新型ランドクルーザープラドのスペック紹介! 特徴や性能は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの新型ランドクルーザープラドのスペックはどうなっているでしょうか?

新型ランドクルーザープラドのスペックや、特徴などまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

ランドクルーザープラドのグレード

トヨタの本格派4WD SUVランドクルーザープラドには直列4気筒2.8Lコモンレールクリーンディーゼル車と直列4気筒2.7Lガソリン車を合わせて、特別仕様車を含め4グレード9車種がラインナップされています。

全て4WDになります。

それぞれのグレードによって標準仕様として装備されているものが異なりますので、それぞれのスペックを説明していきましょう。

ランドクルーザープラドのグレード

ディーゼル車
TZ-G(7人乗り)
TX “Lパッケージ・G-FRONTIER” (7人乗り) ※特別仕様車
TX “Lパッケージ” (7人乗り)
TX(5人乗り)

ガソリン車
TX “Lパッケージ・G-FRONTIER” (7人乗り) ※特別仕様車
TX “Lパッケージ” (7人乗り)
TX “Lパッケージ” (5人乗り)
TX(7人乗り)
TX(5人乗り)

TX Lパッケージ・G-FRONTIERTX “Lパッケージ・G-FRONTIER”

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/grade/special/?padid=ag341_from_landcruiserprado_grade_special__1608

スポンサーリンク

外装・エクステリア

ランドクルーザープラドの外観・エクステリアは上級グレードであるTZ-GやTX “Lパッケージ・G-FRONTIER”ではかなりの装備が標準で付いています。

LEDヘッドランプ

夜間走行に不可欠なヘッドランプについてはTZ-GやTX “Lパッケージ・G-FRONTIER”には標準でLEDヘッドランプが装着されています。

TX “Lパッケージ” とTXではメーカーオプションで装着することができます。

LEDヘッドランプLEDヘッドランプ

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/grade/

18インチアルミホイール

クルマの足元を飾るアルミホイールですが、TZ-GやTX “Lパッケージ・G-FRONTIER”には標準で18インチアルミホイールが装着されています。

TX “Lパッケージ” とTXでは17インチアルミホイールが装着されています。

特にTX “Lパッケージ・G-FRONTIER”に標準装備されている18インチアルミホイールはスーパークロームメタリック塗装が施されていてとても格好いいです。

TX “Lパッケージ・G-FRONTIER”専用アルミホイールTX “Lパッケージ・G-FRONTIER”専用アルミホイール

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/grade/

TZ-G専用アルミホイールTZ-G専用アルミホイール

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/grade/

ラジエターグリル

ランドクルーザープラドの顔ともいえるラジエターグリルは全車共通でクロームメッキ&シルバー塗装が施されたものが装着されています。

ランドクルーザープラドらしい厳つい表情を際立たせています。

ラジエータグリルラジエターグリル

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/grade/grade1/

スポンサーリンク

内装・インテリア

ランドクルーザープラドの内装・インテリアはとても高級感のある造りになっています。

内装色はブラックとアイボリー系のフラクセンの2種類が選べます。

特別仕様車TX “Lパッケージ・G-FRONTIER”は専用の内装が設定されています。

こちらも高級感のあるデザインになっています。

シート

非常にシンプルですが高級感を醸し出しているのがシートです。

TX以外の上級グレードではシート地に本革が使われていますので、座り心地がとてもいいです。

シートカラーは特別仕様車TX “Lパッケージ・G-FRONTIER”以外のグレードで、ブラックとアイボリー系のフラクセンの2種類が選べます。

特別仕様車TX “Lパッケージ・G-FRONTIER”はブラックしか設定されていませんが、シートがブラックとレッドウッドのツートーンになっていますので、さらに高級感が増します。

TZ-G内装TZ-内装(ブラック:本革)

TX “Lパッケージ”内装TX “Lパッケージ”内装(フラクセン:本革)

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/interior/seat/

TX “Lパッケージ・G-FRONTIER”内装TX “Lパッケージ・G-FRONTIER”内装(ブラック:本革)

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/grade/special/?padid=ag341_from_landcruiserprado_grade_special__1608

快適温熱シート

TXを除くグレードで、快適温熱シートが標準装備されています。

寒い冬時のレジャーで強みを発揮します。

すぐにシートが温まりますので、本革シートの欠点である座った瞬間の冷たさを感じることはありません。

快適温熱シート快適温熱シート

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/grade/

⇒ 新型ランドクルーザープラドを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

走行性能

2.8Lコモンレールディーゼルエンジン

ランドクルーザープラドにクリーンディーゼルが復活しました。

このエンジンは450N/mという太いトルクを有していますので、軽いアクセル操作で機敏な加速を見せてくれます。

特に高速走行時の追い越しなどにはまったくストレスを感じさせない加速感を味わえます。

また、このエンジンは燃費性能も兼ね備えています。

カタログ燃費では11.2km/Lから11.8km/Lなのですが、実燃費がカタログ燃費を超えることもしばしばあります。

非常に完成度の高いエンジンです。

ディーゼルエンジン2.8Lコモンディーゼルエンジン

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/performance/engine/

センタークラスターモジュールスイッチ

4WDおよびサスペンション類のスイッチを運転中に操作しやすいセンターコンソール下に集約しています。

非常に操作性の良いデザインになっています。

マルチテレインセレクト(TZ-Gにオプション装備)やクロールコントロール(TZ-Gにオプション装備)のスイッチがあります。

夜間には間接照明が点灯しますので夜間でも操作性は抜群です。

このスイッチでの操作一つで悪路走行に適したモードに変更できます。

サスペンションが下から突き上げる衝撃を全て吸収してくれるので、非常に乗り心地を良くしてくれます。

本格派4WDでは必需品と言えます。

センタークラスターモジュールスイッチセンタークラスターモジュールスイッチ

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/performance/performance/

マルチテレインセレクト

この装備はTZ-Gにメーカーオプションで設定されています。

タイヤの空転によるスタックや駆動力不足により失速が起こりやすいぬかるみなどの路面に応じた走行支援を選択できるシステムです。

5つのモードから選択できます。

ドライブトレインマルチテレインセレクト

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/performance/performance/

安全装備

プリクラッシュセーフティシステム

前車との車間距離を適正に保つレーダークルーズコントロール(TZ-Gでオプション装備)と、接近しすぎた場合に警告を発してくれるプリクラッシュセーフティシステム(TZ-Gでオプション装備)ですが、これらが装備されていると非常に安心です。

特にプリクラッシュセーフティシステムは将来の自動運転につながる重要なシステムです。

プリクラッシュセーフティーシステムプリクラッシュセーフティシステム

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/safety/active/

レーダークルーズコントロールレーダークルーズコントロール

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/safety/active/

スポンサーリンク

ETC

ETC2.0ユニット

現在では搭載しているのが当たり前のようになったETCユニットです。

全車でディーラーオプションとなります。

最近では高速道路の料金所だけでなく、駐車場などでも利用できるところが増えているので、あるととても便利なアイテムです。

ナビと連動して、高速道路・一般道の交通渋滞情報をキャッチします。

先進機能で安心・安全なドライブをサポートします。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク