ハスラーの内装はオシャレ!カラーの種類や組み合わせ、収納や荷室の大きさを徹底調査!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

軽トールワゴンとSUV、両方の要素を取り入れたスズキ・ハスラー。

軽自動車に求められる使い勝手の良さにプラスしアウトレジャー目的にも使用可能という全く新しいジャンルの軽自動車として2014年1月に発売が開始されました。

様々な用途に使用する事が出来るハスラーですが、最も特徴的な要素はデザイン性の良さではないでしょうか?

「カワイイ」 「オシャレ」 など非常に高い評価を得ている車となっており、内装も非常にカラフルで独特です!

そんなハスラーの内装に迫っていきましょう!

ハスラーの内装色の種類と組み合わせは?

非常にオシャレな内装が特徴的なハスラー!

インパネに採用されているカラーは「アイボリー」「イエロー」「カーキ」の3種類展開となっており、どの色を選択しても他の車ではなかなか見ることが出来ないカラフルな作りとなります。

s_img01
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/
s_img03
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/
s_img02
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/

様々な内装色を用意しているハスラーですが、インパネのカラーはボディーカラーによって変更され、その組み合わせは以下の通りです!

■アイボリー
フェニックスレッドパール
パッションホワイトオレンジ
ブリスクブルーメタリック
チアフルピンクメタリック
ムーンライトバイオレットパールメタリック
クールカーキパールメタリック
ブルーイッシュブラックパール3
シフォンアイボリーメタリック
ピュアホワイトパール
スチールパールメタリック

■イエロー
アクティブイエロー

■カーキ
クールカーキパールメタリック

かなり数が多くてどのボディカラーでどの内装色となるのか判断するのが大変そうですね!

そんな人にお伝えしたいボディーカラーと内装色の見極め方があります!

その方法が、「ボディーカラーがイエローとカーキの場合はボディーカラーと同じ色に、それ以外のボディカラーだとアイボリー」という判別方法です。

ただし、「ブラックインテリアパッケージを選んだ場合はインパネがブラック」「Aグレードはボディーカラーに関係なくアイボリー」という例外があります!

最上級グレードであるJもしくはJターボのみで選択できる「ブラックインテリアパッケージ」では内装色がブラック一色になっています。

s_img10
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/

シックで落ち着いた印象を与えるカラーですが、ハスラー最大の特徴であるカラフルな内装が失われてしまいますので、「内装をオシャレにしたい!」と考えている人は注意が必要ですね!

また、廉価グレードのAはどのボディカラーを選んでもインパネのカラーはすべてアイボリーになる為、インパネにアイボリー以外を選択したい人は別のグレードを選択する必要があります。

ハスラーのシートカラーや素材は?

では次にハスラーのシートを見て行きましょう!

ハスラーはのシートには「シートパイピング」と言われているパイプ状の縁取りの装飾が施され、この装飾も3色展開となっています。

s_img06
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/
s_img08_waifu2x_art_noise1_scale_tta_1
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/
s_img07_waifu2x_art_noise1_scale_tta_1
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/

パイピングに使用されているカラーはインパネの内装色と同色となっており、車内全体に統一感を演出するのに一役買っていますよね!

また、迷彩をイメージさせられるデザインが施され、非常に特徴的なシートとなっています。

私用されている素材はファブリックとなっており、耐久性と通気性に優れていますのでSUVには最適です。

標準装備されているシートはオシャレな装飾やデザインとなっており、ハスラーにピッタリのシートになっています!

JとJターボで選択できる「ブラックインテリアパッケージ」をオプションとして選択した場合は、デザインは迷彩柄ではなく無地に変更されシート素材もレザー調&ファブリックシート表皮となります。

s_img09
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/

その結果、標準装備されているオシャレなシートとは異なり落ち着いた雰囲気と高級感が演出されていますよね!

さらに通常のシートと形状が微妙に異なっており、座面がモモをホールドするように設計され、疲れを軽減することが出来ます。

ロングドライブが多い人はJグレードを選び、乗り心地の良いブラックインテリアパッケージをチョイスするのも良いかもしれませんね。

ハスラーの収納は?

SUV要素も兼ね備えているハスラーにはたくさんの収納グッズが装備されています。

まずは運転席付近を見てみましょう!

運転席付近のインパネにはアンダートレーやポケットが用意されており、細々した物を収納するのに非常に適しています。

s_img16_waifu2x_art_noise1_scale_tta_1
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/
s_img15_waifu2x_art_noise1_scale_tta_1
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

助手席側の収納スペースは非常には徴的な物となっており、インパネボックスは収納以外にもテーブルとして使用することが可能です。

s_img09_waifu2x_art_noise1_scale_tta_1
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

あまり見ることが無い装備となっており、車内で食事を取りたいときは非常に便利ですよね。

また、インパネボックスとグローブボックスの間にはインパネトレーが付いておりティッシュボックスなどを収納できます。

s_img11_waifu2x_art_noise1_scale_tta_1
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

「ハスラーの助手席は食事をする事を念頭においているのか?」と想像してしまいそうな作りとなっていますね!笑

さらに面白いのが助手席シート下に存在する収納スペース。

s_img22_waifu2x_art_noise1_scale_tta_1
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

床下収納を思い起こさせるような作りであり、この様な作りが採用されている車はかなり珍しいですよね!

奇抜な装備ですが靴2足分程度のスペースがありますので、使い勝手は非常に良さそうです。

収納スペースではありませんが、ハスラーの助手席には「助手席シートバックテーブル」という機能が採用されており、助手席を折りたたむことでテーブルに変化します。

s_img08_waifu2x_art_noise1_scale_tta_1
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

大き目のテーブルとなっているので様々な場面で活躍が期待できますよね。

ただし、この機能はAグレードには採用されていませんので注意しましょう。

ハスラーの助手席側の収納スペースや装備を見てきましたが、非常にユニークな仕掛けが施されている事がよく解るのではないでしょうか?

その他にもフロントアームレストボックスやフロントドアポケット、センターロアポケットなど様々な収納スペースを確保してくれています。

当然、ドリンクホルダーも随所に設置され、ハスラーには多くの収納スペースがあり、使い勝手の良い車となっています。

ハスラーのラゲッジスペースは?

次にハスラーのラゲッジスペースについて見て行きましょう。

ハスラーのラゲッジスペースはハスラーの荷室のサイズは高さ900mm・幅1010mm・奥行き290mmとなっており、軽自動車としては十分なスペースを確保してくれています。

また、ハスラーの後席はスライド式となっているので、奥行きが450mmまで拡張することも可能です。

さらに、ハスラーの後席は左右で分割できますの助手席側を折りたたむ事によってサーフボードやスノーボードのようなかなり長い荷物を持ち運ぶことも出来ます。

s_img02_waifu2x_art_noise1_scale_tta_1
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

実際にこのような使い方をしているドライバーの方は多いようですね。

ハスラーは様々なシートアレンジを使用することでアウトレジャーに必要な荷物を運ぶことが十分可能となっており、非常に積載性能が高い車となっています。

また、ラゲッジの素材にプラスチックを使用する事で汚れを簡単に拭き取ることができて大変便利です。

s_img07_waifu2x_art_noise1_scale_tta_1
引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

アウトドアではどうしてもラゲッジスペースが汚れることが多いので、その点に配慮した仕様となっていますね。

ただし、この作りは廉価版のAグレード以外のものとなっていますので、アウトレジャーにハスラーを使おうと考えている方は注意してくださいね。

ハスラーの内装についてまとめると

今回はハスラーの内装についてまとめてみました。

ハスラーの内装で最大の特徴となっているインパネのカラーですが、基本的には3色展開となっており、どの色も非常にオシャレな雰囲気を演出してくれます。

また、「ブラックインテリアパッケージ」を選択した場合はシックで落ち着いた雰囲気の内装となります。

インパネのカラーは例外を除いてボディーカラーによって決定し、その組み合わせは以下の通りです。

ボディ:イエロー⇒インパネ:イエロー
ボディ:カーキー⇒インパネ:カーキ
ボディ:それ以外⇒インパネ:アイボリー


また、例外として

ブラックインテリアパッケージではブラック
Aグレードはアイボリー


となっています。

シートには「シートパイピング」と言われているパイプ状の縁取りの装飾が施されており、インパネのカラーと同じ色となっています。

非常にオシャレな内装が特徴的なハスラーですが、多くの収納スペースを確保していることでも知られており、助手席のシート下の空間まで有効活用されていました。

また、ラゲッジスペースも軽自動車としてはかなりの空間が確保され、シートアレンジによってはサーフボードのような大きな荷物も十分に運ぶことが可能です。

軽自動車初となるSUVとしての役割を十分に果たす事ができる内装となっていますよね。

ハスラーの内装はデザイン性と実用性が両立しており、どの様な使用方法にも対応可能なものとなっていました。

キャッチ画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

この記事を書いた人

桃鉄@稚内
車やバイクが好きな30代男性。
知らない土地に行き色々な風景を見るのが趣味。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1