新型キャストの エコカー減税やその他税金情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

新型キャストのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは新型キャストのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

スポンサーリンク

エコカー減税とは

cast_08_01引用元:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast_style/09_special_01.htm

新型キャストはエコカー減税対象車種として登録されています。ではエコカー減税とは何でしょうか。

エコカー減税は平成27年4月1日から平成29年3月31日に新車新規登録・新車新規検査届出された自動車かつ、排出ガス基準や燃費基準が条件を満たしている場合に免税されます。減税率は燃費基準の達成状況によって異なってきます。どの様な条件があるか見ていきましょう。

cast_07_01引用元:http://www.daihatsu.co.jp/learning/tax/green/whats_tax.htm

・平成32年度燃費基準+20%達成車・・・免税(100%減税)
・平成32年度燃費基準+10%達成車・・・80%減税
・平成32年度燃費基準達成車・・・60%減税
・平成27年度燃費基準+10%達成車・・・40%減税
・平成27年度燃費基準+5%達成車・・・20%減税

燃費基準を達成しつつ、排出ガス基準が75%達成している自動車で上記減税処置がされます。エコカー減税以外にも税金を軽減できる制度があるのでしょうか。

スポンサーリンク

他にもあるグリーン税制での減税

cast_06_02引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/cast_activa/03_exterior.htm

新型キャストはエコカー減税のほかにグリーン税制の対象車種にもなっています。
ではグリーン税制による減税になる条件はどのようになっているのでしょうか。
軽自動車の場合を見ていきましょう。

cast_07_03引用元:http://www.daihatsu.co.jp/learning/tax/green/whats_tax.htm

・平成17年度排出ガス基準75%達成+平成32年度燃費基準+20%達成車・・・50%減税
・平成17年度排出ガス基準75%達成+平成32年度燃費基準+10%達成車・・・25%減税
・平成17年度排出ガス基準75%達成+平成32年度燃費基準達成車・・・25%減税

上記の条件を満たして、平成29年3月31日までの新車新規届出車が対象となります。

スポンサーリンク

新型キャストで受けれる税金の種類

新型キャストでのエコカー減税とグリーン税制の対象車種です。
ですがキャストには3つのモデルとグレード、駆動方式によって燃費基準が違ってきます。
ではモデル、グレード別に見ていきましょう。

【スタイル】

cast_01_04引用元:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast_style/index.htm

・平成17年度排出ガス基準75%達成+平成32年度燃費基準+20%達成車
G“SA Ⅱ”(2WD)
X“SA Ⅱ”(2WD)
X(2WD)
特別仕様車 G“PRIME COLLECTION SA Ⅱ”(2WD)

・平成17年度排出ガス基準75%達成+平成32年度燃費基準+10%達成車
G“SA Ⅱ”(4WD)
X“SA Ⅱ”(4WD)
X(4WD)
特別仕様車 G“PRIME COLLECTION SA Ⅱ”(4WD)
Gターボ “SA Ⅱ”(2WD)
特別仕様車 G TURBO“PRIME COLLECTION SA Ⅱ”(2WD)

・平成17年度排出ガス基準75%達成+平成32年度燃費基準達成車
Gターボ “SA Ⅱ”(4WD)
特別仕様車 G TURBO“PRIME COLLECTION SA Ⅱ”(4WD)

【アクティバ】

cast_01_02引用元:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast_activa/index.htm

・平成17年度排出ガス基準75%達成+平成32年度燃費基準+20%達成車
G“SA Ⅱ”(2WD)
X“SA Ⅱ”(2WD)
X(2WD)
特別仕様車 G“PRIME COLLECTION SA Ⅱ”(2WD)

・平成17年度排出ガス基準75%達成+平成32年度燃費基準+10%達成車
G“SA Ⅱ”(4WD)
X“SA Ⅱ”(4WD)
X(4WD)
特別仕様車 G“PRIME COLLECTION SA Ⅱ”(4WD)
Gターボ “SA Ⅱ”(2WD)
特別仕様車 G TURBO“PRIME COLLECTION SA Ⅱ”(2WD)

・平成17年度排出ガス基準75%達成+平成32年度燃費基準達成車
Gターボ “SA Ⅱ”(4WD)
特別仕様車 G TURBO“PRIME COLLECTION SA Ⅱ”(4WD)

【スポーツ】

cast_01_03引用元:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast_sport/index.htm

・平成17年度排出ガス基準75%達成+平成32年度燃費基準達成車
SPORT “SA Ⅱ”(2WD)
SPORT “SA Ⅱ”(4WD)

⇒ 新型キャストを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

新型キャストにかかる税金

cast_09_03引用元:https:/www.daihatsu.co.jp/lineup/cast_style/05_driving.htm

新型キャストがエコカー減税とグリーン減税の対象車種でどのグレードがどの基準に当たるかも分かりました。
ここでエコカー減税とグリーン税制がどの税金を免税または減税になるか見ていきましょう。
ます新型キャストに問わず、軽自動車を購入するときにかかる税金の種類は3つあります。
・自動車取得税:新車購入(新規登録・届出)時に地方税として納める税金です。
・自動車重量税:新車購入(新規登録・届出)時と毎車検時に国税として納める税金です。
・消費税:皆さんご存知の税金ですね。2016年12月現在では8%とですが、後に10%になるかも知れない税金です。

ここで減税対象となるのは”自動車取得税”、”自動車重量税”となります。

新型キャストを購入し維持をするために必要な税金が2つあります。
・軽自動車税:毎年4月1日~5月末日に購入者の自宅に届く納税書です。地方税として納められる税金です。
・自動車重量税:毎年ではありませんが、車検を受けるたびに発生し、国税として納める税金です。

ここで減税対象となるのは”軽自動車税”、”自動車重量税”となります。

新型キャストには購入時と購入後、自動車を維持するための税金があります。

新型キャストにかかる税金の計算

cast_09_01引用元:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast_activa/index.htm

エコー減税とグリーン税制が適用されている新型キャストですがどのくらいの減税額になるか
例をふまえてみていきましょう。

排出ガス基準、燃費基準達成状況が高い”スタイル”G“SA II”(2WD)を見ていきます。
・自動車取得税
基本税金:23,500円
エコカー減税後:0円(免税)
軽税額:23,500円
・自動車重量税
基本税金:7,500円
エコカー減税後:0円(免税)
軽税額:7,500円
・軽自動車税
基本税金:10,800円
グリーン税制適用後:5,400円(50%減税)
軽税額:5,400円

・合計36,400円軽減

”スタイル”G“SA II”(2WD)では自動車取得税、自動車重量税が免税となるためかなりの減税額となります。軽自動車税についてはグリーン税制が適用されますので、50%減税されます。
ダイハツでは新型キャストの専用Webサイトで3つのモデルにつてい”減税早見表”を用意しています。そこには特別仕様車も記載されていますので、
自分が購入したいと思うグレードをみてどれだけ軽減されるか分かります。実際にご自身でご確認されて確かめることをお勧めします。

スポンサーリンク

新型キャスト エコカー減税他自動車税まとめ

cast_06_04引用元:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast_sport/03_exterior.htm

新型キャストでは3つのモデル、グレード、駆動方式でエコカー減税とグリーン税制の適用車種となっています。ですが、タイプやグレード、駆動方式の組み合わせによって減税額が異なります。

ターボ車では燃費基準達成がターボ車以外に比べて低くなっています。駆動方式でも燃費基準達成が低くなる4WDは減税率が低くなります。
ダイハツはエコカー減税やグリーン税制の疑問を解決するようなページを用意していますし、新型キャストの”減税早見表”を用意している等、エコカー減税に関するページや自動車にかかる税金に関するページをかなり丁寧に用意されています。

エコカー減税はニュースでも取り上げられる内容ですので、購入するこの機に一度見てみるのもいいかと思います。
そこで、自分が乗りたい新型キャストはどれだけ減税されるか確かめるとされらによく理解できます。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク