ソリオとジャスティの維持費・燃費・乗り心地を比較!どっちを選ぶ!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

コンパクトトールワゴンは、女性の方や家族連れの方に人気のジャンルです。

中でもスズキのソリオと、スズキ・ジャスティを含むトール4兄弟は目玉となっている車種です。

今回は、ソリオとジャスティの維持費や乗り心地などを比較し見たいと思います。

ソリオとジャスティの維持費を比較

img04

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

photo1

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/

まずは、ソリオとジャスティの維持費を比較していこうと思います。

参考までに両者の価格帯も見ておきましょう。

  • ソリオ:1,459,080~2,179,440円
  • ジャスティ:1,463,400~2,057,400円

ソリオとジャスティの価格帯に大きな違いは見られません。

ソリオの方が若干価格帯が高くなっているのは、上位グレードとしてハイブリッドモデルが設定されているためです。

両者の維持費には実際どのくらいの違いが出てくるのかを見ていきましょう。

※ガソリン代は、年間1万キロ走行すると仮定し、執筆時点(2月10日)の全国平均価格(レギュラー:136.2円)で計算しています。また、保険料と駐車場代については条件によって大きく異なるため同じ金額にしています。

ソリオの維持費

img03 (1)

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

ソリオには、1.2Lのガソリンモデルとハイブリッドモデルがラインナップされています。

ここでは、マイルドハイブリッドを除いた2つのグレードの維持費を計算してみました。

solio

ソリオは、ハイブリッドモデルがラインナップされているということもあって、その維持費はとても安く抑えられています。

1.2Lのガソリンモデルでも、年間のガソリン代が6万円程度というのは非常に魅力的ですね。

ソリオの場合、全グレードでエコカー減税が適用されるので税金の面でもあまり苦労することがなさそうです。

また、任意保険についてもソリオのようなコンパクトカーであればもう少し削ることができそうなので、全体の維持費をさらに安く抑えることも難しくないでしょう。

ジャスティの維持費

driving_pict2

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/

ジャスティについては、1LのエンジンでNA(2WD/4WD)とターボの計3種類のラインナップになっています。

どのグレードを選んでも維持費に大きな差はないので、ここでは1L 4WDモデルを例に計算してみました。

tankcost

ジャスティの維持費は、排気量の小ささと燃費の良さも相まって年間30万円程度に抑えることができそうです。

ソリオのハイブリッドほど燃費は高くありませんが、ソリオよりも排気量が小さいので税金が多少変わってきます。

ジャスティも、ソリオと同じく、任意保険料をさらに安く済ませることができると思うので、年間の維持費はもう少し安くなるでしょう。

ソリオとジャスティの燃費を比較

mainVisual (3)

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/

ここでは、ソリオとジャスティの燃費性能を比較してみます。

  • ソリオ:22.0~24.8km/L [1.2Lガソリン] 23.8~27.8km/L [マイルドハイブリッド] 32.0km/L [ハイブリッド]
  • ジャスティ:22.0~24.6km/L [1L NA] 21.8km/L [1L ターボ]

燃費性能の面では、ハイブリッドモデルがあるソリオの方が優秀ですね。

ジャスティも、決して燃費の悪い車ではありませんが、燃費性能自体に大きな魅力を感じる車ではなさそうです。

燃費性能だけを見るのであれば、ソリオの方が買いかもしれませんね。

ソリオとジャスティの乗り心地を比較

img06

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

続いて、ソリオとジャスティの乗り心地を比較してみようと思います。

ソリオとジャスティは、同じコンパクトトールワゴンではありますが、実際の乗り心地には多少の違いが出てくるようです。

両者の乗り心地にはどのような違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

ソリオの乗り心地

img05

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

ソリオは、小型車を得意とするスズキがつくるコンパクトワゴンタイプの普通車です。

このクラスにしては珍しく、ハイブリッドモデルをラインナップしている車でもあります。

普段の使い勝手はもちろん、燃費も求められるクラスだけに攻守ともに最強と言えそうな車です。

img02 (1)

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

ソリオは、コンパクトなボディサイズながらも非常に広い室内空間を持つ車です。

両側にスライドドアを備えているので、乗り降りもしやすく、チャイルドシートにお子様を乗せる際も楽々行うことができそうです。

しかし、その乗り心地については、評価が別れています。

ソリオは、トールワゴンとしては足回りが硬めに作られており、キビキビとした走りを楽しめる一方で、同乗者としては突き上げ感を感じやすいようです。

シートの作りもあまりいいものとは言えないので、長時間の移動では同乗者を疲れさせてしまうこともありそうですね。

ハイブリッドモデルもありますが、プリウスなどに比べると静粛性もあまり高くはないようです。

img02

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

ソリオの魅力は、このクラスの中では余裕のある室内空間と走りの性能を持っているという点です。

1.2Lのエンジンとモーターによって、走りだしから力強い加速があります。

また、現行モデルは4代目にあたり、これまでのモデルチェンジで洗練されてきたことでコストパフォーマンスの高い車に仕上がっていると言えます。

ジャスティの乗り心地

mainVisual (1)

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/

ジャスティは、スバルがダイハツからのOEM供給を受けて販売している車です。

軽自動車やコンパクトカーを得意とするダイハツが開発した車だけに、このクラスであっても上質な車に仕上げられています。

基本的な部分は、OEM元のトールとまったく同じスペックになっていますが、ジャスティは各エンブレムやホイール、グレードの設定などが異なっています。

design_pict6

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/

ジャスティもソリオと同じく、このクラスの車にしてはかなり広い室内空間を持っています。

前後ともにゆとりのあるスペースが設けられているので、同乗者が窮屈に感じることはあまりないでしょう。

しかし、ソリオと同じくシートの作りに関してはあまり評価が高くありません。

どちらも価格帯の安い車なので、この辺はある程度仕方の無い部分かもしれませんね。

mainVisual (2)

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/

ジャスティは、排気量もエンジンスペックもソリオより低く、走りの面ではソリオに比べて余裕のない部分が目立ちます。

普段のお買い物や通勤通学をメインの使用目的として開発されている車なので、そういった面での使い勝手ではかなり満足できるでしょう。

軽自動車からのステップアップや、セカンドカーとして魅力的な選択肢といえそうですね。

ソリオとジャスティの比較まとめ

soliojusty2

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/・https://www.subaru.jp/justy/justy/

ソリオとジャスティは、とても似たような性格を持つ2台ですが、価格帯や維持費も近いものがありましたね。

燃費性能や維持費の面では、ハイブリッドモデルをラインナップしているソリオの方に軍配が上がります。

一方で、ジャスティの方も普段の使い勝手を考えられた室内空間と装備の充実度はとても魅力的です。

どちらも軽自動車に近い金額で車格もかなり近いので、軽自動車からのステップアップやセカンドカーとしても選択しやすそうですね。

アイキャッチ画像URL:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/・https://www.subaru.jp/justy/justy/

この記事を書いた人

まさ
小さいころから車が大好きで、
当時はすれ違う車の名前はほとんど全部言えました。

これから車の詳しい情報をわかりやすくご紹介していきます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1