新型メルセデスベンツ GLAの口コミ情報! 評価や評判はどうなってる?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

メルセデスベンツの新型GLAの口コミから、評価や評判がわかります。

新型メルセデスベンツ GLAの口コミ評価と評判などをまとめてご紹介します。

kuchikomi_01

引用:https:/www.carwow.co.uk/news/2017-mercedes-gla-price-specs-release-date-3191

20147年4月のマイナーチェンジを受けてよりSUVらしさが出たGLAです。

上の写真の左側が先代、右側が新型です。

新色のキャニオンベージュのGLAの方がグリル部分がたくましく精悍になりました。

リアコンビネーションにもEクラスと同じ「クリスタルルック」が採用され、視認性が高まると同時にメルセデスを強く印象付けるスタイルになりましたね。

kuchikomi_02

引用:https:/www.carwow.co.uk/news/2017-mercedes-gla-price-specs-release-date-3191

スポンサーリンク

新型GLAの口コミ情報

メルセデスのSUVエントリーモデルともいわれるGLAは発売後すぐに好調な売れ行きを見せていますが、購入しようとしている方やすでに購入している方からはどんな口コミが寄せられているのでしょうか。

新型GLAについての口コミからGLAの特徴などを見ていきたいと思います。

シンプルかつスタイリッシュで誰を乗せても恥ずかしくないと思います。
いや、むしろイイねを必ずされます。
強いて言えば助手席のシートを手動で動かすのはちょっと、、、、って感じですね。

GLAは、「なんちゃってSUV」のくせに、エンブレムもきっちりと自己主張し、ちょっと粋な印象でクールなデザインです。

正直、私は好きです。メルセデスの凄いと思うところは、どんなクラスでも、見た目は手を抜かずに、オーナーの満足度を高めてくれる処です。
逆にそうじゃないと買う気が失せますよね。

kuchikomi_03

引用:https:/www.carwow.co.uk/news/2017-mercedes-gla-price-specs-release-date-3191

エンジン性能とRoominessに若干の不満ありますが、インテリア、エクステリアをはじめ、デザイン性の斬新さと上品さをうまく融合されています。
走行性の完成度も高く、乗り心地もよく、エンジンの特徴に慣れれば飽きずに運転を楽しめる車です。

後ろは狭いので体格のいいかたは辛いと思いますが‥。

ガラスルーフのおかげで多少開放感があり、窮屈感はないです。さすがメルセデスって感じの乗り心地。長距離もそれほど苦になりませんでした。

足まわりの硬さがちょうどいいんじゃないでしょうか。

kuchikomi_04

引用:https:/www.carwow.co.uk/news/2017-mercedes-gla-price-specs-release-date-3191

出展:http://review.kakaku.com/review/K0000659249/

スポンサーリンク

新型GLAのプレス評価

GLAはマイナーチェンジを受けて、多くの雑誌やウェブサイトで評価されています。

ジャーナリストたちがGLAのどこに着目しているのかを見たいと思います。

最小回転半径。GLAの最小回転は5.7mと大きい。

この数値は、トヨタ アルファード/ヴェルファイアといった大型ミニバン並み。

コンパクトSUVなのに、小回りが苦手という本末転倒な状況になっている。

狭い道や駐車場が多い日本では、やや扱いにくいのだ。

たくさん安全装備が用意されているように感じるかもしれないが、GLAの先進予防安全装備は、歩行者検知式ではない旧式のものなのだ。

メルセデス・ベンツCクラスなどのFR系には、世界トップレベルの予防安全装備がほぼ標準装備化されている。

Eクラスなどは、自動で車線変更ができるまでに進化している。

しかも、400万円以上の価格帯なのに、コンパクトカーのデミオにも標準装備化された「ブラインドスポットアシスト」がGLAではオプション。

FR系のモデルとは、あまりにも先進予防安全装備に差ができている。

kuchikomi_05

引用:https:/www.youtube.com/watch?v=OQBaKek-5ZI

出展:http://221616.com/car-topics/20170523-90212.html

「GLA 220 4MATIC」「GLA 250 4MATIC」「メルセデスAMG GLA 45 4MATIC」に搭載されている可変トルク配分型の4輪駆動システム「4MATIC」は、

通常はほぼ100%前輪駆動で走行するが、路面状況に応じて後輪にも効率的にトルクを配分できるので、オフロードや雪道などで瞬時にトルク配分して高い操縦性と走行安定性を確保。

4MATICには急勾配の下り坂を走行するときに、アクセルとブレーキを制御して車速を自動調整する「ダウンヒル・スピード・レギュレーション(DSR)」も備える。

これを利用すれば、ドライバーはステアリング操作に集中することが可能になる。

さらに室内のインパネ中央に装着されている「COMANDディスプレイ」には、GLAだけの表示モードとして車両傾斜角、方角などを表示する「オフロードスクリーン」が追加されている。

kuchikomi_06

引用:https:/www.youtube.com/watch?v=OQBaKek-5ZI

出展:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1056122.html

内装はエントリークラスであっても質感の高い仕上がりになっています。

デザイン性も非常に優れており満足度は高いです。

車内は窮屈さを感じるほどではありませんが、低めの全高もあり、やはり天井が迫ってきいる感覚があります。

しかし、この形状が、スポーティなSUVというGLA独特のフォルムを作り出しています。

GLA180は1.6Lのターボエンジンですが、人によっては加速のもっさり感が気になる人もいます。

SUVを名乗るのであれば四駆は外せないという人は必然的にGLA220以上のグレードになります。

2.0Lターボで出力、トルク共に大幅に向上するので、走りに不満を感じる人は少ないでしょう。

ハイエンドモデルにはGLA45 AMGという、2.0Lエンジンながら最高出力381psというハイパワーを発揮するグレードがあります。

しかし、価格が700万円を超えるので、売れ筋はGLA180か250がほとんどです。

kuchikomi_07

引用:http://newcrossoversuv.com/mercedes-gla-2017/

出展:http://car-moby.jp/140769

正直、見た目に威圧的な高さはないですが、その分ワイルドさを大径タイヤやマッチョな前後フェンダー、前後のアルミ風アンダーガードでほどよく補ってるという。

メルセデスは自信たっぷりに「世界で最も美しいSUV」と言い切ってますが、要はAクラス譲りのイルカのようボディーの流麗さを保ちつつ、アクセサリーでワイルドに見せているのがうまい。

GLA2204MATICにブダペスト郊外のオフロードコースで乗ってみましたが、パワー感は問題ナシ。

アクセルを踏むなり、グッとトルクが立ち上がって多少の上り勾配もへっちゃら。

独自システムの4MATICは、電子制御の前後トルクスプリット型4WDで、ドライな舗装路はほぼFF状態で走り、滑りやすい路面になると各種センサーの情報を基に前後に自動でリアにトルクを配分します。

そのレスポンスは速く、滑りやすい路面になると即座にフルタイム4WDにチェンジ。

4MATICは、DSR(ダウンヒルスピードレギュレーション)を備えており、操作パネルからスイッチを入れれば、下り坂はスピードを自動調整。恐すぎず、遅すぎない速度で下ることができて、スピードの微調整も可能です。

kuchikomi_08

引用:http://newcrossoversuv.com/mercedes-gla-2017/

出展:http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1031823/052300086/?P=2&rt=nocnt

日本での使い勝手という面では、少々微妙な部分もある。

そのひとつがボディサイズ。全高は1,505㎜と低く、SUVながら多くの立体駐車場に入るサイズになっている。

しかし、全幅は1,805㎜。多くの立体駐車場の制限が全高1,550㎜、全幅1,800㎜以下となっているので、わずか5mmオーバーでこうした立体駐車場が使えないのだ。

わずか5mmとはいえ、こうした立体駐車場を使う人にとっては、車庫証明が取れないなどのデメリットが発生する。

もう少し、日本マーケットのことを考えてくれれば・・・。

kuchikomi_09

引用:http://newcrossoversuv.com/mercedes-gla-2017/

出展:http://221616.com/car-topics/20170523-90212.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ GLAの口コミ情報まとめ

GLAの口コミ、評判、大変参考になりました。

GLAの持つ強みと弱みがよくわかりますね。

強みでいえば、エクステリアデザインがまずあげられます。

「一目ぼれ」をしたという口コミはいくつかありました。

他のプレミアムコンパクトSUVとくらべて全高が低いというのが、独特のスポーティさを確立しているようです。

今回のマイナーチェンジでより磨きがかかったといえるでしょう。

反対に弱みとして後席の狭さ、安全装備が人を検知しないこと、立体駐車場に対して横幅が大きいということが指摘されていました。

そして最小回転半径が5.7mというのも、小さな駐車場での取り回しの不便さを予測させます。

kuchikomi_10

引用:http://www.largus.fr/actualite-automobile/mercedes-gla-2017-infos-et-photos-de-la-version-restylee-8322387.html

もちろんメルセデスもそのあたりのことは十分承知なのでしょうが、クラスの差別化を図るためにも仕方ないといったところなのだと思います。

それでも価格帯に合わせて上手に仕上がっているのがGLAなのでしょう。

弱みがあったとしても、口コミからは高い満足度が伝わってきますから、今後、売れ行きを伸ばしていくクラスであることは間違いありません。

メルセデスの大型SUVでは日常使いづらいし、A、Bクラスでは得られないものがあると感じた若い世代にとって、ちょうどいい今どきのメルセデスです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク