クロスビーのライバル車種を徹底比較!購入時に役立つライバルチェック!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

「なにこれ?でかハスラー」そんな感じで2017年末に登場した小型車のスズキクロスビー、キュートで可愛げのある車として人気です。

見た目はコンパクトSUVですが、スズキによると小型クロスオーバーワゴンとジャンル分けされています。

クロスビーはそのキャラクターからしてガチンコのライバル車種は見当たりませんが、少し視点を変えて想定ライバルと比較してみました。

それでは『クロスビーのライバル車種を徹底比較!購入時に役立つライバルチェック!』をお届け、購入検討の参考にして下さいね!

クロスビーのライバル車種を徹底比較!

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

クロスビーはどんな車?

パッと見の印象はハスラーの兄貴?しかし開発のベースはソリオで、これはクロスビーの特徴を知る上で見逃せないポイントです。

キャラの方向性はハスラーと同じも、外観の印象からと違い、キャビンスペースはソリオに匹敵する広さを持っています。

それはスモールカークラスでは最大級!日常とアウトドアレジャーをクロスオーバーさせたモデルでソリオのSUV版としてもいいでしょう。

また、ゆとりの室内高を活かしたシート設定は、足もとまわりや頭上空間の余裕をもたらし見晴らしや開放感にも優れています。

▮ 特徴と主要諸元

クロスビーの特徴は2トーンルーフなど、その遊び心!

機能ばかりを追い続けたSUVに、遊び心あふれるデザインを持ち込み、オプションで自分らしさを出すのが面白い車でもあります。

上の写真の様にサイドやバンパー、そしてフェンダーなどにガーニッシュを装着していろんな個性の出し方があり楽しめます。

もちろんSUVならではのアウトドアっぽいところもあり、アクセサリーで遊ぶ車でもあるのがクロスビーなんです。

■クロスビーのパワーユニットは1つ、駆動方式は2WDと4WD

99馬力の996cc直列3気筒インタークーラーターボ(マイルドハイブリッド)、トランスミッション:6速AT 、2WDで22.0km/ℓの燃費を達成しています。

●全長×全幅×全高(mm):3760×1670×1705 ●ホイールベース(mm):2435 ● 価格帯176~220万円

クロスビーのライバル車種を徹底比較

クロスビーのライバル車種の選定には困りますね?それだけクロスビーが独創的な存在なのでしょう。

ここでは同じAセグメント、同じカテゴリー、そして同価格帯のモデル4選と比較します。

スズキ イグニスと比較

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

まずは同族イグニスから…

5ナンバーサイズのコンパクトSUVはクロスビーが初めてと思われがちです。

実は2016年1月からイグニスがクロスオーバーSUVとして先行販売されていて、このクラスでは先輩。

チャーミングなフェイスでグレードやボディカラーが豊富、クロスビー同様に個性を出せる1台です。

主要諸元の比較表

クロスビーイグニス
エンジン直列3気筒ターボ直列4気筒
排気量1L1.2L
最高出力99ps/5,500rpm91ps/6,000rpm
最大トルク150Nm/4,000rpm118Nm/4,400rpm
トランスミッション6ATCVT
燃費20.6~22.0km/L25.4~28.0km/L
全長3,760mm3,700mm
全幅3,760mm1,660mm
全高1,705mm1,595mm
ホイールベース2,435mm2,435mm
駆動方式2WD/4WD 2WD/4WD
価格176~220万円138 ~192万円

クロスビーのほうが全高が高いのでひと回り大きく見えますが、全長・全幅ともに数センチの違いしかなく、ホイールベースは同じ。

大きな違いとしては、クロスビーでは標準装備になっている安全機能がセーフティパッケージのメーカーオプションになっています。

燃費は25.4km/~28.0km/ℓと優等生、価格帯は138 ~192万円、クロスビーより30万円ほど値頃です。

ジムニーシエラと比較

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

こちらもご一家から、ガチのライバルでは無いけどジムニーシエラ…

クロスビーがちょこっとアウトドアならジムニーシエラは本気のクロカン指向、性格は違いますが価格帯が近いので比較しました。

ラダーフレームに前後リジットサスのシャーシが一目瞭然、もう本気のオフローダーです。

エクステリアもインテリアもデザインは、シンプルかつ道具っぽい仕立てが粋でいなせでないでしょうか?

少々クロカンのクロスビーと対極にあるクロカンマニアなジムニーシエラ、この勝負もワクワクしてきますよ!

主要諸元の比較表

クロスビージムニーシエラ
エンジン直列3気筒ターボ直列4気筒
排気量1L1,5Ⅼ
最高出力99ps/5,500rpm102ps/6,000rpm
最大トルク150Nm/4,000rpm130Nm/4,000rpm
トランスミッション6AT4AT・5MT
燃費20.6~22.0km/L13.6~15.0 km/L
全長3,760mm3,550 mm
全幅3,760mm1,645 mm
全高1,705mm1,730 mm
ホイールベース2,435mm2,250mm
駆動方式2WD/4WD4WD
価格176~220万円 176~201 万円

日産 ノート C-Gearと比較

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications/sp.html

ノートにSUVテイストの新グレードC-Gear(シーギア)が追加され、発売となりました。

これは標準グレードであるXグレードに、SUVとして設計されたジュークとは異なるSUV風のカスタムを施したもの。

手掛けたのは、日産車の特装車の製造を専門とするオーテックジャパンです。

SUVテイストを引き立たせるのは、ルーフモールとフロント下部のフォグランプフィニッシャーのアクセント。

メインイメージは所々に散見されるダークメタリックの外装パーツがアクセントとなるブリリアントホワイトパールカラーで粋な仕上がりです。

ノートのグレードをベースにX シーギア、X FOUR シーギア(モーターアシスト) 、e-POWER シーギア の3種類がラインナップされています。

主要諸元の比較表

クロスビーノートC-Gear(ガソリン車)
エンジン直列3気筒ターボ直列3気筒スーパーチャージャー
排気量1L1.2L
最高出力99ps/5,500rpm79PS/6,000rpm
最大トルク150Nm/4,000rpm106Nm/4,400rpm
トランスミッション6ATCVT
燃費20.6~22.0km/L26.8km/L
全長3,760mm4,140mm
全幅3,760mm1,705mm
全高1,705mm1,535〜1,550mm
ホイールベース2,435mm2,600mm
駆動方式2WD/4WD2WD/4WD
価格176~220万円179~248万円

エンジンスペックに関しては、ノーマルモデルと変わりなく、クロスビーがパワーで優ります。

しかし、ボディーカラーや内外装オプションが豊富でクロスビー同様、遊び心を満喫できる点で一考の価値がありそうですね!

トヨタ・ルーミーと比較

引用:https://toyota.jp/roomy/exterior/?padid=ag341_from_roomy_navi_exterior

もう、軽自動車で主流となっているスーパーハイトワゴンをコンパクトカーに採用したのがトヨタルーミです。

それは、室内空間の広さとスライドドアの利便性、そして最先端の安全装置など軽自動車のいいとこ取りしたモデルです。

乗り降りのしやすさや、荷物の積み下ろしのしやすさなどに配慮した造形を取っています。

やはり軽自動車は4人乗り、小型車は5人乗りという1人の乗車定員の違いは大きかったようで、このハイトワゴンは注目されています。

主要諸元の比較表

クロスビールーミー
エンジン直列3気筒ターボ直列3気筒ターボ
排気量1L1L
最高出力99ps/5,500rpm69ps/6,000rpm
最大トルク150Nm/4,000rpm92Nm/4,400rpm
トランスミッション6ATCVT
燃費20.6~22.0km/L21.8~24.6km/L
全長3,760mm3,725mm
全幅3,760mm1,670mm
全高1,705mm1,735mm
ホイールベース2,435mm2,490mm
駆動方式2WD/4WD2WD/4WD
価格176~220万円146~190万円

ルーミーはノーマルとカスタムで、ヘッドライトやグリルなどのデザインや窓まわり、そしてボディカラーは9種類+ツートンカラー5種類と遊び心もこれまた満喫できそう!

購入時に役立つライバルチェック!

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

納得の大ヒット!

2017年末の発売以来、順調な販売を記録しているクロスビー、発売から2月末までの登録台数は約7,000台。

月販目標台数が2,000台ですから、メーカーの期待以上の売れ行きと言えるでしょう。

SUVとワゴンのクロスオーバーというカテゴリーは、ありそうでなかった、クロスビーは多くの人の心を掴んでいるようです。

もう、でかハスラー、ハスラーにオーバーフェンダーを着けただけ? こんなこと失礼で言えませんね!

ウ~ン… ガチなライバルが見当たらない!!

購入時に役立つライバルはこれ!

クロスビーは、スズキにしては強気な高めの価格設定だ!そんな声も多く聞きます。

しかし、クロスビーのポテンシャルはかなり高く、コスパは妥当ではないでしょうか?

購買している人はライバルとの購入比較ではなく、軽自動車のハスラーでは居住性、積載性が物足りない。

あのスタイルと大きすぎないサイズ感が魅力というユーザーが、積極的にクロスビーを選んでいるのではないでしょうか。

スズキに見事やられてしまいましたね!

まとめると…

クロスビーのライバルはクロスビー』そう言ってしまっていいでしょう!

スズキの鈴木会長が同じようなことをおっしゃっていました『クロスビーはクロスビー

購入時に役立つライバルはスズキの傘下ディーラー!!

通常自動車メーカーの傘下には、複数の販売会社(ディーラー)が存在します。

スズキの場合は……。

  • (株)スズキ自販
  • スズキアリーナ

購入時に役立つライバルは、すなわち、経営資本の違うこの同士競合

クロスビーには、これしかありません。

まとめ

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/

車格や価格でライバルが見当たらない?こんなことは初めてでした。

SUVとワゴンの融合というコンセプトで登場したしたクロスビーは、まんまとスズキがもくろむ2匹目のドジョウになりましたね!

このニッチなカテゴリーに、リッターカーでクロスビーを参入させたスズキに、拍手を送りたいぐらいです。

実際に試乗すると、このようなライバル車には無い様々な魅力やメリットがあると感じるそうですよ!

試乗は必ず行ってくださいね。

では、ガーニッシュでオシャレした相棒と出掛けることにしますか!

アイキャッチ画像:https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/styling/

この記事を書いた人

ナガクラヤマ
田舎暮らしのアラフォー男。のんびりドライブしながら美味いものを食べるのが好き。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1