レヴォーグVSインプレッサスポーツの違いを比較!どっちが買い?価格、大きさ、燃費を検証!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

高い動力性能と実用性を高度に両立して、人気のスバル・レヴォーグ。

もはや国産車では希少なステーションワゴンですが、全長を短めに抑えて、スポーティーな雰囲気を出しています

今やなかなかライバルがいないレヴォーグですが、同じスバルのインプレッサスポーツショートワゴンに近いハッチバックです。

ライバルと呼べるのでしょうか?

買うならどっちが良いのか、この2車の違いや特徴を比べてみましょう

スポンサーリンク

レヴォーグVSインプレッサスポーツの価格の違い!

引用:https://www.subaru.jp

レヴォーグとインプレッサスポーツの価格帯は以下のようになります。

  • レヴォーグ
    • 286.2万円(1.6GT EyeSight)
    • ~405万円(2.0STI Sport EyeSight)
  • インプレッサスポーツ
    • 194.4万円(1.6i-L EyeSight(FF))
    • ~261.36万円(2.0i-S EyeSight(AWD))

レヴォーグは上級車インプレッサスポーツは中級車ということもあり、価格帯が全く違います。

レヴォーグのベースモデルとインプレッサスポーツの最上級モデルの価格が近いので、どちらを選ぶか迷うところです。

引用:https://www.subaru.jp

エンジンや装備品にもよるのですが、同じような価格なら、上級車を選ぶのが原則です。

なぜなら、上級車はボディや足回りなど、車の基本にお金がかかっており、それはその車の魅力を大きく左右するからです。

ただ、レヴォーグとインプレッサスポーツを比較した場合、後に述べる理由により、この原則があてはめにくいところがあるのです。

スポンサーリンク

レヴォーグVSインプレッサスポーツの大きさを比べてみると?

引用:https://www.subaru.jp

レヴォーグとインプレッサスポーツの大きさは以下のようになります。

レヴォーグ

  • 全長 4690mm
  • 全幅 1780mm
  • 全高 1490~1500mm
  • ホイールベース 2650mm
  • 重量 1540~1570kg

インプレッサスポーツ

  • 全長 4460mm
  • 全幅 1775mm
  • 全高 1480mm
  • ホイールベース 2670mm
  • 重量 1300(FF)~1400kg(AWD)

大きさは全長こそレヴォーグが230mm程長いですが、全幅・全高・ホイールベースはほとんど変わりません。

インプレッサスポーツは5ナンバーサイズの全長を守っているため、街中でも取り回しが容易な車ですが、レヴォーグの大きさは更に取り回しを容易にするでしょう。

引用:https://www.subaru.jp

全高も1500mm以下なので、多くの立体駐車場に停めることが可能です。

重量はレヴォーグは全車、インプレッサスポーツは一部がAWDのため、やや重い部類になると思います。

ただ、レヴォーグの最大1570kgに対して、インプレッサスポーツはAWDでも1400kgと10%も軽量です。

ここにインプレッサスポーツから採用された、新・プラットフォームスバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)のメリットが発揮されています。

プラットフォームとは車体の土台のことであり、車の剛性(しっかり感)や衝突安全性に大きな影響を及ぼします。

また、フラットフォームは大きな部品(パネル)であり、多車種で共用することを前提としているので、製造コストの低減や組み立て工程の共通化(=簡易化)など、様々なメリットがあります。

引用:https://www.subaru.jp

インプレッサスポーツは最新のプラットフォームであるSGPを導入しており、これはのちに発売されたフォレスターやXVにも展開されています。

SPGのおかげでインプレッサスポーツの足回りや剛性感は大変評価が高く、先に「同じような価格なら、上級車を選ぶ」という原則をあてはめにくいと書いたのは、これが理由なのです。

次期レヴォーグにも間違いなくSGPが展開されるはずですが、現行のレヴォーグは旧世代のプラットフォームを使っています。

そのため、車体剛性を上げ、衝突安全性能を確保するために様々な補強が必要になり、インプレッサスポーツに比べると重くなっていると思われます。

(もちろん長い全長や装備品の違いも重い理由の一つです)。

もちろん、重いということは乗り心地が良いなどのメリットもあるのですが、もし現行のレヴォーグに物足りない点があれば、2020年に発売と言われている、次期レヴォーグを待つ手もあります。

次期レヴォーグにはSPGはもちろん、新生代のダウンサイジングターボエンジンも搭載され、その後10年は戦えるスペックになって発売されるであろうと思います。

スポンサーリンク

レヴォーグVSインプレッサスポーツの燃費を比較してみた!

スバルの水平対向エンジンは、重心が低く、独特のエンジン音”ボクサーサウンド”を響かせ、その個性に対するファンも多いのですが、燃費性能については通常エンジンより不利なようです。

水平対向エンジンはピストンが真横に動くため、排気量を拡大するときに、ピストン方向にエンジンを拡大すると、エンジンの幅がどんどん大きくなり、エンジンルームからはみ出してしまいます。

引用:https://www.subaru.jp

なので、水平対向エンジンは排気量を拡大するときに、ピストンの径が大きい「ショートストローク型エンジン」にすることが多いです。

この形式は高回転までよく吹けあがるものの、低回転でのトルクが細い難点があり、発進時など、どうしてもアクセルを深めに踏み込むことになるため、特に街中での燃費が悪くなりがちです。

レヴォーグとインプレッサスポーツの発表されている燃費は以下の通りです(J08モード)。

レヴォーグ

  • 16.0km(1600cc)
  • 13.2km(2000cc)

インプレッサスポーツ

  • 18.2km(1600cc、Lグレード、FF)
  • 17.0km(1600cc、Lグレード、AWD)
  • 17.0km(2000cc、Lグレード、FF)
  • 16.8km(2000cc、Lグレード、AWD)
  • 16.0km(2000cc、Sグレード、FF)
  • 15.8km(2000cc、Sグレード、AWD)

実燃費は、レヴォーグの1600ccが10~12km、2000ccはあまり変わらず9~11kmぐらい。インプレッサスポーツは色々なグレードがありますが、総じて8~12kmぐらいのようです。

やはりどちらも郊外では伸びるものの、街中で燃費が大きく悪化するとの声が多かったですね。

また、1600ccと2000ccであまり燃費に差が無いのも特徴です。

むしろ、インプレッサスポーツは1600ccのほうが実燃費が悪い報告が見られました。

少々の価格差を割り切れるの出れば、燃費もあまり変わらずパワーに優れた2000ccを選んだほうが、後々まで満足できるかもしれません。

引用:https://www.subaru.jp

スポンサーリンク

レヴォーグVSインプレッサスポーツ、あなたならどっちを選ぶ?

ここまでレヴォーグとインプレッサスポーツを比較してきましたが、本来、グレードが異なる2車を比較するケースは少なく、スバルブランドの中でどの車を選ぼうか?というケースに限られるでしょう。

価格は売れ筋で比較すると

  • レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight 3,078,000円
  • インプレッサスポーツ 2.0i-L EyeSight(AWD) 2,397,600円

となり、およそ70万円の差があります。インプレッサスポーツのFFであれば、90万円の差になります。

価格も安くSGPを採用したインプレッサスポーツお勧めの場合は、

  • 街中中心に使用
  • ご主人だけでなく奥様も運転される
  • 4人乗って大きな荷物を積む機会が考えにくい

等の場合です。

また、所有する満足度も高いレヴォーグが良いと思われるケースは

  • ドライブに出る機会が多い
  • ご主人が主にハンドルを握る
  • よく海や山にレジャーに出かける

等の場合です。

使用するシーンをよく考え、次期レヴォーグもにらみながら、あなたにピッタリの車種を選んでくださいね。

レヴォーグVSレガシィアウトバックの違いを比較!どっちが買い?価格、大きさ、燃費を検証!

レヴォーグVSアテンザワゴンの違いを比較!どっちが買い?価格、大きさ、燃費を検証!

アイキャッチ画像引用:引用:https://www.subaru.jp

この記事を書いた人

marukuma
娘たちとの食べ歩きや一人息子(?)の愛犬を乗せてのドライブを楽しみとしています。
どこに行くにも車の生活なので、家族1人に付き1台の車が必要な環境です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1