新型インプレッサスポーツの エコカー減税やその他税金情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。

btn1-1

スバルの新型インプレッサスポーツのエコカー減税はどれぐらいでしょうか?

新型インプレッサスポーツのエコカー減税に加え、自動車税などの税金の情報をご紹介します。

一時期はどの車の説明を見てもエコカー減税対象とか記載されていることが多くありました。

減税されればその分支払いが減ることはありがたいのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

エコカー減税とは

簡単な表現をすれば燃費性能のいい車は減税をしましょう、ということです。

もちろんこれだけではざっくりとした表現ですので、きちんとした基準の数値が公開されています。

メーカーは開発したエンジンや車をその基準を基に数値を公開することになります。

ユーザーの私達がその数値を覚える必要はなく、カタログなどに記載されている「○○年度燃費基準○○%以上達成」といった部分さえ抑えておけば減税対象かどうか把握できます。

スポンサーリンク

エコカー減税の対象になる税金

自動車には4つの税金が関係しています。

まずは自動車だけでなく何か物を買った時、もしくはサービスを受けた時に支払う消費税です。

そして自動車を購入する時にかかる税金が自動車取得税、車検を登録、更新する時にかかる税金が自動車重量税、毎年4月1日に登録されている車にかかる自動車税です。

これらの税金のうち、エコカー減税の対象になるものは自動車取得税と自動車重量税の2つです。

自動車税も減税制度がありますが、こちらは正確にはエコカー減税ではなく、グリーン化税制と呼ばれているもので、減税だけではなく登録年数が相当期間経っている自動車に対しては増税の措置が取られています。

SP91SP92

引用元:http://www.tisou-zeirishi-hojin.jp/ecocar.html

スポンサーリンク

エコカー減税の期間は

エコカー減税はもともと期間限定の施策でしたが、数年ごとに内容の見直しとともに延長がされています。

本来の減税の目的は環境性能のいい車を優遇して環境保全を促進するということでしたが、現状では9割を超える新車がこのエコカー減税を適用されている状態でした。

この状況において財源の確保が難しくなることなどもあり延長するにおいての見直しが必須になりました。

平成28年度で一度見直しが行われその後の2年間、つまり平成30年度までのエコカー減税の内容が発表され、平成29年4月以降はその基準を基に減税が行われることになっています。

自動車重量税については実際にはひと月遅れの期限になっています。

つまり自動車取得税は平成29年3月31日、自動車重量税は平成29年4月30日を堺に減税幅の基準が変わります。

そしてその一年後にまた基準が変更され、減税幅がさらに変更になります。

これによって平成29年度には新車全体の8割、平成30年度には7割まで減らす方向に向かっていくとしています。
⇒ 新型インプレッサスポーツを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

インプレッサスポーツのエコカー減税は

SP93

引用元:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/powerunit.html

今回のエコカー減税の基準の変更によってインプレッサスポーツのエコカー減税がどうなるのか気になるところです。

1.6i-L EyeSightと2.0i-L EyeSightの2グレードについては平成27年度燃費基準達成レベルが「+5%達成」、2.0i-S EyeSightは基準レベルを「達成」となっています。

また、排出ガスの基準については全グレードで「平成17年基準75%低減」となっています。

これだけではわかりにくいのですが、平成28年度までの制度では自動車取得税は20%の減税、自動車取得税は25%の減税になります。

金額にすると自動車取得税は10,000円前後、自動車重量税は5,700円で合わせて16,000円前後が減税されます。

これが平成29年度以降はこの基準では適応されなくなってしまいますので、注意が必要です。

SP99

引用元:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

2.0i-S EyeSightに関しては残念ながら現状でも減税対象でないため、優遇措置は今の基準では受けることができません。

車に維持費を抑える工夫

SP90

引用元:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/platform.html

インプレッサスポーツの場合、ハイブリッドや電気自動車などといった特別な環境性能があるわけではないのでエコカー減税に対して不利な状況であるのは仕方がないことです。

むしろ、楽しく走りながら環境にも気を使うのがインプレッサスポーツの持ち味かもしれません。

そこで普段の車の維持費を抑える方法をいくつか考察してみましょう。

工夫次第ではエコカー減税分を超えることができるかもしれません。

SP96

引用元:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/powerunit.html

ガソリン代

ガソリン車にとって欠かせないのがガソリンです。

少しでも安い販売店を見つけるのも手ですが、その場所が遠くにあるのは考えものです。

インプレッサスポーツの燃費を考えると距離との兼ね合いもありますが1、2円高くても近所の販売店で入れておくのが良さそうです。

また普段の使用においてもエアコンの設定温度などに気を使うと燃費が変わってきます。

オートエアコンで細く設定ができるのですからうまく使いこなせば燃費を伸ばすことができます。

SP96A

引用元:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/equipment.html

任意保険

こちらも毎年欠かせませんので少しでも安くできるようにインターネットでの見積もりを活用してみるのもいい方法です。

SP95

引用元:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

オイル交換

最低でも半年に一回は交換が推奨されていますが、これも安心できても高いディーラーを選ぶか、カー用品店で安くするかでは数年の積み重ねた金額が変わってきます。

社外品でも性能がいいものがありますので、検討する価値はあります。

SP98

引用元:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/platform.html

車検

これもディーラー任せにしていると初回や2回目は部品交換が少ないのですが、何回か車検を重ねると結構な金額になることがあります。

もちろん点検はディーラーに行なってもらえれば安心できますが、ユーザー車検などに挑戦してみると車の理解度が深まったり、意外に格安に車検ができたりするなどの発見があります。

SP97

引用元:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/platform.html

スポンサーリンク

税金に関するまとめ

インプレッサスポーツは燃費とともに減税にも多少環境性能という面においては他のメーカーと比較すると不利な状況であることは事実です。

ですがその数値自体は決して悪いものではなく、むしろ楽しく走ることができるのであれば歓迎できる数値ではないでしょうか。

減税措置も最初のうちだけになりますので、これが受けられないからと言って相当な損失ではありません。

インプレッサスポーツは走りの楽しさでその差を埋めてくれるだけの価値を持っています。

SP9B

引用元:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/equipment.html

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一度の査定で最大5000社が
公開入札であなたの車の
買取価格を競ってくれるので、
あなたの車の最高額がわかるのです。


btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク