RVR中古車・4wdを探すなら!どんな車がいい?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

隠れた名車の一つとも言われている三菱RVR。

2018年には安全装備を強化し、ますます魅力的なSUVとなりましたが、モデル末期だからこそ狙いたいのが中古車です。

三菱RVRを中古で買おうと考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、三菱RVRの中古車について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

予算別のRVR中古車・4wdはどんな車がある?

exterior_02

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/rvr/

まず三菱RVRの中古車の相場をご紹介します。

中古車としてのRVRは相場いくらぐらいで売られているのでしょうか。

ここでは大手検索サイトを使い調査したRVRの中古車市場を以下にまとめました。

カーセンサー:中古車価格 129.8万円 中古車相場 9.2万円~224.0万円
グーネット:中古車価格 91.4万円 中古車相場 9.2万円~224.0万円
ナビクルcar:中古車価格 91.4万円 中古車相場 9.2万円~224.0万円



最高価格は224万円と新車とほぼ変わらないRVRですが、こういった車は大抵が新古車もしくは初年度登録から1年未満の中古車ですからあまり気にする必要はないでしょう。

exterior_03

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/rvr/

ではここからは、予算別に三菱RVRのおすすめ中古車をご紹介します。

200万円以下

200万円以下となると、中古車としてはなかなか高額な部類に入りますから、それ相応の良質なRVRが欲しいところですね。

200万円以下でRVRの中古車を探している方には「展示車」「試乗車」がおすすめです。

その理由は「新車とほぼ変わらないサービス・保証が受けられる」「新車価格より安く購入できる」の2つです。

展示車や試乗車は、年式が新しく走行距離は短めですから状態はかなり良いです。

恐らくないとは思いますが、修復歴の有無も必ず確認するようにしましょう。

上手くいけば150~160万円台からの購入も可能です。

200万円前後になるとオプションが充実しているモデルが多くなるでしょう。

exterior_01

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/rvr/

150万円以下

RVRの150万円以下中古車を探すなら「現行モデルの中期型」がおすすめです

その理由は、「中古車在庫が豊富」「オプションが豊富で上位グレードも狙える」の2つです。

現行モデル中期型は、年式だと2012~2017年となります。

走行距離3万km前後を目安に、修復歴の有無をきちんと確認した上で選ぶのが良いでしょう。

特にスポーツモードは軽快な走りで、SUVでも走りが楽しめる仕様ですからおすすめです。

また悪路走破性の高い4WDが良いでしょう。

この条件ならば100万円程度で購入することも可能です。

150万円前後になるとオプションも豊富で中にはフルオプションモデルやワンオーナー車などを狙うこともできますよ。

スポンサーリンク

RVR中古車を購入する上で外せないおすすめポイント

15428586401643421364772006711334

三菱RVRを中古車で購入するうえで外せないおすすめポイントは次の3つです。

おすすめポイント①上級車種と同レベル以上のインテリア

三菱RVRの大きな魅力となっているのがインテリアの質感です。

現行モデルである3代目RVRは特にインテリアに力を入れておりアウトランダーと同レベル以上にしているほど上質な仕上がりとなっています。

ダッシュボードにはソフトパッドを採用し、シートにはエンボス加工、ドアにはステッチをあしらうなど、随所にこだわりが感じら車となっています。

interior_01

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/rvr/

低価格帯の車では素材にプラスチックを多用している傾向が強いですが、RVRはロープライスモデルでも、プラスチックを多用せず上質なインテリアに仕上げています。

特に現行モデルは質が高いですから、中古車でも安くて良いRVRを探しているなら現行モデルのRVRがおすすめです。

おすすめポイント②高い走行性能

RVRは高い走行性能も魅力の一つ。

特に3代目RVRは、1.8L「MIVEC」エンジンを搭載しており、これはギャランフォルティスと同じ仕様です。

排気量こそ小さいですが、RVRの車重は同シャシーを採用したアウトランダーよりも130kg以上軽いのです。

身軽なボディだからこそ、スペックからは想像もつかないほど軽快かつトルクフルな走りを実現しています。

軽快な走りができるSUVを求めている方にも三菱RVRはおすすめです。

おすすめポイント③取り回しやすい

15430490551721277259541698614438

SUVと聞くと取り回ししにくそうというイメージを持たれる方が多いです。

そのため、乗りたいけどためらってしまう方も多いみたいですね。

しかし、コンパクトサイズのRVRなら取り回しやすいサイズだから安心です。

日本の道路事情を考えれば、ストレスなく走るには軽自動車やコンパクトカーが最適。

先代よりもやや大きくなった現行3代目RVRでも、全幅は1,770mm以下におさえられているので狭い駐車場でも安心。

扱いやすく取り回しやすいSUVを求めている方にも三菱RVRがおすすめです。

スポンサーリンク

RVRを購入する上で注意してほしいこと

1e5c338a85b424a029ec24a7eaefeb71_s

最後に三菱RVRを中古で購入する上での注意点をご紹介します。

【展示車・試乗車は希望通りにいかない】

低価格で状態が良いモデルを狙うなら展示車や試乗車がおすすめと解説しました。

しかし、展示車や試乗車は現車のみとなるのが普通ですから、自分が希望するボディカラーやオプションが付いているとは限りません

15430436366936932455881275915078

新車だと、自分の希望通りにできますが、いくら新車に近いとされる展示車・試乗車でも、所詮は中古車。

今ある中から自分の条件にあうRVRを選ぶしかないのです。

また、展示車や試乗車は客寄せのために必要以上にオプションが付いていることもありその分価格が高めになる可能性が高いです。

オプションは必要最低限でいいと言う人にはデメリットと言えるでしょう。

RVRに求める条件が多いなら中古車ではなく新車を買うほうが良いでしょう。

【修理費用が高額になることも】

15429549414805362166157181778625

三菱RVRの3代目は中古車でも人気で、特に前期型なら100万円以下で購入することも可能です。

100万円以下で良質なRVRを買えるのは嬉しい限りですが、RVR自体は新車販売台数はそれほど多くないです。

年間でもおおよそ2,000台の売れ行きで、ライバル車に大きな差を付けられています。

販売台数が少ない車は、中古のパーツがあまり出回っていません

万が一、ぶつけたり破損して修理するとなったときでも中古のパーツがなければ新品のパーツを使うしかなく、当然価格は高くなります。

中古のパーツが少ないRVRは修理費用が他のSUVよりも高額になる傾向にあるので、購入後はそういったリスクも有ることを頭に入れておくと良いでしょう。

【年式によって仕様が違う】

15444448564451263361851448545205

これは特に現行モデルの中期型RVRを狙っている方に言えることです。

三菱RVRはロングライフモデルであるため、中期型は3度も改良が施されています

そのため、同じ中期型でも年式によって仕様が違っています。

特に2014年式は大幅改良となっているので、その前の年式とは比べ物にならないくらい変更されていると言っても過言ではありません。

当然ながら、年式が新しいほど機能や装備は良いものになっていますから、RVRの中期型を中古で買う場合は特に年式をよく確認してから購入を決めるようにしましょう。

以上、三菱RVRの中古車情報についてでした。

三菱RVRは決して人気車種とは言えませんが、ユーザーからの評価や満足度は高い「隠れた名車」の一つです。

中古車市場ではお得なモデルも多く眠っているでしょうから、ぜひ発掘してみてください。

アイキャッチ画像の引用:引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/rvr/

この記事を書いた人

よっちん
車の空間が大好きです。

1人でいる時の空間、家族でいる時の空間。

何か?ホッとします。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1