一番良いでしょう!

最先端の技術が搭載され、スポーツカーとして非常にカッコいいデザインとなっているBMW i8。

一度でいいからこんな車に乗ってみたいですね!

色々と情報を調べながら「スゴイカッコいいな!」と何度も思わせてくれる車でした!

キャッチ画像引用:https://www.bmw.co.jp/content/dam/bmw/marketJP/bmw_co_jp/pdf/all-models/i/I12_I15_218_JPN_WEB.pdf

この記事を書いた人

桃鉄@稚内
車やバイクが好きな30代男性。
知らない土地に行き色々な風景を見るのが趣味。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1