ヴェルファイアvs2シリーズグランツアラー徹底比較!維持費や燃費検証。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ミニバンと言えばファミリカー色が強く実用性に長けた車というイメージが強いですよね。

しかし、そんなミニバンでもちょっとばかり贅沢してプレミアム仕様を選びたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

プレミアムミニバンの代表格と言えばトヨタヴェルファイアでしょう。

そして、それを迎え撃つのは伝統以上に実用性を重視したBMWの2シリーズグランツアラーです。

今回はこの2車種を徹底的に比較していきたいと思います。

どっちを選ぶか迷われているならぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ヴェルファイアvs2シリーズグランツアラー 価格比較

15432368853188430377342712836585

まずはトヨタヴェルファイアとBMW2シリーズグランツアラーの価格を比較しみましょう。

【トヨタヴェルファイア】
337.6万~750.2万円

【2シリーズグランツアラー】
413万~512万円

carlineup_vellfire_exterior_top_mv_pc

引用:https://toyota.jp/vellfire/?padid=ag341_from_vellfire_navi_top

トヨタヴェルファイアは、意外にも300万円台から購入が可能なモデルです。

「絶対400万円以上すると思ってた」

なんて声もちらほら見かけるのですが、実は300万円台から乗れるミニバンなんですよ。

一方、BMW2シリーズグランツアラーは下位グレードでも価格は400万円超え。

この点ではトヨタヴェルファイアとの大きな違いですね。

だからといって、ヴェルファイアがお買い得かと言われるとその点は判断が難しいところ。

cq5dam.resized.img.1680.large.time1513899776533

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/2018/at-a-glance.html

そもそもトヨタヴェルファイアはLLクラスミニバンに位置するのに対し、BMW2シリーズグランツアラーは国産ミニバンで言えばMクラスレベルに位置します。

サイズ感で言えばベルファイアにお買い得感がありそうですが、あくまでも下位グレードで見た場合です。

上級モデルになると700万円を有に超えますから、やはり下位グレードと上位グレードでは大きな違いがあり、そう考えると単純にはお買い得とは言えませんね。

何せトヨタヴェルファイアは、グレード間の価格差が400万円もあるわけですから・・・。

これに対し、BMW2シリーズグランツアラーのグレード間の価格差は100万円以下。

ヴェルファイアに比べれば価格差は小さいですから、選びやすいですよね。

スポンサーリンク

ヴェルファイアvs2シリーズグランツアラー 維持費比較

carlineup_vellfire_interior_top_mv_pc

引用:https://toyota.jp/vellfire/?padid=ag341_from_vellfire_navi_top

ミニバンに乗る上で決して無視できないのが維持費ですね。

維持費があまりにも高い車はファミリーカーとしては向きませんから、こちらもきちんと比較してみましょう。

【トヨタヴェルファイア】
車検費用:41150円
任意保険:48000円
ガソリン代:123457円
重量税12500円
自賠責:16350円
自動車税:45000円
年間維持費:286,457円

ガソリン代はリッターあたり140円、燃費は11.34km/L(ユーザレビューの平均値)、年間走行距離10,000で計算しています。

2019y01m25d_233639008

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/2018/at-a-glance.html

【BMW2シリーズグランツアラー】
車検費用:43650円
任意保険:48000円
ガソリン代:93897円
重量税:10000円
自賠責:16350円
自動車税:39500円
年間維持費:251,397円

ガソリン代はリッターあたり140円とし、燃費は14.91km/L(ユーザレビューの平均値)、年間走行距離10,000kmとして計算しています。

年間維持費はトヨタヴェルファイアのほうが35,000円ほど高い結果となりました。ガソリン代の差が響いていますね。

スポンサーリンク

ヴェルファイアvs2シリーズグランツアラー 燃費比較

carlineup_vellfire_top_fact_exterior_01_pc

引用:https://toyota.jp/vellfire/?padid=ag341_from_vellfire_navi_top

続いて燃費性能を比較してみましょう。

【トヨタヴェルファイア】
ガソリン車:11.6-12.8km/L
ハイブリッド車:18.4-19.4km/L

【2シリーズグランツアラー】
2.0Lガソリン車:15.8km/L
1.5Lガソリン車:16.5km/L
2.0Lディーゼル車:21.3km/L

cq5dam.resized.img.1185.large.time1513901396557

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/2018/at-a-glance.html

両車ともミニバンとしては燃費性能は及第点と言えるのではないでしょうか?

ヴェルファイアは、いかにも燃費が悪そうに見えるボディサイズですが思いの外悪くないですね。ハイブリッド車に至っては20km/Lに迫る勢いです。

2シリーズグランツアラーも国産ミニバンに負けない燃費性能ですね。さすがにディーゼル車は燃費性能が優秀です。

ただ上記の燃費はあくまでもカタログ掲載上のもの。実燃費となると、これよりも下がりますのでその点だけは留意してくださいね。

スポンサーリンク

ヴェルファイアvs2シリーズグランツアラー 乗り心地は?

carlineup_vellfire_exterior_top_gallery_05

引用:https://toyota.jp/vellfire/?padid=ag341_from_vellfire_navi_top

では次に、ベルファイアと2シリーズグランツアラーの乗り心地について見ていきましょう。

乗り心地はカタログ上の数値では伝わりにくい部分ですから、ここではユーザーレビューにて乗り心地を検証したいと思います。

【ヴェルファイア】

  • 運転席のシートは厚みがあって、座り心地は良いですね。

  • サイドサポートが立ち上げっているから横Gでも安心。

  • ファブリック素材だから滑らなくて体が動くことはないかな。

  • 助手席に試乗しましたがクッションは厚みがあって良い。

  • やわらかすぎないから体が沈んでしまうこともないし、長距離乗っていても疲れにくいです。

  • セカンドシートはエクゼクティブパワーシートにしたのですが、座り心地は抜群です。

  • あまりにも快適で爆睡してしまいました。

carlineup_vellfire_top_fact_exterior_02_pc

引用:https://toyota.jp/vellfire/?padid=ag341_from_vellfire_navi_top

3列目は前席に比べれば流石に小さいですが、左右スペースが有ってあまり窮屈に感じません。

  • さすがに3列目は快適とはいかないですね。長距離ドライブはきついね。
  • このサイズでも段差を超えたときのショックが少ないのが意外でした。
  • 段差でもショックを吸収してくれるから不快になりませんね。
  • 上下の揺れは気にならないのがびっくり。
  • 一般道60km/h走行でも快適な乗り心地です。

さすがに凸凹が続く道では車重が邪魔して揺れが続くのは仕方ないかな。

【2シリーズグランツアラー】

  • 試乗した感想は「さすがに乗り心地はBMWだ」と思わせてくれました。

  • 車が良すぎるせいか疲れにくいです。

  • 片道1000kmの長距離運転でも全然苦に感じません。

  • 休憩回数が少なくても問題無しの乗り心地です。

  • 快適としか言いようがない。

  • 運転席、助手席ともに乗り心地良し。

  • 前はボルボV50に乗ってましたが、それを凌ぐしなやかさで良いですね。

  • このサイズでも止まる、加速するがきちんとできてるのが素晴らしい。

cq5dam.resized.img.1185.large.time1513901219695

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/2018/at-a-glance.html

  • 2列目シートはリクライニング調整幅がもう少しあってほしかった。
  • とにかく車内は静かで快適。
  • 2列目も良い感じです。運転席に引けをとりません。
  • 剛性感があるのが後部座席に座っていても伝わりますね。
  • さすがに3列目は使いものにならないね。
  • 小さい子供が乗る分には3列目もいけるかな。
  • 大人では3列目はムリ狭すぎる。

乗り心地は両車とも高評価な意見が非常に多かったですね。

大きな違いは3列目シートの乗り心地でしょうか。

2019y01m25d_233529218

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/2018/at-a-glance.html

ヴェルファイアはその車体サイズから察するに、3列目でもMクラスミニバンを凌ぐ快適性で快適との声も多く見受けられました。もちろん2列目に比べれば、乗り心地は劣りますが、それでも及第点以上との評価ができるレベルです。

対して、2シリーズグランツアラーは3列目はさすがに居住性は落ち、大人では我慢して座っていられないレベルとの声が多く見られました。小さい子供なら乗っていられるみたいですが・・・。

3列目はあくまでも緊急用と割り切る必要がありそうですね。

ヴェルファイアvs2シリーズグランツアラーの比較まとめ

carlineup_vellfire_top_fact_performance_01_pc

引用:https://toyota.jp/vellfire/?padid=ag341_from_vellfire_navi_top

以上、トヨタヴェルファイアとBMW2シリーズグランツアラーの比較についてでした。

両車は3列シート7人乗りモデルという点、プレミアムミニバンという点で共通していますが、サイズ差は大きく、ファミリーカーとしての使い勝手はヴェルファイアに軍配が上がると言って良さそうです。

大人数で乗車するならやはりヴェルファイアでしょう。

ただ、2シリーズグランツアラーはさすがBMWというだけあって、ミニバンなのにスポーティーな走りが楽しめるのがヴェルファイアとの大きな違いです。7人乗りではありますが、贅沢な5人乗りとして使うのがあっている車です。

ミニバンでも走りをあきらめたくない人におすすめですね。

アイキャッチ画像の引用:左https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

 右https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/2018/at-a-glance.html

この記事を書いた人

よっちん
私の住む所では、車は必需品。

お買い物行くにもコンビニ行くのも車。

車は大切なものです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1