新型デイズ 価格・値段をグレード別に紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

新型デイズの価格やブレードなど、検討しているなら興味があるかもしれません。

新型デイズは「標準モデル」と「ハイウェイスター」の、2つに分けられます。

そんな、新型デイズの価格やグレードなどを、紹介していきます。

新型デイズ価格は?

引用:https://www3.nissan.co.jp/

新型デイズの価格は「1,273,320円~1,647,000円」です。

デイズは、2013年の初代モデル販売から、累計約「43万台」ほど販売しています。

6年ぶりにフルモデルチェンジを行った新型デイズは、軽自動車でははじめての「プロパイロット」を搭載しました。

プロパイロットは、アクセルやブレーキなどやステアリングなどを、車が支援して運転手の疲労を軽減します。

とくに、高速道路や渋滞走行など、長時間も運転をしていると疲れてきます。

そういう時に、プロパイロットなどを使います。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

渋滞中は前方の車との車間距離を制御して、停止中も停止状態で維持しています。

走行中も車線内を走行するように、ハンドルを制御します。

これにより運転操作の負担を軽減します。

機能的に見てもお金はかなりかかっている車なので、価格に関しては高くなるのは仕方ないでしょう。

価格に関して、他の人はどう思っているのか口コミを集めてみました。

・スティングレーも同じ165万だが、プロパイロットがない分デイズがお買い得!

・他社と同等 高くも低くも無い ただ無駄な装備が有る

・全体を見るとまぁまぁかなと思います

・結構高いですが。満足レベル

価格に関しては、不満の声が少ないです。

デイズはプロパイロットが装備されているので、今回は値段が安く感じてしまいます。

初代デイズは「タッチパネル式オートエアコン」に、「アラウンドビューモニター」が装備されています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

いずれも、上級グレードのみが標準装備ですが、この程度の装備で160万円近ければ多くの人は納得しないでしょう。

新型デイズは「プロパイロット」意外にも「SOSコール」も、装備されています。

「SOSコール」は先進事故自動通報システムで、万が一交通事故や急病で、助けがほしい時に専門のオペーレターと音声通話できるシステムです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

通報方法は2種類ありエアバッグが作動した時に、自動通報される方法と「SOSコールスイッチ」を、手動で押して通報するやり方があります。

さらに、新型デイズには、ハイブリッドシステムを搭載したグレードもあります。

新型デイズはモデルチェンジをして、さらにパワーアップしたように感じます。

口コミを全体的に見て、価格による不満の声は全くありませんでした。

新型デイズグレード別に紹介!

引用:https://www3.nissan.co.jp/

新型デイズには、7種類のグレードで構成されています。

それぞれのグレードを紹介していきます。

S

引用:https://www3.nissan.co.jp/

新車価格「1,273,320円」で販売される、一番安いグレードです。

ボディカラーも3種類しか選べません。

しかし、下級グレードだからといって、侮ることが出来ません。

値段の割に「ハイビームアシスト」や「インテリジェント オートライトシステム」が、標準装備となっています。

メーカーオプションで「SOSコール」が、装備できます。

プロパイロットは、メーカーオプションの設定がないので、選ぶことが出来ないようです。

安全装備はほとんど、標準装備となっています。

「SRSサイドエアバッグシステム」や「SRSカーテンエアバッグシステム」が、標準装備となっています。

下級グレードの割に、色々と装備が充実しているので、別に高いグレードじゃなくても良い気がしますね。

X

引用:https://www3.nissan.co.jp/

新車販売価格が「1,325,160円」です。

ボディカラーも10色選ぶことが出来ます。

グレード「S」にはなかった「バックビューモニター」が、標準装備で装着されます。

新型デイズのグレード「X」から「ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー」が、標準装備になります。

後方の視界をルームミラーのディスプレイで、確認をすることが出来ます。

小さいモニターですが、見れないことはありません。

ほかにも、「プッシュエンジンスターター」なども装備されます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

オートエアコンなども装備されるので、それなりに高いグレードを感じ取ることが出来ます。

内装に色々と装飾されるので、グレード「S」よりも内装の質感が高く感じます。

「1,325,160円」でこの装備なのですから、価格的に文句をいうことが出来ないのは納得できます。

ハイウェイスターX

引用:https://www3.nissan.co.jp/

外観は日産のブランドアイコン「Vモーション」が、下級グレードよりもワイドになっています。

バンパー形状もスポーティな感じになり、とてもかっこよいデザインです。

ハイウェイスターXからは、ボディカラーに2トーンカラーが加わり豊富に、カラーを選ぶことが出来ます。

LEDヘッドライトが標準装備となっていて、下級グレードとの差別化がされています。

グレード「S」「X」では、装備不可かメーカーオプションだった、「サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー」が標準装備になります。

「フォグランプ」も標準装備です。

内装も「メッキボタン付シフトノブ」が標準装備になるので、グレード「S」「X」よりも質感が高くなっています。

ハイウェイスターGターボ

引用:https://www3.nissan.co.jp/

新車価格は「1,549,800円」です。

ハイウェイスターGターボは、ターボエンジンのモデルでとても快適なドライブが出来ます。

装備はグレード「ハイウェイスターX」と、ほぼ変わらない感じです。

「電動パーキングブレーキ」は、メーカーオプションとなります。

値段的に高い感じですが、ターボエンジンが追加された金額だと思えば、特に高いとは思えません。

ハイウェイスターX プロパイロットエディション

引用:https://www3.nissan.co.jp/

新車価格は「1,567,080円」ですが、「ハイウェイスターGターボ」とほぼ同じような値段です。

値段的に、ハイウェイスターGターボと変わらないので、プロパイロットエディションがお得に感じてしまいます。。

ハイウェイスターX プロパイロットエディションは、上級グレードに近いので装備もかなり充実したものとなっています。

グレード名が「プロパイロットエディション」というくらいなので、プロパイロットが装備されます。

ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション

引用:https://www3.nissan.co.jp/

「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」の装備と、全く同じですね。

ただ、ターボモデルとなり走りが快適になったくらいで、装備は変わっていません。

新車価格は「1,647,000円」で、新型デイズの中で一番値段が高いグレードです。

装備と値段を照らし合わせたとしても、お得だと感じてしまします。

ボレロ

引用:https://www3.nissan.co.jp/

新型デイズに、「ボレロ」というグレードがあります。

新車価格は「1,411,560円」で、2トーンカラーが3種類選ぶことが出来ます。

下級グレード「S」「X」と、ほぼ変わらないグレードです。

若干、カラーが豊富というくらいです。

新型デイズ価格グレードまとめ

引用:https://www3.nissan.co.jp/

新型デイズは7種類のグレードがあり、それぞれ装備が異なります。

下級グレードでも装備が充実しているので、無理をして上級グレードを買わなくても良い感じですね。

プロパイロットが、どうしても魅力に感じます。

動力性能は初代に比べて、走りはマシになったかもしれません

それでも、ノンターボモデルは坂道になるとパワー不足を感じてしまいます。

坂道を走行する機会が多いなら、ターボモデルも検討してみると良いですね。

どういう加速性能を持っているか、実際に試乗をして判断をしてみると良いでしょう。

新型デイズ色カラー紹介!人気のカラーはどれだ!

アイキャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/

この記事を書いた人

あさかぜ
車が好きです。
色んな車を乗るのも見るのも好きです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1