新型レクサス NXの エコカー減税やその他税金情報!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1

レクサスの新型NXのエコカー減税はどれぐらいでしょうか?

新型NXのエコカー減税に加え、自動車税などの税金の情報をご紹介します。

スポンサーリンク

LEXUS NXの概要

LEXUSのプレミアムミドルクラスSUV新型NXは、外観のシャープさや内装の豪華さで評判のクルマですが、実は燃費性能も良いのです。

その結果、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)でも優遇されています。

非常に高価なクルマですので、優遇税制が適用されるとなると購入しやすくなります。

NXのエコカー減税はグレードによって額が異なりますので、グレードごとに減税額を説明しましょう。

スポンサーリンク

NX300h version L、F SPORT、Urban Styleの減税額

新型NXは全てのグレードでエコカー減税が受けられますが、最も恩恵を受けるのがハイブリッドを搭載した300hです。

その中でも上級仕様のNX300h version LやF SPORT、特別仕様のUrban Styleが最も恩恵を受けます。

これらのグレードは、平成32年燃費基準に対し+20%を達成していますので、重量税、取得税ともに100%減税が受けられる上、グリーン税制も適用されますので、トータルで20万円前後の減税となります。

トヨタのハイブリッド技術の高さで減税が受けられるのですから、非常にありがたい話です。

さすがハイブリッドのパイオニアです。

減税額の詳細については下表を参照してください。

300h税額表1減税額表

出典:https:/lexus.jp/service/zeisei/car/nx300h.html

300h Version LNX300h version L

引用:http://lexus.jp/models/nx/design/color_simulation/index.html

300h F SOPORTNX300h F SPORT

引用:http://lexus.jp/models/nx/design/color_simulation/index.html

300h Urban StyleNX300h Urban Style

引用:http://lexus.jp/models/nx/design/color_simulation/index.html

スポンサーリンク

NX300h、NX300h I packageの減税額

こちらもハイブリッド車ですので、version L、F SPORT、Urban Style同様の減税が適用されます。

車両本体価格がversion L、F SPORT、Urban Styleよりも若干安めなので、取得税での減税額が少し安くなりますが、それでも重量税、取得税ともに100%減税が受けられる上、グリーン税制も適用されますのでトータルで20万円弱の恩恵を受けられます。

NX200tに比べると大幅な減税を受けられるのは非常に魅力的です。

やはりトヨタのハイブリッド技術というのは非常に高いレベルにあるようです。

詳細な減税額は下表をご覧ください。

300h税額表2減税額表

出典:https:/lexus.jp/service/zeisei/car/nx300h.html

300h I PackageNX300h I package

引用:http://lexus.jp/models/nx/design/color_simulation/index.html

⇒ 新型レクサスNXを値引きから更に50万円安く買う裏ワザ!

NX200t version L、F SPORT、Urban Styleの減税額

ハイブリッド車は全て高額な減税を受けられるのですが、ガソリン車の場合はどうなのでしょうか?

ハイブリッド車ほどの恩恵はありませんが、ガソリン車もエコカー減税が受けられます。

どのグレードも平成27年度燃費基準をクリアしていますので、重量税が-25%、取得税は2WDで-20%AWDで-40%の減税を受けられます。

金額にしておよそ3万円~5万円程度になります。

車両本体での値引きがない新型NXですから、少しでも税金が減ってくれると、その分値引きを受けたのと同じような効果があります。

トヨタの技術はハイブリッドだけではなく、通常のガソリンエンジンにも注がれており、その技術力の高さの恩恵を受けることができます。

減税額の詳細は下表をご覧ください。

200t税額表1減税額表

出典:https:/lexus.jp/service/zeisei/car/nx300h.html

200t Version LNX200t version L

引用:http://lexus.jp/models/nx/design/color_simulation/index.html

200t F SOPORTNX200t F SPORT

引用:http://lexus.jp/models/nx/design/color_simulation/index.html

NX200t、NX200t I packageの減税額

こちらのグレードもエコカー減税の対象になります。

減税率は重量税が-25%、取得税は2WDで-20%AWDで-40%です。

金額にしておよそ3万円~5万円程度になります。

どのグレードでもエコカー減税が受けられるというのは非常に魅力です。

200t税額表2減税額表

出典:https:/lexus.jp/service/zeisei/car/nx300h.html

200t I PackageNX200t I package

引用:http://lexus.jp/models/nx/design/color_simulation/index.html

自動車税

ここまで説明してきた、重量税と取得税というのはクルマを購入した際に支払うものですが、自動車の税金というのはこれだけではありません。

この他に毎年発生する自動車税というものがあります。

グリーン税制はこの自動車税に対しての減税措置になりますが、適用されるのは登録翌年度になります。

登録初年度は、登録した月によって、年額を月割にした額がかかってきます。

年度初めの4月に登録すると満額の自動車税が発生します。

年度末の3月に登録するとその年度の自動車税は発生しません。あくまでも登録月が税額算出の基準となります。

契約月ではありませんのでご注意ください。

自動車税は、排気量のクラスによって金額が異なりますので、300hと200tでは税額も異なってきます。

各々の月々の税額は下表の通りとなりますのでご確認ください。

300h自動車税額表300h自動車税額表

200t自動車税額表200t自動車税額表

スポンサーリンク

ライバル車との比較

新型NXのライバル車というと、メルセデスベンツのGLCやBMWのX1になります。

これらのクルマのエコカー減税はどうなっているのでしょうか?

実は、どちらもNX300hと同じ重量税・取得税100%減税となっています。

車両本体価格の差で、減税額は異なりますが、減税率は一緒です。

この点から見ても、新型NXはライバル車に引けを取らない燃費性能であることがおわかりいただけると思います。

ベンツのGLCはプラグインハイブリッドです。

一方BMWのX1はクリーンディーゼルです。

車両本体価格はだいぶ異なりますがメルセデスベンツのGLCがシステムも含めたライバルと言えるでしょう。

GLC 350e 4MATIC Sports(4WD)が車両本体価格8,730,000円であるのに対し、NX300h F SPORT(4WD)が5,820,000円ですから、新型NXの方がコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

故障しがちでメンテナンスに手が掛かり、コストも掛かる外国車よりも、故障がほとんどない国産のLEXUS NXの方がお薦めの1台です。



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

btn1-1


スポンサーリンク


スポンサーリンク