日産オーテックとニスモの違いを、新型セレナ・R32・R33・マーチで検証

日産オーテックとニスモの違いを、新型セレナ・R32・R33・マーチで検証

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

日産のカスタムブランドである、オーテックとニスモ。

この記事では、新型セレナとGT-RのR32とR33、マーチに設定された、オーテックブランドとニスモブランドの特徴と違いについて、じっくりと解説してみました。

「新型セレナとGT-RR32とR33とマーチ」を購入検討していて、オーテックにするかニスモにするか悩んでいる人は、必読の記事となっています。

最後まで読んで、自分なりに答えを出してもらえると、書いたかいがあるかなと思います。

日産のオーテックとニスモを新型セレナで比べてみる

日産のオーテックとニスモを新型セレナで比べてみる

新型セレナには、ニスモのカスタムモデルが存在していたが、日産ではオーテックのカスタムモデルも登場することになりました。

そして、その記念すべき第一弾に選ばれたのが、新型セレナです。

ここでは、新型セレナのオーテックとニスモの特徴と違いについて書いています。

あなたのハートには、オーテックとニスモのどちらが、刺さってくるでしょうか。

オーテックモデルの新型セレナの特徴

オーテックモデルの新型セレナの特徴

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

オーテックモデルのセレナには、オーテック専用色のブルー(カスピアンブルー)が用意されています。

※他に、ブリリアントホワイトパール(白系)、ダイヤモンドブラック(黒系)、インペリアルアンバー(茶系)、マルーンレッド(赤系)、ダークメタルグレー(灰系)、ブリリアントホワイトパール(白系)、ダイヤモンドブラック(黒系)のツートン

どの色を選んでも、オーテックのエンブレムはオーテックカラーのブルーとなっていて、オーテックとしての存在感を示しています。

内装は、全車ブラックとなり、随所にオーテックカラーのブルーのステッチが施されていて、高級感が漂っています。

グレードは、

(2WD)

エンジン: MR20DD-SM24

ミッション: エクストロニックCVT

乗車定員:8名

AUTECH:2,990,520円

AUTECH V Package:3,116,880円

AUTECH Safety Package:3,324,240円

AUTECH SPORTS SPEC:3,572,640円

(2WD e-POWER)

エンジン: HR12DE-EM57

乗車定員:7名

e-POWER AUTECH V Package:3,624,480円

e-POWER AUTECH Safety Package:3,821,040円

(オートコントロール4WD)

エンジン: MR20DD-SM24

ミッション: エクストロニックCVT

乗車定員:8名

AUTECH:3,223,800円

AUTECH V Package:3,350,160円

AUTECH Safety Package:3,517,560円

この中で、私が特におすすめするのは、「AUTECH SPORTS SPEC」です。

パワートレインは、e-POWERではなく、S-HYBRIDですが、下記に示す走りに徹した特別装備が、走りにうるさい私のハートをくすぐります。

「AUTECH SPORTS SPEC」の特別装備

「AUTECH SPORTS SPEC」の特別装備

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

  • 205/50ZR17 93Yタイヤ (MICHELIN PILOT SPORT 4)&  専用17インチダークグラファイトフィニッシュアルミロードホイール (17×6.5J)、インセット51、P.C.D:114.3(5穴)
  • 専用ボディ補強
    フロントクロスバー、フロントサスペンションメンバーステー、センタークロスバー、センターサブメンバー、センターサブメンバーブラケット、センターアンダーブレース、リヤクロスバー、リヤサブメンバー、リヤサブメンバーサポート
  • 専用サスペンション
    (スプリング、ショックアブソーバー、リヤ強化スタビライザー)
  • 専用チューニングコンピューター(ECM)
  • 専用車速感応式電動パワーステアリング
  • 専用VDC (ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む]、OFFスイッチ付)

これだけの特別装備を見ただけでも、ワクワクしちゃいます。

 ニスモモデルの新型セレナの特徴

ニスモモデルの新型セレナの特徴

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

ニスモは、日産のモータスポーツ部門をになっている連結子会社です。

「ニスモ」を冠する日産車は、カスタムパーツを組み込んであらゆる面をチューンしたコンプリートカーとなります。

ベースになったセレナハイウェイスターのフロントバンパー下部からリヤまで回り込んだ、ニスモテーマカラーの赤いラインが特徴です。

内装も黒を基調に、随所にテーマカラーの赤が配されています。

グレードは1つだけです。

(2WD)

エンジン: MR20DD-SM24

ミッション: エクストロニックCVT

乗車定員:8名

NISMO:3,424,680円

新型セレナのニスモは、オーテックと同じくパワートレインは、e-POWERではなく、S-HYBRIDです。

セレナニスモの特別装備

セレナニスモの特別装備

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

  • 205/50R17タイヤ (POTENZA Adrenalin RE003)&  専用17インチアルミロードホイール
  • 専用ボディ補強
    フロントクロスバー、フロントサスペンションメンバーステー、センタークロスバー、センターサブメンバー、センターサブメンバーブラケット、センターアンダーブレース、リヤクロスバー、リヤサブメンバー、リヤサブメンバーサポート
  • 専用サスペンション
    (スプリング、ショックアブソーバー、リヤ強化スタビライザー)
  • 専用チューニングコンピューター(ECM)
  • 専用車速感応式電動パワーステアリング
  • 専用スポーツマフラー

新型セレナで、選ぶならオーテックかニスモか

新型セレナで、「AUTECH SPORTS SPEC」にするか「NISMO」にするか、悩むところですね。

私的には、オーテックブルーのセレナのインパクトがググっときます。

でも、走りを気にする私は、「ニスモ」ブランドというブランドにそそられてしまいます。

価格的には、3,572,640円(オーテック)VS 3,424,680円(ニスモ)となり、ニスモのほうが少し安いですよね。

オーテックとニスモの特別装備を比較してみて、読者の方も気がついたと思いますが、ほとんど同じです。

まあ、そのへんの秘密は次に書くとして、タイヤがミシュランかブリジストンと言う違いと、アルミのデザインですかね~

私的に、ずばりおすすめは

「新型セレナ ニスモ」です。

新型セレナで、選ぶならオーテックかニスモか

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

なんと言っても、白基調に赤のアクセントラインの入った、ニスモが好きです。

私は、昔ブリジストンのタイヤアドバイザーの資格を持っていて、日本の風土には国産タイヤ信者ですから、当然ブリジストンを履いた、ニスモを選びます。

専用チューンの内容はほぼ同じなので、はっきり言って好みですよ。

まあ、あえて言うなら、

やんちゃな「ニスモ」、ダンディーな「オーテック」なので、私はやんちゃなニスモ一押しです。

日産のオーテックブランドとニスモブランドの違い

私の頭の中では

オーテックと言えば、福祉車両などのカスタムカーを作るブランド

ニスモと言えば、レーシングノウハウを市販車に投入するブランド

なんです。

まあ公式的に解釈すれば

オーテックは、走行性能に関する部分はニスモと共通化しつつも、従来からカスタムカーに特化してきたノウハウを生かして、プレミアム感の漂うスポーティーさを全面に押し出したブランド。

ニスモは、日産のモータースポーツ部門を担うノウハウを生かして、よりピュアなスポーツを全面に押し出したブランド。

と解釈すべきですね。

日産のオーテックブランドとニスモブランドの違い

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

新型セレナで言えば、ニスモはアルカンターラのステアリングホイールが装着された上に、RECAROのバケットシートがオプション設定されているなど、スポーツマインド全開です。

一方のオーテックでは、走りに関するプラットフォームはニスモと共用しながらも、セレナでは唯一となる本革シートが設定されて、よりプレミアム感が強調されています。

こうしてみると、オーテックとニスモの違いって、「ピュアスポーツのニスモ」「プレミアムスポーティのオーテック」と、はっきりと性格が異なるのが分かりますね。

セレナで言えば、走りに関するプラットフォームは共有しているわけですから、「オーテック」と「ニスモ」の特別装備が、ほぼ一緒という理由も良くわかりますね。

オーテックとニスモの違いが良くわかったので、この記事を読んでいる読者さんは、自分がどちらを選ぶべきかは、なんとなく見えてきたと思います。

もちろん、スポーツ志向の強い私は、当然ながら「ニスモ」ありきですね。

日産のオーテックとニスモをR32・R33の場合は「NISMOヘリテージ」

日産のオーテックとニスモをR32・R33の場合は「NISMOヘリテージ」

引用:http://www.nismo.co.jp/heritage_parts/

スカイラインGT-RのR32・R33における、オーテックとニスモの関係は、前述した新型セレナとはかなり違っています。

新型セレナに置いては、オーテックとニスモは、カスタムカーとして存在していますが、すでに販売を終了しているR32とR33に対して、カスタムカーとして新車販売をしているわけではありません。

実は、未だに人気のあるR32やR33のオーナーに対して、日産自動車とニスモとオーテックの3者が共同で製造廃止になった純正補修部品を再供給する「NISMOヘリテージパーツ」を販売しています。

この「NISMOヘリテージ」は、未だにGT-Rを乗り続けるユーザーに対して、少しでも長く乗り続けられるように、可能な範囲でサポートをしようというものです。

R32型のスカイラインGT-Rは1989年8月~1995年1月販売されたものですが、「NISMOヘリテージ」の第1弾として2017年12月に、「NISMOヘリテージパーツ」の販売が開始されました。

2018年11月には、1995年1月~1999年1月に販売していたR33型、1999年1月~2002年8月に販売していたR34型まで拡大されました。

GT-Rユーザーにとって心強いですね。

「NISMOヘリテージパーツ」では

  • 走行や車検に必要不可欠な重要部品
  • ウェザーストリップ
  • フロントバンパー
  • バンパーレインフォース
  • パワーウィンドウ スイッチ
  • ドアウィンドウ レギュレータ

など、おおよそ160部品にも及ぶパーツ供給で、GT-Rユーザーができる限り長く安心して乗れるような体制を設けています。

感激、やるな日産!

これで終わらないところが、私なんです。

AUTECH VERSION 40th ANNIVERSARY

実は、R33型GT-Rにも、オーテックのカスタムモデルが存在しました。

1998年1月〜1998年12月の1年間に販売された、カスタムモデルです。

4ドアからスタートしたGT-Rですが、R32型GT-Rからは、2ドアクーペを貫いているGT-R.

そこで、スカイライン誕生40週年を記念して、R33型GT-Rをベースに4ドア化した、オーテックバージョン 40thアニバーサリーを販売しました。

エンジンを始めとして主要なコンポーネントはR33型GT-Rをベースにして、4ドアセダンとして登場しました。

NISMO 400R

1997年4月に発売された、ニスモチューンの「NISMO 400R」。

この「400」というのは、400馬力を発揮するスーパーカスタムで、ニスモを冠するにふさわしいR33型GT-Rベースのカスタムカーです。

そしてコンセプトは「さらに高次元の走り」とされ、サーキットを始めワインディングロードに置いても最強の車です。

2.8リッターにボアアップしたエンジンと、専用のフルエアロ、HIDヘッドライト、LMフードやチタンマフラー、カーボン製のプロペラシャフト。

さらに、可変式のダブルウイングが装備された、「ニスモ」のレーシングノウハウを惜しみなく投入された1台です。

日産のオーテックとニスモをマーチで比べてみる

GT-Rで、バリバリ盛り上がった私ですが、ちょっと目線を変えて日産のコンパクトカーの中でも、エントリーモデルとも言える、マーチにターゲッティングしてみます。

マーチ(K13)は、現行のモデルで4代目となります。

還ジィは、4代目のマーチには乗っていました。

マーチは、4代目からタイでの生産に切り替わっていますね。

マーチ オーテック(ボレロ)

マーチ オーテック(ボレロ)

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/march/autech.html

マーチのオーテックバージョンは「マーチ ボレロ」というカスタムカーです。

マーチの場合は、基本のコンポーネントは一切変更せず、内外装をラグジュアリー志向でまとめた1台となっています。

マーチ オーテック(ボレロ)

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/march/autech.html

実は、このボレロには、「AUTECH 30TH ANNIVERSARY / MARCH Bolero(A30)」という特別限定車がありました。

AUTECH 30TH ANNIVERSARY / MARCH Bolero(A30)

AUTECH 30TH ANNIVERSARY / MARCH Bolero(A30)

引用:https://www.autech.co.jp/company/30th/a30/

オーテックジャパンの創立30週年の記念に、限定30台のみ発売されました。
※現在は、完売のため新車は購入できません。

このボレロA30 は、トレッドを広げオーバーフェンダーを装着し迫力の外観に加えて、ノートNISMOにも搭載されている1.6Lエンジンをチューニングし、しかも1基ずつ手組というから恐れ入ります。

お値段も、3,564,000円というから更に驚き。

中古でも、一度は乗ってみたい車ですね。

一般市販のマーチ ボレロって、見た目がラグジュアリーなだけのジェントルな車と思っていましたが、その中にたった30台とは言え、羊の皮をかぶった狼が紛れているんですね。

マーチ ニスモ/マーチ ニスモ S

マーチ ニスモ/マーチ ニスモ S

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/march/nismo.html

そして、マーチ ニスモ/マーチ ニスモ Sは、ニスモのレーシングテクノロジーを余すところなく注入したカスタムカーです。

エアロフォルムから足回り、パワートレインの全てにおいてファインチューニングが施されています。

マーチ ニスモ/マーチ ニスモ Sマーチ ニスモ/マーチ ニスモ S

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/march/nismo.html

普通に街乗りもこなすくせに、いざワインディングに突入すると、乗り手の意思を意のままに再現してくれる、このスポーツマインドの塊の様なマーチ ニスモ/マーチ ニスモ Sとなっています。

バックミラーに、その姿を捉えたら、たかがマーチと侮ってはいけない、そんな車なんです。

マーチ ニスモ:1,603,800円

マーチ ニスモ S:1,842,480円

マーチで選ぶなら、オーテックかニスモか

私がマーチで選ぶなら、AUTECH 30TH ANNIVERSARY / MARCH Bolero(A30)が、30台限定でなければ、迷わずこの1台ですね。

しかし残念ながら、今となっては手に入らないので、今選ぶなら「マーチ ニスモ S」ですね。

日産のエントリークラスのコンパクトカーながら、ガンガン走れるこの車。しかも200万以下といいう、リーズナブルな価格。

もう、迷うことはないですね。

まとめ

今回は、日産のカスタムカーブランドである、オーテックとニスモを代表する、セレナ、GT-R,マーチについて、その違いを明確に掘り下げてみました。

オーテックは、ラグジュアリー志向のブランド。

ニスモは、スポーツマインド志向のブランド。

というように、明確な棲み分けをしています。

私は、どちらかと言えば走りを優先したいので、当然ニスモ寄りの感覚で記事を書いてしまいましたが、この記事を読んだ読者の皆さんは、自分の趣向に合わせた、ブランド選びをしてもらいと思っています。

そんな読者の皆様に、少しでもお役に立てたなら幸いです。

この記事を書いた人

還ジィ 還暦を過ぎた、車好きだけどお気楽なオヤジがこの記事を書いています。メカニックでラリーストだったので、ちょっとこだわるときもありますが、お付き合いいただけると嬉しいです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1