新型セレナの口コミ情報! 評価や評判はどうなってる?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

ワンボックスミニバンとしてベストセラーの日産セレナですが口コミが気になる方も多いと思います。

今回はセレナの良い口コミや悪い口コミなどを検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

セレナの良い口コミは?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

どんなクルマでも乗っていれば良い点と悪い点か出てきます。

実際にセレナに乗っている方の意見だとしたらこれから購入するには参考になりますね。

エクステリアは比較的に評価が高いですね。

最近のワンボックスミニバンは迫力あるフロントマスクが特徴になっていますがセレナは誰が乗っても受け入れられる物になっています。

だからといって地味すぎる印象でもなくエアロパーツでドレスアップするとだいぶ迫力も出てきますね。

色の種類が豊富な事も選択肢がが増えて嬉しいです。

インテリアでは上質感が感じられる点がありました。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ファミリータイプのワンボックスミニバンでは平凡な印象のインテリアになりがちですがセレナはシートのアレンジも豊富で扱いやすく、シートの生地も高い質感で満足度が良いようです。

また、ウインドウが広くて視界が良く、3列のシート配置も絶妙で、どの席に座っても狭さを感じる事は少ないとの意見が多くみられました。

小物入れや携帯の充電できるアダプターも装着できますから心配りが行き届いていますね。

動力性能では普通に乗っている分には不満がないという意見が多く見られました。

騒音も静かで定員が乗車していても加速性能は充分で物足りなさは感じられません。

ハンドルは軽くてふらつきもなく、以前のワンボックスからは随分と進化しているのがわかります。

車体はしっかりとしていてきしみ音もなくカーブでも安定性は高いですね。

シートの座り心地は大きさが左右しますがこの点でも合格点をあげる方が多く見られました。

静粛性はタイヤ性能もありますが、遮音技術が取り入れられていますからロングドライブでも快適に過ごせます。

高速道路ではプロパイロットを使用すれば運転の疲れも軽減されてドライバーも楽になります。

セレナにはe-POWER も採用されていますから加速性能も不満はありません。

燃費の面はガソリンとハイブリッド、e-POWER の順に良くなります。

価格との比例もありますが前世代のミニバンと比較するとかなり向上していて多人数乗車する事を考慮に入れれば不満を感じる事は少ないでしょう。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

総じて今のワンボックスミニバンはユーザーの声が色濃く反映されていますからスライドオートドアやエンターテイメントシステムなどユーザーインターフェイスの拡充が不可欠です。

各メーカーとも力を入れているジャンルですから装備は充実していますね。

スポンサーリンク

セレナの悪い口コミは?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ここまで日産セレナの良い口コミをお知らせさせて頂きました。

ここではセレナの悪い口コミを検証してみたいと思います。

どんなクルマでも乗っていれば不満は出てきます。

完璧な商品でもありませんし、使うユーザーの嗜好もありますから色々な意見が出て然るべきです。

日産セレナのエクステリアでは個性に欠けるという見方もありました。

万人ウケする造形ですからインパクトさには欠けるかもしれませんね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ワンボックスタイプはアウトラインに変化がつけにくく、どうしてもフロントマスクにデザイン要素が集まってしまいます。

てすからそこを除くと可もなく不可もなくといった反応になってしまいますね。

インテリアでは質感に不満はないものの価格を考えるともう少し上質であっても良いのではないかという意見がありました。

e-POWER やプロパイロットなどの先進装備は進化しているのにインテリアはあまり変わっていない店が多く挙げられました。

セレナの場合はオプションの価格に不満を持つ方がいました。

その多くはナビゲーションを対するもので大画面ナビゲーションを装着すると2万円オーバーとなり、総額が大幅に上がってしまいます。

例えばe-POWER にオプション装着すれば一クラス上のカテゴリーにも手が届いてしまいますから尚更ですね。

動力性能では加速には不満は少ないですがもう少しパワーが欲しいとの意見が多く見られました。

フル乗車で坂道を走っているとパワー不足が顕著なのは感じ方に個人差があるのかもしれません。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

特にガソリンエンジンはそのようなシチュエーションでは高回転キープにせざるを得ずに煩く感じるケースもあるでしょう。

e-POWER はパワー感が2Lターボと同等の加速力といわれていますから、それと比較すればガソリンだと物足りなさはありますね。

燃費の面ではカタログ値との乖離に不満の声が多く聞こえました。

燃費計測は対策をする事で数値をあげられるといいますが実燃費とあまりにも離れていると信頼性にも関わります。

最近では燃費基準もかわりましたから乖離も少なくなるでしょう。

ハイブリッドを語っていても市街地で10km/Lを割ってしまっては不満の声も出てしまうかもしれません。

ステアリングの軽さが逆に不安定だと捉える方もいるようです。

この辺りは味付けもありますから難しいところで、重くすると安定性はでますが女性ユーザーから不満が出ますし軽くしすぎると切るのが楽にはなりますが高速などで不安定に感じやすくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セレナの口コミと評価評判のまとめ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ここまでは日産セレナの良い口コミと悪い口コミをお知らせさせて頂きました。

ここではセレナの良い口コミと悪い口コミのまとめを検証してみたいと思います。

セレナはファミリーカーとしては抜群に使い勝手が良いという意見が多く見られました。

特にお子様が小さいユーザーからはスライドドアの便利さと車内のスペース、特に車内高の余裕を上げる意見が多かったです。

エクステリアが平凡だとする意見もありましたがファミリーカーとして使用するには程々で望ましい様です。

華やかさが必要なユーザーはエアロパーツでドレスアップもできますし平均的なユーザーからアクティブさを求めるユーザーまで懐が深いエクステリアデザインなのだと思います。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ワンボックスミニバンのインテリアはシートアレンジが好みに合うのかが重要で、少し前は回転したりテーブルになったりするのがトレンドでしたが現在では車内での移動のし易さが重要なようです。

豪華さに欠けるといわれるシートの素材はシートカバーでドレスアップできますがシートアレンジ機構は選べませんから最初の選択が大切になってきます。

乗り心地は他のメーカーと比較するとソフトなセッティングですがスポーティな味付けが好みでしたらオーテックバージョンやニスモなども選べますから有り難いですね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

重心の高いワンボックスタイプではハンドリングを軽快にするのが難しく、スポーティさを求めるのも限界があります。

セレナで峠などを飛ばすユーザーもいないと思いますが1〜7人の乗車状態をカバーしなければなりませんからあまりハードにもできないわけですね。

ミニバンというジャンルが現れてから20年程の間にセレナの進化は著しいものがあります。

当初は商用車がベースで乗り心地の改善もままならずにハンドリングを語るレベルよりも安全に移動するという段階でした。

それから切磋琢磨してフル乗車でも快適にカーブを曲がることができるレベルまで上がってきたのは凄い事だと思います。

7〜8kmが普通だった燃費はハイブリッド化やe-POWER の搭載で10km/L以上まで伸びてきました。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

さらにはプロパイロットの装備で先進安全装備も備えて安心して家族で出かける事ができます。

恵まれたユーティリティと乗りやすさからセレナはファミリーカーとしては至上の部類であると言えますね。

アイキャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/nismo.html

この記事を書いた人

テンさん
車はもっぱらカーシェアリング。
でも本当は・・・本当はマイカーが欲しいんです!
その溢れんばかりの情熱を記事にぶつけていっています。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク