Nボックスとデイズルークスを比較!どっちが維持費・燃費・乗り心地に優れてる?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

ファミリー層に大人気のNボックスとデイズルークス。

Nボックスは2017年にモデルチェンジしてカッコよくなり、デイズルークスは外観がとてもかっこよくまとめられた軽自動車です。

どちらの軽自動車も特徴のあるデザインですが、そんなNボックスとデイズルークスの維持費や、燃費などを比較紹介していきます。

スポンサーリンク

Nボックスとデイズルークスの維持費を比較!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayzroox/exterior_interior.html

Nボックスとデイズルークスを同じ条件で計算をして見た結果ですが、自動車税や重量税はほぼ変わりはありません。

ちなみに軽自動車の自動車税は、「10,800円」となります。

車検費用も特にそれほど開きはないように感じます。

日々のメンテナンスをして消耗品が傷んで交換をしなければならくなったら交換する。

そのような感じで車検に挑めば、どちらも大差はないですし、消耗品の交換する量も少なくて済みます。

メンテナンスをしなくても大して変わらないという意見もありますが、実際にはメンテナンスをするかしないかは車検で大きな違いを生み出すことが多いです。

私の経験ですが、メンテナンスをしていなかった軽自動車(H15年式)の車検代が、なんと30万円もかかるとディーラーに言われたことがあります。

当初は年式でそういう結果が出たのかと思っていました。

しかし、次の車検時にはメンテナンスをしっかりして、傷んでいた消耗品を交換して車検に出したら、H10年式の軽自動車の車検なのに、5万円の車検費用で済みました。

結果として、消耗品などを交換していくことで、維持費が増えていきますが、最終的には車検でメンテナンス等を何もしてこなかった車のほうが、結果的に高い請求をもらうことになります。

維持費に関しては細かい部分を見るとキリがなくなってしまうので置いておいて、自動車税と自賠責や、ガソリン代と任意保険だけを計算して比較してみます。

そうすると、Nボックスは年間の維持費が「186,060円」でした。

対するデイズルークスの場合は「218,600円」で、Nボックスよりも「32,540円」高い感じでした。

スポンサーリンク

Nボックスとデイズルークスの燃費を比較してみた!

次は、Nボックスとデイズルークスの燃費を比較していきます。

カタログ燃費だけを見ると、Nボックスのほうが全体的に燃費が良い感じです。

Nボックスのノンターボ2WDのカタログ燃費は「27.0km/L」で、4WDが「25.4km/L」でした。

ターボモデルは、2WDが「25.6km/L」と、結構燃費が良くて4WDのほうが「23.4km/L」でした。

一昔前のターボプラス4WDは燃費がとんでもなく悪かったので、燃料がすぐに無くなる最悪の組み合わせでした。

でも、現在の4WDターボは、昔の軽自動車と比較してもかなり燃費が良くなっていてびっくりします。

さて、デイズルークスのカタログ燃費はノンターボの2WDで「22 km/L」で、Nボックスよりも燃費は悪い感じです。

ターボモデルの場合も「22.2km/L」なので、Nボックスよりも燃費は悪い感じですね。

次はNボックスとデイズルークスの、実燃費に関する口コミを紹介してきます。

Nボックスの実燃費

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/

・普段通勤程度(街乗り)で17km/L

・郊外路で18km/L~19km/L。高速走行で20km/L~22km/L。

・短距離ばかりなので、11km/Lから14km/Lしか走りません

・高速と一般道あわせて20km/Lでした

Nボックスの実燃費を見てみると、最低でも「11km/L」くらいにはなるようです。

道路の状況によっては燃費も悪化しますが、通常の市街地走行ではそれほど燃費は悪くないと言えますね。

高速道路を走行してもカタログ燃費に近づくので、燃費に関しては不満に感じることはないと言えます。

実際にNボックスの実燃費に関の口コミを見ても、余り不満を持っている人は少ないように感じます。

Nボックスの実燃費をe燃費で見ると、「13.17km/L~24.38km/L」となっていました。

田舎道ではスイスイ走れるので、ひょっとしたら実燃費で良い結果を出しているのはそういった道での走行をしている人ではないかと考えられます。

それでも、20km/L以上の実燃費を引き出せるのですから、燃費が本当に良い車だと言えますね。

デイズルークスの実燃費

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayzroox.html

・あまり期待はしておりませんでしたが満足のいく結果がでました!

・エアコンガンガンでベタ踏み加速したけど15.3km/Lって?どーなの?

・燃費良い?いやいや、10km/L以下ですから

・悪いです。街乗りでリッター12くらいです。

・街乗りで11km/L~13km/Lくらい。渋滞の無い国道で18km/Lくらい

デイズルークスの燃費は、良い口コミのほうが少ない感じで少し驚きです。

ただ、一番気になった口コミはエアコンをガンガン付けて、アクセルベタ踏みで走行を続けても「15.3km/L」を維持するというのはかなり優秀だと感じます。

ただ、口コミ内で燃費について勘違いをされている方が結構いたので補足をしますが、いくら燃費が良くても渋滞や信号機の多い道路でストップアンドゴーが多いなら、燃費は10km/L以下になることが多く、悪い評価になるのです。

その証拠に街乗りで「11km/L~13km/L」のデイズルークスは、渋滞がない道路での実燃費は「18km/L」を出しているという口コミもありました。

Nボックスでは燃費に関して不満が少ないですが、デイズルークスの場合は燃費に対する不満が結構多いように感じました。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/

スポンサーリンク

Nボックスとデイズルークスの乗り心地を比較!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayzroox.html

次はNボックスとデイズルークスの、乗り心地に関しての口コミを紹介していきます。

まずは、Nボックスの乗り心地に関しての口コミを、見ていくことにしましょう。

Nボックスの乗り心地に関しての口コミ

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/

・足回りは若干固めですが私にとっては十分です。

・音も入ってこない。ロードノイズは少々あるがタイヤのせいだろう。

・少し大きめの段差は結構縦にゆれてびっくりします。

・風には煽られます

Nボックスの乗り心地に関して、足回りは若干固めという口コミがありましたが、路面の状況をダイレクトに運転手に伝えません。

さらに不思議とロードノイズに関する不満の声もなく、仮にノイズがあってもタイヤのせいだという口コミもありました。

静粛性はかなり高いようで、足廻りもレベルの高い感じのようですね。

運転が苦手な人でも、もしかしたらまるで自分の運転レベルが向上したみたいな、そんな錯覚を感じさせてくれるのかもしれません。

Nボックスはトールワゴンかタイプの車なので、背が高いためにどうしても風に煽られるのは仕方ないことです。

それでもしっかりとハンドルを握っていれば、少しの風で煽られてもハンドルがとられるということは少ないように感じます。

デイズルークスの乗り心地に関しての口コミ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayzroox.html

・同じくらいの予算で買える新しいシエンタやデミオと比べると大きな差があります

・いいです!

・シートを高めに調節したら目線が高くなりさらに運転しやすいです

・それほど揺れず、まあまあいいと思います。

デイズルークスの新車価格は「1,317,600円~1,952,640円」なので、乗用車と比較する人もチラホラいました。

一昔前なら「比べる車が違うでしょ?」と、そのように思っていましたが、値段が値段なだけに乗用車と比較してしまうのは仕方ないでしょう。

でも、乗り心地に関してはデミオと比較するのは少し間違っていますね。

そして、軽自動車が高くなるのは安全装備が増えたことと、いろんな機能が軽自動車にも付いていることにあります。

メーカーがお金をかけるべきは足回りや静粛性だと言いたい口コミは、たまに見かけますが私も同じ考えを持ちます。

Nボックスとデイズルークスどっちがおすすめ?

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/

Nボックスもデイズルークスも室内は軽自動車とは思えないような質感で、かなりレベルの高い車に仕上がっているように感じます。

デイズルークスはスイッチ系が少し遠いという口コミもありましたが、スイッチやエアコン周辺のレイアウト自体は悪くなさそうですし、採用されたということは、人によっては使いやすい配置なのかもしれません。

外観はデイズルークスの方は少し落ち着いた雰囲気を出していて、オトナのトールワゴンという感じです。

また、おしゃれな色も豊富に選べる個性的な車だと感じます。

Nボックスの外観もそれほど派手な印象はなく、とくにかっこ良いというわけでもないごく普通のデザインです。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/

私は、そんなNボックスの新車見積もりに出かけたことがありました。

かなり人気で納期が「2ヶ月以上になるかも」と営業マンに言われ、買うのを私は諦めたことがあります。

Nボックスは室内がとても広く、口コミでも室内に関しての不満はありません。

確かに、どちらを見比べてもNボックスとデイズルークスを比較検討する場合は、悩んでしまうかもしれませんね。

こういう車の場合は、「デザインで決める」か「装備で決める」かで、決断をするのも良いかもしれません。

Nボックスとデイズルークスの内装色は、グレードによって違うのでデイズルークスの中でも、結構迷ってしまうかもしれません。

この場合は運転席に座り最もスイッチ類が、使いやすい方を選ぶのが無難だと言えます。

やっぱり、なんでも操作しやすい車の方が、長く付き合えますからね。

スポンサーリンク

Nボックスとデイズルークスを比較!まとめ

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/

Nボックスとデイズルークスにはメリットもデメリットがありますが、口コミでも評価が高かったNボックスはとても運転しやすいのだと感じます。

室内はどちらの車も広いですが口コミでも「狭い」と言う口コミは、どちらの車にもありません。

シートアレンジはNボックスのほうが多い感じで、とても使いやすいように感じます。

何か荷物を積み込むという予定があるなら、Nボックスを買ったほうが無難だと感じます。

アイキャッチ引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/

この記事を書いた人

ゆきちもの
家族で車で出かけることが好きなアラフォー2児の父親です。
趣味は筋トレと野球。プロテインが味方です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク