エルグランドのフォグランプは自分で交換可能?LEDとHIDどっちがおすすめ??

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

日産の大型ミニバンであるエルグランドは大きくて押し出しの強いフロントグリルが特徴で、このデザインが気に入って購入したという人はたくさんいると思います。

そんなエルグランドに装着されているフォグランプはハロゲンタイプですので、LEDやHIDに交換している人もたくさんいます。

そこで今回はエルグランドのフォグランプにスポットを当ててみたいと思います。

エルグランドのフォグランプは自分で交換できる?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

先程お話したように、エルグランドのフォグランプをLEDやHIDに交換したいと一度でも考えた事がある人は多いと思います。

では、エルグランドのフォグランプは自分で交換することが出来るのでしょうか?

結論からお話ししますと、エルグランドのフォグランプにLEDを選択する場合は自分で交換する事が可能です。

しかし、HIDでは交換方法が異なっており、やや専門的な知識が必要になってきます。

その為、HIDのランプに交換したい人はカーショップなどに頼む方が無難でしょう!

では、まずLEDへのフォグランプの交換について詳しく見てみましょう!

交換の方法は以下の通り!

➀:バンパー下部のネジを外す
➁:インナーを取り外す
➂:ソケットを取り外す
➃:バルブを交換する
➄:ソケットを元に戻す
➅:インナーを取り付けす
➆:ネジを締める

以上となっています。

文字のみでは伝わりにくいので、エルグランドのフォグランプ交換に関する動画がアップされていましたので載せておきます。

意外と簡単にフォグランプが交換できそうなことが分かりますよね。

しかし動画を見て頂ければ分かるように、交換するときには車をジャッキアップする必要があります。

エルグランドの最低地上高はあまり高くなく140~150mmのため、ジャッキアップしなければネジは外れません。

ジャッキアップ自体も簡単ですので誰でもできる作業ですが、もしそれが面倒だという人はカー用品店などで交換してもらうのが良いと思います。

カー用品店によっても工賃は異なりますが、3,000円程度のお店が多いようです。

一方、HIDフォグランプに交換するときには、バルブの交換以外にも作業が必要となっています。

エルグランドのフォグランプはもともとハロゲンが装着されているため、リレー配線と呼ばれる加工が必要であり、先程お話したとおりやや専門的な知識がないと作業ができません。

また、HIDバルブは高い熱を発生させるという特徴があるためこの点にも注意が必要です。

このため多くの人がカー用品店で交換してもらっているようです。

HIDに交換する場合、工賃は15,000円前後が平均的だといわれています。

エルグランドのフォグランプ変更でファッション性がアップ!

エルグランドのフォグランプにはハロゲンランプが使用されています。

しかし、純正のハロゲンランプではややファッション性が良くないという理由からフォグランプの変更を考えている人も多く、LED化やHID化を考えている人もいるのではないでしょうか?

特にHID化はファッション性が非常に高くなると言われており、ツイッター上でもHIDに変更することでエルグランドがカッコよくなったと投稿されている方もいらっしゃいます。

エルグランドのフォグランプ変更は車体をカッコよく見せるには最適ですよね!

エルグランドのフォグランプにはLEDとHID、どっちらがおススメ?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

エルグランドに純正装着されているハロゲンフォグランプを、白い光のLEDやHIDに交換する場合どちらがおススメなのか考えてみましょう!

結論からお話ししますとエルグランドのフォグランプにはLEDの使用がおススメです。

理由を詳細に見ていきましょう!

LEDとHIDの違い

LEDをおススメする理由をお話しする前にLEDとHIDの違について説明したいと思います。

LEDは発光ダイオードとも呼ばれ、色の再現性が優れているため、ハロゲンやHIDより白い光を出すことができます。

さらにLEDは点灯するとすぐに安定した光が出ることや発熱しないこと、寿命が約15年ととても長いという特徴があります。

そしてフォグランプをLEDに交換するときにはバルブを取り替えるだけですので、誰でも簡単に作業が可能です。

一方、HIDですが、まず発光方法が異なり、アーク放電と呼ばれる方法を利用しています。

アーク放電とは気体放電現象の一種であり、高温で強い光を発すのが特徴で、身近なアーク放電の例としては通電中のプラグをコンセントから引き抜いたときに発生するスパークがあります。

この放電を利用する事で、LEDよりも明るくなります。

また、ケルビン数と呼ばれる光の光度を表す指標があるのですが、HIDは数種類のケルビン数のランプが存在し光度をある程度選択する事が可能です。

このケルビン数を上げていくことで白に若干青色が入っているという特徴が発生しファッション性が高まります。

しかし、デメリットとして熱を持ち非常に高温になる為、パーツが溶ける可能性があり、さらに点灯してから光が安定するまで10秒ほどかかります。

また、寿命も約5年だといわれており、しかもHIDに交換するときは特別な配線が必要ですので、専門的な知識がない人は業者に依頼することが必要となってきます。

フォグランプの目的は?

そもそもフォグランプの目的とは一体何なのでしょうか?

フォグランプもヘッドランプ同様に道を照らす為に使用すると考えている人が多いと思いますが、実は全く違う目的で利用されます。

その目的とは、霧など視界が悪い状態での走行時に自車の存在を対向車に認識させるというもの。

「霧=fog」よりフォグランプという名称になった訳です。

この様な使用用途の為、視界が良い場所でのフォグランプの点灯は本来は必要なく、対向車のドライバーに迷惑をかける行為であるという記述も目にする事があります。

さて、フォグランプの本来の目的から考えるとこのランプ事態に大きな明るさが必要とは言えません。

確かに視界が悪い中で使用する物ですのである程度明るくないといけないのは解りますが、必要以上となると前述した通り対向車に迷惑をかけてしまいます。

また、エルグランドのヘッドライトは、最もベーシックな250XGにはキセノンヘッドランプ、それ以外のグレードにはLEDが標準装備されており明るさは十分です。

フォグランプはあくまで補助的な装備で、霧の中を走行するときは基本はヘッドライトも点灯させますよね。

フォグランプの目的やエルグランドに使用されているヘッドライトの明るさから考えて、フォグランプには必要以上の明るさは不要であり、かえって迷惑となる可能性さえあります。

エルグランドのフォグランプにLEDがおススメの理由は?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

今までお話してきたことをまとめると以下のようになります。

LEDとHIDの違い
明るさ:HID>LED
寿命:LED(約15年)>HID(約5年)
交換のしやすさ:LED>HID

また、フォグランプの使用目的は視界不良時における対向車へのアピールであり必要以上の明るさは不要でしたよね。

以上点から考え、交換がし易く、さらに寿命が長く、ある程度の明るさを確保できるLEDの方がHIDよりフォグランプには適切であると言えます。

さらに、LEDの方が寿命が長いということは交換頻度も少なく金銭的にも安上がりとなりますよね。

HIDへの交換に憧れる方もいらっしゃるとは思いますが、対向車のドライバーが眩しい思いをする可能性がある為、フォグランプでの使用は控えた方が無難でしょう!

エルグランドのフォグランプについてまとめると

今回はエルグランドのフォグランプについて調べてみました。

エルグランドのフォグランプを交換する場合、LEDは非常に簡単に交換可能ですが、HIDは専門的な知識が必要となっておりカー用品店などで交換される方が多いようです。

また、フォグランプの使用目的やLEDのメリットから考え、エルグランドのフォグランプにはLEDの使用をおススメします。

交換作業は事前にジャッキアップが必要ですが、バルブを取り替えるだけで作業が完了するLEDが圧倒的に簡単ですし、寿命も長い点を考えると金銭的に優しいですよね。

HIDはLED以上の明るさを放ち、光度を上げることで青みがかった色に変化する為、ファッション性は高くなりますが、その他の点から考えるとフォグランプには不向きです。

特に対向車のドライバーが眩しい思いをしてしまう可能性もありますので注意が必要ですね。

エルグランドのフォグランプの交換を考えている人は是非LEDを検討してみてください!

キャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/elgrand.html

この記事を書いた人

桃鉄@稚内
車やバイクが好きな30代男性。
知らない土地に行き色々な風景を見るのが趣味。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1