スバルの新型アセントが日本発売か!?人気の3列シートが登場!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

スバルから海外向けに2017年11月のロサンゼルスモータショーでお披露目された「アセント」

2018年5月には生産ラインに1号車が乗りアメリカでは販売されている7人乗り~8人乗りのSUVなのですが、今回はこのアセントが日本導入がされるのかどうかについて考察していきましょう。

スバルの新型アセントは日本発売はいつなのか?

b6c4e006a2ec429a22c757134a6de9d8_s


スバルのアセントの日本発売を待っているという方も多いのではないでしょうか。

確かにアセントが日本発売されるという考察などが多くのメディアにおいて噂されているというのは良く目にしますよね。

車好きでSUV好きとの人に言わせると、大型SUVを国内でもラインナップするはず!という希望や、そうなってほしいという願望があるはずです。

そもそも日本での発売はあるのか?

ascent-004

https://www.subaru.com/vehicles/ascent/gallery.html

では、実際のところスバルのアセントは日本発売されるのでしょうか?

まずメーカーであるスバルの考えとしては、アセントはあくまでも北米目線での生産であって大きめのボディサイズになっているようです。そのボディサイズのせいで国内の消費者に受け入れられるかという事を、当初ネックに考えていたため国内販売は考えていなかったようです。

しかし、

アセントのコンセプトモデルが発表されるごとにボディサイズが縮小し徐々に国内向けのサイズになってきているように感じます。そう考えると日本発売の可能性は大いにあるのでは?と考えてしまいますよね。

更にもう一つ!

アセントが日本発売されるかどうかについて考察するにあたって情報に入れて置くべきなのが、エクシーガクロスオーバー-7の販売終了です。
K0000770392

http://kakaku.com/item/K0000770391/

今までスバルの7乗りモデルと言えばエクシーガクロスオーバー7だったのですが、販売終了をしたことでスバルの7人乗りの車種に穴が開いている状態です。

そう考えると、エクシーガクロスオーバー7が終了した穴埋めにアセントが日本発売されてもおかしい事ではないのではないかと考えられるのです。

日本での発売があるとすればいつ頃になるのか?

861e9389349082f1ad114f3715f795b4_s


では販売される時期として最も有力なのはいつなのかという事なのですが、もしも販売されるのであれば2020年3月ごろではないでしょうか。

そんなに先なのか?とがっかりしてしまった方も少なくはないでしょう。

これには理由があるのですが、アセントはそもそもトライベッカの後継として北米で販売されている車種です。
crsm0000000000

https://221616.com/car-topics/20070403-a34077/

トライベッカは2014に販売終了をした車種なのですが、4年間後続車を発売するまでに時間を有している事と、日本発売をするのであればしっかりと話題性や利益が出ると判断できなければならない事が挙げられます。

2020年はこの話題性や利益が出やすい時期になるのではないかと考えます。

1つは、エクシーガクロスオーバー7の終了から2年経過し、初回車検一年前という事もあり真新しいSUVで代替えを狙える事、そして、2つ目は、発売終了前にトライベッカを購入したユーザーには5年経過の方もいるという事です。

2020年3月ごろであればより多くの代替えを期待できるため、発売時の話題性を得る事もできますのでもしも国内発売されるのであれば2020年3月ごろが有力だと言えるのです。

スバルアセントとは?

ascent-009

https://www.subaru.com/vehicles/ascent/gallery.html

今回話題になっているアセントとはどのような車なのか、動画も見ながらチェックしてみましょう。

スバルアセントは2017年にロサンゼルスモーターショーで初公開されたスバルのラインナップの中で、最も大きなボディサイズの7人~8人乗りSUVです。

2018年夏に発売されて以来、4500台超えの北米では非常に注目度の高い人気のSUVとなります。

北米ではトライベッカをスバルは販売して今いたが2014年に販売を終了していて、今回トライベッカの後継車種としても非常に注目を浴びています。

アセントの特徴は何と言ってもボディサイズ! スバルのラインナップ内で一番の大きさでありその大きさを利用したファミリー層をターゲットとした車種になっています。

大きなボディサイズのおかげでゆとりのある室内空間を確保しており、7人乗り・8人乗りのミドルサイズSUVとして設定されています。

北米においてはミドルサイズの位置づけのアセントですが、国内市場で考えると最大級のSUVであるトヨタランドクルーザーとほぼ同じ大きさですので、国内市場で考えるとフルサイズSUVだといっても過言ではないでしょう。

そして、いったい国内販売されるとこれがいくらになるのか気になる所です。

スバル新型アセントの価格

5b82758ab84cbd3392483d4ec9214618_s

北米で販売されているスバルアセントに興味がある方ならば、やはりアセントの金額にも興味があります。

ですが、海外向けの車ってかなり金額が高いなんてイメージがあるという方も少なくはないのではないでしょうか。

そこでスバルアセントの価格をご紹介していきましょう。

スバルアセントのベース車両の新車価格は、3万1,995ドルです。

日本円にすると約350万円くらいになるようなのですが、あれ?意外と安い?と思った方も多いのではないでしょうか。

1192025

しかしあくまでベース車ですから、勿論この上があるわけですよね。

トライベッカの時には3~4万ドルでしたので、そう考えるとタイプや装備グレードによっては500万円程度の物もあるのです。

もしもこのアセントを日本で販売するのであれば、逆輸入という形になりますので、350万円では販売はされないでしょう。

コスト面を考えると2割増し程度で考えると良いのですが、もしもアセントが日本発売されたならば、410万円~という様な金額設定になる事は間違いないでしょう。

しかしレクサスLXが1000万円超と考えると、日本への逆輸入のコストを考えても非常に安く設定される可能性がある為、コストパフォーマンスにも期待できる車種ではないでしょうか。

国内のフルサイズSUVでなおかつ逆輸入のくるまが400万円から600万円と言うと、トヨタが少々青ざめてしまうかもしれませんね。

スバル新型アセントのエクステリアやインテリア

ascent-027

https://www.subaru.com/vehicles/ascent/gallery.html

国内でも販売を今か今かと待ち望まれているスバルアセントはどのようなデザインになっているでしょうか。

新型アセントの気になる3列シートは

ascent-029

http://blog.livedoor.jp/gburu_net-777/archives/1462214.html

スバルの新型アセントは3列シートでありながらしっかりと全ての席において広いゆとりのある空間を提供しています。

大型車ならではですよね。気になる3列シートもドリンクホルダーなどもしっかり装備されていますし、大人3名は少しきついですが、子供3名、大人2名(足元が少し気になりますが・・・)ならいけそうです!

新型アセントのインテリア

ascent-015

https://www.subaru.com/vehicles/ascent/gallery.html

シートにはレザーシートを設定し、デジタルインストルメント・クラスターとセンター・タッチスクリーンを採用した先進的なデザインになっています。

ボディサイズとエクステリアで力強さも

ascent-010

https://www.subaru.com/vehicles/ascent/gallery.html

ボディサイズは全長4,998mm、全幅1,930mm、全高1,819mmとなっています。

アセントはSUVである事から、バンパーパネルやサイドスカートをメタル調にし、クラッディングやルーフレールといったSUVさをしっかりと演出しています。

たまにバンパーなどもボディ同色が良いという方もいますが、メタル調にする事によってSUVとしての頑丈さや力強さをしっかりと演出しているのです。

beea2ca

アセントは2.4Lの4気筒水平対向直噴ターボエンジンが搭載されており、トライベッカよりも排気量が落ちていますが、ターボで補う事で6気筒を凌駕する動力性能と燃費性能を実現しています。

燃費はjc08モードで10km/ℓと大きさの割にはなかなかの燃費ではないでしょうか。

やっぱり日本発売して欲しい!

ascent-025

https://www.subaru.com/vehicles/ascent/gallery.html

乗車定員が7人もしくは8人ですので、ミニバンに飽きたファミリーにはオススメのSUVだと言えるでしょう。

北米をにぎわせたスバル新型アセントが日本発売されるかどうかは今後のスバルの見解による物が大きいでしょうが、欲しい・乗ってみたいと思う方は今後のスバルの公式発表を待ってみても良いのかもしれませんね。

また発売されなくても並行輸入を行っているディーラーが取り扱う可能性がありますので、今後のスバルの発表からますます目が離せないのではないでしょうか。

この記事を書いた人

ゴーヤマン
新人のディーラーにそそのかされ、外車に手を出し痛い目(数百万が水の泡・・・)に合うも、プロの中古車を扱う友人に助けられた経験を持つ男

キャッチ画像引用:https://www.subaru.com/vehicles/ascent/gallery.html

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1