アトレーの色・カラーを全色紹介!内装色はどう?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

ダイハツの新型アトレーの色・カラーは落ち着いた大人の雰囲気漂うカラーが多いです。

商用車にも思われがちなデザインですが、落ち着いた色味にしたことでプライベートでも使いやすい仕様となっています。

また、内装色はそれに合わせてシンプルな黒を貴重としたインテリアを基本としています。

今回は、新型アトレーの色・カラーについて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

アトレーの色・カラー全色紹介

main01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

ダイハツの新型アトレーのボディカラーは全部で7色取り揃えています。

多すぎず少なすぎずのラインナップで、ユーザーとしても選びやすいのではないでしょうか?

ボディカラーは、派手な色は抑え大人っぽさが感じられるカラーが中心です。

また、新型アトレーのボディカラーには無料のものと有料のものがあるので、色を選ぶ際はその点に注意してください。

プラムブラウンクリスタルマイカ

2019y02m09d_004257368

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

オプション価格:27,000円

新型アトレーで人気の高いカラーがプラムブラウンクリスタルマイカです。

どうです?大人っぽさ漂うこのカラー、渋くてカッコいいですよね。

ここまで品があるブラウンも珍しいですね。

プラムブラウンクリスタルマイカは新型アトレーのイメージカラーにもなっているだけあって、このカラーを選ぶ人が多いみたいですよ。

こちらは、オプションカラーとなるので別途費用がかかります

アーバンナイトブルークリスタルメタリック

2019y02m09d_004300065

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

オプション価格:27,000円

同じくオプションカラーとなりますが、こちらもなかなか人気のあるボディカラーです。

ナイトブルーというだけあり、明るいブルーではな暗めのブルーを採用しています。

ややダークトーンではあるものの、メタリックが入っているのでツヤと輝きがあります

落ち着きある雰囲気でも、決して地味にならずかっこいい色ですね。

タングステングレーメタリック

2019y02m09d_004303237

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

重厚感のあるグレーですね。渋くてカッコいいです。

グレーのバンって商用車っぽくなりがちですが、重厚感を出したことでプライベートでも使いやすい色になってます。

ずっしり感がでていて、軽自動車とは思えない迫力も感じられる仕様に。

パールホワイト

2019y02m09d_004306014

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

オプション価格:27,000円

清潔感ある輝きが魅力のパールホワイト。

アトレーでも人気のボディカラーで、色選びに迷ったらこの色にするという方も少なくないです

また、ホワイト系は中古車市場でも人気がある色なので、買い取りのときのことも考える方におすすめのカラーですよ。

ホワイト

2019y02m09d_004309772

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

艶と輝きを抑えたホワイト系です。

パールホワイトに比べて地味めですが、清潔感がありプライベートでも仕事用でも使いやすいカラーです。

ブライトシルバーメタリック

2019y02m09d_004313803

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

商用車として使うのに人気の色です。

派手さを抑えているので使いやすいと好評です。

ブラック、ホワイトに続いて人気のカラーですから、色がなかなか決まらないという方は検討してみてはどうでしょうか。

ブラックマイカメタリック

2019y02m09d_004316283

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

不動の人気となっているカラーがブラックマイカメタリックです。

どの車でもブラックは定番かつ人気のカラーですね。

アトレーでも例に漏れず、人気1,2位を争うカラーとなっています。

絶妙な輝きと光沢が男らしさを引き立て、アトレーをワンランク上の車へと引き上げてくれます。

スポンサーリンク

アトレーの内装色は?

01_02

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

続いて、アトレーの内装色について見ていきましょう。

今回発売された新型アトレーの内装色はブラックをベースにし、全体的にシックで落ち着きのある内装が特徴です。

商用車ベースのバンとは思えないくらい質感が高い仕上がりに、ユーザーからの評価は高いですよ。

インストルメントパネル、シート表皮など内装はブラック基調としているだけでなく、スポットメタル調のクラスター、新採用となった専用メーター。

全体的な質感が向上しただけでなくクールで硬派なイメージを強調しています

15432368213756959170943954866175

アトレーでは2種類のグレードをラインナップしています。

カスタムターボRS “リミテッド SA Ⅲ”カスタムターボRS “SA Ⅲ”です。

それぞれのグレードで内装に違いがあるので見比べてみましょう。

カスタムターボRS “リミテッド SA Ⅲ”

01_interior

カスタムターボRS “SA Ⅲ

02_interior

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

リミテッドモデルのほうが内装は豪華な仕様となっています。

インパネ、ステアリング、メーターリングなど、各所にシルバー加飾を施しているのが特徴的です。

ベースグレードに比べて洗練された内装の印象が強く、スタイリッシュさが際立っています。

07_01_01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

ダイハツアトレーのシートにはフルファブリックを使用し、温かみのある内装に仕上げています。

シートの生地とデザインは両グレードで同じで、荷室スペースの確保はもちろん、前席と後席ともにゆとりあるスペースが広がります

スポンサーリンク

アトレーの色・カラーについての評判

main02

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

ダイハツアトレーのボディカラーと内装色はどのような評価がされているのでしょうか

  • カタログで見て一目惚れしたプラムブラウンクリスタルマイカを選びました。実車は更にかっこよくて気に入ってます。
  • プラムブラウンクリスタルマイカが渋くてカッコいいですね。ブラックと迷ってます。
  • 無難と思って選んだ黒ですが、アトレーのブラックは艶があってカッコいいです。
  • 軽バンでもホワイトは上品に見えて良いですね。
  • 今回のアトレーはどれも外れがない色で迷います。
  • アーバンナイトブルーにしました。ブルーでも色調は抑えめで変に派手さがないので良いです。
  • やっぱりアトレーはシルバーが似合います。プライベートで使ってますが、このメカっぽい感じが好きなんですよね。

以上、アトレーのボディカラーの評判についてでした。

全体的に評価は良く、特にプラムブラウンクリスタルマイカが好評です。

今回のアトレーはハズレの色がないとのことで、余計に色選びに悩むという声も見られました。

15422159839538578490039792498553

続いて内装色の評判です。

  • リミテッドモデルの内装は軽とは思えない質感でびっくり。
  • ベースグレードはさすがに軽自動車の内装という感じですね。もう少し頑張って欲しいかな。
  • 仕事で使うことが多いので、ベースグレードにしましたが内装は至って普通かな。まあ、ちょうどいいのかも。
  • シートに温かみがあって気に入ってます。
  • シックで落ち着いた内装は軽バンとは思えないレベルですね。
  • 仕事用で買いましたが、今までのアトレーよりも内装の質感が良くなってます。

以上、アトレーの内装色の評判です。

リミテッドモデルの内装は評価がなかなか良いですが、ベースグレードは不満という声が多く見られました。

内装にも拘りたい方はリミテッドモデルを選ぶのが良いでしょう。

スポンサーリンク

アトレーの色・カラーまとめ

01_01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

以上、ダイハツアトレーの色・カラーについてでした。

小柄なボディでも魅力が沢山のダイハツ・アトレー。

新型アトレーはボディカラー、内装色ともに派手すぎない落ち着きのある色が設定されています。

最近は軽自動車でも色・カラーにこだわっているモデルが多いですが、逆にアトレーはこの落ち着き感が良いと好評となっています。

ボディカラーはカタログで見るのと実車を見るのでは、全然違います。

中には、実車のカラーを確認せず購入される方もいますが、後で「イメージと違った・・・」なんてことにもなりかねません。

そうならないためにも、自分がほしいと思っているカラーは必ず実車で確認するようにしましょう。

また、内装の色や質感も結局のところ個人の好みがあるので、こちらも実車で確認されることをおすすめします。

アイキャッチ画像の引用:https://u-catch.daihatsu.co.jp/catalog/ATRAI_WAGON/GRADE__10038009/index.html

この記事を書いた人

よっちん
ボーっと、缶コーヒー飲みながら車を運転するのが大好きです。

長距離を走ると、疲れるので乗り心地は気になります。

車、大好きです。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


btn1-1