エクストレイル マフラーカッターの取り付け方やマフラーの交換方法

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

エクストレイルのマフラーカッターは、マフラーの出口部分に取り付けるだけで、とても簡単です。

クルマ部品取り付けの中では12位を争うくらい、とても簡単な作業なのです。

エクストレイルに合うマフラーカッターも色々とあります。

このページでは、マフラーの交換方法と注意すべきマフラー選びなどや

エクストレイルに似合うおすすめのマフラーカッターなども紹介していきます。

エクストレイル マフラーを交換するには?

マフラー2

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/specifications/nismo.html

エクストレイルのマフラーを交換するには、ジャッキアップをする必要があります。

しかし、マフラー交換というのは危険が伴うので安全に作業をするためには、専用のジャッキや交換中に車が動かないように、ストッパーなどが必要です。

専用の道具がない場合は、買い揃えてからマフラー交換をしましょう。

では、エクストレイルのマフラー交換の順序を紹介していきますね。

1.ジャッキアップをする

マフラー3

https://minkara.carview.co.jp/

まずは、エクストレイルの後ろ側を、ジャッキアップしていきます。

注意点としては、車載工具のジャッキは非常用なので、出来る限り使わず必ず「フロアジャッキ」を使うようにしましょう。

理由は、車載工具のパンタジャッキを使い続けているとネジ部分が潰れていき使えなくなるからです。

だからこそ油圧式のフロアジャッキを使い、ジャッキアップをする必要があるのです。
ストッパーも忘れずに前輪のタイヤの下においておきましょう。

2.タイコ(消音器)周辺にあるナットを緩める

マフラー4

https://minkara.carview.co.jp/

タイコ(消音器)周辺にあるナットを緩めますが、いきなり緩めようとするのではなく「CRC/5-56」などを吹き付けてしばらく待ちます。

何年も放置しているようなマフラーの固定ナットだと、硬くて緩まないことが多いですね。

変な作業のやり方をすると、腰痛の原因になるので要注意です。

私もマフラー交換をしたことがありますが、手で緩まないので足の力で緩めようと、無理な体制でメガネレンチを手から足に入れ替え、作業をしたことがあります。

次の日に立つこと出来ないくらい腰が、痛くなったこともあるのです。

そして、取り外したナットの山が潰れそうになっているなら、そのナットは使わないほうが良いでしょう。

理由は、再び締め付けても自然と緩んだり、締め付けることができなくなる可能性があるからです。

3.マフラーの吊りゴムを外す

マフラー5

https://minkara.carview.co.jp/

マフラーを外すために、マフラーの吊りゴムを外す必要があります。

この場合は、プライヤーで外しますが、場合によっては外しにくいかもしれません。

吊りゴムを外すといきなりマフラーが落ちてくることがあるので、マフラーの真下で取り外しはしないほうが良いでしょう。

また、交換後の走行中にマフラーがすれたり、床下にあたっているように感じたら大手カー用品店で販売しているマフラー強化吊りゴムを買って対処すると良いでしょう。

吊りゴムの中には、マフラーの高さを調整できるタイプもあるので、マフラーによって取り付けるタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

マフラー交換で必要な工具

マフラー7

https://item.rakuten.co.jp/encho/4960169013364/

マフラー交換をする場合は、必要な工具を買い揃えてから、作業に入らないとかなり危険です。

マフラー交換は、以下のような工具を揃えておきましょう。

・フロアジャッキ

・カースロープ又はウマ

・タイヤストッパー

・メガネレンチ(5/8inch

・プライヤー

エクストレイルのマフラー交換では「フロアジャッキ」は必須です。

パンタジャッキは緊急用なので、余り使わないほうが良いでしょう。

また、エクストレイルは車体が大きいので、パンタジャッキでジャッキアップをすると、車が不安定になりやすいです。

なので、フロアジャッキや「ウマ」などを使用すると良いでしょう。

マフラー8

https://item.rakuten.co.jp/auc-azzurricarshop/1907200011/

ウマとは、ジャッキアップをした時に車を固定するための道具です。

ウマよりもカースロープのほうが、安全ですし時間短縮につながるので、カースロープで車を持ち上げることをおすすめします。

他にもメガネレンチも揃えたほうが良い工具の一つです。

マフラー交換には「プライヤー」も必要で、マフラーの吊りゴムを外すときに必ずあったほうが良い工具の一つです。

確かに、マイナスドライバーでこじりながら、吊りゴムを外すという方法もあります。

でも、外すときに手が滑ったりして危険なので、破産で外すプライヤーのほうが、安全性が高いと言えます。

車をジャッキアップをする作業で、「これを代用しても問題ないだろう」という考えでは、大きな事故につながるので、しっかりと安全に作業ができる環境を整えた上で、マフラー交換をしましょう。

おすすめのかっこいいマフラーの紹介

マフラー9

http://www.tanguni.site/horidashistore/aagg0386airh.html

エクストレイルにとても似合うおすすめのマフラーは、フジツボの「AUTHORIZE S」です。

このマフラーは、排気出口が独立して2つに別れたマフラーです。

エクストレイルに取り付ければ、よりかっこ良くなりますよ。

音量は、車検対応なので問題なく、車検を受けることが出来ます。

楽天市場で「91,973円」で販売されていました。

エクストレイル マフラーカッターを付ける方法

マフラー10

https://item.rakuten.co.jp/

エクストレイルにマフラーカッタを取り付ける方法ですが、これには「ネジで固定する方法」「バンドで固定する方法」の、2種類のやり方あります。

ネジで固定する方法はマフラーの出口に、1つ~3つのネジでマフラカッターを、かぶせてそれぞれのネジを締めて固定します。

一昔前のマフラーカッターなら、走行中に落ちたりしましたが、今のマフラーカッターはネジで固定するタイプも、落ちにくくなっています。

一般的に、一番安心できる固定方法が「バンドで固定するタイプ」のマフラーカッターです。

マフラーカッター自体に、マフラー出口に固定するためのバンドが取り付けられていて、マフラー買ったと出口にかぶせバンドを固定するだけです。

バンドで固定するマフラーカッターは、360度しっかりと固定されているので、絶対に落ちることはないという安心感があります。

1.マフラーカッターをマフラー出口にかぶせる

2.付属のネジ又はバンドで固定する

マフラーカッターの取り付ける方法は、以上の2ステップだけなので、とても簡単で安全な作業です。

お金をかけずに、自分で安全にマフラーをカッコ良く見せたいなら、マフラーカッタは必須アイテムと言えます。

かっこいいマフラーカッタの紹介

マフラー11

https://item.rakuten.co.jp/vs1/kmc-ax468-243/

エクストレイルに似合いそうなマフラーカッターを、探してみた所「AX468」という商品がとても良いと感じまいた。

理由は、真後ろから見てもネジが見えにくい構造になっているため、取り付け感丸出しにないと感じたからです。

さらに、エクストレイルのリアビューを引き締めて、高級感を演出できると感じます。

従来のネジで固定するタイプは、マフラーに傷をつける可能性が非常に高かったのです。

AX468」というマフラーカッターは、バンド式なのでマフラー出口に傷をつけませんし、しっかりと固定できるのでマフラーカッターが落ちる心配もありません。

手軽にマフラー交換の気分を味わいたいなら、マフラーカッターを交換すると良いでしょう。

エクストレイル マフラーカッターまとめ

エクストレイルのマフラー交換は、非常に簡単なので、誰でも交換が可能です。

ただ、マフラー交換は車を持ち上げることになるので、大変危険が伴う作業となります。

ちゃんとしたジャッキで車を持ち上げて、安全を確保した上で作業を行わないと、思わぬ事故に繋がるので注意しましょう。

また、マフラーはかなり高いので、マフラーカッターに妥協しようという場合は、バンドタイプのマフラーカッターがおすすめです。

アイキャッチ引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/specifications/nismo.html

この記事を書いた人

634
こんにちは634です。
きちんと正しい情報をわかりやすく皆さんにお届けしたいと思っています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1