ハイラックスの色・カラー全色紹介!内装色はどう?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

待ちに待った国内市場への復活で話題となったトヨタハイラックス。

その衝撃的なデカさだけでも十分目立ちますが、ボディカラー次第ではさらに目立つ仕様になるのは間違いなしですね。

ハイラックスのカラー展開はたったの5色と少なめですが、どの色・カラーが人気なのでしょうか。

スポンサーリンク

ハイラックスの色・カラー全色紹介

carlineup_hilux_performance_top_pic_01_01

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

トヨタハイラックスのボディカラーは5色のラインナップです。

今は、10色以上取り揃えている車も多いことから、ハイラックスのカラーラインナップは少々寂しい気もしますね。

それだけに、人気色に偏りが見られそうですが、果たしてどうなのか?

では、早速ハイラックスのボディカラーをご紹介していきます。

スーパーホワイトⅡ

2019y01m26d_131516911

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

こちらはスーパーホワイトⅡです。

トヨタ車では定番となっているカラーはホワイトパールクリスタルシャインですが、SUV系ではスーパーホワイトⅡのほうが定番なんですよ。

日本ではホワイトはパール系の輝きがあるものが人気が高いですが、こちらのハイラックスのスーパーホワイトⅡは輝きは抑え、マット感を出しているのが特徴ですね。

確かに、オフロード走破性に優れたSUVがキラキラ輝きを放つさまは、ちょっと変かも・・・。

逆にマット仕様にしたほうが違和感なくマッチしてハイラックスの良さが引き立っていますね。

マット感が泥臭さを表現してくれる感じがして、それがカッコいいのですよね。

マット仕様のホワイトって商用車に用いられることも多いですが、さすがにハイラックスのスーパーホワイトⅡを見て「商用車だ」と思う人はいないでしょうか安心ですね。

クリムゾンスパークレッドメタリック

2019y01m26d_131520612

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

ピックアップトラックでは非常に珍しいのがこちらのクリムゾンスパークレッドメタリックでしょう。

これだけビッグボディのハイラックスに、堂々とレッドメタリックとは・・・なかなか攻めてますね、トヨタ。

ハイラックスって、以前のモデルでも赤を採用していましたが現行モデルとちょっと違う仕様でした。

現行モデルの赤は、メタリックを入れつつも彩度が落ち着いているので変に悪目立ちしないのも良いですね。

現行ハイラックスではブルーのイメージが強いですが、こちらのクリムゾンスパークレッドメタリックは、特別仕様車で用いられているカラーでもあります。

むしろ、こっちのほうがイメージカラーなのでは?と思っている方もいるぐらいインパクトある赤ですよね。

シルバーメタリック

2019y01m26d_131524398

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

ピックアップトラックにはシルバーが似合いますね

こちらはシルバーメタリックです。

一般的にシルバーって嫌煙されやすい色なんですが、SUVならむしろシルバーは外せない色

もちろん、傷や汚れが目立ちにくいから手入れ楽という利点もありますが、それより何より、ハイラックスのシルバーは重厚感が半端じゃないですよね。

ものすごく頑丈そうな車に見えてきませんか?

ハイラックスのゴツさが際立っている気がします。

これぞ男の車、そう主張しているようにみえます。

ネビュラブルーメタリック

2019y01m26d_131527715

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

ハイラックスのイメージカラーに採用されているのはこちらのネビュラブルーメタリック

ゴツさがウリでもあるハイラックスにブルーメタリックをあわせてくるあたり、トヨタのセンスを感じさせてくれます。

やや濃い目のブルーですが、爽やかな表情ですね。スポーティーというよりかはやんちゃさが出ている、そんな気がしますね。

やはイメージカラーと言うだけあって、ハイラックスのボディカラーではネビュラブルーメタリックを選ぶ人が多いですよ。

アティチュードブラックマイカ

2019y01m26d_131530978

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

車の人気カラーランキングでは必ず上位に入っている定番中の定番、それがブラックですね。

もちろんハイラックスでもブラックカラーの設定はあり、カラー名はアティチュードブラックマイカです。名前がオシャレですね。

ブラックはブラックでも、アティチュードブラックマイカはマイカ塗装のおかげか光が当たるとやや青っぽく見えるのが特徴です。

ハイラックス×アティチュードブラックマイカ、この組み合わせはワイルドとしか言いようがありません。男なら憧れるでしょう。

スポンサーリンク

ハイラックスの内装色は?

carlineup_hilux_exterior_top_pic_06_02

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

つづいて、ハイラックスの内装色を見ていきましょう。

ハイラックスはボディカラーだけでなく内装色のラインナップも少なめ。

しかも、カラーは2種類でもいずれもブラック仕様

では、ハイラックスの内装色を見てみましょう。

carlineup_hilux_interior_top_pic_04_01_01

carlineup_hilux_interior_top_pic_04_02_01

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

こちらはZグレードの内装色。

ブラックを貴重として、随所にシルバー加飾を施していますね。

こうすることでコントラストがついて、のっぺり感がなくなり安っぽさが消えるんですよね。

シートもブラックで統一し、ヘッドレスト-背面-座面には縦ラインのデザインを追加しています。

ファブリック素材ですが上質なものを使用し、座り心地にこだわった逸品です。

これなら長距離ドライブでも疲れません。

carlineup_hilux_interior_top_pic_04_01_02

carlineup_hilux_interior_top_pic_04_02_02

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

こちらはベースグレードのXに採用される内装です。

Zグレードとは違って、シルバー加飾は控え、ブラックで統一した無骨な内装ですね。

こちらのほうがハイラックスらしい内装かなと思います。

シートにはファブリック素材を使用し、乗り心地も快適性も損なわず、飽きも来ない仕様です。

作業車として使うのにも向いている造りです。

carlineup_hilux_interior_cockpit_pic_02

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

ハイラックスの内装は無骨な仕様ですが、メーターからは先進性が感じられるのがおもしろいですね。

カラー液晶を採用し、エンジンを掛けるとオープニング画面が映し出される現代車らしい造りで、遊び心も感じられますね。

carlineup_hilux_interior_cockpit_pic_03

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

ステアリングには、各種スイッチ類を搭載し、運転中でもオーディオ操作などができ、視線移動を最小限に抑える安心設計なのも嬉しいところ。

carlineup_hilux_exterior_top_pic_06_01

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

ハイラックスはピックアップトラックということから、内装はトラック感が強いのかなと思いきや、思いの外上質な造りですね。

ブラックを貴重として、現代車に多い高級感を演出する装飾品などは抑え、実用性に富んだ内装、そんな感じがしますね。

実用性重視となると、チープさが目立ってしまいがちですがハイラックスはそのあたりきちんと抑えているようで、上質さも感じられますね。

スポンサーリンク

ハイラックスの色・カラーについて評判

ダウンロード

引用:https://toyota.jp/hilux/?padid=ag341_from_hilux_navi_top

ハイラックスのボディカラー、ユーザーの皆さんはどの色がお好みなのでしょうか?

ここではハイラックスのボディカラーと内装色の評判をご紹介していきます。

  • 特別仕様車に使っていた赤が良い。

確かに派手だけど、そもそもハイラックスが派手だし、むしろカラーも派手な方が潔くてカッコいいでしょ。

  • 昔からハイラックスはシルバー一点です。この無骨さが良いよね。

変に洒落感は必要ない。

  • イメージカラーのブルーにしようと思ったけど、やっぱり憧れのブラックにしました。

男らしいもん。

  • 女でハイラックス乗ってたらカッコいいと思って買っちゃいました。

色はもちろん赤。

女性でも選びやすい色かなと思ってね。

  • ハイラックスの白はマットな質感がいいんだよね。

パールだと浮いちゃって逆にダサいから、そのへんはトヨタもわかってくれてるね。

  • 内装は機能的な感じが出ていていいね。
  • 内装色は変に高級感を出そうとしてないのがハイラックスらしいです。
スポンサーリンク

ハイラックスの色・カラーまとめ

以上、ハイラックスの色・カラーについてでした。

ハイラックスのボディカラーは全5色。

  • スーパーホワイトⅡ

  • クリムゾンスパークレッドメタリック

  • シルバーメタリック

  • アティチュードブラックマイカ

  • ネビュラブルーメタリック

中でも人気なのがイメージカラーにもなっているネビュラブルーメタリック。

トラックなのにファッショナブルでカッコいいですよね

内装色はブラックベースで無骨な仕上がりですが、チープさはなく上質で実用的なのがハイラックスらしいです。

アイキャッチ画像の引用:https://toyota.jp/hilux/

この記事を書いた人

よっちん
私の住む所では、車は必需品。

お買い物行くにもコンビニ行くのも車。

車は大切なものです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1