ヴェルファイアのタイヤサイズは何インチがおススメ?イチ押のタイヤも紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

トヨタの人気大型ミニバン「アルファード」の兄弟車として2008年に登場したヴェルファイア。

発売開始から7年後の2015年1月に現行型である30系にフルモデルチェンジしました。

開発コンセプトである「GRANDELUXE 最高の質的贅沢を極めるクルマ」が示すように、洗礼され「ラグジュアリーミニバン」という名に恥じないインテリアと男らしくかっこいい迫力のエクステリアが特徴的です。

まさにコンセプト通りの車ですね。

そんな高級乗用車であるヴェルファイア!

カッコいい車を購入したらカスタムしたい考える人は多いと思います。

そして、カスタムの基本はとなるのはタイヤ!

ヴェルファイアにはどのタイヤサイズがピッタリなのでしょうか?

ヴェルファイアのタイヤサイズについて検討してみましょう。

ヴェルファイアにおススメのタイヤサイズは?

fdb951d0db96d7ff0b707cf90c1d11e4_s

現在ヴェルファイヤが選択できるトヨタ純正のタイヤサイズは以下の3種類。

・「215/65R16」
・「225/60R17」
・「235/50R18」


このタイヤサイズからおススメしたいのは「225/60R17」です!

では何故このサイズをおススメしたのか理由を記載していきたいと思います。

ヴェルファイアに「225/60R17」をおススメした理由は?

99b058952d2ed5b19ffcd1347c1fbdfa_s

ヴェルファイのタイヤサイズに何故「225/60R17」がおススメなのか?

その理由は「見栄え」「静粛性」「経済性」を総合的に考えた結果、「225/60R17」のタイヤサイズが最もバランスが取れている為です。

では、各項目を詳しく見てみましょう!

ヴェルファイアのタイヤサイズによる見た目は?

s_carlineup_vellfire_exterior_top_features_01-01
引用:https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

まずは「見栄え」から。

現行モデルのヴェルファイの「HYBRID X」と「X」グレードには16インチのタイヤである「215/65R16」が装備されています。

カスタムでタイヤサイズの変更を考えた事がある人なら聞いたことはあると思いますが、タイヤサイズによって見栄えがかなり変わってしまいますよね。

特にヴェルファイアのような圧倒的ド迫力のエクステリアが特徴の車はその影響が大きいです。

実際に「215/65R16」が装備されている「HYBRID X」と「X」グレードの外観を見てみましょう!

s_16インチ」
引用:https://toyota.jp/vellfire/grade/x/?padid=ag341_from_vellfire_grade_x_thumb

写真を見ていただいたら解るように大きなボディに対しタイヤが少し小さく感じてしまい、ヴェルファイアのダイナミックな外観が薄れてしまっていますよね。

s_18インチ
引用:https://toyota.jp/vellfire/grade/z/?padid=ag341_from_vellfire_grade_z_thumb

こちらは18インチのタイヤを装着しているグレードです。

タイヤサイズが大きくなり、足元の力強さが増していることがハッキリと解るのではないでしょうか?

せっかくヴェルファイに乗るんですから、ヴェルファイアの特徴であるダイナミックなエクステリアを損なうようなタイヤサイズは避けたほうが良いですよね!

この点から考え、ヴェルファイアのタイヤサイズに「215/65R16」を使用するのはおススメしません。

ヴェルファイアのタイヤサイズによる静粛性は?

s_carlineup_vellfire_interior_top_mv_pc
引用:https://toyota.jp/vellfire/interior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_interior

次に静粛性について考えてみましょう。

高級車となると車内の静粛性も評価のポイントとなっていきます。

タイヤはサイズを小さくすると扁平率が高くなり、結果として厚みが増していきます。

そして、タイヤの厚みが大きければ大きいほど地面からの衝撃を吸収し、ロードノイズも減少するので乗り心地があがると同時に静粛性も高くなるのです。

ヴェルファイアはダイナミックな外観も特徴的な車ですが、高級ホテルのようなインテリアも最大の持ち味の1つ!

そのような車に雑音の多い車内は似合わないですよね!

IMG_0845

乗り心地や静粛性が高いことで、同乗者となる家族や友人も喜び、「またこの車に乗りたい!」と考えてくれることは個人的にはスゴク幸せな事であり、「ヴェルファイアを購入して良かった!」と思えるのではないでしょうか?

この点から考えて、「235/50R18」 よりも「225/60R17」をおススメしたいと思います。

ヴェルファイアのタイヤサイズによる経済性は?

5b82758ab84cbd3392483d4ec9214618_s

では最後にヴェルファイアのタイヤサイズによる経済性を考えてみましょう!

当然のお話ですが、タイヤはサイズが小さければ小さいほど価格は安くなります。

ヴェルファイアが高級車と言えど、可能な押さえられる維持費は抑えたいですよね。

ちなみに新品タイヤの溝は約8mmで、この溝は5000kmの走行で1mm減少すると言われています。

道路交通法からタイヤの溝は1.6mm以上必要と言われており、約32000km走行走行すると新品タイヤの溝は1.6mmになる計算です。

この事から考えて、ミニバンであるヴェルファイアをファミリーカーとして使用し、家族で頻繁に旅行などに行く人はかなり年間の走行距離が長くなりますので、当然タイヤ交換の頻度は高くなりますよね。

ミニバンであるヴェルファイアの使用方法やタイヤサイズの大型化による維持費の高上という点から18インチのタイヤサイズより、17インチのタイヤを選ぶほうが経済性は高いでしょう。

ヴェルファイアにイチ押しのタイヤは?

眼鏡男性

ヴェルファイアにおススメのタイヤサイズの次はイチ押しのタイヤについて紹介したいと思います。

まず、前提としてヴェルファイアの様なミニバンにはミニバン専用のタイヤが存在しますので、このタイヤを使用しましょう。

ミニバンは車の性質上、車体重が重く車高が高い為、カーブ時にふらつく、タイヤの外側が磨り減りやすい、燃費が悪くなるというデメリットが生じてしまいます。

この問題を解決する為に登場したのがミニバン専用のタイヤ。

このタイヤには

・ふらつきを抑える
・タイヤ外側の磨耗を抑える
・安定性が向上する
・燃費が向上する


などの特徴があり、ミニバンのデメリットを解消する為に一役買ってくれているんです。

その為、ヴェルファイアにもミニバンタイヤを装着することをおススメします。

では、ミニバンタイヤの中でもヴェルファイにおススメしたタイヤを紹介しましょう!

トーヨータイヤ「TRANPATH LuⅡ」

ヴェルファイアにおススメしたいタイヤはトーヨータイヤから発売されている「TRANPATH LuⅡ」。

業界初のミニバンタイヤを発売したトーヨータイヤから発売されておりミニバン用のタイヤであり、その中でも「TRANPATH LuⅡ」はラグジュアリーミニバン専用のタイヤとして発売されています。

高級なインテリアが特徴的なヴェルファイアにはピッタリですよね。

「ハンドルが軽くなった感じがする!」、「前のタイヤよりもグリップ性能が上がった!」、「走りが軽い!」という口コミが多いこのタイヤですが、特筆すべきは「静粛性」!

「とにかく静か!」という声が非常に多く、静かな車内を作り出すのには最適です。

「ラグジュアリーミニバン専用タイヤ」「静粛性の良さ」などの点から「TRANPATH LuⅡ」はヴェルファイにうってつけのタイヤとなっています。

ヴェルファイアのタイヤサイズについてまとめると

53e0d72ad9bae4b1e39c3b1c6bf377dd_s
今回はヴェルファイアのタイヤサイズについて調べてみました!

トヨタ純正のタイヤからヴェルファイアで選択できるのは「215/65R16」「225/60R17」「235/50R18」の3種類となっており、「見栄え」「静粛性」 「経済性」の3点から「225/60R17」をおススメしたいです。

もちろん、見栄えを重視したいから「235/50R18」を選択する、経済性を第一に考え「215/65R16」を選ぶという考え方もありだとは思います!

しかし、「見栄え」「静粛性」「経済性」全てを平均的に満たしているのは「225/60R17」だけです。

その為、全ての点を考慮し得てタイヤサイズを考えたい人にとって「225/60R17」は非常におススメしたいタイヤとなっています。

カスタムを考えているけどどのタイヤサイズにするかまだ決まっていない、「見栄え」「静粛性」「経済性」全ての点を網羅したいと考えている人は、「225/60R17」を選択して欲しいです!

キャッチ画像引用:https://toyota.jp/vellfire/performance/?padid=ag341_from_vellfire_navi_perf

この記事を書いた人

桃鉄@稚内
車やバイクが好きな30代男性。
知らない土地に行き色々な風景を見るのが趣味。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1