トコットの納車待ち期間はどう?グレードで変わるの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トコットの納車待ちの期間は一体どのくらいなのか、知っておきたいところですね。

グレードの選び方や、その他の要因によっても、トコットの納車の期間が変わってくるのでしょうか。

この記事では、トコットの納車についてをチェックしていき、特徴やポイントなどを抑えていきます。

スポンサーリンク

トコットの現状での納車待ち期間はどれ位?

現状で、トコットが納車されるまでの期間は、どれ位を見込んでおくと良いのでしょうか。

目安として抑えておきたい人も多いと思うので、チェックしてみましょう。

現状での納期は約2か月前後

09-1-1

現状では、トコットの納期はおよそ2か月前後であると考えられています。

一般的な新車購入時の納期と近く、特に納車までは長くかかる可能性は低いと言えそうです。

発売当初から、高い人気を誇ってきたモデルなので、納車待ち期間が長くならないように配慮されています。

また、ダイハツの中心となる軽自動車のひとつであることから、できるだけ生産態勢を強化しようともしています。

こういった実情もあるので、2か月程度、もしくは早いと1か月半を目安に納車待ち期間を考えても良いのではないでしょうか。

グレードによる納期の差はほとんどない

09-1-2

トコットには、G SAⅢ、X SAⅢ、L SAⅢ、Lという4つのグレードが用意されています。

車種によっては、グレードで納車待ちの期間が大きく変わってしまうこともあり、心配になる人も多いようです。

しかし、トコットに関しては、基本的にどのグレードでも納車待ち期間に幅が出ることは考えにくく、安心して自分の好みのグレードを選んで購入することができるでしょう。

L SAⅢ、Lの2グレードは、トコットの中での価格がリーズナブルで、選ばれやすい傾向にあります。

ダイハツでもその状況を見越して、なるべく安定的に生産、供給できるように環境が作られています。

そのため、随時在庫が揃えられる地域が多く、トコットの人気グレードであっても目安の2か月前後で納車を実現できる可能性は高いとされます。

人気のグレードを選びたい場合でも、納車待ちの期間に影響の出るリスクはあまり気にすることはないようなので、その点も安心できる部分として挙げられます。

モノトーン・ツートンのカラー選択では違いの出る可能性が

09-1-3 09-1-3-2

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/03_exterior.htm

グレードではあまり納車待ちに差はないようですが、色の選び方によっては納期が変動する可能性はあります。

トコットには、8タイプのモノトーンカラーと、4タイプのツートンカラーがそれぞれ設けられています。

モノトーンカラーに関しては、選ばれる機会が多く、割と生産台数も多めに調整されているようですね。

その一方で、ツートンカラーはモノトーンに比べてやや購入される台数は少なく、生産もそれに合わせてコントロールされています。

つまり、単色を選ぶと目安の2か月に近い納期が見込まれますが、ツートンカラーの場合は2か月以上の納車待ちも想定するべきということです。

スタンダードな色よりも、半月から1か月プラスした期間を見積もっておくと、丁度良いと考えられます。

2か月半ないしは3か月を基準に、ツートンカラーでトコットを購入したい人は納車待ち期間を計画しましょう。

スポンサーリンク

トコットの納期は今までどう推移してきたの?

トコットの納車待ちは、現状2か月前後が目安として挙げられています。

では、これまでの納期の推移や今後の見込みなどはどうなのでしょうか。

納期の変動に関して、詳しく見ていきましょう。

発売当初は人気の高さから納期が少し長めに

09-2-1

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/03_exterior.htm

トコットは2018年6月下旬に発売となった、新しいモデルのひとつです。

6~7月にかけての月間販売実績は、ダイハツが目標として挙げていた3,000台の3倍となる、約9,000台を記録しました。

想定を上回る人気のあることが分かりますが、それに伴い現在よりも若干納車待ち期間は長い傾向にあったようです。

発売当初については、トコットの納車待ちについての期間は3か月前後、在庫の変動次第では4か月近い納車待ちであったというケースもあります。

その頃に比べると、ニーズに合わせた製造や販売のための仕組みが整えられており、徐々に納品待ち期間は短縮されてきています。

09-2-1-2

現在は2か月を目安にして大丈夫なほどであり、トコットに比較的スムーズに乗り始められます。

同じシリーズのミライース共々、人気のある軽自動車してダイハツでも認識しており、納車待ちの短縮にも精力的なようですね。

今後も納期は2か月前後が想定ラインか

09-2-2

発売した当時の人気は、現在は少し落ち着いてきたため、トコットの今後の納期見込みも現状とそれほど変わらない可能性が高いですね。

だいたい2か月前後を想定ラインとして考えておくと、問題ないと考えられます。

場合によっては、2か月せずにトコットの納車の実現できることも考えられるようになり始め、より早くトコットに乗り始めることができるとも予測されています。

トコットの生産状況や在庫の管理状況が、極端に変動することも現時点では考えにくく、こういった判断で特に問題ないと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

トコットの納期を短縮することに役立ちそうな方法は?

目安の納期より、少しでもトコットに早く乗りたいと希望する人も、購入予定者の中に入るでしょう。

どのような方法がトコットの納車待ちの期間を短縮することに役立つかも、事前に知りたいですね。

その具体的な方法について、いくつか取り上げていきましょう。

複数のダイハツディーラーに納期見込みを聞いてみる

09-3-1

トコットは全国のダイハツディーラーで購入のための契約を行うのが一般的です。

しかし、少し違うエリアになると、納車待ちの予測や具体的な期間の提示に違いの出てくる場合があります。

自分の住む地域に複数のディーラーがある場合は、納期の見込みなどについて聞いたり、相談したりするのはひとつの手として挙げられます。

提示された予想に違いがあるときには、最も早い納車の期待できるディーラーで契約すると、納得してトコットの購入ができますね。

09-3-1-2

こういった納期の違いの出る背景には、在庫確保の状況や、流通ルートの違いがあるとされています。

そのため、似たエリアであっても、トコットの納車待ちの期間に差が出る可能性は、十分にあると考えられるのです。

単色の選択やオプションなしという判断も大事

09-3-2

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/03_exterior.htm

モノトーンかツートンカラーで、納期に若干差の出るところはポイントとして抑えておきたいと取り上げました。

ツートンよりもモノトーンの色の方が人気であり、生産もどんどん行われていると考えられるので、色の選び方も納期に繋がってきます。

早くトコットに乗りたいと思う人は、納車まで時間の掛かりそうなツートンカラーを避けることが無難と言えます。

また、トコットに装備できるメーカーオプションも、装備した分だけ納期に影響の出てくるという認識が一般的です。

オプションは特に必要ないという場合は、オプションなしで購入してしまった方が、2か月の目安より短い期間で納車ができることに繋がります。

逆に、メーカーオプションを色々と付けて豪華仕様のトコットにしたいと考える人は、納車待ちの期間はそれなりに長くなると見込んでおくべきでしょう。

いかにシンプルな装備やカラーにまとめるかも、トコットの納車までの時間短縮には欠かせない部分として挙げられます。

スポンサーリンク

トコット納車待ちは2か月 しかし工夫次第で納期短縮も

トコットの納車待ち期間について、ここまで見てきました。

平均的なスケジュール感としては、約2か月前後が納期として想定すべきと考えられます。

現在はトコットの需要に合わせた生産の環境が作られ、2か月以内の納車も十分に期待できるとされています。

より早く納車を希望する場合には、トコットのカラーリングの選択や、オプションを取り付けないなどの工夫をすることも良い方法となります。

それだけで、納期が若干短縮されることに期待が持て、2か月せずに納車の運びとなることもあるようです。

トコットに早く買い換えたい、乗り始めたいと希望する人も多いでしょうから、こういった部分を参考にしてみることがオススメです。

トコットの試乗レポートレビュー!乗った感想は?

この記事を書いた人

キューエム
自称、車のマニアです。車の情報を実際のディーラーで集めたり、雑誌やインターネット、ネットでの海外のモーターショーでも情報を集めて楽しんだり各種ブログで記事を書いて情報発信もしています。役立つ情報をじっくり楽しんでくださいね。

キャッチ引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_tocot/03_exterior.htm



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1