新型ウェイクの試乗レビュー情報!

9

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ダイハツの新型ウェイクに試乗した方のレビューはどうなっているでしょうか?。

新型ウェイクに試乗した感想などのレビューをご紹介します。

新型ウェイクは今までの軽自動車とは一味違う使い方をスーパーハイトワゴンという形で提案しました。

街中で普段使いとして使うだけでなく、アウトドアには欠かせない要素をふんだんに取り入れた多目的な軽自動車です。

w20

引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

実際に使用している方の感想はどうなのでしょうか。

価格.comのレビューからオーナーの感想を拾ってみます。

スポンサードリンク

エンジン性能

ターボモデル

流石ターボエンジンです、以前所有してたコンパクトカー(1300cc)より加速がいい、そして速い!追い越しもガンガンでき、登坂車線でもグイグイ走ります!

スタートこそややもっさり感はありますが、ターボですので高速でもしっかり加速します。

ターボモデルなら4名フル乗車の高速道路においても不満はない。

ターボなのであまり不満無し。

エンジンはターボの為特に不満はありません。

動力性能は十分です! (注:ターボ限定)でも、坂道を走ってるとなんかターボで連想する加速感とか力強さとかは感じられず、もっさりした感じです。

高速道路も走りましたがパワー不足は感じませんでした。

660ccターボ=1LNAと同じなので、十分。

w21

引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/05_driving.htm

ターボモデルに関して言えば特に不満を感じるコメントはない、というくらいです。

高速道路でも特に加速に不満があるようなコメントはなく、車重があるにも関わらずしっかり走ってくれるようです。

軽自動車とは言えターボの恩恵は素晴らしいものがあります。

w22

引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

自然吸気モデル

今まで普通車にのっていましたが、まったく違和感無く普通に高速とかでも抜いていけます

静かなのにびっくりが、最初の感想。

NAだと街乗り専用車になりますね、高速で乗る可能性があるならターボにしましょう。

ターボなしだとかなり重たいですが、ターボつきは普通に加速しますし、静粛性もまずまずです。

w23

引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/03_exterior.htm

自然吸気モデルはターボモデルとは違い街乗りでは不満はないものの、高速や坂道などではもっさり感を感じている方がいるようです。

車重が重いこともありますが、やはりターボモデルとのパワーの違いが出てしまう部分でもあります。

逆に言えば街中しかほとんど乗らない、とか遠出をしないような使い方であればターボモデルでなくても自然吸気モデルのウェイクでも十分役目を果たしてくれると言えます。

w24

引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm?_ga=2.201418257.1443483283.1495749496-1258136427.1494338647

スポンサードリンク

走行性能

以外に良い、静か。

高さがある車なので、強風時は煽られます。

この車に求めるものが何かわかっているならば、走る、止まる、曲がる、は何も問題ありません。

見た目の想像より案外普通、カーブや交差点左折時にも不安は感じない。

緩いカーブ100キロオーバーで走行した際は、横風に少し煽られハンドル持つ手に力入った記憶があります。

ブレーキの初動が少しダルいが踏込めばそれなりに効く。

バックの時にハンドルが重くなるのが気になりましたが、それ以外は結構自然でした。

山岳部の道での急カーブでは車高が高いので、慎重な運転が必要です。

なんとか、普通に走行するだけなら必要なスタビリティはありそうな感じですが、緊急回避性能はこれまでに経験しないレベルで低そうです。

ブレーキは車重のせいか、軽く踏んだくらいでは思ったほど減速してくれません。

やはり足回りが硬いので走りもカタイいですが安定感はけっこうあります。

背が高いので不安定だろうと思ってました。ところがそんな事無く結構安定してました。

w25

引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/06_safety.htm

車高が高いために一番気になるのは横風を受けたときのようです。

強風時に煽られやすくなるのはウェイクだけではなく、車高のある車にはどうしても起こりやすくなってしまうことです。

ですが、乗っていると安定性を感じている方も多いので、乗り慣れればこれらの不安要素はなくなっていくのではないでしょうか。

ブレーキについても車重が思い分、踏み込まないと効かないというのは仕方がないのかもしれません。

ですが、これも運転して慣れていくうちにウェイクのブレーキの踏み方が体に染み込んでいくはずです。

w26

引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/09_special_01.htm

スポンサードリンク

乗り心地

問題なし、道が悪いと後部座席ガタガタなってる。

綺麗な舗装路なら快適ですが、ガタガタ舗装の田舎道は跳ねます。

まあ、固めではありますが、乗り方次第だと思います。

一般的な乗用車としては固めだが、操縦安定性を考えれば好みの設定。

嫁さんが運転する時は、助手席ではなく、敢えて後部席に乗り、投稿にも度々あるガタピシ感が気になる時がありますが、乗り心地、シートの固さとかの不満はないです。

1人で運転している分にはあまり気にならないが、後席に人を乗せている時はガタピシ感が気になる。

元々足回り固めが好きなので気になりませんでした。

はっきりいいって軽であることを考慮しても最悪です。

やや固めですが、軽自動車と割引いて考えれば悪くないです。

室内空間が広く圧迫感を感じないので長距離走行でも体が楽です。

運転姿勢も「腰に負担が少ない」。

w27

引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

乗り心地で一番多かった意見が足回りのセッティングが固めだ、ということです。

後席の乗り心地が比較的気になるという意見がある一方で、車内空間や前席の乗り心地はまあまあいいという意見もあります。

このあたりは試乗してみて出来れば前席と後席を乗り比べてみてください。

また、圧迫感を感じない、室内空間が広く感じるなどウェイクの特徴を感じる感想もあります。

w28

引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

⇒ 新型ウェイクを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

スポンサードリンク

まとめ

新型ウェイクは基本的に「楽しいことをするために乗る車」です。

ウェイクだけを利用するわけではなく、サイクリングやキャンプ、スキーやスノーボード、サーフィンなどのウォータースポーツ、その他楽しむ要素はいっぱいあります。

それらを手軽に楽しむためのアイテムの一つとしてウェイクが存在します。

利用目的がはっきりしているならばこのアイテムはきっと強力なものになるはずです。

w29

引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/04_interior.htm

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スポンサーリンク


スポンサーリンク