新型セレナ 納車時期情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

ワンボックスミニバンのベストセラーである日産セレナですが納車時期が気になる方が多いのではないでしょうか。

今回はセレナの納車時期に関する情報を検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

セレナの納車はいつ?納車情報紹介

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

2016年に発売された現行型セレナは2019年4月現在でも高い人気を保っていて昨年に追加されたe-POWER が人気に拍車をかけている状態です。

しかし日産でもこの需要に応えようと生産体制は万全を尽くしているようです。

通常であれば1〜2カ月の納車時期ですがe-POWER が発売された当初は2〜3カ月に伸びた時期もありました。

2019年の4月現在でも注文してからの納車時期は1〜3ヶ月の間となっているようです。

セレナは人気車種ですから工場でも生産する台数が多く設定されています。

しかしグレードの種類も多いですからどうしても人気のあるグレードを優先的に多く生産する計画になっています。

人気グレードなら少しは過剰な在庫になってもすぐに販売が追いつくであろうという予測からですが下位グレードの不人気色ではいつ販売できるか予測できにくいので受注生産になる場合が多いですね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

セレナはガソリンエンジンとスマートシンプルハイブリッド、そしてe-POWER にパワートレーンが大別できますが、現在の人気グレードはe-POWER とスマートシンプルハイブリッドに分かれています。

さらにはオーテックジャパンで企画生産されるオーテックバージョンとニスモバージョンもありますから少々複雑になってしまいます。

オーテック生産モデルは日産で生産されたベースモデルをもとにパーツを架装して販売していますから日産生産モデルよりも納車時期は長く見積もる必要があります。

通常の日産生産モデルでも売れ筋である電動スライドドアが装備されたモデルが販売の中心になりますから人気グレードを注文すると納車が早めになるわけですね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

現行モデルでの売れ筋グレードはハイブリッドのハイウェイスターが中心でハイブリッドのハイウェイスターVセレクションが続きます。

同様にe-POWER のハイウェイスターVセレクションということになります。

Vセレクションには電動スライドドアが標準装備されていますから人気グレードになるのもわかります。

ハイウェイスターでもオプションで電動スライドドアは装備できますが大きな違いはシートのスライド機構がスーパーロングスライドか通常スライドかという違いになります。

この辺りは使い勝手の好みになりますから人気が割れるのも理解できますね。

スポンサーリンク

セレナの実際に納車された人、納車待ちの人

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

ここまでは日産セレナの納車時期についてお知らせさせて頂きました。

ここからはセレナの納車された人や納車待ちの人の声を検証してみたいと思います。

クルマを購入してから納車されるまでの時間はいつでもワクワクするものです。

大変だった値引き交渉や書類の手続きからは解放されて楽しみなひと時を楽しみたいですね。

クルマを購入する事は人生でそんなに回数が多いわけではありませんから何をしてよいのかわからない方も多いでしょう。

この様な納車を待っている間はどの様に用意しておく物などを用意すればよいのでしょうか。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

クルマを購入してから納車の時期が近づいてくるとディーラーから連絡があり納車日を決めなくてはなりません。

最近は気にしない方も増えてきましたがやはり日柄を縁起の良い日に指定しておきたいです。

気持ちの問題でもありますがクルマは神社で交通安全のお祓いをする方も多いですから気持ちよく納車したいものですね。

ディーラーではその辺りの事情はよく心得ていますからこの日が良いと希望すると受け入れてもらえます。

クルマを納車する時は自宅に持ってきてもらうケースが殆どですが自分からディーラーに受け取りに行く事も出来ます。

メリットとしては納車費用を節約できます。

これだけで数万円はカットできますからガソリン満タン数回分になりますね。

これから長い間に整備などお付き合いすることになる店舗のスタッフとの顔合わせをする事もできます。

人間ですから上顧客になれば店舗での扱われ方も1段階違ってきますからしておいて損はありません。

ディーラーによっては納車セレモニーをしてくれる所もあるそうですからそうしたらイベントは積極的に楽しんだ方が良いでしょう。

忘れてはならないのが保険の切り替えなどです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

ディーラーで加入する方はセールスに任せておけば良いのですがネット保険などでは自分で切り替え手続きをしなくてはなりません。

車両が入れ替わると等級が変わり、保険料も上下する時もありますのでよく確認しておくことが重要です。

JAFなどに加入する事もおススメします。

お世話にならないのが一番なのですがトラブルはいつやってくるのかわからない物です。

新車だからといってもタイヤのパンクやバッテリー上がりや鍵をなくしてドアが開かないなどのトラブルは起きる可能性があります。

そんな時に慌てないためにJAFに助けを求めれば安全ですね。

今まで乗っていた愛車を手放す前にキレイにしておくのも良いですね。

車内には以外と忘れ物を置きがちですから確認の意味でもお掃除はしておくと良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セレナの納車遅れのケース

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

ここまでは日産セレナの納車時期や納車待ちに関する情報をお知らせさせて頂きました。

ここではセレナの納車遅れについて検証してみたいと思います。

せっかく注文したクルマが色々な事情で納車が遅れてしまうケースがあります。

盛り上がっていたワクワクした気持ちが萎えてしまってガッカリした方もいるのではないでしょうか。

クルマはディーラーで売買契約を交わした後メーカーに注文が出されます。

メーカーでは注文を受けてから製造に入り、最終的に生産が終了するまでに最低でも2週間は必要になります。

あまりオーダーがでない特別色やメーカーオプションを装着した時は別ラインで装着したりもするので生産まで時間がかかってしまう事があります。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

この様なケースではディーラーでも把握できますから事前に時間が必要になる旨を教えてもらえますからユーザーも承知の上で購入する事になります。

こういった理由以外で不測の事態で納車が遅れてしまう場合もあります。

工場がある地域で大規模な災害が発生した時は工場自体が操業できませんから生産もストップしてしまいます。

台風や洪水の影響で工場が被災した事例もありましたし、東日本大震災で東北地域の工場で生産が長らくストップした時もありました。

また、工場自体は被災していなくとも完成車は陸送または船便で輸送しますから高速道路が通行止めになれば輸送が不可能になってしまいます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

車種によっては船便で輸送する場合もありますが海の上では災害で輸送できないのは台風のみですから例外ですね。

滅多にない事ですがディーラーの発注ミスという可能性もあります。

ただし、いずれにしても情報システムの発達した現代では不可抗力以外に納車遅れが発生するケースは少なくなっています。

セレナは主に日産自動車九州工場で生産されています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

大部分が船便によるものと思われますから台風や地震で高速道路が止まっても船便での影響は少ないと思われます。

近年では東名高速の他に新東名が開通しましたから交通が寸断するリスクは以前よりも少なくなりました。

納期が遅れる事は不本意ですが届かない事にはなりませんから、その様な事になったとしても腹を立てずに穏やかにしていたいものです。

ディーラーに怒りをぶつければなんらかのアクションをしてくれるでしょうがあまり生産的な行動とは言えないのではないでしょうか。

アイキャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク