トコットの試乗レポートレビュー!乗った感想は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トコットに試乗しての感想は、購入を控えている人には気になる部分ですよね。

実際に乗ってみて、初めてわかる部分というのもちらほら出てきそうです。

そこで、この記事では、トコットの試乗レポートをチェックしながら、試乗者の感想やレビューについて、詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

トコットの乗り心地や内装はどうなの?

トコットに試乗して気になる部分は、やはり乗り心地やインテリアになるでしょう。

走行中、そして停止中と常に気になってしまう人もいると考えられます。

試乗時の内装や乗った感覚についてのレビューを、詳しく見ていきましょう。

シートは暖かいツートンカラー

08-1-108-1-1-2

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/04_interior.htm

トコットの座席は、ブラウンとベージュの、暖かみのあるツートンカラーに仕上げられています。

トコットはシンプルで女性向けというコンセプトがあるので、奇抜にならないカラーのシートが装備されています。女性に人気のカラーですね。

シートの質感も柔らかさのあるものとなっており、長く座っていても体への負担は少ないと言えますね。

このようなトコットのシートの特徴は、運転席、助手席、そして後部座席とすべてのシートに共通しているのが特徴です。

そのため、インテリアが全体的に統一されたイメージになることにも繋がっています。

座り心地の良さにプラスして、トコットの内装を全体的にまとめ上げることにも、シートのデザインや質感が貢献しています。

インパネはシンプルなデザインが好印象

08-1-2

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/04_interior.htm

運転中に視界に入ることの多いインパネ回りも、シンプルなデザインにまとまられており、それが試乗すると良いと感じられます。

08-1-2-2

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/04_interior.htm

メーターは単眼タイプで、簡単に情報をキャッチできる設計です。メーターリング付属で、ちょっとオシャレな印象で人気です。

エアコンの操作ボタンも、簡単に操作をすることのできるように配慮されたデザインや配置となり、操作ミスはあまり起こすことが無いように感じられます。

シフトレバーも同様で、適度な力で思い通りに操作を進めることが可能です。

デザインに関しては、全体的に暖かみある人気カラーでまとめられ、座席の色ともマッチします。

全体的なイメージとしては、良い意味でシンプルにまとまり、ドライバーの操作性アップにも配慮されていると評価できるようです。

乗り心地は満足できる水準に

08-1-3

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/04_interior.htm

トコットの乗り心地は、満足できる水準と評価されるようです。

極端にトコットの車内が狭いと感じられることがなく、快適に車内で過ごすことのできる可能性は高いですね。

身長の高い人や少し体格が大きい人は、若干ながらもトコットの乗り心地は窮屈に感じられるとも評価されています。

今流行りのトールワゴン型の軽自動車とは違い、車内高がゆとりを持って設計されていないため、そのような試乗時の感想を抱く人もいます。

ですが、全体的な試乗した人の評価としては、トコットの車内では快適で満足できる乗り心地を実現できる可能性が高いと判断できます。

前後の座席共に、このような感想が寄せられており、概ね評判は高いですね。

スポンサーリンク

トコットの運転したレビュー・感想はどうなの?

実際に試乗して、トコットを運転してみたレビュー・感想は、どのようなものが挙げられているのでしょうか。

運転した感覚に関して、詳しく見ていきましょう。

ハンドリングは非常に軽やか

08-2-1

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/04_interior.htm

運転するときに最も重視されるハンドリングは、試乗した多くの人から感想として軽やかに感じられると評価が寄せられています。

軽自動車では、運転中のハンドル操作がスムーズにできるのかどうかは、とても大事なポイントとしてよく挙げられています。

トコットのベースになっているミラは、代々この点でプラスの評価が与えられていますが、トコットもその部分が踏襲されています。

カーブや切り返しなども柔軟に進められるので、軽自動車の機敏さを、最大限に実感することもできるでしょう。

トコットの良い部分のひとつとして、こういったハンドリングの軽やかさ、柔軟さが挙げられているので、試乗した人のレビュー・感想として参考にすることがオススメですね。

市街地走行にはトコットはマッチするとの評価

08-2-2

トコットに乗るオーナーが普段利用すると想定される市街地での走行には、非常にマッチしているとの評価が複数寄せられています。

滑らかに加速するのと同時に、運転する人のハンドルに合わせた走行のできるところがポイントとして挙げられています。

低速から中速にかけては、安定した走行を維持できる部分は評価されるものとなっているので、普段の市街地走行にマッチした車としてオススメされます。

買い物や近い距離の走行がメインとなる場合や、日常生活での利用が検討される場合には、こういったメリットのあるトコットを活用してみると良いですね。

高速走行ではややパワーが足りないと感じられる

08-2-3

悪い感想として高速での走行時には、トコットではパワー不足であると感じられることが多いですね。

トコットにターボが搭載されておらず、力強い走りを期待する人にとっては、少し物足りないと感じられそうです。

市街地の走行では、走行中にパワーが常に求められるわけではないものの、高速での走行ではパワーがあると嬉しいと感じられます。

高速道路を走る際や、速度制限に近いスピードで一般の道路を走る場合は、パワーが物足りなく感じてしまう部分がネックになるようです。

試乗で実際に走行してみたレビュー・感想には良い内容が目立つものの、こういった点も挙げられているので、チェックしておくべきですね。

スポンサーリンク

トコットとミライース 両方試乗した人の意見・レビュー・感想は?

トコットのベースは、同じ軽のミライースですよね。

どちらの車種にも試乗したことのある人は、どんな意見・レビュー・感想を持っているのでしょう。

2車種を比べてみた感想について、検証していきます。

操舵性はトコットが非常に軽やか

08-3-1

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/03_exterior.htm

先ほどハンドリングについて取り上げましたが、ミライースと比べてもその魅力はトコットの大きな持ち味として、評価されています。

ミライースは操舵性が若干重いと感じられることがあり、トコットのようにスイスイと操舵するのは、少し難しいと感じられます。

軽自動車に対しては、操舵性の良さはしばしば求められているものの、トコットがミライースに比べて分があると評判です。

同じダイハツの軽自動車シリーズでありつつも、ここまで操舵性に違いがあるのかと、少し驚きを持った人もちらほらいます。

長距離の走行においても、ハンドリングの軽さやフィット感は、アドバンテージになるのではないでしょうか。

静粛性という点では若干ミライースが有利

08-3-2

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/index.htm

走行中の静粛性に関しては、ミライースに分があると評価されることが多いです。

どちらの車種も、目立ってうるさいということはありませんが、トコットはタイヤのノイズが走行中に気になると感想に挙げる人が多いです。

一方で、ミライースはタイヤノイズがそれほど気にならず、走行中も静かで快適と感じられています。

人によってこの騒音の感じ方や程度には違いがあるものの、ややミライースの方が静かに感じられると言えるでしょう。

どのような環境で走行するのか、そしてその時々の車のコンディションによって、ノイズは左右されがちです。

そのため、必ずしもミライースが常に静粛性で長けると断定はではないものの、トコットよりミライースが評価されるという結果となりました。

スポンサーリンク

軽自動車としての機能を十分に果たすトコット

トコットの試乗レビュー・感想や評価について、ここまでチェックしてきました。

インテリアについては、シンプルにまとめられたところが特徴で、良い意味でまとまりある印象です。

長く乗り続けても、飽きることのないデザインのコンセプトであると評価されています。

乗り心地、運転した感じも、上々の評価と言っても良いでしょう。

特に市街地での走行にはトコットはかなり適しているとの評価で、毎日の生活に溶け込む軽自動車として、価値は十分にありそうですね。

高速での走行では若干パワー不足がネックになってしまうものの、そこをカバーするだけの評判と言えます。

兄弟車であるミライースとの比較を行ってみると、一長一短というのがポイントになります。

トコットが優れる部分、そしてミライースが若干勝る部分が明確に出ているので、購入する際の比較材料にすると、納得して購入に至るのではないでしょうか。

トコットの納車待ち期間はどう?グレードで変わるの?

この記事を書いた人

キューエム
自称、車のマニアです。車の情報を実際のディーラーで集めたり、雑誌やインターネット、ネットでの海外のモーターショーでも情報を集めて楽しんだり各種ブログで記事を書いて情報発信もしています。役立つ情報をじっくり楽しんでくださいね。

キャッチ引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/03_exterior.htm



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1