CX-5vsレネゲード徹底比較!どっちが買い?維持費・燃費・乗り心地は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

最近SUVブームと共に、安全性能、車体のサイズ等から、よく比較されるジープ・レネゲードとマツダ・CX-5。

車両の販売価格も近い点からも、何かと比較されることの多い車両です。

今回は、そんなレネゲードとCX-5の維持費、燃費、乗り心地、快適性の観点から比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

CX-5vsレネゲード、走行性能・スペックでの違い

ex02.jpg.img.2880

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

4

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

まず、初めは走行性能、スペックで比較していきたいと思います。

今回の比較モデルは、レネゲードのLONGITUDEとCX-5のXDモデルで比較したいと思います。

排気量は、レネゲードは1,368cc、CX-5は、2,188ccとなっています。

最高出力は、レネゲードは140PS/5,000rpm、CX-5は、190PS/4,500rpm

最大トルクは、レネゲードで230N・m/1,750rpm、CX-5は、450N・m/2,000rpm

走行性能を比較する重要なファクターである排気量、最大出力、最大トルクは、どれをとってもCX-5が優勢であるという結果になりました。

ex04.jpg.img.2880

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

続いて、車のサイズ感で比較してみましょう。

レネゲードの全長4,255mm、全幅1,805mm、全高1,695mmとなっております。

対してCX-5は、全長4,545mm、全幅1,840mm、全高1,690mmとなっています。

また、直進安定性を測る数値としてホイールベースが挙げられますが、レネゲードは2,570mm、CX-5は2,700mmとなっており、CX-5のほうが安定性は高いです。

車両重量では、レネゲードは1,400kg、CX-5は1,610kgとなっており、CX-5のほうが200kgほど重量が重いことになります。

車両重量が重いことで高速走行時などの安定性は増しますが、後述する燃費にとっては悪影響を及ぼしますので、燃費での差が気になりますね。

1

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

小回りの観点から、最小回転半径を比較して行きましょう。

レネゲード、CX-5共に最小回転半径は5.5mとなっています。

先ほどのサイズ感の比較でCX-5のほうが一回り程大きい車両サイズとなっていますが回転半径では、差がありませんでした。

以上のことから、走行性能、スペックで比較した場合は、CX-5に軍配が上がりました。

どのスペックを見てもCX-5のほうが一枚上手のようです。

スポンサーリンク

CX-5vsレネゲード、燃費での比較

2

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

次に比較していきたいのが燃費です。

維持費の中でも大きな割合を占めるガソリン代に大きな影響を与えます。

最も身近で、目に見える性能ですので気になりますね。

レネゲードの燃費は、カタログ値で15.5km/l、実燃費は10.1km/lとなっておりました。

CX-5の燃費は、カタログ値で18.6km/l、実燃費は11.6km/lとなっています。

タンク容量は、レネゲードが48L、CX-5が56Lとなっています。

航続距離を計算すると、レネゲードは、484.8km、CX-5は、649.6kmとなりました。

100km以上もCX-5のほうが航続距離が長いというのは驚きです。

車両重量は、CX-5のほうが重かったんですがそれをものともしない、車両性能です。

燃費に関しての比較でも、CX-5が優勢でした。

スポンサーリンク

CX-5vsレネゲード、年間維持費での比較

ex10.jpg.img.2880

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

続いては、年間の維持費で比較していきたいと思います。

今回の比較する維持費は以下の6つの項目で比較したいと思います。

自動車税、重量税、自賠責保険料、ガソリン代、任意保険料、メンテナンス料の6項目です。

実際は、他にも駐車料金等もあるかと思いますが、今回は省かせていただきました。

cx5 1

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

・自動車税(エコカー減税は適用しない場合)

自動車税は排気量で決まりますので、レネゲードの排気量は1,368ccで、34,500円、CX-5の排気量は、2,188ccで45,000円です。

・重量税

重量税は、レネゲードが車体重量1,400kgですので、24,600円、CX-5の車体重量は1,610kgですので、32,800円です。

・自賠責保険料

自賠責保険料は、両車とも保険期間を24か月とし、25,830円としました。

・ガソリン代

レネゲードとCX-5はガソリン仕様車での比較とし、年間10,000km走った場合の比較を行います。

レネゲードの燃費は、カタログ値で15.5km/l、CX-5の燃費はカタログ値で、18.6km/lですので、ガソリンの価格を140円として試算しました。

レネゲードのガソリン代は年間、90,300円、CX-5のガソリン代は、年間75,300円となりました。

・任意保険料

任意保険料は、走行距離や保険会社によって大きく変わるため、35歳以上で、ゴールド免許、スタンダードコース、年間約10000km走る設定で大手ネット自動車保険に加入した場合を検討します。

レネゲードの場合は、約70,000円ほどで、CX-5の場合は、約98,000円という結果になりました。

cx5 2

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

・メンテナンス代

主に、洗車やオイル交換、軽度の部品交換をしてメンテナンスを行った際の費用を検討します。

レネゲードの場合は、メンテナンスパックがジープ正規ディーラーに加入した場合、約16万円で5年間の保証を得ることができますので、年間に換算すると32,000円かかる計算です。

CX-5の場合は、マツダのメンテナンスパックに加入した場合、約11万円で3年間保証されますので、年間37,000円程かかります。

以上の6項目を合算するとレネゲードの年間維持費は、277,230円

CX-5の年間維持費は、313,930円という結果になりました。

よって、維持費の観点から見ると、ジープ・レネゲードのほうが維持費はかかりません

ex11.jpg.img.2880

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

スポンサーリンク

CX-5vsレネゲード、乗り心地・安全装備等での比較

最後は、乗り心地や安全装備で比較していきたいと思います。

空調機器では、レネゲード、CX-5共に、最近主流になっているフルオートエアコンが装備されています。

オートエアコンにより、車内の温度調整が自動で可能なので、車内での快適性を増すことができます。

レネゲードには、標準装備で8wayパワーシートを装備していますが、CX-5には、10wayパワーシートが装備され、助手席にも6wayパワーシートをオプションで取り扱っています。

また、CX-5は複数のシートポジションに加え、アクティブ・ドライビング・ディスプレイなども記録できる、メモリー機能を搭載しているため、ドライバーごとに簡単にシートポジションを変更することが可能です。

また、運転席、助手席にシートヒーターが標準装備され寒い季節でも快適な環境を維持することが出来ます。

レネゲードには、シートヒーターの装備はありませんが、リミテッドモデルだと標準装備されるようです。

jeep renegade int

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

シートヒーターと合わせてチェックしたいのがステアリングヒーターです。

CX-5には標準装備ですが、レネゲードでは、リミテッドモデル出ないと装備されません。

また、安全装備の観点から比較してみましょう。

レネゲートには、ブレーキアシスト機能、タイヤプレッシャーモニタリングシステム、ブラインドスポットモニターといった最近ではよくある安全装備が一通り搭載されています。

対してCX-5の安全装置は、アドバンスト・スマ-ト・シティ・ブレーキ・サポートシステムや、グレーフリーハイビーム、アクティブドライビングシステム、サイド&バックガイドモニターなど最新鋭の電子デバイスを用いた安全装備が充実しています。

以上の点から、使い勝手や乗り心地、安全性を考慮するとCX-5には合ってレネゲードにはない装備が多数ありましたので、CX-5の優勢と判断します。

3

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

CX-5vsレネゲード比較のまとめ

いかがだったでしょうか。

今回の評価基準ですと、CX-5のほうが優れているように見受けられました。

5

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

レネゲードも維持費は低く抑えられており、日本車にはない魅力の詰まった車両です。

ex01.jpg.img.2880

引用:https://www.jeep-japan.com/renegade/gallery.html

今回の比較はカタログ値での比較となっていますので、実際の乗り口、フィーリングに勝るものはありません。

ですので購入をご検討されている方は、ぜひこの機会に試乗されてみてはいかがでしょうか。

キャッチ画像上引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

キャッチ画像下引用:https://www.jeep-japan.com/renegade.html

この記事を書いた人

つかや

夢は自動車運転で日本一周!

移動中にも楽しめるなんて最高ですよね。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1