ピクシスエポック価格や必要な費用は?買うならこのグレードだ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ピクシスエポックのグレードは、実際に買う時になると迷いますよね。

どのグレードがおすすめで、ピクシスエポックを買うときは、どんな費用が必要なのかを紹介していきます。

ピクシスエポック 値段や値段費用は?

ピクシスブルー

ピクシスエポックは「2WD」と「4WD」が選べて安全装備は「SA III」が標準装備か、そうでないかにより値段もグレードも違います。

ピクシスエポックのグレード「B」が「842,400円」となっています。

最高グレード「G」は「1,209,600円」で、その差は「36,7200円」となります。

安全装備に関しては、ピクシスエポックの場合は標準装備に、上級グレードには「SA III」が搭載されるので、値段的にも高くなります。

ピクシスエポック 購入時にかかる費用は?

ピクシスエポック黒

まず、ピクシスエポックの新車価格を先に紹介をしておきます。

ピクシスエポックの新車価格は以下の通りとなります。

ピクシスグレード表

そして自動車税は車を買う月によって、値段が変動します。

一番お得に購入できるのは、2月ですが次回にまとめて支払うことになるので、余り変わりはないです。

目先の安さだけを求めるなら、ピクシスエポックを買う月も調整すると良いですね。

2019年10月から自動車取得税は廃止されますが、それまでに車を買う場合は取得税は支払う必要があります。

ピクシスエポックのエコカー減税に関する金額は、以下の表にまとめてみたので、参考にしてくださいね。

ピクシス6-1ピクシスひょう6-2ピクシスひょう6-3

ピクシスエポック おすすめグレードは?

ピクシスエポックグレード

引用:https://toyota.jp/pixisepoch/interior/indoor_space/

ピクシスエポックのグレードは、「SA III」の有無によって値段は変わります。

オススメのグレードは「G SA III」です。

理由は、安全装備が標準装備ということもありますし、「G SA III」グレードのみ「サイドエアバッグ」が装備され、どのグレードよりも安全性が非常に高いからです。

軽自動車といえばドライビングポジションが、なかなか合わないので妥協する人も多かったのではないでしょうか。

ピクシスチルド

引用:https://toyota.jp/pixisepoch/interior/indoor_space/

ピクシスエポック「G SA III」には、「運転席シート上下アジャスター」や、「チルトステアリング」が標準装備となります。

運転席シート上下アジャスターは座面の上下を変更できるので、ちょっと下げたいという場合でも調整ができます。

チルトステアリングもハンドルが上下に動くので、最適なハンドルの位置に調整ができます。

細かいドライビングポジションを設定できるのは、ピクシスエポック「G SA III」のみです。

ほかにも、ピクシスエポック「SA III」が標準装備されている車種があります。

ピクシスエポック「SA III」の安全装備には、どういう物があるのかを紹介してきます。

ちなみに「SA III」とはスマートアシスト3のことです。

低速域衝突回避支援ブレーキ機能

ピクシス安全性能

引用:https://toyota.jp/pixisepoch/interior/indoor_space/

走行中に前方の車や歩行者などを、「小型ステレオカメラ」で危険を検知し運転手に注意を促します。

さらに、危険が高くなったと判断した場合は、緊急ブレーキで減速し衝突の回避や、衝突したときの被害を軽くする機能です。

◇SAⅢが作動する距離
〇 自動車の場合 前方約60以内
〇 歩行者の場合 前方約30m以内

SA III搭載車は前方に車がいた場合に作動する距離は、「前方約60m以内」で歩行者が前方いたときに作動する距離は、「前方約30m以内」です。

作動後の速度差が「約4~約30km/h」の場合は、衝突を回避できる場合があります。

また、速度差が約30~約80km/hの場合は被害を軽減できるかもしれません。

ピクシス安全2

引用:https://toyota.jp/pixisepoch/safety/

場合によっては衝突回避ブレーキが作動しないこともあり、衝突回避や被害を軽減することが出来ないときもあります。

衝突の回避後に車が停止すると、衝突回避支援ブレーキ機能は自動で解除されます。

衝突回避支援ブレーキ機能の注意点ですが、車がいきなり走行中に割り込んできても、衝突回避支援ブレーキ機能は作動しないので注意が必要です。

誤発進抑制制御機能

ピクシス安全4

引用:https://toyota.jp/pixisepoch/safety/

約10km/h以下で障害物を検知し、アクセルを強く踏み込んだと認識したら、エンジンの出力を抑制して警告音とメーター内の表示で、ご発信をしたことを運転手にお知らせします。

前方約4m以内に障害物があった場合は、ステレオカメラが検知し、シフトボジションを前進にしたまま、アクセルを強く踏んだときに作動します。

後方も同じく作動しますが、障害物が「約2~3m先」に壁などの障害物がある場合は、ソナーセンサーが壁を検知してアクセルとブレーキを、間違えたときに作動をします。

ただ、誤発進抑制制御機能はハンドルを切ったり方向指示器を作動させているときは、右左折をするという意思があると、判断して作動はしません。

誤発進抑制制御機能の作動時間には制限があり、一定時間アクセルを踏み続けると、アクセル操作に応じて加速するので注意が必要です。

車線逸脱警報機能

ピクシス安全5

引用:https://toyota.jp/pixisepoch/safety/

時速約60km/h以上で走行しているときに、ステレオカメラが車線を検知し車線をはみ出そうとすると、運転手に警告音で注意を促します。

しかし、道路の車線が薄く見えにくくなっていたり、汚れていた場合は作動しません。

もちろん、方向指示器を作動させている場合も、作動はしません。

オートハイビーム

ピクシスビーム

引用:https://toyota.jp/pixisepoch/safety/

対向車のヘッドランプの明るさを検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。

対向車がいない場合はハイビームになり、遠くの視界を確保します。

先行車発進お知らせ機能

ピクシス先行

引用:https://toyota.jp/pixisepoch/safety/

信号待ちで前方の車が発進しているのに、他のことに祝中していて、気が付かないことはないですか?

前方の車が発進したらブザー音と、メーターない表示で知らせます。

先行車発進お知らせ機能は、ブレーキを踏んでいるときのみに作動しますが、シフトレバーが[P]・[R]に入っている状態では作動しません。

ですが、シフトレバーが「N」のときは、ブレーキを踏んでいなくても作動はします。

先行車発進お知らせ機能が作動するときは、前方の車が「約10m以内」に停車している場合「約3m以上」進むと、システムは作動します。

ピクシスエポック「G SA III」は2WDで「1,209,600円」なので、他のライバル車と比較しても安い値段で買うことが出来ます。

安全装備が標準のエコカーがほしいという場合は、「SA III」のグレードを選ぶと良いですね。

ピクシスエポック全グレードで、一番おすすめできるのは、安全装備やドライビングポジションが細かく設定できる、ピクシスエポック「G SA III」となります。

ピクシスエポック価格やおすすめグレードまとめ

ピクシス縦列

引用:https://toyota.jp/pixisepoch/safety/

ピクシスエポックの値段は、全体的に他の軽自動車よりも安いです。

「最近の軽自動車って高いんだよなぁ」

そのような不満を持っている人にとっては、ピクシスエポックは最も最適な軽自動車になるでしょう。

また、走りに関してもエコカーだからといって、他のノンターボ軽自動車よりも特別に加速が悪いわけではなりません。

市街地走行なら必要にして十分な加速なので、特にこれ以上のパワーは不要かなと思えるはずです。

とくに、ピクシスエポック「G SA III」は、ドライビングポジションの調整を他のグレードよりも、細く設定ができるのでかなりおすすめです。

安くて手頃なエコカーがほしいと言うなら、一度トヨタのお店に行き実車を見てみると良いでしょう。

アイキャッチ引用:https://toyota.jp/pixisepoch/

この記事を書いた人

あさかぜ
車が好きです。 大きな車も好きですが軽自動車も好きです。
いい車に出会えるとワクワクしますね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1