おすすめSUVの乗り心地比較!人気ランキング2017

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

悪路や長い距離を走ることが想定されるSUVの場合、気になるのが乗り心地。

乗り心地の良し悪しが決まる要因は色々ありますが、ここでは、車体のホイールベースやタイヤなどをもとにして、乗り心地を比較します。

2017年、おすすめSUVの乗り心地の比較や、人気ランキングを紹介します。

スポンサーリンク

乗り心地が良い人気SUV [4位~3位は?]

4位 ヴェゼル

pic_styling_gallery_01

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

ヴェゼルは、パワフルなSUV、艶やかなクーペ、優れたミニバンなどといった様々な自動車の枠を超え、色々な価値を合わせた自動車です。

優れたスタイルのクーペと安定感があるSUVが融合したスタイルです。

ハイブリッドとガソリンのパワーユニットが用意され、FFと4WDの設定があります。

pic_styling_gallery_05

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

ヴェゼルのホイールベース(mm)は2,610、トレッド((mm)前/後)は1,535/1,540となっています。

pic_styling_gallery_02

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

装備されるタイヤは次の通りです。

HYBRID:215/60R16 95H

HYBRID X Honda SENSING:215/60R16 95H〈215/55R17 94V〉

HYBRID Z Honda SENSING:215/55R17 94V

HYBRID RS Honda SENSING:225/50R18 95V

GおよびX Honda SENSING:215/60R16 95H

RS Honda SENSING:225/50R18 95V

これらの中で、一番乗り心地が良いタイヤは215/60R16 95Hです。

一番乗り心地が悪いタイヤは他のタイヤよりインチアップしている225/50R18 95Vです。

3位 C-HR

ダウンロード

引用:http://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

C-HRのスタイリングは個性的で、軽快かつパワフルな印象があります。

質感や形状、色等について、細かい部分まで拘ったインテリアは、大人の感性を刺激します。

操作系パネルなどを運転手に向けて取り付けるなどして、ドライブに集中できる空間を作り上げました。

軽く、小さい上、効率が良いハイブリッドシステムを採用し、ハイブリッド車の中ではトップレベルの低燃費を実現。

ダウンロード

引用:http://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

C-HRのホイールベース(mm)は2,640です。

G及びG-Tのトレッド(mm)は、1,540です。

S及びS-Tのトレッド(mm)は、1,550です。

装備されるタイヤは次の通りです。

G:225/50R18

S:215/60R17

G-T:225/50R18

S-T:215/60R17

215/60R17のほうがインチアップしている225/50R18より乗り心地がよいタイヤです。

スポンサーリンク

4位と3位の乗り心地比較

乗り心地を左右するホイールベース(mm)の面では、ヴェゼルが2,610、C-HRは2,640となっていますので、C-HRはヴェゼルより、30㎜長いです。

このようのことから、ホイールベースはC-HRはヴェゼルより若干長いですが、体感的な乗り心地に大きく影響するレベルとは考えづらく、ほぼ同等と考えて良いでしょう。

スポンサーリンク

乗り心地が良い人気SUV [2位~1位は?]

2位 ハリアー

carlineup_harrier_exterior_top_pic_01_01_sp

引用:http://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

ハリアーのスタイリングは、トヨタならではデザインが施され、進化を遂げました。

インテリアは、高級感が漂い、磨きがかかったイメージがあります。

高い静粛性や上質な乗り心地を実現した上、操縦安定性も優れています。

最先端の安全や快適装備を採用し、先進性を実現しました。

carlineup_harrier_exterior_top_pic_04_01_pc

引用:http://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_top_exterior

ハリアー(ELEGANCEを除く)のホイールベース(mm)は2,660、トレッド((mm)前/後)は1,560/1,560となっています。

ハリアー(ELEGANCE)のホイールベース(mm)は2,660、トレッド((mm)前/後)は1,570/1,570となっています。

装備されるタイヤは、ハリアー(ELEGANCEを除く)は235/55R18、ハリアー(ELEGANCE)は225/65R17となっています。

225/65R17タイヤはインチアップしている235/55R18より乗り心地がよいタイヤです。

1位 エクストレイル

photoGallery_02.jpg.ximg.m_12_m.smart

引用:https:/www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

エクストレイルは、アウトドアスポーツを楽しめるSUV。

ALL MODE 4×4-iとシャシー制御技術を組み合わせました。

更に、色々な低燃費技術を取り入れ、トップクラスの低燃費を実現。

top_miryoku_01.jpg.ximg.m_12_m.smart

引用:https:/www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

インテリジェントパーキングアシスト付のアラウンドビューモニターやエマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、LDW(車線逸脱警報)、進入禁止標識検知を採用し、安全装備を充実させました。

シートについては、2列と3列が用意され、ニーズに合わせています。

エクストレイルのホイールベース(mm)は、2705、トレッド(mm)は1575となっています。

top_miryoku_04.jpg.ximg.m_12_m.smart

引用:https:/www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

装備されるタイヤは次の通りです。

20S:225/65R17 102H

20X:225/60R18 100H

20S HYBRID:225/65R17 102H

20X HYBRID:225/65R17 102H

225/65R17 102Hは、インチアップしている225/60R18 100Hより乗り心地が良いタイヤです。

2位と1位の乗り心地比較

乗り心地を左右するホイールベース(mm)の面では、ハリアーが2,660、エクストレイルが2705となっていますので、エクストレイルはハリアーより、45㎜長くなっています。

このようのことから、ホイールベースはエクストレイルはハリアーより若干長いですが、体感的な乗り心地に大きく影響するレベルとは考えづらく、ほぼ同等と考えて良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめて比較

ホイールベース(mm)は、エクストレイルが2705、ハリアーが2,660、C-HRは2,640、ヴェゼルが2,610となっています。
エクストレイルは、ヴェゼルよりホイールベース(mm)は95㎜長いので、エクストレイルは、ヴェゼルより乗り心地は良いと考えられます。

225/65R17 102Hを装備しているエクストレイル(20S、20S HYBRID、20X HYBRID)は、ハリアー、ヴェゼル、C-HRより乗り心地が良いタイヤを装備しています。

→→乗り心地最高!おすすめSUV トヨタ ハリアーの最新値引き情報はこちら!
→→乗り心地最高!おすすめSUV 日産 エクストレイルの値引き情報はこちら!



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク